【元記事をASCII.jpで読む】

 ソニーネットワークコミュニケーションズは30日、モバイルサービスNUROモバイル」の今春以降に予定している新施策を公表。月20GBを高品質な回線で利用できる「NEOプラン Lite」を4月1日に開始すると発表した。月額料金は2090円。

独自の帯域での通信品質と付加機能が売りの「NEOプラン
回線はそのままに機能省略で、料金を抑えた「NEOプラン Lite

 「NEOプラン Lite」のオリジナルと言える「NEOプラン」は、昨年11月サービスを開始。月20GBで2699円と、MNO3社のオンライン専業プランと被る通信量/料金帯ながら、「NEOプラン」専用の帯域による通信品質の高さ、LINETwitterInstagramといった主要SNSでの通信量がカウントされない「NEOデータフリー」、3ヵ月に1回、15GBの通信量がプレゼントされる「Gigaプラス」、上りデータ通信が使い放題の「あげ放題」、使い切れなかった通信量の翌月繰り越しといった独自機能をアピールポイントとしていた。

 気になる「NEOプラン」の回線品質については、昨年12月に電気通信サービス向上推進協議会のガイドラインに基づく、通信速度のテストを実施。下りの平均速度は150Mbpsで、MVNOサービスではどうしても弱点となる昼休みや夕方の時間帯も含めて、大きな速度低下はなかったとしている。

 「NEOプラン Lite」は、この「NEOプラン」の独自帯域/回線品質を受け継ぎつつも、「NEOデータフリー」「Gigaプラス」「あげ放題」の3つを省略することで料金を抑えたプランとなっている。なお、余った通信量の翌月繰り越し、通信量を使い切った後でも最大1Mbpsで使えるといった要素はそのまま継続されている。

NEOプラン」は若者に人気の4大SNSがカウントフリー
小容量プランLINEがやはりカウントフリー

 既存プランについても強化が加えられている。

 まず「NEOプラン」は、「NEOデータフリー」において、TikTokが新たに対象となって、通信量がノーカウントに。これでLINETwitterInstagramTikTokと若年層に人気のSNSが広くカバーされる。

 小容量の「バリュープラス」においても、5GB/10GBプランで「バリューデータフリー」を4月下旬に対応予定。こちらはLINEデータ通信がやはりノーカウントとなる。

 音声通話では、現在ドコモ回線を用いたSIMのみオートプレフィックス機能があり、アプリを使わなくても1回5分/10分までの通話定額オプションや30秒あたり11円の安価な通話料(通常は30秒あたり22円)が適用されるが、ソフトバンク回線では4月下旬、au回線では7月までに同様にアプリが不要になる予定。

 
NUROモバイル、回線品質が売りで月20GB/2090円の新プラン「NEOプラン Lite」


(出典 news.nicovideo.jp)

NUROモバイル、回線品質が売りで月20GB/2090円の新プラン「NEOプラン Lite」

これ最高のプランですね!



“"



<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング