ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 5G

    • カテゴリ:

    KDDIと沖縄セルラーは3月25日、5G対応のシャープモバイルWi-FiルーターSpeed Wi-Fi 5G X01」を発表した。ミリ波やWi-Fi 6に対応する製品で、本体には有線LANポートも備える。おもに法人向けに3月27日より発売する。

    4Gと5Gのハイブリッドネットワーク対応のWi-Fiルーター。5G電波帯は「Sub6(6GHz未満の周波数帯)」と「ミリ波(28GHz帯などの高周波数帯)」の両方に対応し、アップロード / ダウンロードのどちらも5Gでの高速通信が可能となっている。通信速度は、5G受信時最大4.1Gbps、送信時最大481Mbps

    本体には2.5GBASE-Tの有線LANポート×1基とUSB 3.0 Type-Cポートを搭載。無線LANIEEE802.11ax/ac/a/b/g/n(2.4GHz / 5GHz)のWi-Fi 6対応で、受信時最大1.2Gbpsの高速無線通信が行える。最大接続台数は16台。

    バッテリ容量は4,000mAhで、連続通信時間は約220分(5G通信時)。本体には約2.4型ディスプレイも備える。本体サイズは約157×84×16mm、重さは約265g、
    (リアクション)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    KDDI、ミリ波やWi-Fi 6に対応する5Gモバイルルーター

    これ5Gで一番最高ですね!!

    楽しみ!!


    高速通信IPv6接続対応【@nifty with ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【5G KDDI】Wi-Fi 6に対応する5Gモバイルルーター【必見】】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【5G】KDDI「au 5G」提供開始【速報】


    KDDI「au 5G」を全国15都道府県の一部エリアで提供開始15都道府県って、案外多いですね!5Gの速度が楽しみですね!

    【元記事をASCII.jpで読む】

     KDDIと沖縄セルラーは3月26日から、第5世代移動通信システム「5G」の商用サービス「au 5G」を、東名阪など全国15都道府県の一部エリアで提供開始すると発表。

     データ通信が使い放題になる「データMAX 5G」、NetflixのベーシックプランとTELASAがセットになった「データMAX 5G Netflixパック」も提供開始する。

     また、約6400万画素の高解像度カメラ(8Kビデオスナップ対応)を搭載する5G対応スマホGalaxy S20 5G」を発売する。販売は全国のau取扱店およびau Online Shop

    KDDI「au 5G」を全国15都道府県の一部エリアで提供開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【5G】KDDI「au 5G」提供開始【速報】】の続きを読む

    • カテゴリ:

     次世代規格となる第5世代移動通信方式(5G)を採用した商用5Gサービスがいよいよ始まる。主要3キャリアの5Gサービスの開始日は、NTTドコモ3月25日KDDIの「au 5G」は3月26日ソフトバンクの「SoftBank 5G」は3月27日。将来を見越して手持ちのスマートフォンスマホ)を買い替えるなら、「5G」と「NFC/FeliCa」は必須であり、現時点ではAndroidスマホの一択だ。

    画像付きの記事はこちら

     国内で高いシェアを誇るiPhoneが5Gに対応してからが本格的な競争の始まりとみるか、続々と登場するハイエンド~ミドルクラスの多彩な5G対応AndroidスマホiPhoneからの乗り換えを促すとみるか。どちらにしても、おおむね3年後には結果が分かるだろう。

     「BCN+R」の前身となるサイトに掲載した記事から、現行の通信規格「4G LTE」の普及スピードについて振り返ろう。2010年12月24日ドコモLTEを使った国内初の商用サービスXi(クロッシィ)」をスタート。他社に先駆けたが、対応するスマホは発売が遅れ、実際に普及したのは12年9月21日の「iPhone 5」発売からだろう。ソフトバンク(当時はソフトバンクモバイル)とauは、iPhone 5の発売と同時に、それぞれLTEサービスSoftBank 4G LTE」「4G LTE」を開始。AppleiPhone 5を「LTE対応iPhone」とアピールしたこともあり、4Gではなく、「LTE」として定着した。

     当時、ドコモiPhoneを取り扱っておらず、iPhoneが看板だったソフトバンクとauは、自社のLTEサービスはどこでも高速でつながる・他社より速いと主張し、実際に急ピッチエリアを拡大していった。発売直後こそ、LTEで通信できないエリアが多かったものの、端末発売・サービス開始から1カ月ほど経過した11月には多くの場所で使えるようになり、ドコモiPhoneの取り扱いを開始した翌年13年、端末で挙げると「iPhone 5s」からは、キャリアによって変わる、つながりやすさやサービスエリア比較は下火になった。

     商用サービス開始からある程度サービスエリアが広がったと感じるまで、前回は3年ほどかかった。今年3月下旬から順次始まる5Gサービスも同様と仮定すると、23年末にはどこでも使えるようになるのだろうか。ただし、5G通信は電波の性質上、4G LTEと比べて屋内への電波が届きにくいとの見方が強いだけに、もっと時間がかかるかもしれない。そもそも5Gには、単なる通信速度向上にとどまらないリアルなAR/VR体験、IoTの利活用など新サービス創出が期待されている。

     調べたところによると、BCNのオフィスがある一帯はサービス開始直後こそ、どの5Gサービスも対応エリア外だが、au 5Gは「20年4月末対応予定」、SoftBank 5Gも「20年夏以降予定」となっている。ところどころしか使えない、次世代通信規格の立ち上げ時のサービスエリアマップをみると、住むならやはり、いち早く最新サービスが利用できる都心や人気のスポットのそばに限ると感じる。(BCN・嵯峨野 芙美)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    3月25日から順次、商用5Gサービス開始 iPhoneは対応せず ゴールは3年後?

    最初はAndroidだけになりそうですね!!
    早くiPhoneも対応してくれないかな笑


    工事不要!インターネット使い放題【SoftBank Air】


    <このニュースへのネットの反応>

    【【5G iPhone】3月25日から順次、商用5Gサービス開始 【速報】】の続きを読む


    【KDDI 5G】au、5Gスマホはキャリア最多の7機種、業界初のシャオミもラインアップ | ニコニコニュース


    au、5Gスマホはキャリア最多の7機種、業界初のシャオミもラインアップこれは楽しみですね!スマホ触ってみたいですね!未来をイメージできますかね?笑笑

     KDDIと沖縄セルラーは3月23日、第5世代移動通信(5G)サービス「au 5G」の提供にあわせて発売する5G対応スマートフォンスマホ)7機種を、3月26日から順次発売すると発表した。国内通信事業者では初となるXiaomiシャオミ)のスマホ「Mi 10 Lite 5G」も含まれている。

    画像付きの記事はこちら



     新製品のラインアップと発表されている税込価格、発売日は次の通り。ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1 II」(13万3600円)が5月以降、サムスンの「Galaxy S20 5G」(11万7480円)が3月26日、「Galaxy S20+ 5G」(13万3280円)が5月下旬以降、シャープの「AQUOS R5G」(12万9145円)が3月27日OPPOの「OPPO Find X2 Pro」が7月以降、ZTEの「ZTE a1」7月以降、シャオミの「Mi 10 Lite 5G」が7月以降。

     auの5Gサービス開始当初から購入できるGalaxy S20 5Gは、Galaxyシリーズ初の5G対応スマホ。約6.2インチ大画面有機ELディスプレイを備えるほか、AI対応カメラは8K映像の撮影や30倍ズーム撮影を楽しむことができる。翌日に発売する「AQUOS R5G」は、AQUOSシリーズ初の8K超広角カメラを搭載。10億色の表現力を持つ独自の「Pro IGZOディスプレイや、高速な画面書き換え性能が特徴だ。

     このほかの端末は5月下旬以降に発売する。5Gサービス開始には間に合わないが、どの端末も高性能かつ5Gの高速・大容量・低遅延通信という特徴を生かす機能を搭載する。なお、シャオミのMi 10 Lite 5Gについては、詳細が決まり次第、公表するという。

    auが3月26日から順次発売する5G対応スマホ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【KDDI 5G】au、5Gスマホはキャリア最多の7機種、業界初のシャオミもラインアップ | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【KDDI 5G】KDDI、商用5Gサービスを3月26日開始 「Apple Music」「YouTube Premium」がセットの無制限プランなど提供 | ニコニコニュース


    KDDI、商用5Gサービスを3月26日開始 「Apple Music」「YouTube Premium」がセットの無制限プランなど提供やっとKDDIも発表しましたね!サービス開始間際で楽しみですね笑

     KDDI3月23日、5G通信の商用サービス「au 5G」を26日に始めると発表した。データ通信が使い放題となる「データMAX 5G」をはじめ、スマートフォン向け料金プラン計4種を同日から提供。5G対応スマホ7機種も27日以降に順次発売する。音楽ライブスポーツ・アートなどの領域で、5Gを生かしたVR・ARコンテンツなどを配信する取り組み「AUGMENTED EXPERIENCE」もスタートする。

    【その他の画像】

    ●「Apple Music」「YouTube Premium」がセットの無制限プランなど提供

     スマホ向け5Gプランは、データMAX 5Gの他、「データMAX 5G Netflixパック」「データMAX 5G ALL STARパック」「ピタットプラン 5G」を用意する。

     データMAX 5Gは、月額8650円(税別、以下同)でデータ容量の上限がないプラン。月間データ使用量が2GB以下だった場合は、月額料金を自動で7170円に値下げする。「家族割プラス」や、新設する「5Gスタートキャンペーン」などの各種割引を適用した場合の月額料金は、通常時は3460円~、2GB以下の場合は1980円~となる。

     データMAX 5G Netflixパックは、データ容量の上限がなく、動画ストリーミングサービスNetflix」(ベーシックプラン)と、KDDIテレビ朝日4月7日に開始予定の動画配信サービス「TELASA」の利用料をセットにしたプラン。月額料金は9650円で、月間データ使用量が2GB以下だった場合は8170円。割引を適用した場合の月額料金は、通常時は4260円~、2GB以下の場合は2780円~。

     データMAX 5G ALL STARパックは、データ容量の上限がなく、Netflix、TELASA、「Apple Music」「YouTube Premium」の利用料金をセットにしたプラン。月額料金は1万1150円で、月間データ使用量が2GB以下だった場合は9670円。割引を適用した場合の月額料金は、通常時は5460円~、2GB以下の場合は3980円~となる。

     3プラン共に、テザリングによるデータ使用量には上限を設ける(データMAX 5Gは30GB/月、データMAX 5G Netflixパックは60GB/月、データMAX 5G ALL STARパックは80GB/月)。動画を長時間視聴し続けるなど、一定期間に大量の通信を行った場合は通信速度を制限する。

     ピタットプラン 5Gは、データ使用量に応じて3段階の月額料金が適用される段階定額制のプランデータ容量と月額料金は、1GBまで(4150円、割引適用時は1980円~)、4GBまで(5650円、割引適用時は2980円~)、7GBまで(7150円、割引適用時は4480円~)。

     KDDIの高橋誠社長は、データ容量が無制限のプランを多くそろえたことに言及し、「KDDIは使い放題の先駆者。Apple MusicYouTube Premiumに対応することで、au 5Gで楽しみ放題の世界を広げる」と意気込んだ。

    ●5Gスマホは「かえトク」の対象に

     対応エリアは、当初は東名阪を中心に15都道府県の一部エリアに限る。今夏以降に全国の主要都市への展開を進め、2021年3月に約1万局、22年3月に約2万局超の5G基地局の開設を目指す。

     5G対応スマホは、「Xperia 1 II」「Galaxy S20 5G」「Galaxy S20+ 5G」「AQUOS R5G」「OPPO FIND X2 Pro」、ZTEの「ZTE a1」「Mi 10 Lite 5G」。いずれの機種も、KDDIが2月に始めた残価設定型の端末購入補助サービス「かえトクプログラム」の適用対象となる。

    ●5Gを生かしたVRコンテンツなども配信

     5Gを生かしたコンテンツ配信を行うAUGMENTED EXPERIENCEは、(1)現実世界の街並みにARコンテンツを重ねて表示する「AUGMENTED Walk」、(2)音楽やお笑いライブのVRコンテンツなどを配信する「AUGMENTED Entertainment」、(3)スマートグラスを活用した文化財の鑑賞などを実現する「AUGMENTED Art」、(4)スマートグラスなどを活用したスポーツ観戦を支援する「AUGMENTED Sports」、(5)5Gサービス遊園地と連携する「AUGMENTED Amusement」――の5サービスから構成される。

     KDDIは特に(2)に注力しており、ライブ配信サービスを手掛けるSHOWROOM3月23日付で業務提携を締結。スマホの縦画面での視聴に適した動画コンテンツを配信するサービスsmash.」を今春以降に始める予定だ。吉本興業と協業し、お笑いライブの配信や両社主催の特別イベントを行うことも決定している。

     ライブハウス内に5G基地局を設置し、VRでの映像配信、5Gを活用したライブの演出、サテライト会場からのライブの視聴などを提供するサービス「au 5G LIVE」も7月に始める。7月開業予定のライブハウスZepp Haneda(TOKYO)」(東京都大田区)に5G基地局を設置し、人気バンドSEKAI NO OWARI」のライブ演出を支援することも決まっている。

     この他、(1)では、人気アニメの最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」の世界を東京都渋谷区の街並みに重ねて表示する。(3)では東京国立博物館、(4)ではJリーグ名古屋グランパスエイト、(5)ではハウステンボスやキッザニアとの協業が決まっており、5Gを駆使したサービスを順次始める予定だ。

     米NVIDIAが提供するクラウドゲーミングサービスGeForce NOW」への対応や、5Gを取り入れた新型店舗「GINZA 456 created by KDDI」のオープンも決まっている。

     高橋社長は「パートナーと新しい発想を見つけ、リアルな体験価値を拡張していきたい」と展望を語った。

    KDDIが商用5Gサービスを3月26日に始める


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【KDDI 5G】KDDI、商用5Gサービスを3月26日開始 「Apple Music」「YouTube Premium」がセットの無制限プランなど提供 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ