讃岐うどんチェーン丸亀製麺」が、PayPayなどのQRコード決済の取り扱いを終了にしたと店頭で告知し、ネット上で話題になっている。

会計に手間がかかるため撤退するのかなど様々な推測が出て、ネット上では賛否両論になっている。丸亀製麺側に、告知に至った理由を聞いた。

「会計モタつく」「現金やり取りは避けたい」と賛否割れる

PayPayメルペイ、Alipay、d払い――それらロゴの上に「お取り扱いを終了しました」との紙が貼ってある。

この「お知らせ」は、丸亀製麺の店舗に出ていたといい、5月21日を持って4つのQRコード決済は終了したとしている。ツイッター2020年6月6日にその写真が投稿され、まとめブログにも紹介されて大きな話題になった。丸亀製麺では、19年4月からPayPayを手始めに次々決済サービスを導入していた。

QRコード決済と言えば、PayPayが18年12月100億円還元キャンペーンを始めるなどして話題になり、19年には20%還元などの大判振る舞いも続出した。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が進むと、外出自粛が進んで店舗での利用も減ったとみられており、大型のキャンペーンも影を潜めた。

ツイッター上では、丸亀製麺のほかにも、スーパーラーメンチェーンも、4月末でPayPayの利用を終了したとの報告も出ている。

丸亀製麺などがQR決済終了と告知したことについては、様々な意見が出ている。

理解を示す向きとしては、「会計モタつくからかな?」「レジ業務に負担がかかりやすいからね...」「手数料発生するならQRなんて面倒なだけだもんな」といった声が出た。一方で、「使えなくなったの残念だなぁ」「客の選択肢を狭めてどうする」「このご時世に久々に現金やり取りは避けたいんだけど」といった声もあった。

「一時的に使用を停止しており、システム変更が整い次第順次再開」

QRコード決済については、総務省が統一コード「JPQR」の導入を進めており、その公式サイトに載った手数料率が話題になった。PayPayメルペイd払いは、一定の手数料がかかっており、店の負担にはなりそうだ。

ただ、PayPayについては、4月以降に加盟した年商10億円以上の法人を除き、店がJPQRを使わず直接契約すれば、2021年9月末までは無料になる。とすると、丸亀製麺では手数料がかかっていなかったようだ。

PayPayの広報室は6月8日丸亀製麺などが利用を終了させたことについて、「手数料だけが原因ではなく、個々の事情があると聞いています」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

丸亀製麺を運営するトリドールホールディングスの広報担当者は8日、QR決済終了の告知について取材にこう説明した。

キャッシュレス決済についてはお客様からのご要望もございますため、全店舗へ導入が出来るよう準備を進めております。準備に向け一部システムの改修を行っておりますため5月22日から一時的に使用を停止させていただいております。システム変更が整い次第順次再開を予定しております。今しばらくお時間頂戴出来たら幸いです」

J-CASTニュース編集部 野口博之)

丸亀製麺の店頭に出されたお知らせ(写真は、moji@キャッシュレスリーマン@MojiMojiBTCさん提供)


(出典 news.nicovideo.jp)

丸亀製麺、QRコード決済「終了」告知が話題 運営会社に意図を聞くと...


これ確かに気になりますね!!





<このニュースへのネットの反応>

QRコード決済で会計時にもたつく奴が居るのは事実だし、その割合は他の電子マネーより多い。電子マネーに関してQRコードは排除しても良いと思うぞ。決済時の手間はICカード・Felicaの方が少ないし。あとはクレカがあればこれ以上の電子マネーは必要無い。現金は電源・通信不要で日本においては格段の信頼性・確実性があるから、利便性を多少犠牲にしても残す必要はある。


総務省が統一コード「JPQR」とかいうもっともな名前で法整備してるけど、結局のところ天下り先を確保したい法人をつくりたいだけでしょ。まずは手数料全部無料にしてでも推し進めるべき。それで企業のPAYがすべて潰れてでも。




↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング