アップル3月9日iPhone SE(第3世代)やiPad Air(第5世代)などを発表した。新製品の登場に伴うストアライアップの入れ替えで、「iMac」の27インチモデルが販売終了となった。

アップルが新製品を発表する際には、発表の数時間前からオンラインストアを一時閉店することが恒例となっている。発表後の再開時には、オンラインイベントで触れられた新製品のほかにもケースなどのアクセサリの新色が登場していたり、旧製品がひっそりと姿を消したりといった変化が見られる。

今回ラインアップから姿を消したのは、インテルCPUを搭載する27インチiMac2020年に最後のマイナーチェンジが行われ、第10世代Core i5/i7を搭載していた。現行のApple M1搭載iMacにはない27インチの大画面で、5Kの高解像度も特徴。ストアメンテナンス前の3月8日夕方、編集部で確認した価格は213,800円からだった。

27インチiMacの終了により、Mac製品のApple Siliconへの移行はさらに進む。3月9日時点で販売を継続しているインテルCPU搭載機種は、Mac miniの一部モデルMac Proを残すのみとなった。
(細田頌翔)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

「iMac」27インチモデルが販売終了、Intel Macは残り2機種

これ気になりますね!
Intel モデルも少し残して欲しいな!




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング