Image: rvlsoft/Shutterstock

毎年ユニークエイプリルフールネタを披露しているGoogleですが、今年は参加を自粛するようです。

2011年にもGoogleは参加を見送っていますが、当時は小さないたずらとしてコンテストに選ばれた小中学生たちが描いたGoogleロゴがトップページ掲載されました。

Business Insiderが入手したGoogleの社内宛メールでは、「新型コロナウイルスパンデミックと戦う人々を尊重し、今年のエイプリルフールは休止することにします。来年は今よりもずっと明るい日がやってくるはずですから、ネタは来年まで取っておきましょう。」と社員に伝えられたそうです。

Google新型コロナウイルスの対策として、テレワークの始め方や休校中の学校を対象としたGoogle for Education 遠隔学習支援プログラムなどをまとめたGoogleでいますぐできること公開しています。

ユーモアがあるGoogleのエイプリルフールネタ

Googleによるエイプリルフールネタを毎年ワクワクしながら楽しみに待つ人は少なくないかもしれません。私もそのうちの1人です。昨年はGoogleマップ上で列車をテンキーで動かしながら乗客を乗せていくゲーム「Snake」が公開され話題となりました(今でもこちらから遊ぶことができますよ!)。他にもGoogleは過去のエイプリルフールネタとして、Googleマップ上をステージとして遊ぶことができる「パックマップ」(2017年)やウォーリーをさがせ!(2018年)などを公開しています。

Gif: Google Japan Blog https://japan.googleblog.com/2015/04/google.html

マイクロソフトは今後参加せず

国内・国外問わずさまざまな企業がネタを披露するエイプリルフールマイクロソフトは昨年からエイプリルフール でのおふざけを禁止しています。理由は失うものの方が多いため。日産自動車エイプリルフールジョークを披露しないことを昨年発表しましたが、その理由は新元号発表との混乱を避けるためでした。

たとえエイプリルフールネタだと分かっていても、現状をよく考えるとGoogleのように参加を取りやめた方が賢明なのかもしれませんね…。

Source: The Verge



(出典 news.nicovideo.jp)

Google「今年のエイプリルフールは自粛します」

今年は自粛多そうですね!!
楽しくしてくれるネタがいいですね笑

こんな悲しいニュースばっかりは嫌になりますからね!!

まずは2週間トライアル!
“"

<このニュースへのネットの反応>