【元記事をASCII.jpで読む】

 マイクロソフトブログによれば、Windows Insider Program(以下WIP)のDev Channelで配布されているBuild 20185では、スマホ同期アプリ(英語名Your Phone App)が改良されたのだという。実際に調べたところ、いくつか変更点があるようだ(https://blogs.windows.com/windowsexperience/2020/08/05/announcing-windows-10-insider-preview-build-20185/)。

 そのうちの1つは、スマートフォン登録方法が簡略化され、QRコードを使ったものになった。もう1つは、「スマートフォンの画面」機能が強化され、直接スマートフォン側のアプリを起動できる「アプリ」機能になった点。

 またブログでの告知は、Dev Channelでの話だったが、調べてみるとWIPBeta Channelで配布中のWindows 10 Ver.20H2(Build 19042.432)でも同様の機能を確認できた。このことから考えると、早ければ今秋のアップデートから利用可能になるのではないかと思われる。

Windows 10に搭載されている「スマホ同期アプリ」とは

 スマホ同期アプリとは、AndroidiOSスマートフォンWindows 10 PCを連動させるアプリだ。標準でWindows 10に入っているが、アンインストールしたり、Microsoftストアからインストールすることもできる。

 機能としては、スマートフォンの写真の表示、通知の表示、SMSの送受信、通話が可能。

 ただし、実際に利用するには、スマートフォン側に「スマホ同期管理アプリ」をインストールしておく必要がある。

 この2つのアプリケーションで構成される機能は「Windows Link」と呼ばれているらしい。さらにサムスンGalaxyシリーズの一部モデルと組み合わせたときのみスマートフォンの画面をPCで表示する「スマートフォンの画面」機能が利用できる(https://blogs.windows.com/windowsexperience/2020/08/05/microsoft-and-samsung-expand-partnership-empowering-you-across-work-and-play/)。

 機能や使い方などを見るに、Windows LinkWindows PCを使っている間は、スマホを見なくてもいいようにするもののようだ。つまりスマートフォン側を操作しなくても電話やSMSが利用でき、端末内の写真をPCから扱えるようになる。

 ただし、接続方法を見ると、どうも自宅や会社などでを前提している。スマートフォンとPCの接続自体はインターネット経由であっても利用可能なのだが、スマートフォン側ではデフォルトでは無線LANのみを利用するようになっているのだ。

 設定の変更でモバイルデータ通信での接続も許可することはできるが、「スマートフォンの画面」と「通話」機能は、同一のネットワークでの接続やBluetooth接続が必要である。たとえば、Androidテザリング機能では、接続したクライアントAndroid側は直接通信ができない(同一のネットワークにはならない)ため利用できない。もちろん外出先でも同一のネットワークで接続する方法はいろいろ考えられるが、外では普通にスマホを使えということなのであろう。

スマホ同期アプリ」での登録方法が変わった

 従来のWindows 10では、スマートフォン側のスマホ同期管理アプリMicrosoftアカウントとリンクすると、PC上でもスマートフォンが登録された。

 一方のBuild 20185では、Windows 10スマホ同期アプリQRコードを表示するようになり、これをスマートフォン側のスマホ同期管理アプリで読み込むことで、リンク処理が完了するようになった。

 スマホ側でユーザーアカウントパスワードを入力するよりははるかに簡単になった。この仕組みは、現行の「スマホ同期管理アプリ Ver.1.20071.95.0」ですでに対応しているが、Windows 10 Ver.2004(20H1、May 2020 Update)では動作しない。WIPBeta Channelで配布中のWindows 10 Ver.20H2(次回からバージョン表記が変更になる、Build 19042)では動作する。もちろん、Dev ChannelのBuild 20185も動作する。

Windows 10上でAndroidアプリが動かしているように見える!?
現時点ではGalaxyシリーズの一部機種でのみ利用可能

 スマホ同期アプリには、Galaxyシリーズの一部でスマホの画面をPCに表示する「スマートフォンの画面」機能が利用できる。簡単に言えば、リモートデスクトップスマートフォン版のようなものだ。

 ただし、利用できるのはAndroid 9以降のGalaxyシリーズの一部機種に限られる。なお、最近のGalaxyシリーズには、Windows Linkが標準で組み込まれており、「設定」から直接Windows Linkのオン/オフなどの設定が可能。このWindows Linkが標準で組み込まれている端末において「スマートフォンの画面」機能が利用できる。

 「アプリ」機能は、この「スマートフォンの画面」機能を強化したもので、スマートフォン側にインストールしているアプリアイコンが表示され、これをクリックすると、Windows 10側にウィンドウが開いて、その中でアプリが起動する。

 これを使うと、一見してWindows上でAndroidアプリが起動したようにも見えるが、実際にはスマートフォンの画面を表示しているだけだ。それでも従来の「スマートフォンの画面」は、単なる「リモートデスクトップ」という感じで、操作をゼロからやらねばならなかったのに対し、「アプリ」機能ではアプリを直接指定して起動でき、さらにAndroidアプリスタートメニュータスクバーにピン留めできるので、1クリックで起動できるという点で利便性は高い。

 IoTデバイス制御系のアプリには、スマートフォン向けにしか用意されていないものも少なくないため、PCからこうしたアプリが使えるようになるのはありがたいところだが、現時点でGalaxyシリーズの一部にしか対応していないというのでは利用できるユーザーも限られる。マイクロソフトサムスンとの間の契約などが絡んでいるのかもしれないが、できればもっと多くの機種で利用できるようにしてほしいところだ。

Windows 10とスマホを連携する「スマホ同期」が確実に改良されている

b650x400l
 


(出典 news.nicovideo.jp)

Windows 10とスマホを連携する「スマホ同期」が確実に改良されている

この連携助かりますね!!




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング