「当たった」「外れた」と騒いでいる人が身近にいたら、それはおそらく、近々発売される「プレイステーション5PS5)」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の抽選予約のことだ。大手家電量販店の通販サイトでは倍率が40倍から90倍というのだから、かつてない“激戦”の様相が窺える。これは賞品がタダでもらえる懸賞ではなく、あくまで「購入する権利」を得るための応募倍率の話である。

PS5
※画像はイメージです(以下同じ)

PS5のパワフルな中身

 しかし、それほどまでに人気を集めるのも理解できる。PS5は、2020年時点で最高の性能と設計を有しながら、3万9980円(+税、デジタルエディション)というショッキングな低価格を実現したのだ。そこで今回は、PS5に関する既存の情報を整理しつつ、その真の“買い時”を探ってみよう。

 前回の記事「ソニーの新型「PS5」が発売決定。待望の8Kハードの性能は?」でも述べたようにPS5は、8コア16スレッドCPUや、AMDによる新設計のGPUといった先進的なパーツを採用している。

 これと同等の構成をゲーミングPCで実現しようとすると、15万〜25万円が相場といったところ。「リアルな3Dゲーム」を遊ぶためのプラットフォームとして、PS5は文字通り“最強の存在”になっている。

 PS5の目玉である「8K解像度」の利活用が難しいことは、その記事でも述べたが、4K(フルHDの4倍の解像度)ならば問題はない。さらにPS5がスゴいのは、4K出力時にも高いフレームレート(画面の書き換え回数)を実現している点だ。

PS5は4Kのモニターで遊びたい

4K

「4K対応」を謳ったハードウェアには、24fps(秒間24コマ)や30fps(同30コマ)といった低いフレームレートにしか対応していないものもある。

 テレビ番組や映画は一般に24fpsで製作されているため、動画コンテンツを楽しむだけなら24fpsでも十分だ。しかしPCソフトゲーム画面など、「自分の手で動かしている」という実感を得るためには、概ね60fps(秒間60コマ)以上のフレームレートが望ましいとされる。

 PS5120fps(秒間120コマ)という極めて高いフレームレートでの画面更新が可能とされ、臨場感のあるゲームプレイを体験できる。

 いわゆる「ゲーミングモニター」の主流はいまだにフルHDやWQHDだが、PS5に限っては、ぜひとも120fpsに対応した4Kのゲーミングモニターで遊びたいところだ

 モニター購入にあたっては、「4K・120Hz」での出力に対応しているかを確認しておこう。同時に、モニターと接続するケーブルも、4K/120Hzに対応する規格のものを選ぶ必要がある。

価格は1万円差、そのコスパは?

PS4のゲーム

 PS5は価格設定も巧妙だ。光学メディアを読み込める「通常モデル」が税別4万9980円ダウンロード版のみプレイできるデジタルエディションが同3万9980円と、きっかり1万円+税の差となっている。

 PS5の“コスパ”に関して考えるならば、イニシャル・コスト(導入コスト)ではデジタルエディションが勝っているが、ライフサイクルコスト(最終的なコスト)で考えると通常モデルが優位に見える。

 通常モデルであれば、PS4ですでに発売された中古タイトルパッケージ版)を買って遊べるほか、これから買い求めるPS5用のゲームに関しても、「遊んだ後で中古屋に売る」という選択ができるのである。

 すでにPS4を持っている場合には、それを売りに出して、差額で通常モデルランクアップする……という手段もある。もっとも両モデルとも、発売日に入手することは至難の情勢なのだが。

しばらくは“リアル系”のみとなるか

 9月17日には「プレイステーションショーケース」と題した配信が行われ、その価格が公開されるとともに、PS5での発売が予定されているタイトルが複数挙げられた。

 ここでは『ファイナルファンタジーシリーズの新作『FF16』の映像が公開され、SNS上のファンが騒然とする一幕も。魔法のクリスタルを巡るファンタジー冒険譚が展開されており、オールファンにも期待を抱かせる内容だった。他のゲームの映像も紹介されているが、PS5初期を飾るラインナップはやはり、『バイオハザード』などのFPSFirst-person shooter、一人称視点シューティング)やアクションゲームが中心だ。

 リアルな映像表現には感嘆するものの、画面に登場するキャラクターは基本的に白人(稀に黒人)であり、我々のような東洋人は登場しなかった。アニメまで含めても、PS4で既発の『ペルソナ5』の画面が一瞬映っただけである。

 これらは、ソニーがあくまで「多国籍企業」であり、プレイステーションが「アメリカゲーム機」なのだと考えれば辻褄が合う。開発途中のソフトはどれも、北米市場を中心に考えた“暗めの絵作り”が徹底されていた。したがって、かつてプレステ陣営が擁した『桃太郎電鉄』や『いただきストリート』のような、日本向けのバラエティコンテンツが上陸するのは相当先だと見るべきだろう。北米では人気のない『ドラゴンクエストシリーズも、次回作がどのハードで出るかはまだ不明だ

ライト層からすると値段が…

PS コントローラー

 はじめに「低価格」と述べたPS5だが、それはあくまでも「性能に対して割安」という話であって、やはりホビーとしては高級品の部類に入る。とりわけコロナ禍が直撃した世帯からは、「ゲームに5万円なんて考えられない」という声も聞かれる。

 2006年に発売されたPS3は、当初5万9800円~(+税)という高価格で世に出たこともあり、日本国内ではあまり普及しなかった。もっとも世界的には売れ行きが良く、ソニーはこの時期、ゲーム事業の軸足を本格的に海外に移すことになる

 同時代には幸いにも、「プレステ文化圏」の入り口が別に用意されていた。携帯ゲーム機の「プレイステーション・ポータブルPSP)」である。2万円前後という価格でニンテンドーDSシェアを競いつつ、『モンスターハンター ポータブル』などの大ヒット作を輩出している。

 しかしPSP後継機の「PS Vita」はすでに終売となっており、現在のソニーに安価なポータブル機のラインナップはない。これにより、低年齢層やライトゲーマープレステ文化圏」に招き入れるチャンネルは不在となった90年代に“子ども”として初代プレステを愛していた身としては、どうにも口惜しく思うところだ。

果たして真の買い時は?

 財布に余裕があり、4K解像度リアルFPSを遊びたいのなら、PS5は間違いなく“買い”の商品だ。買おうと思って買えるわけではないのが悔しいところだが、躊躇する理由はまったくないだろう。

 逆に、リアル系のFPSアクションというゲームジャンルにそこまで魅力を感じていないのなら、焦ってPS5を買う必要はないし、将来的な値下げを待ってもいい。とりわけライトゲーマーならば、「プレイステーション クラシック」などの“ミニ系ハード”を買ったほうが有意義かもしれない。

 なお、キラータイトルとなり得る新作『FF16』の発売日は未定だが、同作の発売に前後して、品薄の“山”が再度現れるのではないかと予測できる。『FF』シリーズファンならば、定価で買えるタイミングをしっかり見定める必要がありそうだ。

TEXTジャンヤー宇都>

【ジャンヤー宇都】

「平成時代の子ども文化」全般を愛するフリーライター。単著に『多摩あるある』と『オタサーの姫オタク過密時代の植生学〜』(ともにTOブックス)ほか雑誌・MOOKなどに執筆

※画像はイメージです(以下同じ)


(出典 news.nicovideo.jp)

PS5が早くも入手困難に。買い時はいつなのか

これすごい人気ですね!!

また販売されたら高騰するんでしょうね!!




<このニュースへのネットの反応>

ソニーストアで抽選予約したな。第二抽選予約で落とされたら買わないつもりだ。よく考えたら、熱狂的にゲームするか?と言えばしないしな。家では、Amazonプライム・ビデオをPS4で観るぐらい、後は、昼寝か?ギター弾くぐらいだな。PS5買えなけば、ギブソンのレスポールでも買おうか?と思っている。オレにとって、ゲーム機は生活必需品でもない。電車でGOを遊びたいだけ。


俺もそんな感じ。ゲームが人生に必須というほどじゃない。ただ、あればやる程度。どっちかっていうとマンガのほうが好き。


マリー=アントワネット「PS5もSWITCHも買えなければ、XBOX Series買えばいいのに。」


PS関連のゲームは割とPC版で出るからな。それを考えたらゲームしかできないPSよりもゲームもできるし他にも使えるゲーミングPCの方がトータル優れものと思っている。


初期不良が怖いから当分見送って落ち着いたころに買うわ


>ゲーミングPCの方がトータル優れものと思っている。←こんな当たり前のことをドヤられてもなwPS5とゲーミングノートの値段が同じになってから言えよw


日本産なのに、日本はどうでも良いという態度だからもう二度と触らんと思うわ。もはや最初の頃のXBOX以下。


どうせ転売屋が買い占めるんでしょ、転売屋が干からびるまで待ちましょうね~


マイナーチェンジする頃で


買い時か~・・ そうだな、10年以上たっても転売屋対策が出来てない運営が、PS5と同じぐらいの性能になった時かな?


80年代から不変の「えっちなチカラ」を使おう・・・


初期型をリリース時に買わないなら、やがてマイナーチェンジを繰り返した後何かしら新機能がつくころ、かな(PS3ならディスクが挿入式じゃない新型になったあたり、PS4でいうとPS4pro出たあたり)初期型は不具合があるので基本避けていいと思う(PS3みたいな例外もあるし、ゲーム内の配布アイテムの都合などもあるとは思うので全否定はしないが、価格改定もあるだろうし…


PS2~4まで持ってるけど、あくまで「欲しいソフトがそれでしか出来ないから」っていう理由でしかないし、「解像度が上がっただけで別に前ハードでも問題ないんじゃね?」っていうゲームがあるのはPS3から4移行時に龍が如くシリーズで分かってるし、1年くらいは手出さないよ。




↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング