Apple9月2日iPhone向けの最新OS「iOS 13.7」の配信を開始した。アップデートすると、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるようになる。ただ、日本では接触確認アプリCOCOA」をダウンロードしておく必要がある。

画像付きの記事はこちら



 COCOAダウンロードしていないユーザーが、「設定」の「接触通知」から接触確認機能をオンにしようとすると、App StoreからCOCOAダウンロードするよう促されるにとどまる。なお、すでにCOCOAダウンロードしている場合は、ユーザー側で操作する必要はない。

 アプリで通知を有効にしている場合、同じ設定「接触通知」の画面で通知をオフにすることもできる。そこからさらにオンにしようとすると、App Storeに誘導される。

 COCOAは、9月1日17時時点でダウンロード数がiOSAndroidを合わせて約1577万件。陽性登録者数は533件だという。

iOS 13.7で新型コロナ接触通知機能が標準搭載されたが、利用するにはCOCOAが必要になる


(出典 news.nicovideo.jp)

Apple、iOS 13.7で新型コロナ接触通知機能を標準搭載も、COCOAが必要

私も早速あげちゃいました笑




<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング