気になるインターネットの話題を中心に扱うメディアねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。

【画像】無料ユーザーがリンクできるデバイスを3台に制限

 9年前の2011年4月19日オンラインストレージサービスDropbox」が日本語に対応しました。

 米Dropbox2008年9月に正式サービススタートした「Dropbox」。“専用のフォルダにファイルを突っ込んでおくだけ”でファイルアップロードできる簡便さから、オンラインストレージの認知度を一気に高めた立役者といえます。最初に利用したクラウドサービスDropboxだった方は少なくないのではないでしょうか。

 その後他企業から強力なライバルが続々登場。2019年には無料ユーザーリンクできるデバイスを3台に制限するなど苦戦の跡が伺えます。一方その知名度は健在で、シンプルな操作性もクラウド初心者には最適。まだまだ現役で活躍してくれそうです。



(出典 news.nicovideo.jp)

【9年前の今頃は?】Dropboxが日本語化 「オンラインストレージって便利!」と広く知れ渡るきっかけに

便利ですよね!!

結構会社でデータのやりとりに使っているとこ多いですね!!

まあ、こんな時代もありましたね!笑




<このニュースへのネットの反応>