米Apple3月8日(米国時間)、iPhoneシリーズの新作エントリーモデルiPhone SE」(第3世代)を発表した。18日発売で価格は5万7800円から。2020年以来2年ぶりのiPhone SE後継機だが、デザインに変更はない。旧iPhone SEと比べながら注目ポイントを紹介していく。

【その他の画像】

●5G時代に合わせたマイナーチェンジ

 第3世代iPhone SE(以下、新SE)の画面は、4.7インチ1334×750ピクセル、326ppi)のRetinaディスプレイ。輝度は625ニト。本体サイズは67.3(幅)×138.4(奥行き)×7.3(高さ)mm。これは第2世代iPhone SE(以下、旧SE)と全く同じ。唯一、重さだけが144gと4g軽くなった。

 カメラの性能も旧SEと同様に、背面が有効1200万画素の広角カメラ(F1.8)、前面が有効700万画素(F2.2)のシングルカメラという構成。機能面もほとんど同じだが、一度に9枚の画像を撮影し、合成することで画質向上やノイズ低減を図る「Deep Fusion」機能などの追加もある。

 Touch ID対応、MagSafeFace IDへの非対応、Lightning端子なども旧SEと同様の構成になっている。

 変わったのはプロセッサと通信機能だ。新SEはiPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionic」プロセッサを搭載。新たに5G通信にも対応。ほとんどのスペックを据え置いたまま、処理性能の向上と5Gへの対応という、時代の変化に即した堅実な進化を遂げたモデルといえる。

 進化に伴い、価格も約8000円値上げした。新SEの価格は64GBが5万7800円128GBが6万3800円256GBが7万6800円。第2世代は第1世代よりも値下げしていたが、今回は順当に価格が上がった。

 Appleは製品発表の場でロシアウクライナ情勢については触れなかったが、同社は現在ロシアでの製品販売を停止している。

 Apple公式サイトではほとんどの国で製品情報などが更新されているが、ロシアウクライナ、旧ソビエト社会主義共和国連邦から独立したカザフスタンウズベキスタンモルドバなどでは情報更新をしていない。

第3世代「iPhone SE」(Apple Eventより)


(出典 news.nicovideo.jp)

新「iPhone SE」は何が変わった? 第2世代SEとの比較まとめ

これ気になりますね!




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング