ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PCアクセサリ


     サンワサプライは、ノートPC一体型モバイルディスプレイ「400-LCD001N」を、直販サイト「サンワダイレクト」で4月7日に発売した。価格は3万8500円。

    画像付きの記事はこちら



     400-LCD001Nは、ノートPCに取り付けてサブディスプレイとして使用が可能。12.5インチノングレアIPS液晶パネル(解像度1920×1080)を採用している。

     接続方法は、USB Type-Cケーブルだけで接続できる「DisplayPort Altモード」と、USB Type-Aまたは映像出力に対応していないUSB Type-Cポートを備えたPCに適した「USB接続モード」を用意する。「DisplayPort Altモード」なら、ドライバーソフトなどをインストールすることなく、接続するだけで使い始められる(「USB接続モード」では別途ドライバーソフトインストールが必要)。

     画面表示は、複製モードと拡張モードの両方に対応しており、180°回転させればプレゼンテーションにも使える。

     ノートPCの背面に貼り付けて使用し、400-LCD001N×2台と付属のクリップを組み合わせれば、ノートPCの左右両方にディスプレイを取り付けられる。

     閉じた際のサイズは幅328×高さ220×奥行き17mm。重さは約755gとなる。

    ノートPCに取り付け可能な12.5インチモバイルディスプレイ、サンワダイレクトで発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ノートPCに装着するモバイルモニター、サンワダイレクトから

    これ便利ですね!!




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【ノートPCに装着するモバイルモニター、サンワダイレクトから】の続きを読む


    振動などの衝撃に強く、ハードディスクHDD)より高速なアクセスを実現するSSDが大きく値下がりしました。詳細は以下から。

    老舗通販サイト「e-TREND(イートレンド)」によると、2021年3月28日現在バッファロー製の1.9TBモデルポータブルSSDSSD-PL1.9U3-BK/N」が会員限定価格で1万5980円で販売されています。

    どれくらい安いかは価格情報サイト「価格.com」を見れば一目瞭然。2TB前後のSSDで最安モデルが1万8371円のため、ダントツで国内最安値なのが分かります

    コメントを見る

    【2TBのSSDが1万5980円に大幅値下がり、ぶっちぎりの国内最安価格に】を全て見る

    2TBのSSDが1万5980円に大幅値下がり、ぶっちぎりの国内最安価格に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    2TBのSSDが1万5980円に大幅値下がり、ぶっちぎりの国内最安価格に


    この値下がり気になりますね!!


    【マンション投資個人面談】

    <このニュースへのネットの反応>

    【2TBのSSDが1万5980円に大幅値下がり、ぶっちぎりの国内最安価格に】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

    無線接続でiPhone/PCの映像をモニターに出力するアダプタ「CAST BACK(MS-CAST01)」

     アスキーストアで販売中、iPhoneパソコンの映像をディスプレーに出力できるワイヤレスHDMIアダプター「CAST BACK(MS-CAST01)」を紹介します。

     本製品は、iPhoneまたはパソコンの画面をテレビなどに出力できるアダプターです。

     2.4Gのワイヤレス接続で映像を出力します。アンテナが独立しており、テレビの前に出すことで安定した転送を可能にします。

     また、高速映像処理CHIPと容量128MBのDDR3RAMを採用することで、安定性と処理能力を向上させ、従来と比べて高いレスポンスを実現しました。

     iPhoneの画面をミラーリングして、テレビに出力できます。撮影した写真、動画はもちろん、YouTubeをはじめとする動画サイトの利用も可能です。対応OSはiOS 13以降。

     WindowsパソコンMacの画面もコピーして出力可能。より大きな画面で資料やファイルを複数人で閲覧するなど、ビジネス用途でも活躍します。対応OSは、Windows 8.1/10、MacOS 10.13です。

     接続方法は、手持ちのACアダプターにUSB端子を接続し、テレビディスプレーHDMI端子を接続するだけ。無線転送距離は最大で見通し約5m。

     本体サイズ/重さは、およそ幅67×奥行き36×高さ13mm/およそ16g。ケーブル長は、Wi-Fi側、電源側ともにおよそ44cmです。

     アスキーストアでは、4048円で販売中。さらに詳しい情報はアスキーストアでチェックしてください。

    無線接続でiPhone/PCの映像をモニターに出力するアダプタ「CAST BACK(MS-CAST01)」

    アスキーストア送料変更に関するお知らせ

     このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に?

    iPhoneやPCの映像をテレビなどに出力! ワイヤレスHDMIアダプター「CAST BACK」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhoneやPCの映像をテレビなどに出力! ワイヤレスHDMIアダプター「CAST BACK」

    これ欲しくなりますね!!


    データ容量なし!【SoftBank Air】
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhoneやPCの映像をテレビなどに出力! ワイヤレスHDMIアダプター「CAST BACK」】の続きを読む


    Image: Andrew Liszewski/Gizmodo US

    もうこれだけでいい。

    ストレージのテクノロジーの進化には、毎年驚かされるばかり。Crucial新しいX6 4TBポータブルSSDは、信じられないほどの大容量を手のひらサイズドライブに収めています。本体価格は490ドル(約5万3000円)で、こちらから購入可能。また、90ドル(約1万円)の割引キャンペーンも実施されています(どうやらいつも割引をしているようですよ…?)。

    Image: Andrew Liszewski/Gizmodo US

    ポータブルハードディスクといえば落下時のダメージが心配ですが、デジタルバックアップをすべてSSDに移行すれば、故障によるデータロスという心配がぐっと減ります。Crucialによると、X6 SSDは6.5フィート(約2メートル)の高さから落としてもデータが失われなかったそう。もちろん落とさないに越したことはありません。

    Image: Andrew Liszewski/Gizmodo US

    またCrucialは「X6 4TB SSDでは他の容量の同製品とは異なるアーキテクチャを使用しています」としています。X6シリーズの他の製品の読み取り速度は最大540MB/sですが、新しい4TB X6は新アーキテクチャによりUSB-C接続時に約800MB/sとより高速です。

    Image: Andrew Liszewski/Gizmodo US

    Crucialのより高価で大容量なX8 SSDでは最大1,050MB/sの速度を達成していますが、現時点ではまだ2TBが最大容量となっています。お金に糸目をつけないのであれば、1,000ドル以上を投じてThunderbolt対応のポータブルSSDドライブを購入し、3,000MB/s近い読み込み速度を実現できますが、そのドライブは手のひらやポケットサイズではありません。

    Screenshot: Andrew Liszewski/Gizmodo US

    2GHz/クアッドコアのIntel Core i5プロセッサと16GBのRAMを搭載した2020年モデルMacBook Pro上で、macOS Catalina環境でBlackmagic Disk Speed Testアプリを使ってテストしたところ、謳い文句の800MB/sの読み込み速度には到達しませんでした。しかしCrucialによれば、パフォーマンスはPCによって異なるとしています。8K解像度の動画を編集するつもりなら、このドライブはお勧めできません。デジタルアーカイブをどこへでも持ち運べる安心感が欲しい方は、よほどのデジタルコレクターを除いて4TBで十分でしょう。

    ストレージの大型化・高額化に伴い、小容量モデルが値下がりしているのもトレンドです。X6 4TBに加えて、Crucialは最近X6シリーズに新たに500GBを追加し、わずか70ドル(約7600円)で販売すると発表しました。読み取り速度は最大でも540MB/sなので性能的には微妙ですが、古いフラッシュドライブよりはマシでしょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    手のひらサイズで容量4TB。CrucialのポータブルSSDがすごい


    このSSDすごくコンパクトでいいですね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【手のひらサイズで容量4TB。CrucialのポータブルSSDがすごい】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

    無線接続でiPhone/PCの映像をモニターに出力するアダプタ「CAST BACK(MS-CAST01)」

     アスキーストアで販売中、iPhoneパソコンの映像をディスプレーに出力できるワイヤレスHDMIアダプター「CAST BACK(MS-CAST01)」を紹介します。

     本製品は、iPhoneまたはパソコンの画面をテレビなどに出力できるアダプターです。

     2.4Gのワイヤレス接続で映像を出力します。アンテナが独立しており、テレビの前に出すことで安定した転送を可能にします。

     また、高速映像処理CHIPと容量128MBのDDR3RAMを採用することで、安定性と処理能力を向上させ、従来と比べて高いレスポンスを実現しました。

     iPhoneの画面をミラーリングして、テレビに出力できます。撮影した写真、動画はもちろん、YouTubeをはじめとする動画サイトの利用も可能です。対応OSはiOS 13以降。

     WindowsパソコンMacの画面もコピーして出力可能。より大きな画面で資料やファイルを複数人で閲覧するなど、ビジネス用途でも活躍します。対応OSは、Windows 8.1/10、MacOS 10.13です。

     接続方法は、手持ちのACアダプターにUSB端子を接続し、テレビディスプレーHDMI端子を接続するだけ。無線転送距離は最大で見通し約5m。

     本体サイズ/重さは、およそ幅67×奥行き36×高さ13mm/およそ16g。ケーブル長は、Wi-Fi側、電源側ともにおよそ44cmです。

     アスキーストアでは、4048円で販売中。さらに詳しい情報はアスキーストアでチェックしてください。

    無線接続でiPhone/PCの映像をモニターに出力するアダプタ「CAST BACK(MS-CAST01)」

    アスキーストア送料変更に関するお知らせ

     このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に?

    iPhone/PCの映像を無線接続でモニターに出力するHDMIアダプター


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone/PCの映像を無線接続でモニターに出力するHDMIアダプター

    これ欲しくなりますね!!


    ドラマ観るなら<U-NEXT>
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhone/PCの映像を無線接続でモニターに出力するHDMIアダプター】の続きを読む

    このページのトップヘ