中国Black Sharkの日本法人、ブラックシャーク科技ジャパン東京都港区)は、ゲーミングスマートフォンBlack Shark 3」の予約受付を、2020年9月15日通販サイト「Glimpse」にて始めた。発送は10月中旬~下旬の予定。

スムーズでなめらかな画面表示&操作が可能

縦横比20:9の6.67型フルHD+(2401080ドット有機ELディスプレーを搭載。周囲の環境に合わせ最適な輝度と色温度を自動で調整することで自然な表示が可能。ブルーライトカットし目にやさしい「アイケアモード」を備える。

画面のリフレッシュレートは90Hz、タッチレポートレートは270Hz、タッチレイテンシー(遅延時間)は最短24ミリ秒と、スムーズな画面表示や入力応答速度を実現した。画面の端でもプレスを正確に認識する、4つの感圧センサーマスタータッチ3.0」を装備。ディスプレー内蔵型の指紋センサーを備える。

側面に備えたスイッチを切り替えると起動するゲーミングモード「Shark Space 3.0」を搭載。パフォーマンスの開放やディスプレータッチなどの設定が可能だ。

ボードを2つの液体冷却パイプで挟み込むように配置し、チップセットや充電回路などと直接接触させる"サンドイッチ"構造を採用した第4世代の液体冷却システムを備え、パイプ1本と比べ150%まで冷却効果を高めたという。

第5世代移動通信システム「5G」に対応したほか、「Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)」無線LANにも準拠する。

6400万画素メイン1300万画素広角、500万画素深度センサーの3眼カメラを背面に装備。夜間でもクリアで鮮やかな撮影が可能な「スーパーナイトモード」を実装する。前面カメラ2000万画素。

Android 10ベースの独自UI(ユーザーインターフェイス)「JOYUI 11」をプレインストールメモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB。nanoSIMスロット×2を備える。

バッテリー容量は4720mAh。65ワットの急速充電に対応した底部のUSB Type-C端子に加え、背面には18ワット充電が可能な4つのマグネット端子を装備。別売のアタッチメントを装着すれば操作性を損なわず充電が行える。

価格は6万9800円(税込)<J-CASTトレンド>

より高いゲーミング性能を引っさげ日本上陸


(出典 news.nicovideo.jp)

2つの液体パイプ内蔵で高い冷却性能 「5G」対応ゲーミングスマホ



これすごいゲーミングスマホ!!



<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング