日頃持ち歩いている13.3型ノートPCLIFEBOOK UH-X/E3」を充電するため、AnkerのUSB-C充電器PowerPort Atom PD1」(2019年2月発売)を毎日鞄に忍ばせていましたが、Amazon.co.jp2022年3月末に開催した新生活セールで、最大出力は同じ30Wながらより小型化した「Nano II 30W」(2021年7月発売)を購入してしまいました。

PowerPort Atom PD1のサイズは35×41×35mm(プラグ部を除いた実測値。プラグ部を含むと35×41×55mm)、重さは約53g。これに対して「Nano II 30W」は32×30×38mm(プラグ部を除いたスペック値)と約47g。奥行はほぼ同等ですが高さが約1㎝低くなり、見た目が一回りほど小さい印象です。

よし、これからもっと軽く持ち歩ける!と思った7日後。ご明察の通り、Nano II 30Wから本体が約30%も小型化した新モデルAnker 711 Charger (Nano II 30W)」(以下、Anker 711 Charger)が発表されました。ええー……(困惑)。

製品を買った直後にその新モデルが発表される問題、残念ながら界隈ではよくある怪異です。無念なのか怒りなのか、気づいたらAnker 711 Chargerが私のAmazonアカウント上で「購入済み」ステータスになっており、翌日には手元に到着していました。

Anker 711 Chargerと比べると、最初はあんなに小さいと感じたNano II 30Wが大きく感じるという不思議Nano II 30Wから一回り小さく指でつまめるサイズで、重さも13g軽くなった約34g。しかも従来と同じく、手持ちのノートPC/スマートフォンが充電できる30W(最大20V×1.5A)出力に対応している点が魅力です。

ケーブルと組み合わせてもモバイルバッテリーより軽く、手元のPC/スマートフォンの両方の充電を1台でまかなえる本機。634gと軽い本体重量の代償としてバッテリーが持たない(JEITA 2.0で11.0時間がスペック値ですが、体感では4~5時間ほどの印象)LIFEBOOK UH-X/E3の充電も十分こなせます。

ちなみにLIFEBOOK UH-X/E3使用中に本体を充電するには45W(20V/2.25A)出力が必要とされていますが、30W出力のAnker 711 Charger(およびNano II 30W、PowerPort Atom PD1)でもPC使用中の充電が可能でした。最近は電源コンセント付きカフェも多く、持ち歩き中に充電する場所が多い点も助かっています。

カバンの内ポケットにもすっぽり入り、常時持ち歩いてモバイルバッテリー代わりに活用したいところ。よし、これからもっと軽く持ち歩ける(2度目)! と決意を新たにしつつ、内心はしばらく新モデルが出ませんように……と祈る日々です。
(村田奏子)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

ちょっとeグッズ 第7回 AnkerのUSB-C充電器を8日間で2回買った話

これ最高の使えるグッズですね!







<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング