ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > SIMフリー


    【元記事をASCII.jpで読む】

     MVNO格安SIMは、一時期どのサービスでも料金とサービス内容が似通っていた状況が合ったが、通信量の単位に変化をもたせてみたり、通話定額サービスなどの付帯サービスの部分で差別化してくる例が出てきた。そこで今回は格安SIMの中でも特徴的なサービスを提供しているものをピックアップして紹介していく。

    アプリ無しの通話かけ放題と3GBも付いて月2480円
    日本通信の「合理的かけほプラン

     7月に登場した注目の新サービスが、日本通信「合理的かけほプラン」。月2480円(以下、すべて税抜)で、時間制限の無い通話定額が可能で、高速データ通信も月3GB付く。この通話定額は、他の格安SIMのように、電話番号の前に番号を付ける「プリフィックス」型ではなく、専用アプリも不要。スマホの標準の通話アプリ機能でそのままダイヤルすれば通話定額が適用される。しかも1回10分などではない、かけ放題だ。

     この「合理的かけほプラン」は、音声通話、しかも発信を重視するなら、現時点で一番オススメの格安SIMとなる。ここまで安いかけ放題の通話定額サービスはほかにはなかった。

     前述したように、これまでの格安SIMでは、通話定額の適用のためには電話番号の頭に特定の番号を付けるか、自動でその作業をしてくれる専用アプリからの発信が必要だった。そのため、かかってきた電話を折り返す場合は、標準の通話アプリの着信履歴から電話番号をコピペして、専用アプリから発信するといった面倒な操作を強いられていた。これを忘れると定額の対象外となり、通常料金(30秒あたり20円)の支払いが必要とされる。

     他社にはない独自のサービスを提供してきた日本通信。そもそも現在のMVNO格安SIMを最初に大きく切り開いてきた事業者で、ことあるごとにキャリアと一戦を交え、突破口を作ってきた事実は忘れてはならない。

     新しい形の通話定額の提供は、日本通信とドコモの間の音声通話の卸料金について、総務省が見直しが妥当という裁定を下したためのもの。しかし、まだ実際の卸料金がどうなるか決まったわけではないため、このまま提供し続けられるかは不透明。ただ、もし卸料金の値下げが進めば、日本通信だけでなく他の格安SIMでも通話料金が改定される可能性は考えられる。

    月480円の追加で、YouTubeを見まくってもギガが減らない
    BIGLOBEエンタメフリーオプション

     特定の通信について通信量が減らないサービス、「ゼロレーティング」「カウントフリー」などと呼ばれるものだが、格安SIMでは以前からBIGLOBEの「エンタメフリーオプション」が人気だ。音声SIMなら月480円の追加で(データSIMは月980円)、YouTubeなどの対象サービスで使った通信量はカウントされずない。

     この「エンタメフリーオプション」の対象は、動画がYouTubeABEMAU-NEXTYouTube Kids。音楽系ではGoogle Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotifyAWAAmazon MusicLINE MUSIC/dヒッツ/RecMusic/楽天ミュージックで、ラジオ配信のradikoらじる★らじるも入っている。

     似たようなオプションLINEモバイルにもあり、「データフリーオプション」の中にある「SNS音楽データフリー」では、LINETwitterFacebookInstagramに加え、音楽系でSpotifyAWALINE MUSICが対象で、通常料金にプラス月480円。ただし、YouTubeなど動画系が含まれるオプションはない。

     ほかに、あまり知られていないゼロレーティングサービスとしてOCN モバイル ONEの「カウントフリー」がある。これはストレージサービス「マイポケット」などOCNサービスが対象で、申し込みしなくてもOCN モバイル ONEユーザーはすべて無料で使える。また、OCN モバイル ONEには申し込みが必要だが、追加料金がかからないオプションとして「MUSICカウントフリー」があり、やはりAmazon MusicGoogle Play MusicSptify、AWAなどの音楽系サービスで通信量がカウントされなくなる。

    通信量を使い切った後にユーザー同士の協力で
    ギガをもらうことができるmineo

     通信量について、さまざまな面白い制度があるのがmineoユーザーが使わなかった容量を貯めておき、mineoユーザーなら誰でも引き出して使えるという「フリータンク」という制度がある。本当にギガが苦しくなったときはタンクからもらい、また使い切れずに余ったときにはタンクに入れる。もらいっぱなしでも特にペナルティーはないが、ここはギブアンドテイクの精神で使いたい。

     mineoには、平日昼休みの時間帯に通信をしない宣言をする「ゆずるね。」という制度もある。この宣言をして、12~13時に「動画や写真の送受信等で数MB以上のデータ通信を利用しなければ」達成となり、前月21日から当月20日までの達成回数に応じて特典としてデータ通信量や夜間フリー、速度優先の権利などがもらえる。平日昼の極端な混雑を避けるための方法として面白い。

     さらに、朝/昼/夕方の混雑時間帯に速度制限される代わりに料金が節約される「エココース」、速度制限時の通信速度を最大200kbpsから最大500kbpsに高速化する「パケット放題」(月350円)といった他の格安SIMにはないサービスmineoには多い。

    OCNの音声SIMの新規契約を前提に
    スマートフォンが激安で買える「goo Simseller」

     回線契約との同時購入で、驚くほどSIMフリー端末の価格が安くなる格安SIMがある。それがOCN モバイル ONEだ。子会社が運営するスマートフォン販売サイト「goo Simseller」を通して格安で販売している。

     特に最近では、シャオミRedmi Note 9S」の安さが話題になった。4GBメモリー/64GBストレージのモデルでは、記事執筆時点でオプション同時加入とMNPによる加入であれば、1980円から購入することができる。

     これにはOCN モバイル ONEの音声SIMへの加入が必要で、初期費用も別途かかるほか、転出元のMNP手数料もかかるので、完全に1980円だけでRedmi Note 9Sがゲットできるわけではないが、格安SIMの加入を考えているなら、こうした特典の利用は検討に加えたい。

     なお、販売している端末はSIMフリー機であるので、購入したスマートフォンと加入した回線を必ず一緒に利用する必要はないが、goo Simsellerでの回線加入と解約を繰り返していると、ブラックリストになって加入できなくなるという話もあり、端末目当てで加入するには注意が必要だ。

    端末補償無料、eSIM向けサービス
    データ専用の数百円サービスなど

     このほかにも格安SIMにはさまざまなサービスがあり多様化している。多くの格安SIMで提供されている注目のサービスが、前回も触れた端末補償(「スマホは単体で買った方がオトクな時代 中古購入でのリスクや方法を考える」)。追加オプションではなく、y.u mobileのように無料で全員に付いてくる格安SIMまである。

     また、IIJmioはeSIM向けサービスをいち早く提供開始しており、iPhoneやPixelのサブ回線として使えて便利。

     また、通話はLINEをなどのアプリで十分だという人にはデータ通信SIMチェックしたい。データ専用なら月250円からのプランがあるLinksMateや、月300円からのnuroモバイルなどがある。

    自分にあったサービス格安SIMを探すのがおもしろい

     個性的なサービスは、ハマればハマるほど手放せないサービスになってくる。通信事業者側も加入者の引き留めのためにも今後も唯一無二の面白いサービスを備えた格安SIMが出てくることが想像できる。

     格安SIMを選ぶ際は、月額費用と通信量だけ見て選ぶのではなく、付帯するサービスにも注目してみてみるとおもしろいのではないだろうか。

    月2480円で電話かけ放題なSIMも登場、特徴的なサービスを提供している格安SIMまとめ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    月2480円で電話かけ放題なSIMも登場、特徴的なサービスを提供している格安SIMまとめ

    これ気になりますね!!


    無料トライアル実施中!<U-NEXT>

    <このニュースへのネットの反応>

    【月2480円で電話かけ放題なSIMも登場、特徴的なサービスを提供している格安SIMまとめ】の続きを読む


     「BCNランキング2020年8月24日から30日の日次集計データによると、SIMフリースマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
     

    画像付きの記事はこちら

    8月24日週のSIMフリースマートフォン売れ筋ランキングは、シャープ「AQUOS sense3 lite SH-RM12」が3週連続で首位を獲得した。4位にはファーウェイP40 Pro 5G」がランクイン。今年6月発売の機種で、TOP10入りは今週が初めて。同社は8/21から同機種を対象に含んだ「ファーウェイ全額返金保証/キャッシュバックキャンペーン」を実施しており、その影響で販売数が伸びた可能性が高い。

    1位 AQUOS sense3 lite SH-RM12(シャープ

    2位 A5 2020(OPPO

    3位 P30 lite(Y!mobile)(Huawei Technologies)

    4位 P40 Pro 5G(Huawei Technologies)

    5位 BASIO4(UQ mobile)(京セラ

    6位 Reno3 A(OPPO

    7位 Reno3 A(Y!mobile)(OPPO

    8位 P30 lite MAR-LX2J(Huawei Technologies)

    9位 ZenFone Max (M2) 64GB ZB633KL-64S4(ASUS

    10位 A5 2020(UQ mobile)(OPPO

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    P40 Pro 5G


    (出典 news.nicovideo.jp)

    今売れてるSIMフリースマホTOP10、ファーウェイの5Gスマホが4位にランクイン 2020/9/5

    シャープすごいですね!!

    個人的にはA5 2020気になりますが笑


    当サイト限定!40,000円の工事費無料【光マッハ】

    <このニュースへのネットの反応>

    【今売れてるSIMフリースマホTOP10、ファーウェイの5Gスマホが4位にランクイン】の続きを読む


    モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマートフォンmoto g8 power lite」「moto e6s」2モデル2020年9月4日に発売した。

    6.5型&3眼カメラ「moto g8 power lite」

    いずれも2つの電話番号で同時待受できる「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)」対応のnanoSIMスロット×2を備える。任意もしくは過去の通話履歴に基づいて自動的にSIMを選択する機能を実装する。

    OSは「Android 9.0」をプレインストールIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANBluetooth 4.2をサポートする。

    moto g8 power lite」は、縦横比20:9の6.5型HD+(160720ドットIPS液晶ディスプレーを搭載。背面ロゴ部分に指紋認証センサーを備える。

    1600万画素メイン+200万画素マクロ+200万画素深度の3眼カメラを背面に装備。PDAF(位相差オートフォーカス)により光量に関わらず高速なフォーカスが可能だ。前面カメラは800万画素。

    メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。microSDカード(最大256GB)対応。容量5000mAhバッテリーを内蔵。10ワットの高速充電器が付属する。

    カラーポーラブルーロイヤルブルーの2色。

    価格は2万800円(税込)

    また「moto e6s」は、6.1型HD+(156720ドットIPS液晶ディスプレーを搭載したエントリーモデル

    1300万画素メイン+200万画素深度の2眼カメラを背面に装備し、PDAFによる素早いフォーカスが可能で、動きの速い被写体にもピントを合わせられる。前面カメラ500万画素。

    メモリーは2GB、内蔵ストレージは32GB。microSDカード(最大256GB)対応。バッテリー容量は3000mAh

    カラーメトログレーエレキピンクの2色。

    価格は1万6800円(同)。<J-CASTトレンド>

    手にしやすい価格に充実のカメラ性能


    (出典 news.nicovideo.jp)

    2つの電話番号で同時待受「DSDV」対応SIMフリースマホ2モデル モトローラ

    これ使えますね!!

    欲しくなる笑


    VR作品見放題!14日間無料トライアル

    <このニュースへのネットの反応>

    【2つの電話番号で同時待受「DSDV」対応SIMフリースマホ2モデル モトローラ】の続きを読む


    京セラは、米国で展開する高耐久スマートフォン「DuraForce PRO 2」を、9月上旬より国内市場向けに販売開始します。本製品は、MIL-STD-810Gの16項目と防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)試験をクリアした、SIMフリースマートフォンです。現場作業がある方などの法人ニーズに応えた製品ですが、アクティブに外で遊ぶ人にもうってつけの一台です。

     

     

    最大106dBのフロントデュアルスピーカーを搭載しているので、工事現場など、周りの環境音が大きい場所でも、しっかり相手の声が聞こえます。ノイズ低減機能を搭載し、屋外や騒音の激しい現場でもハンズフリー通話が可能。

     

     

    また、グローブ着用時やぬれた手のままでも、ディスプレイタッチ操作が可能です。急に雨に振られた時にスマホ操作しなければいけない場合に役立ちます。ただ、グローブの種類によっては操作しづらい場合があるのと、水にぬれた状態ではグローブ操作はできません。

     

    ↑端末の側面に指紋認証センサーを搭載し、片手で簡単に操作ができるのもポイント

     

    作業現場を一望できるワイドアングルでの撮影が可能で、現場作業などに役立ちます。また、水中で変化する色味を補正する撮影モードも搭載しています。さらに、汚れが気になった場合でも泡ハンドソープやアルコールなどでお手入れができるので、万が一落として汚れたり、また水回りでの作業や屋外での利用時の埃なども気にすることなく使えます。

     

    DuraForce PRO 2は、業務利用だけでなく、アウトドアなどの趣味を楽しむ一般ユーザーも広く使えるモデル。登山やスキューバなどアクティブな趣味を持つ人は、きっと長く愛用できるでしょう。

     

    SPEC ディスプレイ:約5.0インチ FHD TFT液晶/サイズ:約W73.4×H150.2×D13.6mm/重量:約235g/バッテリー3240mAh/OS:Android 9 Pie/CPU:SDM630/2.2GHz x 4コア+1.8GHzx 4コア/カメラ1300万画素/約800万画素/約500万画素(メイン/ワイド/イン)

    アクティブな趣味人向けのタフさ! 高耐久SIMフリースマホ「DuraForce PRO 2」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アクティブな趣味人向けのタフさ! 高耐久SIMフリースマホ「DuraForce PRO 2」

    これかっこいい!!

    しかも京セラって!

    すごい!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【アクティブな趣味人向けのタフさ! 高耐久SIMフリースマホ「DuraForce PRO 2」】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、UQ mobileから先行してリリースされていた、防水・防塵&おサイフケータイ対応の「OPPO Reno3 A」について、SIMフリーでの発売が発表された。

    4眼カメラになったOPPOの防水/おサイフケータイ対応機
    OPPO Reno3 A」がSIMフリーでも発売

     UQ mobileから先行して発表、SIMフリーでのリリースも期待されていた「OPPO Reno3 A」の単体販売が決定。3月25日に発売される。なお、同機はY!mobile楽天モバイルでの取り扱いもすでに公表されている。

     OPPO Reno3 Aは、昨秋登場の「OPPO Reno A」の後継機にあたる国内向けカスタマイズモデル。防水・防塵(今回はIP68に対応レベルアップ)、おサイフケータイといった国内ユーザーが求める機能を搭載しつつ、税込で3万9800円とお手頃価格がうれしいミドルクラスの1台だ。

     前モデルでは超広角レンズが非搭載とカメラがやや弱かったが、4眼カメラに性能アップメインの4800万画素カメラに加え、800万画素の超広角、モノクロ撮影用の200万画素、ポートレート撮影用の200万画素の組み合わせとなっている。

     そのほかのスペックは、ディスプレー有機ELパネルを採用した6.44型(1082400)。CPUSnapdragon 665(2GHz+1.8GHz、オクタコア)となったが、6GBメモリー128GBストレージと標準で充実。画面内指紋センサーを内蔵し、OSはAndroid 10ベースColorOS 7.1。楽天を含む、4キャリアのネットワークとDSDVにも対応している。カラバリはホワイトブラックの2色。

    ASUS、「ZenFone Max M2」を税抜1万9500円に値下げ

     ASUS JAPANは、SIMフリースマホZenFone Max M2」の64GBモデルの価格を税抜1万9500円に値下げしたことを発表した。

     ZenFone Max M2はもともと昨年3月に発売されたモデルで、6.3型液晶(720×15230)、600番台のスナドラ(Snapdragon 632)、4GBメモリーなどを搭載する。カラバリはミッドナイトブラックスペースブルーの2色が用意されている。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:12~13時、18~19時は最大300kbps
    ※2:楽天会員は1年間、月1500円が割引される
    ※3:「スマホプランデータ増量キャンペーン」適用時(通話オプション追加が条件で1年間適用)。以降はそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※4:「データ増量無料キャンペーン2」適用時(1年間は無料で適用、以降は月500円)。非適用ではそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※5:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※6:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】防水&おサイフ対応の「OPPO Reno3 A」がSIMフリーで登場! 価格は3万9800円


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】防水&おサイフ対応の「OPPO Reno3 A」がSIMフリーで登場! 価格は3万9800円

    これいいですね!!

    しかも格安ってのが最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【防水&おサイフ対応の「OPPO Reno3 A」がSIMフリーで登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ