オンラインストレージの「宅ふぁいる便」が、3月31日いっぱいでサービスを終了した。無料で大容量のファイルを受け渡すことができる有力なWebサービスであり、お世話になったことがあるというネットユーザーも少なくないはずだ。

オンラインストレージ
※画像はイメージです(以下同じ)
 しかし2019年1月、脆弱性への攻撃を受けてユーザー個人情報が流出する事件が発生。以来「宅ふぁいる便」はサービスを停止していたため、「サービス終了」というよりも「再開を断念」と表現したほうが適切だろう。

 なお、業務用に特化した有料の「オフィス宅ふぁいる便」については、安全性が確認されたとしてサービスが継続されている。現在のところ、こちらが終了する予定はない。

「オンラインストレージ」って何?

 500MBや1GB、はたまた50GBなど、電子メールに添付できないような大きなファイルを受け渡すときにどうするか。

 2000年代までの都会のオフィスでは、バイク便がよく活躍した。ファイルをMOやDVDハードディスクなどの記録媒体に書き込んで、その実物を先方に届けるのである。バイク便に頼むほど急でない場合には、新入社員がディスクを持って“おつかい”に出ることも多かった(筆者にも経験がある)。

 2020年を迎えた現在、こういう光景はあまり見られない。今日では「テレワーク」が流行りだが、デジタルデータの受け渡しはネットで完結させるのが常識となりつつある。

 そのために利用されているのが、「宅ふぁいる便」などのオンラインストレージだ。オンラインストレージを利用すれば、URLメールに貼り付けるだけで、大容量のファイルスムーズに送受信することができる。

宅ふぁいる便
宅ふぁいる便のサービス終了のお知らせ ※オージス総研公式サイトより
 自社サーバーを備えない中小の事業所では、経費節減をねらって無料のサービスが常用されている。逆に、有名企業からの資料が「宅ふぁいる便」で送られて来ることもあるが、自社サーバーの利用手続きが煩雑化していると、現場の社員は無料サービスを選んでしまいがちだ。

 とにもかくにも、オンラインストレージは今日のビジネスに欠かせない存在となっている。

大手のクラウドサービスも検討しよう

仕事する女性

「宅ふぁいる便」を代替するサービスはたくさんある。1番良いのは自社専用のサーバーを使うことだが、用意できないケースもあるだろう。そこで候補に挙がるのが、無料かごく安価で利用できるクラウドサービスだ。

 大手IT企業が運営している「Google Drive」や「Microsoft OneDrive」といったオンラインストレージは、アカウントを作成することで、個人用スペースとして利用できる。同系サービスの代表格といえる「Dropbox」や、Apple製品と相性の良い「iCloud」も有力な選択肢になる。

 これらのオンラインストレージはすべてファイル共有機能を有しており、同僚や取引先とのファイル共有が可能。ただしどのサービスも、無料で使えるサーバー容量には上限がある。どうしても「無料」「無制限」にこだわるなら、「宅ふぁいる便」式のオンラインストレージをその都度利用する必要があるだろう。

「宅ふぁいる便」の代替候補

「宅ふぁいる便」の役目をそっくりそのまま代替できるのが、「GigaFile便」や「ネット便」、「Firestorage」などだ。これらのサービスでは「宅ふぁいる便」同様に、すべての作業がブラウザ上での操作で完結する。したがって、わざわざアカウントを登録したり、双方でソフトインストールしたりする手間を省くことができる。

 こうしたアカウント不要のオンラインストレージの場合、各社とも「大容量」や「高速転送」などをウリにしているが、それ以外には個性を出しづらいのが実情である。

「どれを使っても大差ない」と言ってしまえばそれまでなのだが、個人情報流出事件があったのも事実なわけで、セキュリティ面で比較検討のうえ各自で選ぶべきだと付言しておこう。

パスワードは設定しておくべき

パスワード

 アカウント不要のオンラインストレージにファイルアップロードするにあたっては、いくつか注意点がある。

 多くのサービスでは、設定項目に「有効期限」と「パスワード」が用意されている。有効期限は用途に応じてその都度決めればいいが、基本的に、パスワードは設定しておくべきだ。

 アップロード者ファイルを紐付ける唯一のものが、このパスワードとなるからだ。設定をサボると、誤ってアップロードしてしまったファイルを消去することもできない。

パスワードを設定しておくほうが無難

 また、ダウンロード用のパスワードを設定しないままファイルアップロードした場合、そのURLを入力するだけで、誰でもファイルダウンロードすることができてしまう。

オンラインストレージのURLを第三者が知り得るのか」と考えた場合、これはほぼ不可能と見ていいだろう。また、もしもメールが盗み見されていた場合には、URLと同時に、共有用のパスワードも知られることになる。「だからパスワードの設定は不要」という意見も確かにある。

 ただし、機密や個人情報などが含まれるファイルアップロードする場合、パスワードを設定しておくほうが無難といえそうだ。というのも、パスワードを設定しないと法的リスクがあるからだ。弁護士公認会計士の資格を持つ後藤亜由夢先生はこう語る。

個人情報オンラインストレージに保管する場合でも、自社内に保管する場合と同様に、『必要かつ適切な安全管理措置』を講じる必要があります。もしも個人情報取扱事業者』が、パスワードを設定せずに(個人情報を)オンラインストレージにアップロードした場合、個人情報保護法に違反する可能性があります」

 そもそも、資料をオンラインストレージで送っていいかどうかには、社内で規範が設けられているべきである。明文の規定があるのが理想だが、そうでない場合、社内の責任者にその可否を尋ねてから行ったほうがいいだろう。

「クラウド」を使うべきでない業務

 機密を扱うすべての業種で注意が必要だということはすでに述べたが、では、アダルトメディアだとどうなるのだろうか。

 たとえば、いわゆる「青年誌」(俗に言う「エロ本」)を作る作業を例に取ってみよう。適切な修正が施された「エロ本」は合法な出版物と見なされているが、その製作過程では、カメラマン編集者デザイナーといった職種の人間が、修正前のデータをやり取りしている。

 これをクラウドサーバーを使ってやり取りするとなると、いくつか“問題”が生じてしまう。サービスの規約によって、性的なデータの共有自体を禁じられている場合が多いのだ。

 また法的にも微妙なラインで、「オンラインストレージへのわいせつ画像のアップロード」行為自体が裁判で争われた例もある。

「わいせつ電磁的記録記録媒体陳列罪」は成立しない

裁判 判決

 結論どうなるのか? 前出の後藤弁護士に聞いてみた。

「裁判例では、わいせつ画像をオンラインストレージにアップロードしたのみでは、不特定多数の者が当該わいせつ画像を認識できる状態にあったとはいえず、『わいせつ電磁的記録記録媒体陳列罪』は成立しないとされています。

 したがって、オンラインストレージのURLを他人に知られない状態で管理していたのであれば、『わいせつ電磁的記録記録媒体陳列罪』は成立しないといえます」

 クラウドサーバーの利用自体が直ちに違法、というわけではなさそうだ。

 とはいえ、時流に合わせた“自主規制”を繰り返してきたアダルト業界では、「当局との摩擦を避ける」のが常識となっており、オンラインストレージの存在は特に“鬼門”となりそうだ。業種によっては、昔ながらのバイク便に頼る時代がまだまだ続くのかもしれない。

TEXTジャンヤー宇都>

【ジャンヤー宇都】

「平成時代の子ども文化」全般を愛するフリーライター。単著に『多摩あるある』と『オタサーの姫オタク過密時代の植生学〜』(ともにTOブックス)ほか雑誌・MOOKなどに執筆

※画像はイメージです(以下同じ)


(出典 news.nicovideo.jp)

「宅ふぁいる便」の提供が終了。結局、個人情報流出はどう防ぐべきか?

結局どれにすればいいか悩んでいる人も多いと思います。

これを参考にしてくださいね!!



<このニュースへのネットの反応>