画像フォーマットGIF」の開発者、スティーブウィルハイトさんが3月14日に死去しました。74歳でした。

【その他の画像】

 海外メディアThe Vergeによると、COVID-19新型コロナウイルス感染症)により亡くなったとのこと。

 ウィルハイトさんはGIF開発の功績から、2013年Webby賞の生涯貢献賞を受賞しています。このときに、GIFの呼び方は「ギフ」ではなく「ジフ」だと明言したことも当時話題になりました。

 Webby賞公式Twitterアカウントでは「ウィルハイトさん死去の報を聞いて本当に悲しく思います。コミュニケーションに革命を起こし、今日のデジタル文化にこれほどの影響をもたらした彼の発明に生涯貢献賞を贈ったことを名誉に思っています」とコメントしています。

 またアニメーションGIF検索サービスのGIPHYも「GIFファイルフォーマットの生みの親、ウィルハイトさんの死去を悲しんでいます。GIPHYはGIFへの愛の上に築かれており、彼の創造性とビジョンにはお世話になりました」とTwitterコメントを寄せています。

葬儀社の訃報ページ


(出典 news.nicovideo.jp)

「GIF」生みの親スティーブ・ウィルハイトさん亡くなる 74歳

あのGIFの生みの親ってすごい!!




<このニュースへのネットの反応>

ギフとは違うのだよギフとは!どうしてもギフと読んでしまう





素晴らしい功績を残した事に尊敬の意を示すと共にご冥福を。ただしギフ読みを否定したことは許さん。




↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング