ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Windows


    【元記事をASCII.jpで読む】

     Windows 11では、ウィンドウのスナップ関連の機能が強化されている。具体的には「スナップレイアウト」と「スナップグループ」の2つだ。

     ウィンドウのスナップ機能は、Windows 7で搭載された「Aeroスナップ」に始まる。Windows Vistaでは「Aeroデスクトップ」が搭載されたが、Windows 7ではそこに「Aeroスナップ」「Aeroピーク」「Aeroシェイク」の3つの機能が加えられている。どれもWindows 11でもまだ使える。ただし、Aeroシェイクについては、Windows 11で単独で停止する機能が入った。

     なお、Windows 11では、タスクバーアイコンや通知領域の名称が変更になったようだ。「設定」→「個人設定」→「タスクバー」を見ると、従来は「通知領域」(Windows 7までは「システムトレイ」)は、「タスクバーコーナー」(Taskbar Corner)という名称に、「タスクバーアイコン」(Windows 8までは「タスクバーボタン」)は、「タスクバーアプリ」(Taskbar Apps)になっている。

     とはいえ、いきなり呼び方を変えるのは混乱の元、今後変更される可能性も否定できないので、この記事では従来どおりに「通知領域」と「タスクバーアイコン」とする。

    最大化ボタンマウスカーソルを持っていくと表示される
    「スナップレイアウト

     Windows 11では、ウィンドウの右上にあるキャプションボタンの「最大化」の上にマウスカーソルを置く(これをホバーという)と「スナップレイアウト」が表示される。または「Win+Z」でも同様に表示できる。これを使って、ウィンドウをスナップ状態にすることが可能だ。

     スナップレイアウトは24型以上で横が1920ドット以上のディスプレーの場合、縦3分割を含む6種類のレイアウトが提示されるが、これを満たさないサイズ解像度では4種類のレイアウトが提示される。

     画面回転にも対応しており、縦画面ではレイアウトも縦向き用に切り替わり、横3分割が縦3分割になる。

     スナップレイアウトで表示されているウィンドウがあるとき、その境界にマウスカーソルを置くと分割サイズの変更が可能できる。

     スナップレイアウトではレイアウト内の領域をクリックすることで、ウィンドウがその位置にスナップされる。Windows 10までのスナップ機能は、ウィンドウをドラッグしながらマウスカーソルデスクトップの4隅に持っていくと4分割の位置に、左右の辺に持っていくと左右2分割の位置にスナップすることができた。逆に言えば、この分割パターンにしか対応していなかった。スナップレイアウトでは、右側のみ上下2分割、非対称の左右分割、縦3分割なども可能で、分割パターンが増えている。ただし、現時点では分割パターンをさらに追加・変更することはできない。

     また、スナップレイアウトを含め、スナップできるウィンドウには一部制限がある。まず、ウィンドウ幅の最小サイズ500ドット以下である必要がある。もう1つは、ウィンドウの縦方向の最小サイズがスナップ領域をはみ出す場合、その上下にスナップさせることかできなくなる。正確には、「(デスクトップの高さ-タスクバーの高さ)÷2」よりも高さを小さくできないウィンドウをスナップすると、その上または下にあるウィンドウがスナップグループから追い出されてしまう。通常はあまり発生しないが、アプリによっては、高さの最小値が問題になることがある。

    スナップレイアウトで配置したアプリウィンドウは
    「スナップグループ」でまとめられる

     スナップレイアウトを使ってウィンドウをスナップさせると、そのウィンドウは選択したレイアウトの「スナップグループ」に登録される。

     スナップグループは、同じレイアウトデスクトップにスナップされた複数のウィンドウをまとめるもの。ウィンドウがスナップグループに登録されると、タスクバーアイコンサムネイル表示にスナップグループも表示されるようになる。これをクリックすると、スナップグループに登録されているウィンドウが一気に最前面に表示される。

     ただ、グループへの所属にはちょっと複雑な条件がある。ウィンドウは同時には1つのレイアウトグループにしか所属できず、スナップグループレイアウトパターン1つにつき1つだけだ。ただしマルチモニターの場合には、スナップグループは、モニターごと(デスクトップごと)に独立に作成される。このルールの元に複数のスナップグループを同時に有効にでき、それぞれを呼び出して最前面に表示させることができる。

     スナップグループに所属するウィンドウを動かしてスナップ状態を解除しまうとグループから外れてしまう。ウィンドウを最小化してもグループからは離れないが、最大化したあと、キャプションボタンの「元に戻す」を使うと、やはりグループから外れる。最大化状態でもスナップレイアウトは利用可能なので、再度スナップグループに所属させることは可能だ。

     マルチモニターでスナップグループを使う場合、モニターそれぞれにタスクバーアイコンを配置したほうが効率的だ。スナップグループは、モニターごと(モニターに表示されるデスクトップごと)に独立しているため、他のモニターにもタスクバーアイコンを表示させると、サムネイル表示に複数のスナップグループが表示され区別がつきにくくなるからだ。

     この設定は、「個人用設定」→「タスクバー」→「タスクバーの動作」にある「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」をオンにして、「複数のディスプレイを使用する場合にタスクバーアプリを表示する場所」で、「開かれているウィンドウのタスクバー」を選ぶ。この場合、タスクバーアイコンはそのモニターに表示されるウィンドウのものだけになる。

    スナップレイアウトが表示されないアプリもある
    PowerToysの「FancyZones」であれば、さらに高機能

     最近では、タスクバーを持たず、最上部にタブなどを配置するアプリケーションも少なくない。こうしたアプリの一部には、ウィンドウ右上のキャプションボタンアプリ自身で表示しているものがある。こうしたアプリでは、スナップレイアウトは表示されない。

     たとえばWindows Terminalの安定版V1.11は、スナップレイアウトを表示しないが、プレビュー版V1.12は表示する。Windows Terminalのキャプションボタンは、実はWindows Terminal自身が描画しており、V1.12プレビュー版でスナップレイアウトに対応したためだ。現時点でスナップレイアウトが表示できないアプリバージョンアップが期待できるならサポートされる可能性はあるだろう。

     スナップレイアウトに似た機能を実現するものとして、PowerToysに含まれる「FancyZones」がある。FancyZonesであれば、Windows 10でも利用可能で、複雑なウィンドウ配置をユーザーが自由に作成できるなど、さらに高機能だ。スナップレイアウトに満足できないときには導入を検討するといいかもしれない。なお、PowerToysについては以下の記事を参考にしてほしい(「キーカスタマイズやスナップ機能が便利なWindows用ツール、PowerToys最新版の11の機能を整理」)。

     デスクトップを分割してウィンドウを配置するというのは、Windows 1.xの頃の分割ウィンドウに戻ったような感じがしないでもない。当時は、640×200ドットの画面を分割して使っていたが、現在主流のフルHD(1920×1080)では、4分割でも960×516ドットタスクバーの分を引いてある)と当時のデスクトップよりも解像度が高く、それなりの情報量がある。とはいえ先祖返りという感じもするのだが、歴史は繰り返すということだろうか。

    Windows 11は最大化ボタンから、簡単にウィンドウのスナップ機能を利用できる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 11は最大化ボタンから、簡単にウィンドウのスナップ機能を利用できる

    これ気になりますね!
    Windows 11回りであまりみないので笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 11は最大化ボタンから、簡単にウィンドウのスナップ機能を利用できる】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     日本マイクロソフト11月18日、「Windows 11 モダン ライフスタイル」を開催。媒体関係者向けにWindows 11に関連した同社ならびにメーカー各社の施策を紹介した。

     同社執行役員 コンシューマー事業本部長 竹内洋平氏はコロナ禍を通じて、PCの使い方に変化が生じていると説明。リモートワークリモート授業の利用機会が増え、ユーザーがPCに触れる機会が3割程度増加しているとした。

     同時にTeamsを統合しコミュニケーションを強化したり、スナップ機能によって複数のアプリを使った作業がしやすくなったWindows 11の特徴を紹介。さらに、AutoHDRやDirectStorageといたゲーム関連機能、そしてXbox Game Passを通じたクラウドゲーミングベータ提供などにも触れ、仕事や教育、そしてゲームプレイなど幅広い点でWindows 11が活用できる点をアピールした。

     マイクロソフトオンライン積極にも積極的で、スタジオに専門スタッフを抱え、スマホ自撮りしながらユーザーの質問に答える様子なども示した。

     PCメーカーによる年末商戦に向けた施策も紹介された。

     Dynabookは15.6型のdynabook Cシリーズを紹介。AIノイズキャンセル機能をアピールした。同社は「Windows 11を使うならdynabookキャンペーン」を展開。対象dynabook購入と応募で、抽選で10名にQUOカードPay 10万円分、1000名にQUOカードPay 1000円分をプレゼントする。

     デル・テクノロジーズは、13.3型のInspiron 13を紹介。スマートフォンと連携できる「Dell Mobile Connect」機能を特徴のひとつとして紹介した。同社は即納モデルを低価格で販売するほか、購入者に対して抽選でプレゼントが当たるキャンペーンを開催する。なお、キャンペーンの詳細については12月9日SNSで告知するとのこと。

     日本HPは「HP ENVY x360 13-bd」を紹介。覗き見を防止する「HP Sure View」機能を始めとしたセキュリティ性をアピールした。ENVYユーザーに対してAdobe Creative Cloudの無償利用期間を1ヵ月に延長すると言った施策も用意している。

     富士通クライアントコンピューティングは「FMV LIFEBOOK UH90/F3」を紹介。13.3型で世界最軽量の重量に加え、豊富なインターフェースの搭載、AIノイズキャンセリングスマホカメラ転送といった機能をアピールした。また、「トリプルアシストキャンペーン」として、乗り換えキット(クロスLANケーブル、32GBのUSBメモリーなど)を店頭配布するほか、「パソコン乗り換えなんでも相談窓口」を開設し、移行に際してのユーザーの悩みや相談に対応していくという。

     NECパーソナルコンピュータは、ちょうどいい14型の「LAVIE N14」を紹介。従来から力を入れている「ミーティング機能」や、打ちやすいキーボードなどをアピールし、Z世代ターゲットに、人気タレント起用のCM/広告をする。

     レノボジャパンは、学生に向けた「IdeaPad Duet 350i」を紹介。タブレットしても使える着脱式モデルで、キーボードと組み合わせても約874gと軽量に抑えている、YOGAシリーズアピールするために、バーチャルモデル「imma」を起用した施策を予定している。

     マイクロソフト自身も、学生向けの取り組みを強化。ベネッセと協業し、なるり先生とコラボした「なるりMusic Video作らナイト」といったコンテンツを展開していくという。

    マイクロソフト、PCメーカーと共同でWindows 11をアピール


    (出典 news.nicovideo.jp)

    マイクロソフト、PCメーカーと共同でWindows 11をアピール

    まだまだ周りでも見かけないですもんね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【マイクロソフト、PCメーカーと共同でWindows 11をアピール】の続きを読む


     米Microsoft11月16日(現地時間)、「Windows 10」の“2021年11月の更新”「21H2」のリリースと、これまで年に2回実施してきた「Windows 10」のアップデートを、年1回にすることを発表した。10月リリースした「Windows 11」は年1回のリリースになるので、それに合わせるとしている。

    【その他の画像】

     Windows 10の次回のアップデート2022年後半になる。アップデート2025年10月14日まで実施する計画だ。

     Microsoftは、Windows 11へのアップグレードが可能なPCの場合は、21H2をスキップしてWindows 11に直接移行することも提案している。筆者のPCでは、まずWindows 11へのアップデートを促し、「今はWindows 10の使用を継続します」を選択した後で21H2の更新プログラムが表示された。

     同社は別の公式ブログで、Windows 10ではArm搭載PCでのx64エミュレーションサポートしないことを明らかにした。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Windows 10」のアップデートは年1回に サポートは2025年10月14日まで

    これ気になりますね!
    「Windows 11」にいつアップするか考えないとですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【「Windows 10」のアップデートは年1回に サポートは2025年10月14日まで】の続きを読む


    筆者の環境では未確認だが、Windows 10にも新たなMicrosoft Storeが提供されるという。Microsoft StoreのPrincipal ArchitectであるRudy Huyn氏は、Twitterで「Windows 10 PCに新しいMicrosoft Storeが登場!! この体験はWindows 10 PCユーザー(非インサイダー)向けとして、段階的に展開される。もし今日アップデートが来なくても心配せず。すぐに到着する」と述べている。この投稿は日本時間11月12日金曜日の午前6時に行われているため、週末もしくは週明けに展開されるのだろう。

    Microsoft StoreはMicrosoftアプリストア。UWPアプリや動画、音楽、ゲームタイトルなどを配信するプラットフォームとしてWindows 8時代に開始し、現在ではデスクトップアプリの配信もサポートしている。Windows 11用のMicrosoft Storeはデザインを刷新し、WSL(Windows Subsystem for Linux)やWSA(Windows Subsystem for Android)の配信でも注目を集めている。ちなみに、2011年9月の正式発表当時はWindows Storeという名称だったが、Microsoftブランド再構築戦略から2017年11月に改称した。当時の日本マイクロソフトは改称理由について明確な回答を出さなかったことを覚えている。

    デバイス内でアプリを入手・購入できるアプリストアは間違いなく便利だが、それはコンテンツアプリ)が充実していることが前提だ。Microsoft Storeは2017年10月に楽曲の販売を終了、2019年4月にはデジタル書籍の販売を終了し、現在はアプリゲームタイトルに加えて、SurfaceなどMicrosoft製デバイスも販売している。また、Microsoft Storeのスタート当初は開発者向けの有償サービスとして提供していたため、万人が参加することはなかった。Microsoft Storeに並ぶアプリも日常的に使用するものが少なく、積極的にMicrosoft Storeを利用するユーザーも多くなかっただろう。

    紆余曲折を経てMicrosoftは、2021年6月にアプリ販売の収益を15%、ゲームタイトルは12%に減らすことを発表した。この背景には、Steamに代表される別プラットフォームとの競合や、外部支払いオプションにおける裁判が影響した可能性が高い。

    ただ、開発者がMicrosoft Storeを選択するか否かは疑問が残る。Microsoftアプリ配信プラットフォームとしてWindows Package Manager CLI(winget)を提供中だ。Windowsの操作に慣れており、コマンドラインに抵抗感がなければwingetの使い勝手はすこぶる良好。アプリの登録についても、パッケージマニフェストを作成してMicrosoftに送信、悪意のあるアプリでなければ登録されるだろう。本稿の執筆時点では約3,000パッケージが登録されていた。

    アプリストアの運営には様々な苦労があるのだろうが、MicrosoftMicrosoft Storeを唯一無二のアプリゲームタイトル配信プラットフォームとするには、個人19ドル(※約1847円)、企業99ドル(※約9,800円)という開発者アカウントの登録費用(1回のみ)をさらに割り引きすべきではないだろうか。AppleApp StoreやGoogleGoole Playよりは安いとはいえ、企業はともかく個人の開発者には抵抗感もあるだろう。このままでは今後もMicrosoft Storeに有益なアプリが集まる可能性は高くないと感じている。

    ※1ドル=約102.47円で計算

    著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。 この著者の記事一覧はこちら
    阿久津良和)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    新Microsoft StoreがWindows 10でも利用可能に - 阿久津良和のWindows Weekly Report

    これ気になりますね!
    ってか、便利になりますよね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【新Microsoft StoreがWindows 10でも利用可能に - 阿久津良和のWindows Weekly Report】の続きを読む


    とある検証のため、Windows 11を新規インストールしようと仮想マシンを構成したところ、「このPCではWindows 11を実行できません」という表示が出てしまった。セキュアブートやTPMは有効化しているが、ホストPCとなるWindows 10 PCのCPUシステム要件を満たさないのである。

    以前の記事で紹介した「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を使えば済む話かと思ったが、このレジストリエントリーはアップグレード専用。新規インストール時は参照されないようだ。そこで試したのがLabConfigキーのカスタマイズである。

    ここで行った操作は上から順にTPM、セキュアブート、メモリー、ストレージ、CPUチェックをバイパスするというもの。特定の項目がシステム要件が満たす場合でも、そのままコピー&ペーストして構わない。

    ポイントインストーラーがレジストリエントリーを認識するタイミングだ。何度か試したところ、インストーラーを起動する前に作成しないと冒頭の画面が現れる。NG画面が現れてからレジストリエントリーを作成しても間に合わない点を留意してほしい。

    著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。 この著者の記事一覧はこちら
    阿久津良和)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 11ミニTips 第10回 システム要件を満たさないPCでWindows 11を新規インストール

    これやっぱり気になりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 11ミニTips 第10回 システム要件を満たさないPCでWindows 11を新規インストール】の続きを読む

    このページのトップヘ