ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます


     Amazonプライム・ビデオを見ながら語学を学べるChrome拡張機能、「Subtitles for Language Learning」が登場しました。動画に外国語字幕を追加し、随時翻訳しながら視聴できます

    【画像】実際に使用しているところ

     導入後にプライム・ビデオChromeで開くと、再生ボタン脇に「Subtitles for LL」ボタンが出現。ここから再生を開始すると、動画の右側に字幕が表示されるという仕組みです。単語にカーソルを合わせると訳語がポップアップし、そこからWeblioなどの辞書サイト検索も可能。字幕の右にあるアイコンクリックすれば、一文をまとめてGoogle翻訳で訳すこともできます。英語はもちろん、中国語スペイン語など79カ国語に対応しており、外国語学習が大いにはかどりそうです。

     例えば日本の作品に英語字幕を追加して見るといった使い方ができ、推しを見ながら学べてモチベも上がりそうなこの拡張機能。編集部は開発者のはるはらさんに、開発の経緯を聞きました。

    ―― まず作ろうと思ったきっかけから教えてください。

    はるはら:Amazonプライム・ビデオで「ゲーム・オブ・スローンズ」にハマって繰り返し何周も見ているうちに、「どうせならついでに英語の勉強をしないともったいない」と思ったのがきっかけです。

     子どものころ「天空の城ラピュタ」を何回も見ているうちに、セリフを全部覚えてしまったんですが、もし英語で見ていたらけっこう英語ができるようになったんじゃ? という思いもあって、楽に勉強したくて作りました。

    ―― 制作にあたって工夫した点は?

    はるはら:多くの言語に対応するうえで、言語ごとに仕様を変えるのが面倒臭かったかもしれません。例えば日本語中国語タイ語など、スペースで単語を区切らない言語の場合、辞書を参照するためにプログラムで区切らなくてはなりませんでした。タイ語などは、文法はおろか知っている文字が一文字もないくらいでしたから、改善の余地は大いにあるとは思います。

     翻訳元の単語が活用形などの場合、辞書で引けないことがあるのも面倒でした。その場合は日本語の「飲んだ」の「んだ」を「む」に変換して「飲む」にしたり、英語の末尾「ing」を「e」に変換したり、単語を基本形に戻してから翻訳する処理をしています。これを勉強する予定のない言語に施すときは、何やってるんだろう? って思いながら作業していました。

    ―― おすすめの動画や使い方はありますか?

    はるはら:やはり、大好きで何度も見ているような作品で学ぶのが一番良いのではないでしょうか。「あ、英語だとこう言っていたんだ!?」とか、新たな発見が得られると思います。

     子どもたちが「これで英語勉強するからアマプラ入ってー!」と大義名分を掲げて親御さんを説得し、楽しい毎日を送れるようになってもらえたらうれしいなと思っています(実際に英語を勉強しようがしまいが)。

    ・・・・・

     なお、表示される字幕はAmazonプライム・ビデオの公式字幕のほか、外部サイトから字幕を読み込むことも可能。また、現在のバージョンでは、一部の環境でサイドパネルに何も表示されないバグがあるとのこと。これは近日配信予定のバージョン(1.0.4)で対応とアナウンスされています。

    協力:はるはらさん

    お気に入りの作品を視聴しながら外国語を学習。対応言語はなんと79カ国語


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Amazonプライム・ビデオを見ながら語学学習ができるChrome拡張がめっちゃ便利 好きな動画を見ながら語学をマスター



    これ便利ですね!

    勉強してみよかな!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【Amazonプライム・ビデオを見ながら語学学習ができるChrome拡張がめっちゃ便利 好きな動画を見ながら語学をマスター】の続きを読む


    au(KDDI)は、4G LTE対応の小型無線LANルーター無線LAN STICK(むせんラン スティック)」を2021年1月下旬以降に発売する。

    スマホとデータ容量をシェアできるプランを用意

    Amazonアマゾンデバイス赤外線リモコン02やスマートプラグ03などau HOMEデバイスとの接続が可能。自宅にインターネット回線がなくても、別売の電源アダプターに接続してコンセントに挿し込むだけで手軽に無線LAN環境を構築できる。

    スマートスピーカーAmazon Echoシリーズと組み合わせれば、音声アシスタントAlexa」に話しかけるだけで音楽の再生、ニューススケジュールの読み上げ、タイマー・アラームセットなどが可能になる。またディスプレイ付きの「Echo Showシリーズと組み合わせることで、ビデオ通話などのコミュニケーションが可能だ。

    auスマートフォンデータ容量をシェアできる「無線LAN STICKプラン ds」(月額500円)で利用可能。「無線LAN STICKおトク割」を適用すれば加入から3年間は月額250円で利用できるという。

    IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANサポートテザリング台数は最大10台。

    カラーホワイト<J-CASTトレンド>

    ネット環境がなくても「Amazon Echo」などスマートスピーカーが利用可能に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    au「無線LAN STICK」 Amazonのスマートスピーカーと接続できる

    このテレワークの時代に最高ですね!!

    デザリングもいいですが、電池が笑笑


    水道直結式【AQUA STYLE】
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【au「無線LAN STICK」 Amazonのスマートスピーカーと接続できる】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

    Root(ルート
    2月19日発売
    直販価格 2万9800円
    アイロボットジャパン
    対象年齢 6歳以上

    https://www.irobot-jp.com/root/

     0歳児&3歳児と暮らしております盛田諒ですこんにちは。小学校プログラミング教育が必修化されたことを受け、最近おもちゃ売り場に行くとかならずプログラミング・トイが目に入るようになりました。方向を指示して動かすクルマロボット、謎のヘビなどなど。全体にどこかカチッとした理知的なおもちゃが多い中、ルンバのアイロボットが遊び心をくすぐる感性的なおもちゃを出してきました。ホワイトボードに絵を描き、楽器のように音を鳴らせて、ピカピカと7色に光る小さなロボット、その名も「Root(ルート)」。家で試してみましたが、これ自分用に欲しいです。

    センサー満載 さながらミニルンバ

     Rootはアイロボットが手がける初の教育用ロボット。教育用ロボットを開発するハーバード大学発のスタートアップRoot Roboticsを買収して開発したものです。これまでもアイロボットは北米で「iRobot Create 2」という研究開発向けのルンバを出してきましたが、Rootはもっとやさしく6歳から遊べるおもちゃという建てつけ。法規制の関係で日本の推奨年齢は6歳以上ですが、海外では4歳からということで売られています。4歳からのプログラミング教育!

     ミニサイズでありながらルンバ並みのセンサーを搭載。目のようなところは光センサー、白いボディはさわると感知するタッチセンサー、十字に入った黒い模様はLEDセンサー。本体の前には障害物を検知できるバンパーセンサー、本体の下には段差を見分ける段差センサールンバにはない色を見分けるカラーセンサーも備えます。充電用のUSB-C端子があり、将来的には拡張デバイスや電子回路を載せられるようにもなっています。

     こうしたセンサーへの入力をきっかけに、様々なことをできるのがRootです。走るほかにできることは「描く」「鳴らす」「光らせる」の3つ。

    1. 付属のペンをさすとホワイトボードに絵を描く
    2. 曲を作ったり本体にさわって音を鳴らす(8音階)
    3. LEDを7色に光らせたり点滅させる

     絵を描くときは、ペンを本体中央にグサッとつきさします。ホワイトボード用のペン(青・緑)が入っているので、それを使う形。

     本体の内側にマグネットが入っているので、ホワイトボードなどにくっつけて垂直に移動させることもできます。試しに冷蔵庫につけているホワイトボードに置いたところ見事にくっつきました。

     動きを組み合わせれば、たとえばRootをラジコンのようにレーシングコースを走らせたり、タッチセンサーにふれてピアノのように鳴らしたり、バンパーセンサーが家の中にある障害物にぶつかると向きを変えて脱出するという、まさにルンバロボットを作ることもできます。

    ●やさしいアプリ さながらホームページビルダー

     Rootを動かすにはアプリ「iRobot Coding」を使います。iOS/Androidに加えてChromeEdgeなどウェブブラウザーでも動作可能。BluetoothでRootにつながり、アプリで作ったプログラ厶どおりに動かせます。

     プログラムを作る方法は難度ごとに3レベル

    レベル1 文字がないブロックをつなぐ
    レベル2 ブロックテキストの組み合わせ
    レベル3 一般的なテキストコーディングSwiftベース

     ただプログラミングブロックを組み合わせるだけのレベル1、自分でパラメーターを指定できるレベル2、そしてテキストコーディングレベル3に分かれます。Swiftベースってところもいいですね。ブロックは「プログラムがかいしされたとき」「かいてんする(みぎ)(90)ど」「セット(マーカーをしたへ)」など、やさしい言葉で作られています。

     レベルを切り替え、ブロックで組み上げたプログラムが実際にどんなコードになっているかを見ることもできます。ブログのCMSでプレビューソースコードを切り替えるような感覚ですね。

     プログラミングエリアの隣にはシミュレーターが表示されていて、Rootを動かす前に動作をシミュレーションできるようになっています。Rootを持っていなくてもシミュレーターは使えるので、たとえばプログラミング教室などでRootを使ったプログラミング教育を習っているとき、自宅でプログラムを作っておいて、教室でそれを動かすということもできます。

     パスコードを入れて新しいプログラムダウンロードすることもできます。試しにダウンロードしたプログラムを実行すると、Rootがホワイトボードにアイロボットのロゴを描いてくれました。

     海外ではこのシステムを使って有料の課金コンテンツも配信されているようですが、日本では当面すべてのコンテンツが無料で遊べるようです。

     このアプリがかなり良くできていて、初心者とっつきやすい作りです。基本的な部分をブロックで組んで、細かいところをテキストベースで調整するという遊び方がしやすく、大昔にホームページビルダーでテキストサイトを作っていたときのことを思い出しました

    ●いっしょにルンバをつくろう

     なぜルンバのアイロボットが教育用ロボットに参入するのか。

     実はアイロボットはこれまでもエンジニアを育てるSTEMプログラムを世界中で展開してきました。日本でも3年前から東京や大阪のオフィスでSTEMプログラムを展開しています。このSTEMプログラムをよりたくさんの人に体験してもらうためRootを出しましたという流れ。アイロボットはこのSTEM教育を「アイロボットエデュケーション」と命名し、ロボットエンジニアを育成する活動をしたいと考えています。

     同社のコリン・アングルCEOは「もしロボット作りやプログラミングに興味を持ったら、エンジニアとしてアイロボットで私たちと一緒に未来のロボットを開発していただきたいと本気で思っているのです」とコメントしていました。いっしょにルンバをつくろうぜということですかね。

     まだRootビジネスは始まったばかり。今後は課金コンテンツを増やしていく方向も考えているということですが、将来的にはアイロボットがレゴスクールやレゴクラスのような教室を運営することもあるんでしょうか。いずれにせよRootそのものが抜群によくできているので、親子でハマるところも十分に想像できます。今後の動きにも注目したいですね。

     
    小さいルンバが絵を描く 教育用ロボット「Root」は大人が欲しくなる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    小さいルンバが絵を描く 教育用ロボット「Root」は大人が欲しくなる


    このおもちゃ最高ですね!!

    定額制ウォーターサーバー【AQUA STYLE】

    <このニュースへのネットの反応>

    【小さいルンバが絵を描く 教育用ロボット「Root」は大人が欲しくなる】の続きを読む

    このページのトップヘ