ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > GAME


     米Epic Games(以下、Epic)の人気ゲームFortniteフォートナイト)」が8月13日(現地時間)、米GoogleアプリストアGoogle Play Storeから削除された。米AppleApp Storeから同ゲームを削除した数時間後のことだ。

    【その他の画像】

     Epicは同日、フォートナイトの新機能「MEGA DROP(日本では「メガプライスダウン」)」を発表した。これはゲームアイテムアプリストアの外で購入でき、その場合は最大20%の値引きをするというものだ。Epicヘルプページで、App StoreおよびGoogle Play Storeの30%の手数料を回避できる分をユーザーに還元すると説明し、「AppleまたはGoogleが支払い手数料を今後減額した場合、Epicはお客様の割引に充てられます」としている。

     Appleは同日Epicアプリストアのガイドラインに違反したとしてすぐに削除し、EpicAppleを独禁法違反だとして提訴した。本稿筆者がApple提訴の記事を書く際に確認した時点では、フォートナイトはまだGoogle Play Storeにあったが、その後削除された。

     ゲームアイテムを規定の方法以外で購入できるようにすることは、Google Play Storeのガイドラインにも違反する。

     iOSアプリと異なり、AndroidアプリGoogle Play Store以外でもダウンロードが可能だ。EpicAndroidユーザーに向けて、自社サイトからダウンロードするよう呼び掛けている。

     Epic2018年AndroidFortniteリリースした時から30%の手数料に不服だとしており、当初Android版をGoogle Play Storeには登録しなかったが、今年の4月、Google Play Store以外でのダウンロードユーザーにとって不利になったとしてストアに登録した。

     本稿執筆現在、Epicの抗議ページにはまだGoogle Playからのダウンロードは可能と書かれている。

    Google PlayストアのFortniteのページ(削除後)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「フォートナイト」、App Storeに続きGoogle Playストアからも削除

    これ驚きですね!

    あんなに人気なのに削除って相当ですかね!笑笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【「フォートナイト」、App Storeに続きGoogle Playストアからも削除】の続きを読む


    Image: Xbox Wire

    年末商戦に向けてって感じでしょうかね。

    Xbox Wireにて、Microsoft家庭用ゲーム機「Xbox Series X」が今年の11月に発売される、と発表されました。

    入手したコントローラーから発売日が予測される

    reseteraでは、ロボットホワイトという色の「Xbox Series X」または「Xbox Series S」用コントローラーを入手した人が、開封の儀を行っている動画を掲載しています。

    箱には2021年11月5日に、マイクロソフト保証期限が終わることが書かれているため、もし期限が1年間有効であるならば、アメリカで「Xbox Series X」が売られるのは11月5日で、日本なら11月6日になるのでは? という憶測が飛んでいます。信憑性がありそうですが…実際どうなんでしょうね? 答え合わせはもうちょっと待ちましょう。

    これ1台で何千タイトルが遊べる

    以前にもお伝えしましたが、この新型機はXboxXbox 360Xbox Oneなど過去4世代までさかのぼる何千タイトルもの後方互換性を持ち、ハードウェアで加速されたDirect Xレイトレーシング、最大120フレーム/秒での描画、より高速なロード時間および複数ゲームクイックレジューム機能を持っています。

    そしてHDMI 2.1をサポートし、HDR機能にも対応。加えて中には、解像度が4Kにまで向上するものもあります。これにはHDMIケーブルや4K対応テレビといった、別の要因が関係してきますが…それは別の話ですね。

    新作も最適化される過去作も

    Halo Infiniteは開発チームが健全な状態で完成させたいので、リリース2021年になる、というお報せもありました。ですがそれまでの間、50本以上の新作ゲームや、本機のために最適化された、『アサシン クリード ヴァルハラ』、『DiRT 5』、『Gears Tactics』、『ウォッチドッグス レギオン』、『龍が如く7 光と闇の行方』など100以上タイトルクロスジェネレーションで発売されます。またこれらのタイトルは、Smart Deliveryで一度購入すれば、ユーザーのコンソールに最良のバージョン最適化されます。

    最適化については、最大4Kまで解像度を上げてタイトルレンダリングする機能、HDRが登場する以前に開発されたゲームに、新しいHDR再構成技術を提供、画質を向上させるための異方性フィルタリングの適用、特定タイトルフレームレートを増加または倍増させる方法などが含まれるのだそうです。

    Source: Xbox Wire via THE VERGE, YouTube (1, 2), resetera



    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Xbox Series X」は2020年11月に発売と正式発表。でもコントローラーの保証期限を見れば...11月5日!か?


    これすごい特定ですね!!

    まさにGAME PCみたいな感じですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ついに「Xbox Series X」は2020年11月に発売と正式発表。】の続きを読む


    1d09f8

    家電量販店に勤めるツイッターユーザーが明かした、多数の商品を購入してはフリマアプリなどで売りさばく「転売ヤー」の狡猾な手口が、話題を呼んでいる。

    ほかのユーザーからも、「どうしようもない」「なんとも恐ろしい…」と、呆れた声が殺到している。

    ■在庫はあっても…


    ツイッターユーザーやまだえれきさんは27日、「ぶっちゃけ在庫はあります。でも店頭に並べることができません。転売ヤーが店に押しかけて買い占めるからです」とつづり、彼らの買い占めが原因で、ゲームメーカー任天堂ゲーム機Nintendo Switch」を店頭に並べられない苦しい事情を告白した。

    これまで、店側と転売ヤーの間で多くの攻防戦を繰り広げてきたと振り返るやまださん。店ではダミーカードと呼ばれる「札」をレジに持っていくことで商品と交換、購入できるシステムをとっており、1人1台までとルールを決めていたようだ。

    しかし、開店と同時に転売ヤーが大量に札を奪い取り、その後仲間内でカードを分け合ったり、それを禁じると、「札」の偽造をするなど完全ルール無視で購入を続けたという。

    在庫状況の開示をやめても、堂々と尋ねてきたり、「俺は客だ。50人の仲間を連れて来店するぞ」といった脅迫まがいのこともされたこともあったと振り返る。

    関連記事:消毒液ビジネスで40億円稼ぐ夫婦 正義が生んだアイデアに転売ヤー完敗

    ■まさかの「代わりに買ってきて」

    転売ヤーの行動はさらに発展を見せる。

    店舗入口で待機し、転売目的ではない来店客に対し、お金を渡し代わりに購入を頼むことまでしてきたのだ。これにはほかの客から苦情が入ったといい、ついに店側だけの問題にとどまらなくなってしまった。

    やまださんは転売対策を担う役職にないが、多くのツイッターユーザーから寄せられた、「購入直後、新品として転売できないよう一度開封してもらう」という方法が効果的なのではないかと感じたという。


    ■まるでハイエナ

    Switch以外にも、限定販売のフィギュアApple製品なども餌食となってきたと説明するやまださん

    彼らは、入店するや否や、転売を狙う商品が陳列されているコーナーに真っ先に向かう。かつては、購入後「保証書に保証印を押さないで」と頼んできたら「間違いなく転売ヤー」とわかる証拠までもあったという。

    「転売は悪だとはっきり言い切れます。皆さんもその片棒を担がないでください」と呼びかけている。

    ■任天堂の見解は…

    現在、個人の転売は法律的に取り締まることができない。

    Switchの爆売れ状態が続く任天堂は、6月26日に開いた第80期株主総会で、「現行法下において転売行為自体は認められているため、社として取り得る対策は限定的。生産、出荷を着実に行なっていくことが私たちにできること」と、苦しい胸の内を告白していた。

    ■ネット上で怒りの声

    今回のツイートは28日19時半時点で5万5,000のリツイートと8万4,000のいいねがつき、拡散され続けている。

    「もう個人の話ではなくグループ化しているんですね…」「ブラックリスト入りできないのでしょうか…」と、転売ヤーの行動に怒りを通り越し辟易したツイッターユーザーが続出。

    一方、「本当に欲しい人には割増なの困る…」「ツイートを拝見し、定価で買えるまでは我慢しようと思います」と、転売で販売された商品に手を出さないと宣言する声も見られた。

    ・合わせて読みたい→セブンイレブンに並べられていた「小麦粉の在庫数」が衝撃的だった

    (取材・文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

    「Switchを店頭に並べられない」 店員が落胆する転売ヤーの非道な手口


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Switchを店頭に並べられない」 店員が落胆する転売ヤーの非道な手口

    これ確かに嫌ですね!!
    本当に欲しい人が買えれば最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【「Switchを店頭に並べられない」 店員が落胆する転売ヤーの非道な手口】の続きを読む


     7月24日ごろから、プレイステーション・ポータブルPSP)のバッテリーに関するツイートTwitterを賑わせています。「何年も放置していたPSPバッテリーが膨らんでいた」という注意喚起をきっかけに、同様の事態に陥った人からの報告が相次ぎ、一時は「PSP」がトレンド入りする事態となりました。

    【画像】パンパンに膨らんだPSPのバッテリー

     PSPバッテリーに限らず、リチウムイオン電池は経年劣化で膨張する性質を持ち、発火や破裂につながる可能性があります。

     初代PSPの発売はおよそ16年前の2004年2011年には後続機である「プレイステーション Vita」が登場したこともあり、PSPを何年も放置していた人は多かったもよう。Twitterでは「膨らんでいた」「本当だった」とパンパンになったバッテリーの画像が相次いで投稿されました。

     現在のところは問題なく使えていても、騒動を受けて心配になった人もいるでしょう。安全に使用するためには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。発売元のソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)は、取材に対し以下のようにコメントしています。

     バッテリーパックには寿命があります。使用回数を重ねたり、時間が経過するにつれバッテリーの持続時間は少しずつ短くなります。持続時間が大幅に短くなったり、バッテリーパックが膨らんだりしたときは使用を中止してください。バッテリーカバーが無い状態でのご使用は事故やけがの原因となります。なお、バッテリーパックの寿命は、保管方法や使用状況、環境などにより異なります。

     長期間使わないときやお手入れをするときは、電源コードや接続しているケーブルを抜き、本体からバッテリーパックを取りはずしてください。バッテリーパックは湿度の低い涼しい場所に保管してください。

     バッテリーの持続時間が目に見えて短くなったら劣化が進行している合図。膨張する前に新品と取り換えた方がよさそうです。また、念のため保管時は本体からバッテリーを取り外しましょう。

     なお、不要になったリチウムイオン電池はリサイクルが可能です。リサイクル方法や持ち込みを受け付けている店舗については、一般社団法人JBRCの公式サイトにて確認できます。

     前述した通り、バッテリーの膨張はリチウムイオン電池を使用している他のゲーム機タブレットなどでも起こりうる問題。心当たりがある人は、この機会に点検してみてもよいでしょう。
     f3b2

    画像提供:@haraharahさん


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「PSPのバッテリーが膨らんでいた」報告が相次ぎTwitterトレンド入り 適切な保管方法は?


    これ怖いですね!!

    昔のスマホでよくありましたね!

    皆さんもぜひ確認してくださいね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【「PSPのバッテリーが膨らんでいた」報告が相次ぎTwitterトレンド入り 適切な保管方法は?】の続きを読む


     東京都新型コロナウイルス感染者が再び増加する中、ネットの世界では「火曜日戦争」が繰り広げられている。舞台はAmazon戦利品Nintendo Switchである。今でも品薄状態が続くこの商品が、毎週火曜日Amazonで定価販売されているのだ。

     週1回、たった数分間の熾烈なNintendo Switch争い。それはまさに、各人が全力をかける大戦争だ。

    ◆毎週火曜日、5分間の激闘

     6月以降、AmazonではNintendo Switchの定価販売が行われている。無論、これは毎日のことではない。毎週火曜日の9時もしくは9時30分に、定価設定のNintendo Switchが出品される仕組みだ。これに購入希望者が殺到し、商品は僅か数分で売り切れてしまう。

     猶予は長くても5分程度。ボクシングの2ラウンド分にも満たない。アクセスも集中するから、一般人がこの争いに挑もうとするならそれ相応の強運がなければならない。9時ピッタリにアクセスしようとしたが結局買えなかった、というのはやむを得ないことだ。

     この記事を執筆しているのは2020年7月16日。次の火曜日は21日だが、今の時点でこの日にNintendo Switchの定価販売が行われるというアナウンスはない。仮に21日も定価販売が実施されるとしたら、やはりそれは「狭き門」になるだろう。

    ◆今も続く転売

     この「火曜販売」でNintendo Switchを購入したユーザーが、果たして純粋な意味での「消費者」なのかという点も言及せざるを得ない。ここで売買された商品が転売されている……という可能性はやはり否めない。

     現状、Amazonに出品されているNintendo Switchの価格は最安値で4万1999円(送料別)。この商品の定価は税込3万2978円だ。一時期と比べたらかなり落ち着いたとはいえ、今でも1万円近くの高値が上乗せされている。残念ながら、Nintendo Switchの転売はまだ続いていると見なすべきだろう。

     かといって、Amazonの火曜販売に挑戦するのはあまり勧められる手段ではない。先述のように、ごく平均的なレベルネットリテラシーに留まる人は強運に恵まれていない限り購入は難しい。

    ◆大手家電量販店が抽選販売を実施

     一方で、大手家電量販店等でのオンライン抽選販売も頻繁に行われるようになった。こちらは予め期日を設けて申し込みを受け付ける方式なので、当選倍率こそ高いがAmazonのような「早い者勝ち」の要素はまったくない。余裕を持って注文することができるのだ。

     その上、宝くじハガキ懸賞のように「申し込んだ数だけ有利」ということは起こらない。同一人物からの複数応募は認められないことが殆どだ。

     今からNintendo Switchを購入したいと考えるなら、家電量販店の抽選販売に申し込むことが最も確実な道である。<文/澤田真一>

    【澤田真一】
    ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

    現在も高値で販売されているNintendo Switch(※画像は、Amazonより。以下同)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Nintendo Switch」決戦は火曜日。転売ヤーたちが全力の争奪戦


    これすごいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【「Nintendo Switch」決戦は火曜日。転売ヤーたちが全力の争奪戦】の続きを読む

    このページのトップヘ