ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > SIMフリー


    NTTドコモの新料金プランahamo」は、第5世代移動通信システム「5G」での通信に対応している。対応端末が必要だが、同じく「ahamo」提供の「4G(LTE)」よりもさらに高速での通信ができる。

    ところが、ahamoで5Gにつながらないことがある、という嘆きをSNS上で複数見つけた。実際にあり得るのか、また原因は何か、調べた。

    利用できる地域が少ない

    ドコモ公式サイトでは、5Gの利用可能範囲が分かる。「エリアマップ」という項目で「5G」を選んだ際に地図上に赤く表示される領域が5G対応エリアとなるが、そもそも5Gを利用できる地域の方が少ないのが現状だ。

    例えば東京都千代田区では、東京駅の駅前西側などがエリアに入っているが、都心の地下鉄九段下駅や竹橋駅、大手町駅エリア外だ。都心から外れるとより5Gエリアは少なくなり、中野区では中野坂上駅の北側、北区では北赤羽駅の西側ぐらいしか該当エリアが見当たらない。

    首都圏でも、千葉県の場合は県中央に位置する市原市より南の地域には一切5Gエリアを確認できない。

    都道府県にそれぞれ対応エリアは存在するが、範囲は狭い。北海道函館市五稜郭駅付近や札幌市大通公園周辺など対応エリアは点在する。ただ旭川市より北では、北東に位置する雄武町と最北端・稚内市の稚内北星学園大学の周辺のみ。道内の大部分が「5G空白地帯」だ。

    切り替わる状況さまざま

    また、同サイトの「5Gのご契約とご利用機種に関するご注意事項」というページによると、ドコモの5G通信は5G規格単体ではなく、4G規格と組み合わせて運用されている。

    つまり5G対応エリア内での通信待ち受け時、スマホの画面に「5G」と表示されていても、実際にウェブサイト閲覧などで通信を行う際には、「4G」や「LTE」に自動的に切り替わる可能性があるというのだ。その場合は表示も5Gではなくなる。

    ドコモ広報に詳細を取材すると、担当者は「(4Gに切り替わる)状況はさまざま考えられます」とした上で、「遮蔽(しゃへい)物がある場合などは、4Gと5Gの電波の周波数の違いによって伝搬特性が異なることから、5G通信ができずに4G通信となる場合」があるとした。

    通信エリアの範囲や5Gから切り替わる仕様については、ドコモブランドの5Gプランでも「ahamo」でも同様との説明だ。

    なお、端末の設定によって5Gから他の通信規格に切り替わる場合もある。アップル公式サイトによると、5Gに対応している「iPhone 12」には「5G オート」というモードが存在する。このモードバッテリーの節約を目的としており、「5Gの速度にしても際立った成果が見られない場合は、LTEに自動的に切り替わる」とのとことだ。<J-CASTトレンド>

    「5Gにつながらないゾォーッ」…これにはワケが(画像はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「ahamo」で5Gつながるはずなのに 勝手に4Gに切り替わる


    これやばいですね!!

    こんなに人気なのに!


    FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【「ahamo」で5Gつながるはずなのに 勝手に4Gに切り替わる】の続きを読む


     全国の主要家電量販店やECショップからPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2021年2月のSIMフリースマートフォンスマホ)の販売台数前年同月比は184.7%だった。前月も132.9%と好調だったが、新生活需要も取り込んで、さらに上昇幅を広げている。

    画像付きの記事はこちら



     直近1年のメーカー別の販売台数シェア推移をみると、市場の勢力図が激しく変動している様子がうかがえる。ファーウェイに代わって、躍進を遂げているのはOPPOシャープ。それぞれ20%前後のシェアトップ争いを繰り広げている。

     楽天モバイル専用端末を販売するTinno Mobile Technologyの成長も目覚ましい。コスパモデル存在感が増しているシャオミも、じわじわとシェアを上げてきている。また、推移では示していないが京セラも販売台数前年比で251.2%を記録するなど勢いがある。

     シリーズ別の販売台数ランキングでは、OPPOの「OPPO Reno3 A」がトップを維持しているが、以下は入れ替わりが激しい。Tinno Mobile Technology(楽天モバイル)のRakuten Handが2位、Rakuten Miniが4位に急上昇。さらに、シャープの発売間もない「AQUOS sense4 lite SH-RM15」が3位に入るなど、大混戦の様相だ。(BCN・大蔵 大輔)

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    2021年2月のSIMフリースマホ市場の販売台数前年同月比は184.7%


    (出典 news.nicovideo.jp)

    勢力図が大変動! SIMフリースマホ市場で売れてるメーカーは?


    これ気なりますね!!

    SoftBank Airはコンセントに差すだけで簡単開通
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【勢力図が大変動! SIMフリースマホ市場で売れてるメーカーは?】の続きを読む


     ビックカメラは、インターネットイニシアティブIIJ)の「IIJmio モバイルプラスサービス従量制プラン」にビックカメラオリジナル特典の公衆無線LANが利用できるサービスを追加したBIC SIM「ギガぴたプラン」の提供を12月1日に開始する。使った分だけ1GB単位で支払いが可能。月額料金は音声なしプランで、1GBまで480円、2GBまで700円となる。2GB以降は、1GBに月額200円プラスに設定している。

    画像付きの記事はこちら



     ギガぴたプランは、毎月のデータ利用量が変わって安定しないなど、データ利用量の変化が大きかったり、毎月データ量が少し余るなど、データ利用量が少なかったりする際におすすめ。

     なお、12月1日から2021年2月3日までキャンペーンも実施。「初期費用1円キャンペーン」「音声MNP契約でビックポイント12,000ポイントキャンペーン」「月額利用料割引キャンペーン」、キャンペーン対象プランで利用の音声通話「ギガぴたプラン月額割引キャンペーン」などを用意している。

    ギガぴたプラン


    (出典 news.nicovideo.jp)

    使った分だけ1GB単位で月額480円から、BIC SIMの新プラン「ギガぴたプラン」


    これ使いたくなりますね!!

    BIGLOBE WiMAX 2+のギガ放題なら、1年契約&自動更新なし★

    <このニュースへのネットの反応>

    【使った分だけ1GB単位で月額480円から、BIC SIMの新プラン「ギガぴたプラン」】の続きを読む


     IoT製品の通販サイト「+Style」を運営するプラススタイル11月10日SIMフリースマートフォンの取扱製品を拡充し、中国TCLの5G対応スマホ「TCL 10 5G」を独占先行販売すると発表した。価格は3万9800円(税込)

    【その他の画像】

     TCL 10 5Gは、SoCに「Snapdragon 765G」を採用し、6GBのメモリ128GBのストレージを搭載するTCLのミドルクラスモデル。画面はフルHD(1920×1080ピクセル)ながら4眼カメラも備え、プラススタイルの近藤正充社長はコストパフォーマンスの高さをアピールした。「キャリアを選ばないAndroid 5Gスマホとして唯一無二の存在」という。

     +Styleは10日からサイト内に「SIMフリースマホコーナー」を立ち上げる。取り扱う機種はラインアップはTCL 10 5Gの他、「HUAWEI P40 Pro 5G」「ROG Phone 3」「OPPO Reno3 A」「Redmi Note 9S」「Palm Phone」「Punkt. MP02」の7機種。LINEモバイルのエントリーパッケージも990円(税込)で販売する。

     「SIMフリースマホは、これまで扱ってきたIoT製品、スマートホーム商品に続く3つめの柱として注力する。SIMは要望があれば増やすことを検討したい」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    3万円台の5G対応SIMフリースマホ、+Styleが先行販売 格安SIMの取り扱いも開始

    これいいですね!!

    Y!mobile正規代理店!お得な特典付きの「ヤングモバイル」!

    <このニュースへのネットの反応>

    【3万円台の5G対応SIMフリースマホ、+Styleが先行販売 格安SIMの取り扱いも開始】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     MVNO格安SIMは、一時期どのサービスでも料金とサービス内容が似通っていた状況が合ったが、通信量の単位に変化をもたせてみたり、通話定額サービスなどの付帯サービスの部分で差別化してくる例が出てきた。そこで今回は格安SIMの中でも特徴的なサービスを提供しているものをピックアップして紹介していく。

    アプリ無しの通話かけ放題と3GBも付いて月2480円
    日本通信の「合理的かけほプラン

     7月に登場した注目の新サービスが、日本通信「合理的かけほプラン」。月2480円(以下、すべて税抜)で、時間制限の無い通話定額が可能で、高速データ通信も月3GB付く。この通話定額は、他の格安SIMのように、電話番号の前に番号を付ける「プリフィックス」型ではなく、専用アプリも不要。スマホの標準の通話アプリ機能でそのままダイヤルすれば通話定額が適用される。しかも1回10分などではない、かけ放題だ。

     この「合理的かけほプラン」は、音声通話、しかも発信を重視するなら、現時点で一番オススメの格安SIMとなる。ここまで安いかけ放題の通話定額サービスはほかにはなかった。

     前述したように、これまでの格安SIMでは、通話定額の適用のためには電話番号の頭に特定の番号を付けるか、自動でその作業をしてくれる専用アプリからの発信が必要だった。そのため、かかってきた電話を折り返す場合は、標準の通話アプリの着信履歴から電話番号をコピペして、専用アプリから発信するといった面倒な操作を強いられていた。これを忘れると定額の対象外となり、通常料金(30秒あたり20円)の支払いが必要とされる。

     他社にはない独自のサービスを提供してきた日本通信。そもそも現在のMVNO格安SIMを最初に大きく切り開いてきた事業者で、ことあるごとにキャリアと一戦を交え、突破口を作ってきた事実は忘れてはならない。

     新しい形の通話定額の提供は、日本通信とドコモの間の音声通話の卸料金について、総務省が見直しが妥当という裁定を下したためのもの。しかし、まだ実際の卸料金がどうなるか決まったわけではないため、このまま提供し続けられるかは不透明。ただ、もし卸料金の値下げが進めば、日本通信だけでなく他の格安SIMでも通話料金が改定される可能性は考えられる。

    月480円の追加で、YouTubeを見まくってもギガが減らない
    BIGLOBEエンタメフリーオプション

     特定の通信について通信量が減らないサービス、「ゼロレーティング」「カウントフリー」などと呼ばれるものだが、格安SIMでは以前からBIGLOBEの「エンタメフリーオプション」が人気だ。音声SIMなら月480円の追加で(データSIMは月980円)、YouTubeなどの対象サービスで使った通信量はカウントされずない。

     この「エンタメフリーオプション」の対象は、動画がYouTubeABEMAU-NEXTYouTube Kids。音楽系ではGoogle Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotifyAWAAmazon MusicLINE MUSIC/dヒッツ/RecMusic/楽天ミュージックで、ラジオ配信のradikoらじる★らじるも入っている。

     似たようなオプションLINEモバイルにもあり、「データフリーオプション」の中にある「SNS音楽データフリー」では、LINETwitterFacebookInstagramに加え、音楽系でSpotifyAWALINE MUSICが対象で、通常料金にプラス月480円。ただし、YouTubeなど動画系が含まれるオプションはない。

     ほかに、あまり知られていないゼロレーティングサービスとしてOCN モバイル ONEの「カウントフリー」がある。これはストレージサービス「マイポケット」などOCNサービスが対象で、申し込みしなくてもOCN モバイル ONEユーザーはすべて無料で使える。また、OCN モバイル ONEには申し込みが必要だが、追加料金がかからないオプションとして「MUSICカウントフリー」があり、やはりAmazon MusicGoogle Play MusicSptify、AWAなどの音楽系サービスで通信量がカウントされなくなる。

    通信量を使い切った後にユーザー同士の協力で
    ギガをもらうことができるmineo

     通信量について、さまざまな面白い制度があるのがmineoユーザーが使わなかった容量を貯めておき、mineoユーザーなら誰でも引き出して使えるという「フリータンク」という制度がある。本当にギガが苦しくなったときはタンクからもらい、また使い切れずに余ったときにはタンクに入れる。もらいっぱなしでも特にペナルティーはないが、ここはギブアンドテイクの精神で使いたい。

     mineoには、平日昼休みの時間帯に通信をしない宣言をする「ゆずるね。」という制度もある。この宣言をして、12~13時に「動画や写真の送受信等で数MB以上のデータ通信を利用しなければ」達成となり、前月21日から当月20日までの達成回数に応じて特典としてデータ通信量や夜間フリー、速度優先の権利などがもらえる。平日昼の極端な混雑を避けるための方法として面白い。

     さらに、朝/昼/夕方の混雑時間帯に速度制限される代わりに料金が節約される「エココース」、速度制限時の通信速度を最大200kbpsから最大500kbpsに高速化する「パケット放題」(月350円)といった他の格安SIMにはないサービスmineoには多い。

    OCNの音声SIMの新規契約を前提に
    スマートフォンが激安で買える「goo Simseller」

     回線契約との同時購入で、驚くほどSIMフリー端末の価格が安くなる格安SIMがある。それがOCN モバイル ONEだ。子会社が運営するスマートフォン販売サイト「goo Simseller」を通して格安で販売している。

     特に最近では、シャオミRedmi Note 9S」の安さが話題になった。4GBメモリー/64GBストレージのモデルでは、記事執筆時点でオプション同時加入とMNPによる加入であれば、1980円から購入することができる。

     これにはOCN モバイル ONEの音声SIMへの加入が必要で、初期費用も別途かかるほか、転出元のMNP手数料もかかるので、完全に1980円だけでRedmi Note 9Sがゲットできるわけではないが、格安SIMの加入を考えているなら、こうした特典の利用は検討に加えたい。

     なお、販売している端末はSIMフリー機であるので、購入したスマートフォンと加入した回線を必ず一緒に利用する必要はないが、goo Simsellerでの回線加入と解約を繰り返していると、ブラックリストになって加入できなくなるという話もあり、端末目当てで加入するには注意が必要だ。

    端末補償無料、eSIM向けサービス
    データ専用の数百円サービスなど

     このほかにも格安SIMにはさまざまなサービスがあり多様化している。多くの格安SIMで提供されている注目のサービスが、前回も触れた端末補償(「スマホは単体で買った方がオトクな時代 中古購入でのリスクや方法を考える」)。追加オプションではなく、y.u mobileのように無料で全員に付いてくる格安SIMまである。

     また、IIJmioはeSIM向けサービスをいち早く提供開始しており、iPhoneやPixelのサブ回線として使えて便利。

     また、通話はLINEをなどのアプリで十分だという人にはデータ通信SIMチェックしたい。データ専用なら月250円からのプランがあるLinksMateや、月300円からのnuroモバイルなどがある。

    自分にあったサービス格安SIMを探すのがおもしろい

     個性的なサービスは、ハマればハマるほど手放せないサービスになってくる。通信事業者側も加入者の引き留めのためにも今後も唯一無二の面白いサービスを備えた格安SIMが出てくることが想像できる。

     格安SIMを選ぶ際は、月額費用と通信量だけ見て選ぶのではなく、付帯するサービスにも注目してみてみるとおもしろいのではないだろうか。

    月2480円で電話かけ放題なSIMも登場、特徴的なサービスを提供している格安SIMまとめ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    月2480円で電話かけ放題なSIMも登場、特徴的なサービスを提供している格安SIMまとめ

    これ気になりますね!!


    無料トライアル実施中!<U-NEXT>

    <このニュースへのネットの反応>

    【月2480円で電話かけ放題なSIMも登場、特徴的なサービスを提供している格安SIMまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ