【元記事をASCII.jpで読む】

 アップルは、米国の主要な医療および学術研究機関との連携を通じて、人の心拍および身体機能の兆候を把握しながら、健康増進や生活品質を高めるための総合的な研究をしています。

 心疾患のリスクが高まり、持病の悪化を引き起こしやすくなると言われる2月を、米国では毎年「Heart Month:心臓月間」として位置付けて、心臓に関わる知識や学びを啓発しています。アップルは2月の始まりに合わせて、ブリガム・アンド・ウイメンズ病院とアメリカ心臓協会との3者連携による新たな研究の成果を発表しました。近い将来に、アップルデバイスの新しい機能やサービスにもその成果が反映されるかもしれません。

Apple WatchiPhoneが「一般の人」の健康習慣を浮き彫りに

 このほど3者は「Apple Heart and Movement Study」と題する研究の中で、「有酸素運動と心肺機能レベルの関係性」を検討してきました。米国の循環器専門医であり、ハーバード大学医学部教授を務める主任研究者のケーラム・マックレイ博士は「従来、同様の研究はスポーツ選手や病気を患う患者の皆様を対象としてきた。今回はアップルデバイスを活用することにより、もっと広く一般の皆様が日常生活を過ごしながら積み重ねた健康データを提供していただいた。これは学究的にも大変貴重な機会である」と研究の意義についてコメントしています。

 3者による研究は2021年の1年間に渡って実施され、期間中に約1800万件のワークアウトデータが新規に集められました。参加者はApple WatchiPhoneを日常生活の中で普通に使いながら、有酸素運動と心肺機能に関するデータを継続的に研究チームと共有してきました。

 マックレイ博士は「特殊なスポーツトレーニングではなく、一般に最も広く実践されているウォーキングサイクリング、ランニングといったポピュラーワークアウトによる実践情報が記録できた」ことが、とても有意義なのだと述べています。

 今回の研究から、例えば「65歳以上の参加者は、アップルが推奨する週間150分以上(1日約21分以上)のアクティビティをより熱心に実施していた」ことなどがわかったそうです。ほかにも「心肺機能レベルが平均値より高い人々は、1週間に200分以上の運動をしている」ことや、アップルの「ヘルスケア」アプリで心肺機能レベルが「高い」と判定された人々にいたっては「週300分以上」にも及ぶトレーニングを熱心に実行していることも明らかになったそうです。

 ちなみにApple Watchユーザーは、iPhoneヘルスケアプリを開き、ヘルスケデータに並ぶ「心肺機能」から自身の「最大酸素摂取量(VO2 Max)」のレベルが確認できます。スコアレベルの評価方法についてはページに詳しい解説があります。

 マックレイ博士は、Apple Watchが日常的に負担なく身に着けられるヘルスケデバイスであることから、長期に渡る研究にもかかわらず、多くの参加者から積極的な協力が得られたと振り返っています。その成果が、本研究のメインテーマである「有酸素運動と心肺機能レベルの関係性」を明らかにし、さらに深く細かいヘルスケアのメカニズムを分析できるところにまで到達したそうです。

 また研究の過程では、必要に応じて参加者に「なぜそのワークアウトを実践しているのか」をヒアリングしながら、「結果」の元となる「理由」を確認できたことも良質なデータの獲得につながったといいます。

 研究に欠かせないサンプルの多様性と密度が高まり、基礎的な運動と心肺機能の関係性が明らかになったことで、これから3者が共同で行う研究のベースラインにも厚みが増すことになりそうです。マックレイ博士は「今回の研究に参加できたことが、私自身の大きな収穫になった」と述べています。

研究の成果はアップルデバイスやOSのヘルスケア機能の進化を促す

 最新のApple Watch Series 7、およびwatchOS 8には、ユーザーの「心臓の健康」を見守ることを目的とした多彩な機能が搭載されています。例えば心拍の「速度」を継続的に計り、異状が見られた場合に知らせてくれる「高心拍数と低心拍数の通知機能」や、心拍の「リズム」を調べて不整脈の兆候を未然に防ぐ「不規則な心拍の通知機能」などが、Apple Watchに搭載されて以来、世界中のユーザーに活用されています。

 日本国内でも、2021年1月に心電図アプリが使えるようになりました。Apple Watch Series 4/5/6/7と、iOS 14.4以降/watchOS 7.3以降の組み合わせにより、ユーザーはいつでも簡単に心電図を記録して、データPDFファイルとして残すことができます。

 アップルなど3者による、心臓の健康と運動による健康管理・増進に関わる研究の成果は今後、Apple WatchiPhoneに代表されるアップルデバイスを活用したヘルスケアの新しい機能・サービスにどのような形で活きてくるのでしょうか。

 例えばウォーキングやランニングといった、一般の人々が日常生活を送る中で気軽に実践できるワークアウトにより、最も効率よく心肺機能の向上を達成するための「コーチング」の機能・サービスが強化できそうです。

 アップルが提供するHealthKitのフレームワークにも新たな研究の成果が反映されれば、外部のデベロッパからも魅力的なヘルスケアやワークアウトアプリが続々と生まれるかもしれません。

P4 。

 日本ではまだサービスインが実現していませんが、アップルによるフィットネスのサブスクリプションサービスである「Apple Fitness+」にも、ユーザーが目的に合わせて心肺機能レベルマイペースで高められるプログラムが開発・追加されれば、多くのユーザーに歓迎されると思います。

 ところで、今年もまた2月のApple Watchアクティビティチャレンジとして「心臓月間チャレンジ」が実施されることも、期待されます。2021年2月14日に、1日の中でApple Watchを身に着けて60分のエクササイズをすると限定版の「バッジ」を獲得できました。今年も実施された暁には、Apple Watchユーザーは逃さずバッジゲットしましょう。

   
アップルがiPhoneやApple Watchの進化に関わる、ヘルスケア関連の研究成果を発表


(出典 news.nicovideo.jp)

アップルがiPhoneやApple Watchの進化に関わる、ヘルスケア関連の研究成果を発表

これ気になりますね!
私も運動不足解消しないと笑笑




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング