ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 5G

    • カテゴリ:

    楽天モバイル5月15日、第5世代移動通信システム「5G」のサービス開始を延期すると発表した。当初は2020年6月に5Gサービスの提供開始を予定していた。

    延期の理由は新型コロナウイルスの影響とする。「5Gネットワークにおけるグローバルでのサプライチェーンの一部が影響を受けたことにより、準備活動の継続が困難な状況が発生している」とし、当初2020年6月を予定していた5Gサービスの提供開始を、3カ月をめどに遅らせる。

    新たなサービス開始時期や詳細は、新型コロナウイルスの状況をみながら検討し、別途告知。2020年度末までの5G基地局の設置計画に関しては「現時点で変更の予定はない」とする。

    楽天2020年2月13日に開催した、2019年度通期および第4四半期決算説明会で、楽天モバイルの今後のロードマップとして、2020年6月に5Gサービスを開始し、2021年3月は全都道府県で5Gサービスを運用するとしていた。
    (村田奏子)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天モバイル、5Gサービス開始を約3カ月延期 - 新型コロナが影響


    これしょうがないですね!!






    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天モバイル、5Gサービス開始を約3カ月延期 - 新型コロナが影響】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Image: シャープ

    有線LANも使えるよ。

    高速通信規格として注目を集めている5G。すでに5G対応スマホなどを手に入れて、その高速通信を楽しんでいる方もいることでしょう。

    でも、スマホ以外でも5Gの高速通信を体験したい! そしてみんなと一緒に使いたい! そんな気持ちに応えてくれるのが、シャープが発売している5GモバイルルーターSpeed Wi-Fi 5G X01」です。

    5Gsubとミリ波にも対応

    こちら、5Gが使用するメイン周波数帯のほか、6GHz未満の5Gsub6および30GHzから300GHzの周波数帯を使ったミリ波での送受信に対応。もちろん、5Gエリア以外では4Gでの通信が可能となっています。

    現在は受信最大2.8Gbps、送信最大183Mbpsですが、2020年夏のアップデートからは受信最大4.1Gbps、送信最大481Mbpsに対応予定となっています。

    モバイルルーターなので複数の機器での同時通信が可能。Wi-Fi 6に対応しており、受信時最大1.2GHz、最大16台の同時接続に対応しています。また、Wi-FiだけでなくUSB-C接続でも使用可能。

    有線LANポート内蔵でギガビットネットワーク構築も

    くわえて、2.5GBASE-Tの有線LANポートを内蔵。別途ハブを接続することで、ギガビット環境での有線ネットワーク構築も行なえます。オフィスでの複数人での会議やセミナー会場にこのルーターを持っていけば、あっという間に高速通信環境を整えられますね。

    こんなに高速なモバイルルーターがあると、もはやネットのために引いている固定回線の存在意義が薄れてきそう。もちろん、固定回線の優位性というのはあるのですが、一人暮らしの部屋だったり、仮説の工事現場などではこちらのほうが手軽でいいのではないでしょうか。

    現在、KDDIから法人向け製品として発売されています。もう少し5Gエリアが拡大されれば、個人でも気軽に使えるようになるかもしれません。早くその日が来るといいなぁ。

    Source: シャープKDDI via @DIME



    (出典 news.nicovideo.jp)

    そろそろ固定回線不要になるかも? シャープ製5Gモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X01」

    5Gなったら本当に固定回線要らなくなりますかね!
    怖い!!笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【そろそろ固定回線不要になるかも? シャープ製5Gモバイルルーター】の続きを読む

    • カテゴリ:

    KDDIソフトバンクからOPPOスマートフォンが発売になります。これまでSIMフリー市場とMVNOキャリア向けビジネスを行っていたOPPOですが、ついに日本の大手キャリアに製品が採用されたのです。どちらのモデルも5Gに対応。OPPOはすでに中国や海外で5Gスマートフォンを出しており、日本の5G開始に合わせてその実力が認められたということでしょう。なお2019年には楽天の5GイベントOPPOスマートフォンがデモで利用されており、今後楽天が5Gを開始した時はOPPOの5Gモデルの採用もありそうです。

    OPPOは現在、5Gスマートフォンだけでも複数のラインナップを展開しています。日本で投入される「Find X2」と「Reno3」はそれぞれハイスペックのFind、ミドルハイレンジカメラ性能を高めたRenoの各シリーズに属します。さらには4月13日に「Ace2」を発表。このほかに中国では「Reno3」と「Reno3 Pro」が5Gモデルとして出ていますが、ちょっとややこしいのが日本版のReno3の存在です。日本版Reno3は中国のReno3 Proベースで、中国のReno3とは別モデル。日本向けのモデル名はシンプルにしたかったのかもしれません。

    中国で発表されたばかりの最新モデルAce2はSoC(システムオンチップ)にSnapdragon 865を採用、メモリ12GB、ストレージ256GBのハイスペックな製品です。しかし最大の特徴は90Hzという高速なディスプレイのリフレッシュレートで、高スペックゲームの動きもしっかりと表示できます。さらに「4D冷却機能で」長時間のプレイでの発熱も効率よく外へ逃がしてくれます。他にも上下(ゲームしよう時に本体を横にすれば左右)のステレオスピーカー搭載や、5GとWi-Fi 6を同時に使える高速通信「Link Boost 2.0」機能など、ゲームユース向けの機能も搭載しています。

    カメラは4つですが4,800万画素の広角、800万画素の超広角、200万画素のモノクロ、200万画素の深度測定と、OPPOにしてはやや控えめなスペックフロントカメラも1,600万画素止まりで、ここからもゲーム向けのスマートフォンであることがわかります。急速充電はOPPO最新のSuper VOOC 2.0で、内蔵4,000mAhバッテリーを56分で満充電にすることができます。価格は最高スペックモデルで4,599元(約7万円)と、スペックを考えると割安感があります。

    このAce2の下には「Reno3」「Reno3 Pro」の2つの製品が位置します。Reno3 Proは日本でReno3として出てくるためここでは詳細は省きます。Reno3は製造コストを抑えて価格も3,399元(約5万2,000円)からと、かなり低めの設定とした製品です。コスト低減はたとえばディスプレイに差があるのです。Reno3 Proが左右の側面をカーブさせた形状ですが、Reno3は一般的なフラットタイプフロントカメラAce2Reno3 Proディスプレイに穴をあけたパンチホール型ですが、Reno3はオーソドックスな水滴型です。

    カメラは6,400万画素の広角+800万画素超広角+200万画素白黒+200万画素深度測定。Ace2メインの広角カメラの画質を上げています。またフロントカメラは3,200万画素と、OPPOカメラフォンらしくセルフィー性能も高めています。SoCはメディアテックのDensity 1000Lを採用。Reno3 ProではクアルコムのSnapdragon 765を搭載していますが、Reno3はSoCもより低価格のものを採用しているわけです。

    Reno3とReno3 Pro2019年の年末、12月27日に発表されました。その後下位モデルとして2020年2月に登場したのが「Reno3 Vitality Edition」です。Reno3のSoCをSnapdragon 765にし、カメラAce2と同じ4,800+800+200+200万画素、フロントカメラReno3シリーズ同等の3,200万画素となっています。複数の製品のプラットフォームを組み替えて製品数を増やすのはうまいやりかたと言えます。価格はさらに安い2,999元(約4万6,000円)で、発表されたばかりのAppleの「iPhone SE」が3,299元ですから、それよりも安いにも関わらず5Gに対応しているのです。

    OPPOの5Gスマートフォンはこの3機種に加え、日本で発売されるReno3 ProReno3日本版)とFind X2の合計5モデル2020年ラインナップになります。ソニーシャープがまだ1機種ずつしか5Gスマートフォンを出せていない中、OPPOは早くも5機種も投入、というわけです。日本の5Gの普及はまだこれからですが、これだけ多くの5Gスマートフォンを出しているOPPOから、これから日本向けの5G製品が出てくる可能性は充分あるでしょう。中国で販売したReno3 Proの限定モデルパントーンの2020年の流行色「Classic Blue」とコラボした製品など、日本にぜひ投入してほしいものです。
    (山根康宏)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    海外モバイルトピックス 第190回 5Gモデルが続々登場、日本での展開が気になるOPPOの最新スマホをチェック

    これからの5Gの機種が気になりますね!

    楽しみですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【【5G スマホ】海外モバイルトピックス 第190回 5Gモデルが続々登場】の続きを読む

    • カテゴリ:

    鳴り物入りで始まるはずが、新型コロナウイルスの影響でしめやかにスタートすることとなった5G。

    状況は感染が猛威を振るう世界各地でも変わらず、スマホトップシェアメーカーたちが苦戦を強いられています。詳細は以下から。

    台湾メディア「DIGITIMES」の報道(1、23)によると、HuaweiSamsungの5Gスマホの出荷が低迷しているそうです。

    これは部品メーカー関係者が明かしたもので、コロナウイルスの影響で5Gスマホ向け各種部品の注文が落ち込んでいるとのこと。

    また、Appleアメリカが推進する超高周波数帯「ミリ波(mmWave)」を使った5G iPhoneの開発していますが、量産を少なくとも1ヶ月延期する可能性があるなど、非常に不透明な状況となっています。

    世界的に広がりを見せる矢先でいきなり躓いた感のある5G。SamsungHuaweiAppleの3強が苦戦する珍しい事態となっています。

    しかしコロナウイルスの流行が比較的抑制されている中国で5Gスマホ市場が回復し始めたとされているため、一番最初に立ち直るのはHuaweiかもしれません。

    コメントを見る

    【「5Gスマホ」いきなり失速でサムスンやファーウェイ苦戦、iPhoneはミリ波対応で攻めるも発売延期に】を全て見る

    「5Gスマホ」いきなり失速でサムスンやファーウェイ苦戦、iPhoneはミリ波対応で攻めるも発売延期に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「5Gスマホ」いきなり失速でサムスンやファーウェイ苦戦、iPhoneはミリ波対応で攻めるも発売延期に

    やっぱりこの状態では5Gも停滞ですね!!
    まあ、5Gの準備期間と思えば楽しみですがね!!

    フィールドテスト期間かな笑

    【DMM見放題CHライト】7000本以上の動画が見放題!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【5G スマホ】】の続きを読む

    • カテゴリ:

    いよいよ国内でも5Gの商用サービスが始まりましたが、各社のサービス内容を見ると5Gの理論上の最大通信速度に違いが出ているようです。こうした違いはどういった所から生まれてくるのでしょうか。この謎をひも解く鍵となる、5G通信速度の仕組みについて解説したいと思います。
    ○同じ5Gで通信速度にばらつきがある

    2020年3月25日に、NTTドコモが5Gの商用サービスを開始して以降、KDDI(au)、ソフトバンクが相次いで5Gのサービスを開始。いよいよ国内でも5Gが使えるようになりました。ですが各社の5Gサービス内容を見ると、さまざまな点に違いがあるようです。

    料金プランや提供するスマートフォンなどに違いがあるのはもちろんなのですが、よくよく見ると意外と違いがあるのが通信速度です。実際、各社が公表している理論上の最大通信速度を確認すると、やや違いがありました。

    KDDI2020年夏頃に予定されているソフトウェアアップデートで下り最大3.4Gbpsになるとしていますが、それまでは各社とも、ややばらつきがあることは確かです。

    なぜこれだけ速度に違いがあるのでしょうか。多くの人が最初に思い浮かべるのは、5Gで使用している周波数帯域幅の違いではないかと思います。理論上の通信速度には周波数帯域、つまりデータが通る道幅の違いが大きく影響してくるからです。

    実際、NTTドコモとau、ソフトバンクは割り当てられている周波数帯域幅に違いがあります。28GHz以上の周波数帯「ミリ波」に関しては3社ともに共通で、28GHz帯を400MHz幅ずつ割り当てられていますが、6GHz以下の周波数帯「サブ6」に関しては、NTTドコモは3.7GHz帯と4.5GHz帯を100MHz幅ずつ、KDDI100MHz幅の3.7GHz帯を2つ割り当てられているのに対し、ソフトバンク100MHz幅の3.7GHz帯を1つしか割り当てられていません。

    そうしたことから、サブ6の帯域幅で不利なソフトバンクの通信速度が遅いのでは? と思われる人も多いかもしれません。ですが実際のところ、サービス開始当初に3社が使用しているのはサブ6の100MHz幅を1つずつなので、5Gの周波数帯域の差が現在の通信速度の差につながっているワケではないのです。

    ○実は4Gの通信速度が5Gにも大きく影響

    では何が影響しているのかというと、それは現在の5Gの運用方法です。5Gは携帯電話会社の負担を減らすため4Gから徐々に移行する仕組みが取られており、現在の5Gは4Gの通信設備の中に5Gの基地局を設置し、5Gによる高速大容量通信を実現する「ノンスタンドアローン」(NSA)という方式で運用がなされているのです。

    そしてNSAの仕様上、5Gの基地局だけに接続しても通信はできず、ベースとなる4Gの基地局にも同時に接続している必要があります。そこで多くの携帯電話会社は現状、4Gと5Gの電波を結合する「デュアルコネクティビティ」という技術を用いて5Gの通信速度の高速化を図っているため、実際の通信速度には4Gのネットワークも大きく影響しており、デュアルコネクティビティで組み合わせる4G周波数帯の違いによって各社の通信速度に差が出てきているのです。

    ちなみにもう1つ、NSA運用の特性によって、「5Gに接続している」とされていても、実際は4Gでしか通信していないケースが起き得ることも覚えておく必要があるでしょう。先にも触れた通り、NSAで5Gに接続するにはまずベースとなる4G基地局に接続する必要があるのですが、5Gの電波は周波数が高く障害物などがあると届きにくいため、4G基地局に接続できたからといって必ずしも5G基地局にも接続できるとは限りません。

    しかしながらそうした場合でも、仕様上スマートフォン上のアンテナ表示は「5G」となってしまうのです。この場合当然4Gのみでの通信となるため、通信速度は5Gに接続した時と比べ大きく落ちてしまいますし、そのことが見た目にも分かりにくいことから、先行して5Gのサービスが始まっている国では、消費者から「問題がある」との声が相次ぎ騒動になったこともあるようです。

    当面は3社とも5Gのエリアが非常に狭く、大半のエリアでは4Gを利用し続けることになるためこの問題を意識するケースはほとんどないでしょうが、5Gのエリアが広まるであろう今後に備え、「5Gでつながっているのにあまり通信速度が速くならない」という場合があることは覚えておく必要がありそうです。
    楽天モバイルの5Gは実効速度で有利?

    もちろん、5Gで使用する周波数帯が変われば通信速度も変わってきます。NTTドコモとauは2020年夏のソフトウェアアップデートで、サブ6より帯域幅が広い28GHz帯の利用を可能にすることで、それに対応したスマートフォンでの通信速度が向上するとしています。

    具体的には、理論上の最大通信速度がNTTドコモの場合下り4.1Gbps/上り480Mbps、auの場合下り4.1Gbps/上り481Mbpsになるとのこと。スマートフォンであればサムスン電子の「Galaxy S20+」や、富士通コネクテッドテクノロジーズの「arrows 5G」が28GHz帯に対応していることから、これらの機種では28GHz帯の活用によって、さらなる通信速度の向上が期待されています。

    もっとも28GHz帯はサブ6よりも電波が遠くに飛びにくく、広範囲のカバーがかなり難しい帯域なので、実際に利用できるエリアは現在の5Gエリアより一層狭いと考えられます。28GHz帯に対応した端末だからといって、どこでも高速になるワケではないことには注意が必要でしょう。

    そしてもう1つ、ここまで紹介してきた通信速度はあくまで理論上の値であり、環境の変化によって実効速度、つまり実際の通信速度が大きく変わってくることも忘れてはなりません。特に4Gに関しては、現在でも多くの利用者を抱えていることから、デュアルコネクティビティの影響により、4Gの混雑で5Gでの通信速度が大きく落ちることもあり得るワケです。

    そうした実効速度の面で優位性があるのが楽天モバイルです。楽天モバイル2020年6月に5Gのサービスを開始するとしていますが、同社は4Gの本格サービス4月8日に開始したばかりで、大手3社と比べ利用者がまだ非常に少ないのです。

    楽天モバイルは、4Gの周波数帯が1.7GHzの1つだけ、5Gもソフトバンクと同様100MHz幅の3.7GHz帯と、400MHz幅の28GHz帯のみと、潤沢な周波数帯の割り当てを受けている大手3社と比べ帯域の面では不利ではあります。しかしながら当面、利用者自体が自体が少ないことからネットワークが混雑しにくく、その分実効速度が速くなる可能性が高いと考えられるワケです。

    もっとも楽天モバイルはまだ4Gのエリア自体が狭く、多くの場所をKDDIへのローミングで賄っている状況なので、消費者がその恩恵を受ける場所はかなり限定されることになるでしょう。とはいえ大手3社の5Gエリアも、少なくとも1年間はスポット的なカバーにとどまり非常に狭い状況が続くだけに、5Gの競争だけに絞れば楽天モバイルは意外と優位に立てる可能性があるかもしれません。

    ○佐野正弘
    福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。
    (佐野正弘)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    5Gの通信速度、キャリアごとに違うのはなぜ?

    周波数帯によって違ったり難しいですね!!
    まあ、私たちは早くて安定してて安価が一番ですね笑

    早くエリア広がらないかな笑


    【緊急告知】最新OS「Windows Server 2019」を提供開始!『ConoHa for Windows Server』



     最新WindowsサーバーOS「Windows Server 2019」が使えて、さらに便利な【3種類】のテンプレート新登場!


    \ConoHa WEB広告限定キャンペーン実施中/

    新規でConoHaのアカウントを登録すると

    もれなく【700円】クーポンプレゼント!



    ▼キャンペーン詳細
    https://www.conoha.jp/windows/campaign/welcomecoupon
    “"

    <このニュースへのネットの反応>

    【【驚愕】5Gの通信速度、キャリアごとに違うのはなぜ?】の続きを読む

    このページのトップヘ