マイナポイントの予約受付が7月から始まった。マイナンバーカードと任意のキャッシュレス決済サービスを紐付けするこのキャンペーンだが、設定の複雑さが指摘されている側面もある。

 マイナンバーカード発行からマイキーIDの設定、そしてキャッシュレス決済サービスとの設定。この一連の作業を、果たしてデジタル機器に精通していない人ができるのか……

 その検証のため、今回は筆者のPayPayマイナンバーカードを紐付けしていこう。

PayPayでマイナポイントを利用する手順

 さて、日頃の筆者はPayPayを使っている。従って、マイナポイントをもらうとしたらPayPayに紐付けようと前から決めていた。

 7月に入り、PayPayアプリデザインにちょっとした変化が現れた。「マイナポイント」という項目ができたのだ。まずはこの項目に入ってみる。ここではマイナポイントの利用方法を設定でき、「チャージでもらう」か「支払いでもらう」かをユーザーが選ぶ。筆者は即日付与の「チャージでもらう」を選択。

 次にやるのは、総務省が配信するアプリダウンロード。「マイナポイント」と検索すると出てくる。マイナンバーカードの紐付けには、このアプリが必須だ。

 画面を進めると「はじめての方はこちら」と「予約がお済みの方はこちら」の分岐に突き当たる。ここで言う「予約」とは、マイキーIDのことだ。筆者は既に市役所の発行端末でマイキーIDを取得しているから、後者を選択。

 ここで、マイナンバーカードの非接触読み取りをする。筆者のスマホは第2世代のiPhone SE。マイナンバーカードNFCチップを認識できる機種だ。

 パスワードを入力したのちにカードスマホの背面に当てるが、この作業はかなり手間取った。なかなか認識されない。かざす位置を何度も変えてみて、ようやく反応した。

 カードの認識に成功すると「決済サービス選択」という項目に入るので、ここでは「PayPay」と入力。決済サービス区分は、もちろん「QRコード」だ。

 次の項目では、マイナポイントの利用方法を選択できる。筆者は「PayPayチャージ特典」を選択。

 利用規約の確認を済ませたら、「申込情報の確認方法」という画面が出てくる。

 PayPayアプリに戻り、「マイナポイント」→「その他の方法で申込む」の順にタップ。ここでは決済サービスIDと4桁のセキュリティコードが表示される。

 これをマイナポイントアプリコピーペーストするという手順だ。

 その後、もう一度マイナンバーカードNFCスマホで読み取ったら作業終了。以上がPayPay×マイナポイント紐付けの流れである。

コンビニの端末でも申込できる

 以上は7月2日に筆者が設定した時点の方法で、今後細かい変更や改善が施される可能性も十分にある。

 実際にやってみると、いささかプロセスが多いというのが筆者の感想だ。また、先述のようにマイナンバーカードNFCチップをなかなか読み取ってくれなかった。これは明記せざるを得ない難点である。

 スマホに慣れていない人では、ところどころでつまずく可能性がある。筆者の拙い文章の記事を読んで全ての設定を終えることができたのなら、相当な成果だ。現実は途中で諦めてしまう人が出てくるのでは……という感想を抱かざるを得ない。ふたつのアプリを跨がなくてはならない点、マイナンバーカードを読み取ることができないスマホでは設定ができない点も、大きなマイナス要素だ。

 が、そのあたりの対策は既に施されている。マイナポイント公式サイト『マイナンバーカードでマイナポイント』によると、市区町村窓口・郵便局コンビニ・携帯ショップ等の全国約9万ヶ所にマイナポイント申込端末を設置するという。

 これを使えば、上記のプロセスよりも遥かに単純な流れでマイナポイントの申込ができる。

 今年の初めまで「マイナポイントは情報格差を発生させてしまうのでは?」という懸念が存在し、実際に国民の多くがそれを利用するための準備が整っていなかった。が、今は状況が変わっている。準備は整いつつあり、同時に各キャッシュレス決済銘柄もマイナポイントを念頭に置いた独自のキャンペーンを企画している。<文/澤田真一>

【澤田真一】
ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

画像は、PayPayの画面より。マイナポイントの項目ができた


(出典 news.nicovideo.jp)

iPhoneで出来る、マイナポイントをPayPayと紐付けする手順

これ皆んも参考にしてくださいね!!

お得になりますね!!




“"



<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング