ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > SIMフリー


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、SIMフリー版のiPhone SEが発売されたが、ヨドバシビックカメラの一部店舗でも取り扱い。また、モトローラからは2万円台の「moto g8」、5000mAhバッテリー搭載の「moto g8 power」が発表。

    SIMフリーiPhone SEが発売! Apple Storeのほか、
    ヨドバシビックの一部店舗でも販売 iPhone 11シリーズ

     キャリアからの発売は5月11日に延期されたiPhone SEだが、SIMフリー版は4月24日に発売。Apple Storeで初期に注文した人の手元には続々と配送されているようだ(今からの注文ではGW明け以降の予定)。

     また、今回のSIMフリーiPhone SEでは、当初からヨドバシカメラビックカメラの一部店舗での取り扱いも行なわれている。記事執筆時点でヨドバシについてはECサイト/店頭ともに在庫はなく、オンラインで「お取り寄せ」という形で注文自体は可能。ビックカメラについても、当日販売分の店頭在庫はなく、オンラインでの予約後に配送、または店頭での受け取りが可能としている。これら量販店であれば、Apple Storeにはない支払い方法を選択できるので、その点でメリットがあると言える。

     なお、そのヨドバシカメラビックカメラではSIMフリー版のiPhone 11シリーズの取り扱いも開始している。ヨドバシカメラについては、オンラインのほか、マルチメディアAkiba/梅田の両店で在庫ありの状態。ビックカメラについては記事執筆時点で販売ページの確認をしている。

    モトローラが2万円台の「moto g8」
    5000mAhバッテリーで性能アップの「moto g8 power」発表

     モトローラから、ミドルクラスの新SIMフリースマホmoto g8」「moto g8 power」の2モデルが発表された。3月に登場した「moto g8 plus」よりはさらに安価なモデルとなり、価格はそれぞれ2万5800円と3万2800円(ともに税込)。5月4日の発売予定。

     まずmoto g8は、19.5:9の6.4型液晶こそHD+解像度720×1520)ではあるものの、基本スペックSnapdragon 665、4GBメモリー、64GBストレージとmoto g8 plusと同等。カメラは、メインの16メガセンサーに加え、2メガのマクロカメラ、8メガ広角カメラを組み合わせた3眼仕様。OSはAndroid 10で、カラバリはノイエブルーホログラムホワイトの2色。

     moto g8 power5000mAhの大容量バッテリーを搭載するほか、ディスプレーカメラスペックmoto g8よりもワンランク上になっている。具体的には、フルHD+(1082300)の6.4型液晶に、Snapdragon 665、4GBメモリー、64GBストレージ、Android 10など。カメラは3眼まではmoto g8と同じで、さらに光学2倍の8メガカメラが追加された4眼構成。スピーカーステレオになっている。カラバリはスモークブラックカプリブルーの2色。

     2機種とも、楽天を加えた4キャリアのVoLTEやDSDVにも対応しており(ただしSIMスロットは片方がnanoSIMmicroSDの排他仕様)、安価なSIMフリースマホを求めているユーザーにとっては有力な選択肢になりそうだ。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:12~13時、18~19時は最大300kbps
    ※2:楽天会員は1年間、月1500円が割引される
    ※3:「スマホプランデータ増量キャンペーン」適用時(通話オプション追加が条件で1年間適用)。以降はそれぞれ月3GB、月9GB、月14GB
    ※4:「データ増量無料キャンペーン2」適用時(1年間は無料で適用、以降は月500円)。非適用ではそれぞれ月3GB、月9GB、月14GB
    ※5:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※6:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】SIMフリー版iPhone SEはヨドバシ/ビックでも販売、2万円台の「moto g8」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】SIMフリー版iPhone SEはヨドバシ/ビックでも販売、2万円台の「moto g8」

    これやばいですね!!

    確かにSIMフリー版も魅力ですよね!
    なにせ格安SIMで使えますもんね!!
    最高ですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】SIMフリー版iPhone SEはヨドバシ/ビックでも】の続きを読む


    au(KDDI)は、シャープ製の法人向けモバイルWi-FiルーターSpeed Wi-Fi 5G X01」を2020年3月27日に発売した。

    最大4.1Gbpsの高速通信が可能

    第5世代移動通信システム「5G」に対応。6GHz未満の周波数帯「Sub6」と28GHz帯などの高周波数帯「ミリ波」に両対応。指向性の強いミリ波の受信感度を高めるため、方向の異なる3つのアンテナを内蔵。最大のデータ通信速度は受信時4.1Gbps、送信時481Mbpsを実現した。

    無線LAN規格「Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)」にも対応。タブレットノートPCなどを最大16台まで同時接続でき、その際も高速かつ安定した通信が可能だという。「2.5GBASE-T」のマルチギガビット有線LAN×1ポート、USB 3.0 Type-Cなどのインターフェイスを装備し、無線/有線の同時運用が行える。

    約2.4型QVGA320×240ドット)TFT液晶ディスプレイを搭載。バッテリー容量は約4000mAh<J-CASTトレンド>

    次世代の高速通信「5G」を無線LANや有線LANでも


    (出典 news.nicovideo.jp)

    au「5G」対応の法人向けモバイルWi-Fiルーター シャープ製

    このモバイルWi-Fiルーターいいですね!!

    高速で利用できるんでしょうね!!
    ぜひ試してみたいな!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【【モバイルWi-Fiルーター 5G】au「5G」対応の法人向けモバイルWi-Fiルーター シャープ製】の続きを読む


    ビッグローブ4月1日MVNOサービスBIGLOBEモバイル」にて、音声通話SIMの各プランを半年間月額1,600円割り引く特典を開始する。4月1日から受け付けを始め、特典の終了日は未定。

    今回の特典は、格安SIMに関心はあるが実際の利用に不安を持つユーザーサポートするもの。音声通話SIMの3ギガプラン / 6ギガプラン / 12ギガプラン / 20ギガプラン / 30ギガプランについて、月額1,600円を半年の間割り引く。3ギガプランの場合は、月額基本料金が割引額の1,600円と同額のため、半年間は実質無料で利用できるようになる。通話料は別途必要。

    対象者は、BIGLOBEモバイルの音声通話SIM 3ギガ以上のプランに新規申し込み、またはSIMカード変更したユーザー。申し込みは特典ページや電話から行える。新規申し込み者に対しては、初期費用3,733円(税込)も、全額がGポイントで還元される(Gポイントは1Gを1円として、BIGLOBE利用料金の支払いに使用可能)。

    また、音声通話SIM利用者のうち、対象の動画 / 音楽サービスを通信量の制限なく使える「エンタメフリーオプション」に初めて申し込むユーザーに対し、半年間オプション料金を無料とする特典も開始する。期間は2020年4月1日2020年5月31日23時59分。この期間にエンタメフリーオプションに申し込むと、サービス開始月を1カ月目として6カ月目の末日まで、エンタメフリーオプション月額料金(税別480円)が無料になる。
    (村田奏子)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    BIGLOBEモバイル、音声SIMの3ギガプランを半年間実質無料に

    このキャンペーンいいですね!!
    一度解約して新規にしよかな笑

    って、めんどくさいけどお得ですね!!笑

    【ドコモ光】比較して納得!えらべる25種類のプロバイダー!
    “"

    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安SIM キャンペーン】BIGLOBEモバイル、音声SIMの3ギガプランを【半年間実質無料】】の続きを読む


     モバイルWi-Fiサービス「どんなときもWiFi」で通信障害が発生している件について、運営会社のグッド・ラックは3月21日、復旧見込みは4月上旬ごろになると発表。当面十分なサービスが提供できない可能性が高いため、利用者への謝罪と共に、希望者に対し3月末までの「回線休止」受付を開始しました。

    【その他の画像】

     休止申請を行うと、翌日の9時以降に順次停止が行われ、停止日から再開日までの料金が日割りで免除されます。申請は専用フォームで受付中。具体的な回線復旧日は不明のため、復旧めどが立ち次第、再開に関するお知らせを行うとのこと。申請を行った場合、復旧後は自動的に再開処理が行われます。

     同社によると、障害の原因は一部のキャリアからのSIMカードの提供ストップや、新型コロナウイルスの混乱によりSIMカードを動かすための設備の製造や発送が停止・遅延しているため。

     サービスに大規模な障害が発生しているにもかかわらず、休止措置や料金免除の処理を利用者に求める対応には疑問の声も。Twitterでは「なんでこちらがめんどい申請しなきゃいけないの」「自動的に無償で提供しますが普通」「無料で解約させてほしい」といった声が上がっています。

    公式サイトの上部にもお知らせが出ている


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「どんなときもWiFi」通信障害の復旧は4月上旬ごろ 料金「希望者に日割りで免除」の対応に批判も

    これやばいですね!
    皆さんは大丈夫でしたか?
    一時休止されても困りますよね!!


    BIGLOBE WiMAX 2+なら「SIMのみ」でも契約可能!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【SIMフリー Wi-Fi】「どんなときもWiFi」通信障害の復旧は4月上旬ごろ 料金「希望者に日割りで免除」の対応に批判も】の続きを読む


    楽天モバイルが月額2,980円で使い放題、しかも最初の1年間は無料で使えるという新しい料金プランRakuten UN-LIMIT」を発表し、話題を集めています。

    この「Rakuten UN-LIMIT」、今ある楽天モバイルサービスと何が違うのか、本当に使い放題なのか、なぜ1年無料で使えるのか、注意点はどこか。どこよりもわかりやすく解説します。

    格安スマホから第4の携帯電話会社

    楽天モバイルでは現在、2つの事業を展開しています。1つは「格安スマホ」と呼ばれるMVNOMobile Virtual Network Operator)事業。ドコモやauのアンテナや基地局設備を借りて、安価な携帯電話サービスを提供しています。

    もうひとつは、一昨年(2018年)に総務大臣から認可を受けて参入することになった、MNO(Mobile Network Operator)事業。ドコモKDDI(au)、ソフトバンク(Y!モバイル含む)と同じように電波の割り当てを受けて、自らアンテナや基地局を設置して携帯電話サービスを提供します。つまり楽天モバイルは、ドコモ、au、ソフトバンクに次ぐ、第4の携帯電話会社になるのです。

    携帯電話会社になるにあたって、他社の設備を借りて提供している「格安スマホ」のサービスは終了予定。新規受付は4月7日までで、今利用中のユーザーも一定の移行期間を経た後、楽天モバイルの新しい携帯電話サービスに移行するか、他社に乗り換えるかを選ぶことになります。

    新しい携帯電話サービス2019年10月にまず5,000人の無料サポーターによるテスト利用からスタートし、2020年1月には2万人のサポーターが追加募集されました。そしていよいよこの4月8日から、本格的なサービススタートします。その料金が冒頭の月額2,980円というわけです。

    ○なぜ格安スマホ並の料金プランにできる?

    設備投資のいらない格安スマホならわかりますが、楽天モバイルアンテナや基地局を自ら設置する携帯電話会社になるのに、どうして月額2,980円という格安スマホ並の料金を実現できるのでしょうか?

    同社ではそれを「設備を“完全仮想化”して大幅なコストダウンを実現したから」と説明しています。従来、基地局などの設備を構築するには専用のハードウェアが必要でしたが、楽天モバイルではこのハードウェアの機能を仮想化=ソフトウェア化することで、低コストな汎用機器を使って設備を構築しています。

    これは携帯電話業界の常識を覆す革新的な取り組みで、それだけに楽天モバイルのもとには、その技術、ノウハウを使わせてほしいというオファーが世界中の携帯電話会社から寄せられているとのこと。こうした技術提供で得られる報酬なども、安価な料金プランの後押しになっているようです。

    ドコモ、au、ソフトバンクには複数の料金プランがありますが、楽天モバイルの料金プランは、月額2,980円の「Rakuten UN-LIMIT」1つだけとシンプル。しかもデータは使い放題です。さらに1人1回線1度のみ、最大300万人まで、最初の1年間を無料で利用できます。使い放題でしかも1年も無料で使えるとなれば、今すぐ申し込みたくなりますが、その前にいくつかの注意点があります。
    ○注意点1:無制限の「楽天回線エリア」はまだ限定的

    まず1つ目の注意点は利用できるエリア楽天モバイルサイトエリアマップが公開されているのでそれを見ればわかりますが、楽天モバイルが自らがアンテナや基地局を設置している「楽天回線エリア」は、まだそれほど広くはありません。東名阪のほか、神奈川、千葉、埼玉、神戸、京都とかなり限定的で、それ以外の場所は「パートナーエリア」となっています。

    パートナーエリア」とは、楽天モバイルと提携しているKDDI(au)のサービス提供エリアのこと。楽天モバイルは自前のネットワークを全国に展開するまで、auのネットワークをローミング利用することで、足りないエリアを賄っているのです。

    筆者は、無料サポーターとしてひと足早く楽天モバイルネットワークを試していますが、「楽天回線エリア」内でもビルの奥まったところや地下などでは、auのネットワークにつながっています。現在、楽天モバイルに割り当てられている周波数帯は1.7GHz帯のみ。他の携帯電話会社のように、携帯電話の電波がもっとも届きやすいといわれる700~900MHz帯の「プラチナバンド」を持っていないことも、その理由のひとつです。

    電波には高周波になるほど一度に多くのデータを伝送できますが、その代わりに障害物に弱くなるという特性があるからです。ソフトバンク携帯電話事業に参入した当初は「プラチナバンド」を持っていなかったため、よく「つながらない」といわれていましたが、楽天モバイルにも同じことがいえるわけです。
    ○注意点2:提携するauのネットワークは上限2GBまで

    このように今のところ楽天モバイルサービスは、KDDIの「パートナーエリア」なしには成り立たないのですが、2つ目の注意点は、auのネットワークは使い放題ではないということ。

    月額2,980円の「Rakuten UN-LIMIT」で使い放題になるのは「楽天回線エリア」だけで、「パートナーエリア」であるauのネットワークにつなぐ場合は、2GBまでと上限が決まっています。2GBを使い切ると128kbpsまで通信速度がダウン。1GB/500円でギガを追加することもできます。これは1年間の無料期間中も同じで、「パートナーエリア」で2GBを使いきったあとにさらに高速でつなぎたければ、1GB/500円の支払いが発生します。

    今つながっているのが「楽天回線エリア」か「パートナーエリア」かは、4月8日以降、楽天モバイルの専用アプリを起動すれば確認できるとのことですが、「楽天回線エリア」だけ利用するといったような設定はできません。アプリいちいち接続先を確認しながら使うのは面倒ですし、無制限だと思っていたらいつの間にか「パートナーエリア」の2GBを使い切って、低速接続になっていたという人が続出しそう。つまり「Rakuten UN-LIMIT」は、「パートナーエリア」が利用可能エリアの大多数を占める現時点では、使い放題とはいえないということです。

    実は楽天モバイルサービス発表の少しあとに、ソフトバンクが5Gについての発表を行い、現状の4Gの料金にプラス1,000円、ただし2年間は無料キャンペーンが適用されるという5Gの料金プランを公開しました。これは言い換えれば、5Gの利用可能エリアがまだそれほど広くないということ。使えるエリアが狭いから当面無料なのです。楽天モバイルの1年無料にもまったく同じことがいえるでしょう。
    ○注意点3:専用アプリ以外での通話、SMSは従量課金制

    3つ目の注意点は通話について。専用アプリの「Rakuten Link」を使用する場合は、音声通話、SMSとも無料になりますが、「Rakuten Link」を使用せずにスマートフォン標準の「電話」からかけた場合は、通話30秒20円、SMS全角70文字 / 3円(いずれも国内の場合)の従量課金となるので、この点も注意が必要です。

    なお海外ローミングサービスが利用できるのは66カ国で、この場合のデータ通信は2GBまで無料。また「Rakuten Link」を使って日本から海外にかける際と、海外同士の通話が月額980円でかけ放題になるオプションサービスも用意されます。

    このほか、先着の300万人は申込時に必要な事務手数料3,300円分に該当する「楽天ポイント」3,300ポイントプレゼントされるほか、オンラインで新規契約したユーザーは、プラス3,000ポイントがもらえるキャンペーンも実施。

    いずれも「Rakuten Link」の初回アクティベーション(SMS認証の完了)が条件ですが、ほかに楽天モバイル会員になると楽天市場で獲得できるポイントが「+1倍」になる特典や、対応スマホの同時購入で最大14,500ポイントがもらえるキャンペーン(期間限定)も用意されます。同様のポイント付与キャンペーンは今後も様々な場面で展開されるでしょうから、楽天スーパーポイントの利用機会が多い人にはメリットになるでしょう。
    ○注意点4:楽天モバイル販売のスマホ以外は動作保証外

    楽天モバイルへの申し込みはすでに可能で、4月7日まではオンライン&店頭で新規契約のみ先行受付中。他社からのMNPや、楽天モバイルの「格安スマホサービスを利用しているユーザーからの移行も、当初予定より早い3月12日から受付を開始しました。無料サポータープログラムを利用中のユーザーは、4月8日以降「my 楽天モバイル」または「メンバーステーション」で、移行手続きができるようになります。

    申し込みの際にはSIMのみか、端末とのセットかを選択できますが、SIMのみの場合、楽天モバイルが販売している端末、または過去に「格安スマホサービスで販売された製品のうち、対応製品として公表されている製品以外は動作保証外となり、これが4つ目の注意点。なお対応製品の中には、楽天モバイルでしか買えないオリジナルスマートフォンRakuten Mini」も含まれています。無料サポータープログラムでも提供されていた、ナイトブラッククールホワイトに加えて、4月以降には新色のクリムゾンレッドも追加される予定です。

    楽天モバイルは自社ネットワークによるエリアの早期拡大を目指していますが、紹介してきたように、現時点ではサービスは限定的なものに留まっています。auネットワークがローミング利用できるとはいえ、専用アプリを使わないと通話が従量課金となる点やその安定性も含めて、メインの回線として乗り換えるのはまだおすすめできません。一方で、auネットワークや海外ローミングは2GBの上限があるとはいえ、1年間無料かつ自社エリア内は容量無制限で使えると思えば、サブ回線としては非常に魅力的なサービスといえるでしょう。

    著者プロフィール太田百合子(おおたゆりこ)

    テックライター、エディターインターネット黎明期よりWebディレクションやインターネット関連のフリーペーパー、情報誌の立ち上げに携わる。以降パソコン携帯電話スマートフォンからウェアラブデバイスIoT機器まで、身近なデジタルガジェットと、それら通じて利用できる様々なサービスアプリケーション、および関連ビジネスを中心に取材・執筆活動を続けている。
    (太田百合子

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    月額2,980円は本当におトク? 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の注意点

    安いところには落とし穴ありそうですもんね!!

    皆さんも参考にしてからトライしてみてくださいね!!笑




    今の気分にぴったりの番組が楽しめる!【ひかりTV】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【楽天モバイル】月額2,980円は本当におトク? 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の注意点】の続きを読む

    このページのトップヘ