ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:ビジネス > テレワーク


    モバイルWiFiサービス『どこよりもWiFi』を販売するITの総合商社株式会社Wiz(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:山崎 俊、以下「Wiz」)は、1都3県の緊急事態宣言延長に伴い中小企業テレワーク支援として、7GBのモバイルWiFiを1,000台限定で1円にて提供いたします。また、宣言解除後も一定の移行期間(2ヶ月)を設け、支援価格にて提供してまいります。

    <費用>
    ・初期費用:0円
    ・月額
    1.緊急事態宣言中:1円/月
    2.移行期間:980円 /月 (緊急事態宣言終了後2ヶ月)
    3.その後:1,980円 /月

    <月間通信容量>
    7GB

    <契約期間>
    なし

    <解約金>
    なし

    <返却時費用>
    ・2,000円(クリーニング代として)
    ・決済方法:クレジットカード
    請求書払い可

    ※請求書払いの場合は別途審査があります。
    ※特記事項がない限り表示金額は税抜きです。
    ※申し込みは1社5台まで
    ※1,000台限定
    7GBでは足りないお客様向けに、通常プランもご用意しています。(支援プランのお客様も途中でプラン変更が可能です)
    また、10台以上のお申込みで法人割引が適用となり、更に割引が可能です。お気軽にお問い合わせください。

    <しばりなしプラン
    20GB:2,780円
    50GB:3,480円
    100GB:3,980円
    200GB:4,480円

    契約期間:なし
    解約金:0円


    <しばりありプラン
    20GB:2,280
    50GB:2,980円
    100GB:3,380円
    200GB:3,980円

    契約期間:2年
    解約金:9,500円

    ※特記事項がない限り表示金額は税抜きです。
    • お問い合わせ
    ご質問、お見積り、お申込みなど、お気軽にお問い合わせください。

    フォー
    https://wifi.dokoyorimo.com/contact_biz
    フォームにご入力いただく際、お問い合わせ種別は「テレワーク支援に関して」を選択し、お問い合わせください。


    メールアドレス
    どこよりもWiFiカスタマーセンター:dokoyorimo_wifi@012grp.co.jp

    ▼電話番号
    どこよりもWiFiカスタマーセンター:03-4346-0708/営業時間(平日) 9:0018:00
    • 会社概要
    会社名     :株式会社Wiz
    本社所在地   :東京都豊島区南大塚2-25-15 South新大塚ビル12F
    代表取締役社長 :山崎 俊
    事業内容    :Wiz cloud事業、ITプロダクト事業、新生活サポート事業、メディア運営事業、開店オンライン事業、保育サポート事業、nene事業、デジタルサイネージ事業、アプリラット事業、DX承継事業、HRコンシェルジュ事業、パートナー事業
    HP       :https://012grp.co.jp/
    Wiz cloud  :https://012cloud.jp/

    配信元企業:株式会社Wiz

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【モバイルWiFi】緊急事態宣言延長に伴うテレワーク支援プランに関して


    これ気になりますね!!

    応援してもらえるって最高ですね!!



    “"


    コンセントを差すだけ!工事不要!Wi-Fi【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【モバイルWiFi】緊急事態宣言延長に伴うテレワーク支援プランに関して】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     コクヨ3月2日、長時間着座でも身体的負荷をかけない在宅ワークチェアー「cuna」を発売した。

     本製品は、脚部を「ソリ脚」にすることで、自然な揺れを再現し「前傾」「アップライト」「後傾」の3つの姿勢をサポートする。座面のクッションには体圧分散に優れたモールドウレタンを採用し、長時間着座での身体的負荷の軽減を実現。デザイン面は、シンプルで無駄のないコンパクトな造形と風合いのある張り地を採用し、住宅のインテリアに馴染む仕上げたとうたう。

     カラーは、ダークグレージュ、ソフトベージュ、オパールグリーンオリーブイエローの4種。サイズはおよそ幅550×奥行480×高さ760mm。実売価格は3万8830円の見込み。

    テレワークのお供に! 長時間着座の負担を軽減するワークチェアー発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    テレワークのお供に! 長時間着座の負担を軽減するワークチェアー発売

    これいいですよね!!

    欲しくなりますね!!


    工事不要!インターネット使い放題【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【テレワークのお供に! 長時間着座の負担を軽減するワークチェアー発売】の続きを読む


    ヒロ・コーポレーション福岡県北九州市)から、ゲーミングチェア DG REVOLUTIONが発売された。


    ドン・キホーテの西日本エリア(一部除く)で先行販売を2/23より開始します。

    売価は¥17,800(税別)

    コロナの影響でおうち時間が増える中、ゆっくり机に座って仕事や作業をする時間をより快適に過ごせるアイテム

    バックレストは上半身を包み込むような安定感。
    リクライニングは90~180°とお好きな角度に調節出来ます。
    下に収納可能なフットレスト付き。
    アームレストの高さ調節可能。
    ヘッドピローとウエストピローの位置は調節できます。
    座面昇降式。
    耐荷重200kg

    商品詳細
    外形寸法:約1250x720x690mm
    座面の高さ:約430-540mm
    重量:約22.5kg

    原産国:中国

    【弊社製品に関するお問合せ先】
    ■商品詳細に関しましてはメールにてご連絡ください。

    株式会社ヒロ・コーポレーション
    メールアドレス:info@cds-ito.co.jp


    配信元企業:株式会社イトウ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    新発売!!ゲーミングチェア DG REVOLUTION


    これテレワークにも最高ですね!!

    多機能で自由なショッピングサイトの構築が可能【ECサイト基本システム】

    <このニュースへのネットの反応>

    【新発売!!ゲーミングチェア DG REVOLUTION】の続きを読む


    oVice株式会社(本社:東京都港区、代表取締役ジョン・セーヒョン)は、緊急事態宣言延長を受け、バーチャルオフィスオンラインイベント空間として使える、自由に動いて話しかけられるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」の無償提供期間を3月7日まで延長します。

    テレワークでの雑談不足でストレスが解消できていない人は77.3%

    株式会社リクルートキャリアが1月に発表した調査によると、テレワーク実施前にはなかったストレスを感じている人は59.6%おり、そのうち67.7%がそのストレスを解消できていないことがわかりました。また、ストレスを解消できていない人のなかで、仕事中に雑談がある人とない人では、ない人の方がストレスを解消できていない割合が14.1ポイント高い、77.3%にのぼることがわかりました(出所:新型コロナウイルス禍における働く個人の意識調査)。

    コミュニケーション不足を解消できるバーチャル空間の活用が進む
    上述のようなオンラインでのコミュニケーション不足に悩む企業や団体が増えた結果、新たなコミュニケーション手段としてバーチャル空間への注目が集まっています。
    oViceは1月の緊急事態宣言発令からこれまでで、バーチャルオフィスとして約600件、オンラインイベント空間として約100件利用されました。利用者からは「誰がどこにいるのかわかりやすく、気軽に話しかけやすくなった」、「海外にいる同僚と同じ場所に出社できるため、以前よりコミュニケーションが増えた」などの声が寄せられています。

    ◆oViceとは:アバターを使いオンライン上で自由に動いて話しかけられるバーチャル空間
    oViceはウェブサイト上で自分のアバターを自由に動かし、相手のアバターに近づけることで簡単に話しかけられる2次元バーチャル空間です。自分のアバターに近い声は大きく、遠い声は小さく聞こえ、まるで現実の空間で話しているような感覚を味わうことができます。偶然聞こえてきた会話に簡単に参加でき、会話する中で生まれた新たなアイデアを形にしやすい環境を整えています。必要に応じてその場で画面共有やビデオ通話ができるだけでなく、施錠できる会議室機能もあるため、機密情報を特定のメンバーだけで話すことも可能です。
    ミーティング風景。画面右で資料を共有しながら、各自のアバターを使って会話。
    ビデオ通話機能と画面共有機能を使って3人で会話している様子。

    ◆提供期間及び申し込み方法 ※今回の無償提供は、新規申し込みの方が対象となります。
    緊急事態宣言が前倒しで解除されても3月7日までは無償提供します。

    ◆会社概要
    オンラインでのコミュニケーションを最大化する」ことを目的に作られた、自由に動いて自由に話しかけられるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供しています。2020年にはTechCrunch Startup Battle OnlineやLAUNCHPAD SaaSに出場。oViceはサービスリリースから半年で約1700件利用されています。
    ◆本件の問い合わせ先
    oVice株式会社広報担当:media@ovice.co

    配信元企業:oVice株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    テレワークでのコミュニケーション不足を解消できるバーチャルオフィスが3月7日まで無料


    これいいかもですね!!

    最大14万6,600円分還元!【J:COM(ジェイコム)】


    <このニュースへのネットの反応>

    【テレワークでのコミュニケーション不足を解消できるバーチャルオフィスが3月7日まで無料】の続きを読む


     「1号車はリモートワーク推奨車両です。この列車にご乗車の方なら、どなたでもご利用いただけます」

    【その他の画像】

     列車が上野駅を出て数分後、車内放送で告知されると、数人の乗客が移動してきた。JR東日本は、東北新幹線はやぶさ103号盛岡行きの1号車を、2月1日から「リモートワーク推奨車両」として運用し始めた。はやぶさの他にも東北新幹線の一部列車が実証実験の対象だ。

     新幹線リモートワーク推奨車両にする意味は何か。実際の使い勝手は? サービス初日に記者が乗車し、本サービスの狙いを探った。

    ●座席で通話やWeb会議OK “マスキング音”で聞き耳対策も

     新型コロナウイルス感染症の流行によって広まった“新しい生活様式”は、働き方や社会にも変化を与えた。都心部では在宅勤務に移行する人が増え、鉄道会社の経営にも大きなインパクトを与えている。今回の実証実験の目的は、その変化に対応する新たな鉄道サービスのニーズを探ることだ。

     新幹線の座席では通常、携帯電話の通話は禁止されている。通話をする場合はデッキに移動するように、というのがいつものアナウンスだ。ただし、今回の実証実験で設定される「リモートワーク推奨車両」については話が別だ。携帯電話での通話はもちろん、ノートPCを開いてWeb会議をしてもいいとされている。

     今回の実証実験では1日当たり4~5本の列車に「リモートワーク推奨車両」が設置される。リモートワーク推奨車両は指定席ではなく、その列車の乗客なら誰でも追加料金なしで利用できる。座席の利用は先着順で、“仕事に集中できるように”1席ずつ離して座るよう案内される。

     マスク着用を条件に休憩や談笑などにも使えることになっている。ただし、乗客の様子をみる限りでは、やはりノートPCを使った作業をする人が多いようだ。この車両では、話している内容が周りに聞こえないような配慮もなされている。

     シートそのものは通常の東北新幹線車両(E5系普通車)とまったく同じ仕様。各座席のACコンセントも利用できる。テーブルは特急型車両よりも広いが、筆者が携行している12.3インチの「Surface Pro 7」を置くにはやや手狭にも感じられた。それでも隣に人がいない分、余裕を持って作業できたのは確かだ。

    情報マスキング音で聞き耳対策 イヤフォンマイクも持参が吉

     リモートワーク推奨車両では「情報マスキング音」が流れている。これはヤマハが開発した技術で、雑踏や人の話し声に近いホワイトノイズのような音を流して、声が聞こえる範囲を狭める技術だ。

     実際、乗車中は前後左右の座席の席での会話はほとんど聞こえなくなる。ホワイトノイズによってキーボードの打鍵音も紛れるため、周囲に気兼ねすることなく、ノートPCを使った作業に集中できた。

     一方で、スピーカー通話の声も聴き取りづらくなる。Web会議に参加する予定なら、イヤフォン付きマイクを用意するべきだろう(ノイズキャンセリング機能付きならなおよし)。

     上野を発車して大宮を出るまでの短い乗車時間だったが、LINEアプリで音声通話を試してみた。東京~大宮間の低速走行の区間ではあるものの、トンネル区間の通話は途切れがちな印象。マスク越しの遠慮しがちな会話に加えて、不安定な通信による断絶もあるようだ。

     4G LTE通信は移動しながらの連続した通信は苦手なため、これは仕方ないところともいえる。通信品質を考慮すると、盛岡駅以北のようなトンネル区間が連続する区間では、Web会議などに出席するのは難しそうだ。

     この車両を利用する人には、モバイルWi-Fiルーターの貸し出しも行われる。貸し出し機種はKDDIの5G対応ルーターSpeed Wi-Fi 5G X01」だ。新幹線の車内ではフリーWi-Fiも利用できるが、安定した通信を求めるならルーターの貸し出しを受けたほうがいいだろう。また、メガネ型ウェアラブデバイスJINS MEME」の貸し出しも行っており、アプリで集中力を可視化する機能を試すことも可能だ。

    KDDIとの「空間自在プロジェクト」の一環

     KDDI2020年12月JR東日本との協業で「空間自在プロジェクト」に取り組むことを発表している。今回の取り組みはその第1弾に当たる。

     KDDIリモートワークを支える通信やIT技術を持ち、JR東日本は駅や不動産など都市の接点を有している。両者が提携することで、リアルバーチャルを掛け合わせた新たなサービスを提案するとしている。

     今回のリモートワーク推奨車両について、KDDIの役割はルーターを貸し出すだけという。ただし「新幹線Web会議を推奨する取り組みに対して、どのような受け止め方がされるかはKDDIとしても関心がある」としている。

     両社の構想は多岐にわたるが、計画中の取り組みとしては、コワーキングスペース同士をつなぐ「分散型ワークプレイス」というシステムがある。これは、ディスプレイを通して離れた空間をつなぐアイデアだ。

     例えば東京、千葉、埼玉に点在するオフィスに壁面を覆う大きさのディスプレイを設置する。大型ディスプレイカメラ映像でほかのオフィスの様子をつなぐことで、離れた場所で働く同僚と、あたかも隣にいるかのように共同作業ができる。

     この分散型ワークプレイスが浸透し、例えば最寄りの駅にあるコワーキングスペースで使えるようになれば、在宅勤務よりも効率のいい共同作業ができるようになるかもしれない。

     一方で、地方に工場を構える企業など、ポストコロナ時代も移動のニーズがなくなることはない。リモートワークが当たり前の時代には、「移動中の新幹線を第三のオフィスとして使う」というニーズも必然的に生まれそうだ。今回の実証実験を通じて、新幹線の新たな利用スタイルが見いだされるのか、反響や動向を注目したい。

    リモートワーク車両を備えた「はやぶさ103号」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    座席で通話OK! 新幹線の「リモートワーク推奨車両」でWeb会議は現実的か? 乗って検証してみた


    これ使ってみたくなりますね!!


    コンセントに繋ぐだけの簡単Wi-Fi【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【座席で通話OK! 新幹線の「リモートワーク推奨車両」でWeb会議は現実的か? 乗って検証してみた】の続きを読む

    このページのトップヘ