Apple WatchにはミュージックPodcastなどOS純正のアプリの他、Spotifyradikoといったサードパーティアプリも提供されており、AirPodsなどのBluetoothイヤフォンを接続して直接音源を聴くことが可能です。

また、ペアリングされたiPhoneで再生中の音源・映像を操作するリモコンとしても機能します。
○<1>イヤフォン/ヘッドフォンをペアリングする(初回のみ)

Apple Watchで音源を再生するには、Bluetooth接続のイヤフォン/ヘッドフォンが必要です。最初にペアリングしておきましょう。

次回からはイヤフォン/ヘッドフォンアクティブにすると自動的に接続されます。
○<2>アプリを開く(オンライン)

ここではApple WatchWi-Fiモバイル通信でオンラインになっている場合の操作を説明します。メニュー画面や機能はアプリごとに異なるので、代表的なものをいくつかご紹介します。
○「ミュージック」の場合

曲・プレイリスト等の選択はメニュー画面で行います。

○「radiko」の場合

○<3>アプリを開く(オフライン)

Wi-Fiモバイル通信に接続していない状態でも、Apple Watch上にコンテンツダウンロードしておけば再生が可能です。ここではミュージックPodcastダウンロード方法をご紹介します。
○ミュージックをダウンロードする方法

ミュージックは「Watchアプリから手動でダウンロードします。

Podcastダウンロードする方法

Podcastは、自動ダウンロードする番組・ステーションを設定して置けます。

「次はこちら」を選択した場合、よく聞く番組トップ10から各1話が「次はこちら」再生リストダウンロードされます。

「カスタム」を選択した場合、選択した番組・ステーションからなるべく多くの未再生エピソードダウンロードされます。
(笠井美史乃)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

Apple Watchで音楽やラジオを聴く方法 - Apple Watch基本の「き」season6


これ便利ですね!!

使いこなしたいですね!!


国内最大級の大型スポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」「ヴィクトリア」で使える【ゼビオカード】

<このニュースへのネットの反応>



↓ ランキングに参加していますのでどちらか一つクリックして応援、お願いします。

PC・ネットニュースランキング

ネット・PC(全般)ランキング

人気ブログランキング