ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 5G


    10月28日~30日までの間、幕張メッセで開催されるIT展示会、「第11回 Japan IT Week 秋」にてKDDI は「第6回 IoT&5Gソリューション展」に出展、5G通信を実際に体験できる展示を行っている。

    携帯キャリアで唯一の出展となったKDDIだが、会場が5G 通信に対応していることを活用し、5G 対応スマートフォンを用いた通信体験やスマートグラスを活用したAR体験、5G の利点である“低遅延”が体感できる遠隔手術体験など同社が持つ5Gに関するアセットを活用したソリューションを見ることができる。

    中でも「5G /4Gエミュレータコーナー」では、来場者が実際に触覚デバイスを動かし、その動きが画面に反映されるまでの差をLTE通信と5G通信ではどれくらい違うのかを体感できるデモに触れることができる。担当者によると、5G のメリットである“低遅延”を実際に体験してもらうために用意したものだという。

    筆者も実際にデモを体験させてもらったが、LTE通信の場合は実際の手の動きと画面の動きには少し遅れが生じているように感じたが、5G 通信の場合は、その微妙な遅れを感じさせずに、意図したように動いている様子を感じることができた。実際の体験デモでは、操作画面上に遅延秒数を表す数値が表示されていたのだが、LTE通信で80~82msの遅延が発生していたのに対し、5G通信では5~6msと1桁低い遅延速度であった。

    また、5G 端末と組み合わせて使用するスマートグラス「NrealLight」を用いたAR体験も可能となっている。同製品は中国の企業であるNrealが開発を行っているものだが、KDDIと同社は2019年5月にパートナー協定を結んでおり、その開発や活用に向けて協力関係が構築されている。

    NrealLightの特徴は、組み合わせて使用するスマートフォンから電力の供給を受けられるためバッテリーが内蔵されていないという点。そのため、軽量化が可能で、長時間の装着でも疲れにくいという。

    このほか、パートナーとの新規ビジネス創生プログラムKDDI DIGITAL GATE」などの紹介が行われていたほか、感染症対策としてKDDIが提供する体表面温度計測サービス、「KDDI IoTクラウド Standard サーマルカメラパッケージ」や、AIの導入により人数や年代、装着物のチェックなどが可能な「人数カウント」サービスなども紹介されている。

    なお、今回の出展ではパートナー企業との協業による展示も多くみられ、ブースの担当者からは「KDDIが持つ5Gアセットを用い、さまざまな企業と協業することで5G ならではのキラーコンテンツを作っていきたい。」と意気込みを見せていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    5G活用により新たなビジネスの創出をはかるKDDI


    これすごいですね!!

    じゃらんnet

    <このニュースへのネットの反応>

    【5G活用により新たなビジネスの創出をはかるKDDI】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は楽天モバイルSIM関連の手数料を無料化。iPhoneやPixelなどでeSIMを手軽に使えそう。iPhone 12が発表も5G対応端末ゆえ格安SIMで使える?

    楽天モバイルSIM関連の手数料を無料化
    eSIM機種間の変更やeSIM⇔通常のSIMも気軽にできる

     楽天モバイルSIMカード再発行手数料、eSIM発行手数料、SIM交換手数料を無料化している。これにより、通常のSIM→eSIMはもちろんeSIM→通常のSIM、eSIM機種間でのSIM交換などで費用がかからなくなり、さらに手軽にeSIMを利用可能になった。

     eSIMは、XS/XR以降(第2世代SEを含む)のiPhoneやPixel(4以降)などで対応している。これらの機種では、通常のnanoSIMは1枚しか刺さらないが、これにeSIMを合わせることでデュアルSIMによる同時待受などが利用できる。

     以前はeSIM対応機種間での移行や通常のSIM⇔eSIM間の変更にはいずれも3000円の手数料が必要だったので、気軽に入れ替えできなかったが、その不便もなくなったわけだ。nanoSIM側にメイン回線のSIMを挿しつつ、eSIM側の楽天モバイルデータ通信や通話使い放題を利用するなど、楽天モバイルサービスをさらに便利に活用できそうだ。

    iPhone 12が格安SIMで使えるかどうかは
    発売後でないとわからないため、各MVNOが検証予定

     13日(現地時間)に、iPhone 12シリーズの4モデルが発表。iPhone 12/iPhone 12 Pro10月23日iPhone 12 miniiPhone 12 Pro Max11月13日に発売される。前者の2モデルはすでに予約受付が開始されており、SIMフリー版はApple Storeを始め、今回はビックカメラヨドバシカメラなどの一部量販店ECサイトでも当初から扱われている。

     今回の気になる要素は格安SIMで動くかどうか。iPhone 12シリーズはすべて5G対応になっているが、現状の格安SIMはサブブランドも含めて、その大半が4G止まり。データ通信が4Gまでの利用になるのは当然としても、4G用のSIMが5G端末であるiPhone 12で正常に動作するかは必ずしもハッキリしていないのだ。

     なお、IIJmiomineoなどのMVNOは、iPhone 12発売日に端末を入手して、検証を行なう予定だと公表している。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:「スマホプランデータ増量キャンペーン」適用時(通話オプション追加が条件で1年間適用)。以降はそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※2:「データ増量無料キャンペーン2」適用時(1年間は無料で適用、以降は月500円)。非適用ではそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※3:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※4:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】楽天がeSIMの手数料無料化、5G対応のiPhone 12は格安SIMで動く?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】楽天がeSIMの手数料無料化、5G対応のiPhone 12は格安SIMで動く?


    これいいニュースですね!!

    あとは5Gのエリアが拡大すれば最高ですね!!






    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】楽天がeSIMの手数料無料化、5G対応のiPhone 12は格安SIMで動く?】の続きを読む


    Image: Apple

    あぁ、楽天モバイルよ…。

    初めて5Gに対応したiPhoneシリーズということで、発売に向けて「iPhone 12」の登場が待ちきれないってギズ読者の皆さまも多いでしょう。日本では、ドコモとauとソフトバンク三大携帯電話キャリアから、例年のように順当に販売スタートとなっていくわけですが、いまや格安SIMの波に乗って、こうしたビッグキャリア以外でも、5GのiPhoneを使えないものかなって考えている人だって、きっと少なくないのでは?

    楽天モバイルの場合

    まずはこのほど5Gサービスインさせ、しかも条件つきではあるものの、月額2980円で5G通信が無制限に利用できる「Rakuten UN-LIMIT V」を提供する楽天モバイル。残念ながら、Appleアップル)の発表会では、iPhone 12の販売キャリアとして、楽天モバイルの名は挙げられませんでした。でも、SIMロックフリーiPhone 12だったら、楽天モバイルで普通に使えるよね? n77(TD3700)の対応周波数的には問題なさそうにも思えます。早速、善は急げで、近所の楽天モバイルショップへと足を運んで尋ねてみました。

    Image: 湯木進悟

    発表後、半日と経っていないタイミングであったにもかかわらず、iPhone 12についての質問に、店員さんはスラスラと答えてくれましたよ。結論からいうならば、楽天モバイルは正式なiPhone 12の販売キャリアとなっていないため、そもそも実機を手に入れて動作検証を進めるにも、普通にAppleより発売されてから行なうしかないとのことで、どうやら発売前に使えるかどうかが明らかになる可能性は非常に低そうです。すでに楽天モバイルネットワークで、iPhone 12の発売を目指してテストなどをしまくってくれていたりはしないものかな? そんな淡い期待を抱いていたユーザーにとっては、肩透かしな現状を耳にした感じでしょうか。

    Rakuten UN-LIMIT VをiPhone 12で使う、は現実的ではない

    Image: Apple

    Rakuten UN-LIMIT Vの5G通信を、iPhone 12でバリバリと利用し、5G端末として使いたい? その願いについては、動作確認を待つまでもなく、答えは否との説明もありました。これはどこの国内キャリアであっても状況は同じなのかもしれませんけど、そもそもiPhone 12で利用できる5Gの電波は、日本ではSub-6のみ。n257(28GHz)ミリ波サポートされていないため、楽天モバイルで5G通信をフル活用する目的のもと、iPhone 12を手に入れるのは、十分に5G電波をつかめなくなるので現実的ではないそうです。純粋にその目的で購入したければ、楽天モバイルから公式に発売されている「AQUOS R5G」またはオリジナルモデルの「Rakuten BIG」をおすすめされて帰ってきました。

    サポートセンターに聞いてみるも「回答のしようがない」

    Image: 湯木進悟

    そもそもショップまでわざわざ足を運んだのは、楽天モバイルユーザー向けに提供してくれているオンラインサポートチャット相談が、待てども暮らせどもつながらなかったことにありました。まさかボクみたいに、iPhone 12について知りたい人からの問い合わせが、今日は殺到してしまったのでしょうか? あの「無料サポータープログラムスタート時より、少しは改善してくれているとよいのですが…。

    Image: 楽天モバイル

    電話でのサポートセンターへの問い合わせも、まずはホームページに掲載されている情報を確認するようにとの案内で途切れ、案内されたページから、また別の電話番号へとかけ直す手間がかかります。やっとつながったアドバイザーの方に、iPhone 12の5G対応状況を尋ねると、やはりこちらでも発売前に実機を手に入れての検証作業は進んでおらず、現時点で対応しているかどうかは回答のしようがないとのことでした。

    ただし、そもそもiPhoneの扱いについては、楽天モバイルが直近で検証した「iPhone SE(第2世代)」であったとしても、動作保証の対象外であると改めて説明されます。いろいろ使えない機能があって、この状況はiPhone 12が5G対応になったからといって、すぐに変わることはなさそうな感じですよね?

    Image: 楽天モバイル

    どうやら楽天モバイルとしては、iPhoneで使えるようになったeSIMを活用し、デュアルSIMの形でiPhoneを利用していってほしいという現状のようなものも見えてきました。つまり、メインで使うのは、ドコモやau、ソフトバンクSIMにして、無制限のデータ通信など、メインSIMを補う形で、楽天モバイルRakuten UN-LIMIT Vのメリットを活かしてほしいといったイメージでしょうか? もしこれが本当の現在位置なのだとすると、楽天モバイルiPhone正規の販売キャリアとしてバリバリ発売してくれる日は、まだ先の話でしかないのかもしれません。

    LinksMateの場合:動作確認でき次第、発表するつもりのよう

    なかなか選択肢は広がらない5Gサービスではあるものの、MVNO格安SIMでも、実は5G対応サービスが提供されています。それはLinksMate(リンクスメイト)の「5G回線オプション」です。4G LTEと同額で、追加料金なしとしているRakuten UN-LIMIT Vとまではいきませんが、月額500円プラスするだけで、ドコモ5G通信網を利用できるようになっていますよ。

    Image: LinksMate

    LinksMateはショップに問い合わせるわけにはいかないものの、ホームページに記されているお客さまンターへ、ユーザーでなくてもフリーダイヤルでかけられるようになっていました。早速かけてみると、わずか数秒でつながって、こちらもiPhone 12への対応状況について、よどみなく回答してくれます。やはり発売日までは、実機が手に入らないので検証は難しいものの、動作確認ができ次第、Twitter即発表する体制が整っているとのことでした。

    なお、すべてのiPhoneを動作保証の対象外としている楽天モバイルとは異なり、こちらはiPhoneの各モデルを、検証後は動作確認済みとしてアナウンスし、公式に対応を謳っていく姿勢が強く打ち出されています。LinksMateは、MVNOながら、SIMカードのみならず、各種端末とのセット販売も実施中。iPhoneの取り扱いこそないものの、ハイスペックASUS製のゲーミングスマホの「ROG Phone 3」まで発売されています。意外にもiPhone 12が公式端末として取り扱われる日も、そう遠くなかったらいいですよね~。

    Source: 楽天モバイルLinksMate



    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone 12ってドコモ/au/ソフトバンク以外の5Gで使えるの?楽天とLinksMateに聞いてみた

    やっぱり格安SIMは少し先になりそうですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhone 12ってドコモ/au/ソフトバンク以外の5Gで使えるの?楽天とLinksMateに聞いてみた】の続きを読む

    • カテゴリ:

    第四のキャリアとしての道を歩む楽天モバイル。「日本のスマホ代は高すぎる!」とCMで叫んでいるように、月2980円かつデータ使い放題が魅力の「Rakuten UN-LIMIT」プランを提供しています。

     

    そんな楽天モバイルは、9月30日に5Gプレスカンファレンスを開催。5Gサービスの提供開始とともに、5G用の新プランも発表されました。また、新しい独自端末なども披露されたので、詳細をレポートします。

     

    料金変わらずの新5Gプラン

    プランは「Rakuten UN-LIMIT V」(アンリミットファイブと読みます)。従来のプラン名に「V(=5)」がついただけですが、実は内容もほぼ変わらず。料金は4Gから据え置きで月々2980円。追加料金なしで5Gを利用できます。国内かけ放題、データ使い放題なのも同じ。300万人に限り、1年間無料で提供します。

    ↑「5Gでも“安くてわかりやすい”が一番」とのこと

     

    新規契約は9月30日より受付を開始。従来の「Rakuten UN-LIMIT」を契約しているユーザーに関しては、10月12日よりプラン内容がアップデートされる予定ですが、すぐに5Gを利用したい場合は「my楽天モバイル」から手続きが可能です。

    プランは自動でアップデートされる

     

    楽天モバイルの山田善久代表取締役社長は新プランについて、他社との圧倒的価格差があるとし、これまで通りサービスを提供・拡充していけばユーザーを獲得していけるはず、ユーザーが増えれば平均価格も下がるのではないか、と述べていました。政府も携帯料金の値下げを求めるなか、他3キャリアも追随するでしょうか。

    ↑他社との料金比較。他キャリアは「かけ放題」の料金が含まれていることに注意

     

    肝心の5Gエリアは……?

    肝心のエリアはというと、5Gで通信できるのは東京・神奈川・埼玉・北海道・大阪・兵庫の一部。HPに掲載されている詳細を見ると、かなり限られた範囲であることがわかります。5Gサービスを利用したくても、この範囲では満足に使えなさそうです……。

     

    世田谷区エリアは楽天の本社周辺だ

     

    ただし、エリアはこれから拡大していくとして、来年3月には全都道府県で5Gサービスを提供。さらに同年の第2四半期にはスタンドアローン方式での提供を開始する予定です。なお、4Gではauのネットワークを借り受けたローミングエリアがありましたが、5Gでは他社とのローミングは考えておらず、自社の基地局を用いるとのことです。

     

    ↑5Gサービスは順次拡大

     

    サービス開始時点での通信速度は最大で下り約870Mbps/上り約110Mbpsにとどまりますが、11月中にはネットワークアップデート予定。最大約2.8Gbps/約275Mbpsの速度になるとのこと。

    ↑通信速度も順次アップデート予定

     

    新端末も登場。miniの次はBIG!

    あわせて発表されたのが、5G対応の独自端末「Rakuten BIG」。その名の通り、6.9インチの大画面ディスプレイが特徴の5Gスマホです。「ビッグな画面でビッグな5G体験を」と紹介されたように、ゲームや動画が楽しみたい人に向いているでしょう。また、世界で初めてフロントカメラディスプレイに内蔵。セルフィ―撮影時にどのようにカメラが動作するのか気になります。

    ゲームや動画が楽しめる大画面

     

    アウトカメラは最大6400万画素、超広角+広角+深度測位+マクロの4眼構成。IP68相当の防水・防塵性能のほか、指紋認証、おサイフケータイ対応などの機能も搭載します。カラーは3種類で、価格は6万9800円(税込)。他社の5Gスマホと比べても安価な部類に入ります。

    9月30日より発売

     

    なお、すでに販売されているAQUOS R5Gについては、プラン変更と、順次配信予定のアップデートを済ませると5Gサービスで利用できるようになるとのことです。

     

    また、4Gスマホラインアップにも新機種が加わりました。「Rakuten Hand」はスリムな本体が特徴で、そのフィット感から「Hand」と名付けられたそう。ディスプレイは5.1インチアウトカメラは2眼構成で、顔認証やおサイフケータイを搭載します。価格は未定ですが、今秋の発売を予定しています。

    ↑カラバリはBIGと同じ展開

     

    楽天もいよいよ5Gサービスを開始しました。4Gプランから変わらない価格で5Gを利用できるのは魅力。ですが、利用できるエリアは限られたごく一部であり、ユーザーが“5G”を実感するのは難しいでしょう。政府が携帯料金の値下げを求めるなか、楽天モバイルの打ち出したプランがキャリアの競争を促すことになるでしょうか。

     

    楽天モバイルは医療や配送業、旅行、スポーツといった分野にも5Gを広げていきたいとし、デジタルコンテンツもさまざまな企業とのコラボを考えているとのことでした。今後どのようなサービスが発表されるのか、変わらず注目したいところです。

    ↑5Gでデジタルトランスメーションを可能に

     

    サッカースタジアムでの活用例

     

    【フォトギャラリー】※画像をタップすると閲覧できます。一部SNSからは閲覧できません。

     

    GetNavi web本サイトでフォトギャラリーを見る

    楽天モバイルの「安くてわかりやすい」5Gサービスをあらためて分析! 新スマホ「Rakuten BIG」「Rakuten Hand」もチェック!/【ゼロから知れる5G】第16回


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天モバイルの「安くてわかりやすい」5Gサービスをあらためて分析! 新スマホ「Rakuten BIG」「Rakuten Hand」もチェック!/【ゼロから知れる5G】第16回

    この地域限定がどれくらいのペースで拡大するかが楽しみですね!!

    【BB.excite光 Fit】

    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天モバイルの「安くてわかりやすい」5Gサービスをあらためて分析!】の続きを読む


     楽天モバイル9月30日、5Gサービスと新料金プランRakuten UN-LIMIT V」(アンリミットファイブ)を発表した。現在の4G(LTEサービスと同じ内容に5Gサービスを追加したいわばアップグレード版で、楽天の4G/5Gネットワークにつながる場所ではどちらも使い放題になる。ただし、5Gでつながる場所はまだ少ない。

    【その他の画像】

     基本料金は月額2980円(税別)。楽天のネットワークに接続する場所では通話とデータ通信は無制限、KDDIのローミングエリアでは月間データ転送量が5GBを超えると通信速度を1Mbpsに制限される。

     楽天モバイルによると、5Gの最大通信速度は下り約870Mbps/上り約110Mbps(9月30日時点)。11月中には下り約2.8Gbps/上り約275Mbpsになるという(すべて理論値)。また2021年第2四半期にはより遅延が少なく、多数のユーザーが同時に接続できる5G SA(Stand Alone)方式を採用する計画だ。

     楽天の三木谷浩史会長兼社長は「さらに高速で未来を感じるサービスを提供していきたい。(料金については)いろいろな議論があったが、清水の舞台から飛び降りる覚悟でタダ(=追加料金なし)にした。もともと(4G料金プランは)他社より6〜7割安かったが、それに5Gが付く」と話している。

     ただし、5Gのサービス提供エリアはまだ限定的だ。同社サイトによると、北海道埼玉県東京都神奈川県大阪府兵庫県のそれぞれ一部で、もっとも多い東京でも世田谷区板橋区の一部のみ。楽天モバイルでは、2021年の3月末までに全都道府県に広げるとした。

    楽天モバイルの5Gサービス提供場所(2020年9月末時点)

    北海道 札幌市白石区南郷通15丁目南付近

    埼玉県 さいたま市大宮区桜木町1丁目付近

    埼玉県 さいたま市中央区新都心付近

    東京都 世田谷区瀬田1〜4丁目付近

    東京都 世田谷区上野毛1〜4丁目付近

    東京都 世田谷区玉川1〜2丁目付近

    東京都 世田谷区中町1丁目付近

    東京都 世田谷区野毛2〜3丁目付近

    東京都 板橋区板橋3丁目付近

    神奈川県 横浜市西区浅間台付近

    大阪府 大阪市北区堂山町付近

    大阪府 大阪市北区曾根崎1丁目付近

    兵庫県 神戸市兵庫区御崎町1丁目付近

    楽天の三木谷浩史会長兼社長


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天モバイルの5G、使える場所は限定的


    これ、本当に限定的ですね!!

    エリア広くなるの時間かかりそうですね!!

    SoftBankユーザーへのおすすめインターネット

    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天モバイルの5G、使える場所は限定的】の続きを読む

    このページのトップヘ