【元記事をASCII.jpで読む】

 “サブブランド”と呼ばれるUQ mobileY!mobileの主力プランにおいて、通信量超過後の速度が最大1Mbpsとなった。両社は6~7月にかけてプランの内容を改定、1Mbpsで使い続けられれば使い方によっては容量無制限のような感覚になる。プラン内容が変化したサブブランド2社を比べてみた。

サブブランド同士で競争
大容量プランの容量超過後の速度を改善

 通信量を使い切った後でも最大1Mbpsというのは、MVNO時代の楽天モバイル2017年にサブブランドに対抗すべく、「スーパーホーダイ」プランの目玉として打ち出したのが最初。楽天モバイル1Mbpsでも「データ使い放題」とうたっていた(混雑時間帯は最大300kbpsになる)。

 楽天モバイルは今年4月に開始した自社回線サービスの「Rakuten UN-LIMIT」においても、自社エリア外のauネットワーク接続時、月5GBの超過後に最大1Mbpsで通信できる点をアピールしており、これに対抗すべく、UQ mobileY!mobileも追従してきた形だ。

 その楽天モバイルはともかく、UQ mobileY!mobileについては料金やサービスも一見横並びのように見える。超過後の速度が最大1Mbpsとなったのは、具体的にはUQ mobileスマホプランR」、Y!mobileスマホベーシックプランM/R」で、従来の速度制限がUQ mobileは最大300kbpsY!mobileが最大128kbpsだったのが緩和される形となる。

 最大1Mbpsの通信は意外と使える回線の太さと言っていい。低画質なら動画視聴もなんとかなる。テキスト静止画メインウェブ閲覧ならストレスを感じることはほとんどない。通信量を使い切った後も最大1Mbpsで通信ができることで、使い方によっては事実上の無制限と言ってもいいものとなっている。

 肝心の月額料金だが、UQ mobileは6月に新登場した「スマホプランR」で高速データ通信容量が月10GB、通話定額オプションを付けなければ月額2980円(以下すべて税抜、ユニバーサルサービス料別)。

 Y!mobileは既存の「スマホベーシックプラン」を改定して、これに対抗。7月以降、Mは高速データ通信容量を月9GBから月10GBへと増量。Rは従来どおり月14GBのまま、超過時の通信速度を高速化した。

 なお、Y!mobileの料金には1回10分までの国内通話定額を含んでおり、Mが月3680円、Rが月4680円となる。しかも、加入から半年間については、月700円が割り引かれ、通話定額がセットでありながらUQ mobileと同額で提供される。

 半年経過後は、両社とも1回10分までの通話定額を組み入れた場合で、月10GBの高速データ通信、超過後の1Mbps通信で月額3680円と横並びになる。

似たような料金、サービス内容も
実は細かな違いがあるUQ mobileY!mobile

 1回10分までの通話定額、月10GBの高速データ通信、超過後の1Mbps通信とした場合に横並びとなる両社だが、細かなところまで見ていくと結構な違いがある。

 UQ mobileが有利なのは、通話定額がオプションなので必要なければ月2980円にできること。そして使わなかった高速データ通信量は翌月まで繰り越せることだ。

 Y!mobileが有利なところは容量がさらに大きい月14GBのプランが選べることと、既存のスマホベーシックプランMやRを使っているユーザーは、何も手続きしなくても超過後に1Mbpsとなる新プランが7月から適用されていることだ。

 そのほか、Y!mobileではYahoo!プレミアムが無料で利用できるほか、月500円かかる「Enjoyパック」のオプションを追加すると毎月500円のクーポンと500円分のデータ量、PayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOでのポイント増量などの特典がある。

 以前は両社の違い点のひとつだった時間制限のない通話定額オプションについても、昨年12月についにUQ mobileも導入。1回10分までの国内通話定額から、さらにプラス1000円で時間制限が無くなるのは同じで、横並びになっている。

 また、高速データ通信容量は両社ともに約1年間のデータ増量が実施されているが、UQ mobileでは定額通話オプションの加入とau ID登録が条件になって一歩後退。

 そして、高速データ通信の増量分は同じでも適用に違いがある。Y!mobile500MBごとに手動または自動でチャージする必要があり、キャンペーン分の増量だけ無料になるが有効期限は月内のみ。

 一方、UQ mobileは手動でデータ容量の購入が必要で、キャンペーン分だけ請求時に料金が差し引かれる仕組みだ。こちらチャージから90日間が有効期限なので、使わなければ月ごとに通信量の変動が多少あっても吸収できる。

スマホによっては、どちらか一方しか利用できないことも

 サービスが拮抗している両社だが、筆者が大きな違いと思っているのは、使用するスマートフォンに違いが出てしまうこと。最新の国内向けSIMフリースマートフォンの大半やSIMロック解除ずみのiPhoneであれば違いは無いが、通信事業者が販売した機種をそのまま使う「SIM替え」で利用する場合やスマートフォンの対応によってはどちらかを選ぶしかなくなる。

 具体的にはUQ mobileはauのネットワークを使うため特に800MHz帯でバンド18/26に対応することが使いやすさに大きく関わってくるほか、音声通話はいわゆる「au VoLTE」に対応した機種が必要になる。一部のSIMフリー機では通話ができないほか、エリアが著しく制限されることもある。

 一方のY!mobileソフトバンクネットワークのため、プラチナバンドにはバンド8で対応している。世界的に対応機種が多いほか、通話についてもVoLTEでなくても可能なので使える機種は多い。また、最近はXperiaなどソフトバンク仕様のスマートフォンの安値放出品をよく見かけるが、Y!mobileならネットワークとのマッチングも問題ない。

 反対にSIMロックに関してはUQ mobileが有利になる。対応は複雑なので、詳しくは両サービスの対応表を参照してほしいが、具体的な例として、auで販売されたiPhone 11はSIMロック解除なしでUQ mobileで利用できるが、ソフトバンクで販売されたiPhone 11はSIMロック解除しなければY!mobileで使えないことになっている。Y!mobileのほうが全体的にSIMロック解除の必要性が高く、扱いが面倒なのだ。

 そして、Y!mobileSIMは種類があり、iPhone用のSIMを発行してもらうと、指定のiPhoneでしかネットワークとつながらないことがある“逆SIMロック”がある。端末について注意が必要なのがY!mobileなのだ。

特価やキャンペーンを狙うならどうすればいい?

 実際に加入するとなった場合、コストに差がつくことがある。月額利用料などは誰がどこで加入しても同条件でサービス提供されるが、加入時の特典については申込みする販売店によって大きく差が出てくるからだ。

 以前なら回線加入時にはスマートフォンを大きく値引きして提供してくれることが多かったが、通信契約と端末販売が分離された現在では、回線加入、つまりSIMだけでも開通するだけでなんらかの還元がある方向にシフトしている。

 Y!mobileは以前からのSIMだけの開通でも一部の店では特典があったが、通信の端末の分離後はより多くの店でSIMだけ開通の場合でも大きな特典が用意されていることが多くなった。公式ウェブサイトからのネット申し込みでもSIMだけでの開通の場合は6000円または3000円のPayPayボーナスプレゼントされる。

 UQ mobileは公式ウェブサイトからネット申し込みでキャッシュバックがされるようになり、MNPなら1万円、通常の新規契約なら3000円が後日振り込まれるようになった。しかし、店頭ではSIMだけ加入した場合の特典があまり見かけない。

 現在の傾向ではネットで開通するよりも店頭のほうが特典が高額なことが多いため、UQ mobileで恩恵が受けにくいのは残念。救いはUQ mobileが販売するスマートフォンラインナップには人気のSIMフリースマートフォンSIMフリーのまま提供されることもあり、欲しい機種や購入時期が合致すればお得になることもある。

既存ユーザープラン刷新の恩恵は受けにくい

 ここまでは新規で加入する場合の両社の比較だが、既存ユーザーはどうなるのかというと意外に厳しいことになる。まず、2019年10月以降に契約しした場合は、UQ mobileの「スマホプラン」やY!mobileの「スマホベーシックプラン」ともに、契約期間などが撤廃されているのでプラン変更は自由に可能だ。

 まだ多数を占めているであろう、2019年9月までのプランUQ mobile「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」、Y!mobileスマホプラン」など)で加入した人はどうか。これらのプランは通常2年契約前提だったので、契約解除料なしに新プランに変更するためには最初の2年契約を過ぎる必要がある。それまで旧プランのままで今回紹介した通信量を使い切ってからでも最大1Mbpsという恩恵は受けられない。

 解除料なしに新プランに変更したい場合、Y!mobileでは端末購入がともなう機種変更なら新プランに解除料なしで変更できるが、UQ mobileはそれは不可能

 どうしてもというのであればば、いっそのこと加入時の特典をあてにしてUQ mobileユーザーY!mobileへ、Y!mobileユーザーUQ mobileMNPで転出するのもありだろう。前述のようにSIMロックを解除した最近のiPhoneや、最新SIMフリー機のほとんどなら両対応するので契約してSIMを差し替えるだけ。端末をそのまま使うのでデータの移行もほぼ必要ない。

手持ち端末を確認したり、店で特典を確認したりして
オトクで失敗のない選択を

 細かな違いはあるものの、UQ mobileY!mobileの提供サービスは全体的に似ている。持っているスマートフォンの対応の可否だけはどうしようないが、それ以外の違いがあまり気にならず、迷うようなら手持ちの端末で使えるかどうかや加入時の特典の差などで選んでしまってもよいだろう。

 そして、今回注目の容量超過しても1Mbpsで通信できる大容量プランのほか、容量超過時の速度は遅くなってしまうが月3GBのプランも通話定額や複数回線の割引を考えればオトクになる条件は揃っている。自分に合ったコスパのいい回線を選択してほしい。

通信量を使い切っても最大1MbpsのUQ mobileとY!mobileを比較した


(出典 news.nicovideo.jp)

通信量を使い切っても最大1MbpsのUQ mobileとY!mobileを比較した

これお得なのはわかりますが、
ちょっと勉強しないとわからないこと多いですね!!


<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング