ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Windows


    Windows 10のPCを特定の時間にシャットダウンしたいときは、立派なアプリを用意する必要はなく、すでにあるもので十分可能です。

    コマンドプロンプトにちょっと入力するだけで、設定した時間が経過するとシステムを自動的にシャットダウンすることができますが、面倒な作業を代わりにしてくれるアプリを入手することもできます。

    どちらのやり方を選ぶにしても(この記事では両方について説明します)、設定した時間が経過するとPCの電源が切れるようにする方法は、いざというとき使える便利な裏ワザです。

    たとえば、大量のファイルコピーしたり、大容量のゲームダウンロードするとしましょう。途中でデスクから離れたり就寝する場合、作業が終わった後、何時間も無駄にシステムを実行させておきたくないですよね。

    もちろん、設定した時間になったらPCがスリープ状態になったり、モニターの電源が切れるように設定はできますが、それとは違います

    自分で何度か試してみて気づいたのですが、システムスリープにする手間を取るまでもありませんでした。

    コマンドプロンプトを表示して、シャットダウンさせる

    まず、基本的な方法から始めましょう。

    通常の「コマンドプロンプト」を表示して、shutdown -s -t [seconds]と入力します。

    [seconds]のところに、システムがシャットダウンするまで待機させたい秒数を入れます。以下のように分を秒にする計算をしましょう。

    5分:30030分:1,800秒 1時間:3,600秒 6時間:21,600秒

    計算を間違えたり、シャットダウンタイマーが不要になったときは、shutdown -aと入力すれば、いつでもキャンセルできます。

    PCをシャットダウンする代わりに再起動したい場合は、「-sフラグを「-rフラグに置き換えましょう。

    コマンドのショートカット作成

    また、コマンドプロンプトでの操作が面倒な場合は、このコマンドWindowsショートカットコピーすることも可能です。

    他にもオプションが必要な場合は、異なる時間設定のショートカットを複数作成できます。

    Screenshot: David Murphy

    アプリを利用でタイマーを設定

    あるいは、こうした仕込みを代わりに実行してくれるシンプルアプリが欲しいと思うかもしれません。

    その場合は、GitHubWindows Storeの両方で入手できるオープンソースShutdown Timer Classicチェックしてみることをおすすめします。

    システムでこのアプリを開くと、カウントダウンを設定する小さいUIが表示されるので便利です(秒だけでなく、時間/分/秒でも設定可能)。

    Screenshot: David Murphy

    寝る時間になった子どもに、マインクラフトで遊ぶのをやめさせる実に効果的な方法としてこれを使いたいときは、シャットダウンタイマーをパスワードロックすることもできます。

    Screenshot: David Murphy

    しかし、私が最も気に入っているのは、このカウントダウンタイマーです。これは見逃しようがありません。

    ひっそりとシステムを閉じるだけのコマンドプロンプト方式とは異なり、カウントダウンタイマーがあると、システム再起動させる時間がきちんとわかります

    Screenshot: David Murphy

    GitHubからShutdown Timer Classicを入手する場合は、このアプリスタンドアロン版インストーラーベースのどちらかを選択できます。私なら前者をおすすめします。

    これは「必要なとき」だけ実行させる種類のアプリなので、システムインストールする必要はなく、使いたいときだけ引っ張り出して、タイマーを設定すればいいからです。

    とは言うものの、Windowsストアは常に最新版のアプリを提供しているので、どちらのバージョンでもいいと思います。

    あわせて読みたい

    Windows 10で誤って削除したファイルを復元する5つの方法

    OneNoteで仕事を効率化する8つの便利機能

    Source: GitHub / Windows Store
    David Murphy – Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10を指定した時間にシャットダウンさせる方法2つ


    これ気になりますね!!



    “"


    今ならお得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10を指定した時間にシャットダウンさせる方法2つ】の続きを読む


    ディスクスペースを空けたりプライバシーを保護するためにPCから不要なファイルを削除していて、重要なファイルを誤って削除したことに気づいてストレスに苛まれることがあるかもしれません。

    でも、これは思っているほど大変な問題ではありません。削除されたファイルを復元する方法がいくつかあるからです。

    この記事では、ファイルを復元する方法をご説明します。誤って完全に削除してしまった可能性のあるファイルも復元できますよ。

    目次

    ・完全に削除したファイルも回復できる?

    削除を「元に戻す」で削除されたファイルを復元する ごみ箱で削除されたファイルを探す ファイル履歴を使用して削除したファイルを復元する 「バックアップと復元」機能を使用して削除したファイルを復元する コマンドプロンプトを使用して削除したファイルを復元する

    Windowsファイル回復ツールを使用するとさらに簡単

    完全に削除したファイルも回復できる?

    このやり方を使えば、削除されたファイルの回復を試みることができます。

    ファイルを完全に削除しても、PCがそのファイルを完全に削除するわけではありません。少なくとも、すぐにはしません。

    ファイルはまだディスクストレージに存在しますが、アクセスできないデータになっており、PCを使用していくと、新しいデータによってそのファイルが上書きされていきます。

    つまりファイルを完全に削除した後に復元したい場合は、すぐにPCの使用を止める必要があります。

    実行中のすべてのアプリケーションを閉じて、ディスクストレージに新しいデータを書き込まないようにして、時間稼ぎをしましょう。

    今回ご紹介する方法に加えて、データ復元ソフトウェアを使用してファイルを復元することもできます(英文)

    そのほか、Windows10で削除されたファイルを回復する5つの方法をご紹介します。

    1.削除を「元に戻す」で削除されたファイルを復元する

    Windows 10ファイルを削除しても、削除を元に戻すことができます。ただし、PCをログアウトしたり再起動すると、この方法は使えません。

    削除を「元に戻す」を使用して、削除したファイルを復元する方法は次のとおりです。

    Windows ファイルエクスプローラー」を開き、削除したファイルが含まれていたフォルダに行きます。 そのフォルダ内の任意の場所を右クリックし、ポップアップメニューから「元に戻す - 削除オプションを選択します。 Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    これにより、削除したファイルを簡単に復元できます。 または、ファイルを削除した直後に「Ctrl + Z」を押してファイルを復元することもできます。

    2.ごみ箱で削除されたファイルを探す

    誤ってファイルを削除してしまった場合、最初に確認すべき場所はごみ箱です。ファイルを完全に削除するという間違いをしていない限り、削除したすべてのファイルごみ箱に直行します。

    まず、デスクトップの「ごみ箱アイコン」をダブルクリックしてごみ箱を開きます。

    ごみ箱の中に削除されたアイテムがたくさんある場合、復元したいファイルを見つけるのが難しいかもしれません。そのときは、次のことをして物事を少し楽にしましょう。

    ごみ箱」内の任意の場所を右クリックします。 「表示オプション→「詳細」と選択します。

    これで、「元の場所」や「削除した日」などいくつかの要因に基づいてファイルを並べ替えることができます。こうしたオプションを使用すると当該ファイルが簡単に見つかります。

    Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    他には、ごみ箱ウィンドウの右上にある検索バーを使用して、特定の削除済みファイルを検索することもできます。

    復元したいファイルを見つけたら、そのファイルを右クリックして「元に戻す」を選択します。 削除したすべてのファイルを復元する場合は、「Ctrl + A」を押し、ファイルのどれかを右クリックして、「元に戻す」を選択します。

    Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    ごみ箱からファイルを自動的に削除するようにPCを設定していると、この方法は役に立ちません。その場合、ごみ箱から回復するファイルはありません。

    ファイルを復元するには、この記事の別の方法を試す必要があります。

    3.ファイル履歴を使用して削除したファイルを復元する

    ファイル履歴を使用してファイルを復元するようにPCを設定している場合、完全に削除されたファイルとフォルダを復元する方法は次のとおりです。

    Windows 10の検索バー」をクリックし、「ファイル履歴でファイルを復元」と入力し、最も一致する検索結果を選択します。 「ファイル履歴ウィンドウが表示されたら、削除したファイルが保存されているフォルダを探します。 削除したファイルを見つけて、「元に戻すボタンクリックします。これにより、ファイルが元の場所に復元されます。 Image: MakeUseOf

    4.「バックアップと復元」機能を使用して削除したファイルを復元する

    Windows 7バックアップと復元ツールを使用してバックアップを作成した場合、それを使用してWindows10で削除したファイルを復元できます。

    Windowsの検索バーに「バックアップの設定」と入力し、最も一致する検索結果を選択します。 「バックアップと復元]に移動(Windows 7オプションを選択します。 Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    バックアップと復元ウィンドウで、「ファイルの復元元として別のバックアップを選択します」をクリックします。

    Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    ファイルの復元ウィンドウが表示されたら、完全に削除されたファイルを含む可能性のある古いバックアップがあるかどうかを確認します。該当するバックアップを特定したら、それを選択して「次へ」をクリックします。

    ポップアップ表示されるウィンドウで、「このバックアップからすべてのファイルを選択する」というチェックボックスをオンにして、「次へ」をクリックします。復元プロセスが開始するので、完了したらファイルを元に戻す必要があります。

    システムの復元ポイントを作成した(英文)場合は、それを使用してファイルを復元することもできます。システムの復元ポイントは、変更を元に戻し、PCの前の状態に戻したいとき役立ちます。

    5.コマンドプロンプトを使用して削除したファイルを復元する

    最後の手段として、コマンドプロンプトを使用して完全に削除されたファイルの復元に挑戦することができます。やり方は次の通りです。

    Windowsキー+ R」を押して、「CMD」と入力します。 「Ctrl + Shift + Enter」を押して、昇格したコマンドプロンプトを開きます。 「attrib -h -r -s /s /d C:*.*」というコマンドを入力します。 Image: MakeUseOf

    C:」を、ファイルを回復するドライブの名前に置き換えます。最後に、「Enter」をクリックして回復プロセスを開始します。

    このプロセスが完了するまで、PCの使用は控えましょう。そうすれば、削除したファイルに上書きしてしまうことがなくなります。

    回復プロセスが完了すると、ファイルが元のフォルダに戻るはずです。それでもうまくいかないときは、データ復旧ソフトウェアを使用することがベストオプションです。

    Windowsファイル回復ツールを使用するとさらに簡単

    これで、この記事でご紹介した5つの方法を使用して、削除したファイルを復元できるはずです。

    データ復旧に関しては、プロセスを開始するのが早ければ早いほど、結果が良くなることを覚えておきましょう。

    WindowsWindowsファイル回復ツールも提供しているので、それを使うとさらに簡単です。バックアップから失われたファイルを見つけたいとき役立つ優れたデータ復旧ツールです。

    あわせて読みたい

    Windows 10の動作速度を改善するベストな方法

    Windows PCのメンテの間違い5つ

    【Amazon.co.jp限定】バッファロー 外付けハードディスク 4TB テレビ録画/PC/PS4/4K対応 バッファロー製nasne™対応日本製

    9,480円

    Original Article: 5 Ways to Restore Your Deleted Files in Windows 10 by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10で誤って削除したファイルを復元する5つの方法

    これ気になりますね!!

    試してみないとですね!!

    掲載課金・採用課金型の本格的な求人サイトを構築【求人サイト基本システム】
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10で誤って削除したファイルを復元する5つの方法】の続きを読む


    PCをクリーンアップしないでいると、いずれディスクの容量が不足しているという警告が表示され、PCの速度が低下していることに気づくことになります。

    ここでは、Windows10パソコンを正常に戻す方法をご紹介します。すぐできるのが、クリーンアップです。

    目次

    ステップ1:一時ファイルを消去する

    ステップ2:容量の大きいファイルを削除する

    ステップ3:Windows 10のブロートウェアをクリーンアップする

    ステップ4:デスクトップを整理整頓する


    ステップ1:一時ファイルを消去する

    Windows 10には、ディスクから古い一時ファイルを消去するツールが2つ搭載されています。

    この2つのツールを使うことが、Windows10クリーンアップの第一歩です。

    ディスクのクリーンアップ

    昔ながらのインターフェースが気にならないなら、従来のディスククリーンアップツールでクリーニング作業を済ませることができます。

    スタートメニューに「ディスククリーンアップ」と入力し、クリーンアップしたいディスクを選択すると、そのツールアクセスできます。

    しばらくすると、Windowsクリーンアップできる不要なファイルリストが表示されます。

    ユーザーが管理者であることが前提ですが、「システムファイルクリーンアップボタンクリックして、さらに多くの種類のデータを再度スキャンしましょう。

    Image: MakeUseOf

    いくつかの例外を除いて、ここにあるほとんどすべてのカテゴリーデータを安心して削除しましょう。

    クリーニングするときの注意点

    ただし、古いバージョンWindows10では、「ダウンロード」に注意してください。これをクリーニングすると、そのフォルダー内のすべてが削除されます。

    また、ごみ箱から何も復元する必要がないことがはっきりするまで、「ごみ箱」のクリーニングは避けたほうがいいかもしれません。

    最近Windows10の新しい主流バージョンに更新した場合は、「以前のWindowsインストール」のエントリーが表示されます。

    Windowsは、古いファイルを10日間保持して、ユーザーが必要なら古いバージョンにすぐに戻れるようになっていますが、「以前のWindowsインストール」を削除すると、その古いバージョンファイルが削除されてしまいます。

    また、「Windows ESDインストールファイルオプションは、「設定」からPCをリセットするために使用されるので、削除しないでください。

    ディスククリーンアップで削除できる具体的なアイテムの詳細については、こちらの記事チェックしてみてください。

    ストレージセンサーを使う

    ストレージセンサー(Storage Sense」を使用すると、ディスク容量が少なくなったときはもちろん、今すぐにでも自動的にクリーンアップが可能。

    Windows 10には、これと同じ機能の多くが含まれていて、より優れたインターフェイスを備えており、「設定」→「システム」→「ストレージ」でアクセスできます。

    これらのオプションは、「ストレージセンサーの設定」か「今すぐ実行」をクリックして変更可能。

    Image: MakeUseOf

    PCのスペースを使用しているもののリストの中にある「一時ファイル」をクリックすると、ディスククリーンアップと同じ種類のデータを削除できます。

    より多くのカテゴリーを表示する」を選択すると、スペースをあまり使用していないデータの種類に関する詳細情報が提供されます。


    ステップ2:容量の大きいファイルを削除する

    ここまでで、不要なファイル削除しました

    Windows 10クリーンアップする次のステップは、PCの多くのスペースを占める古いデータを見つけることです。

    この作業を楽にするために、TreeSize Freeダウンロードしましょう。これで、ストレージがスキャンされ、容量が最も大きいファイルがどこにあるかがわかります

    インストールしたら、スタートメニューでTreeSizeを検索し、(「管理者」)リンクを使用してTreeSizeを起動すると、あらゆるところをスキャンできます。

    左上の「ディレクトリの選択」を選択し、メインストレージディスクを選択すると、スキャンを開始できます。

    Image: MakeUseOf

    しばらくすると、PCのストレージの内訳が視覚的に表示され、容量が大きいファイルが上の方に表示されます。任意のフォルダーのドロップダウン矢印をクリックして、1レベル下に移動しましょう。

    容量が大きいフォルダーは、おそらく「ユーザー」、「Windows」、「プログラムファイル」(または「プログラムファイルx86」)でしょう。

    Windows」ディレクトリでは問題を起こさずにできることはあまりないので、他のディレクトリを見てください。

    容量の大きいプログラムをアンインストールする

    Program Files」(および/または64ビットWindowsの「Program Files(x86」)の下に、インストールしたほとんどのアプリファイルがあります。

    その中で使用しなくなったものがあれば、「設定」→「アプリ」→「アプリと機能」にと進み、アンインストールしてください。

    Image: MakeUseOf

    ユーザーフォルダーから容量の大きいファイルを排除する

    スペースを大量に消費するファイルの大部分は、「ユーザー」の下のアカウントフォルダーにある可能性があります。

    これは、ドキュメント、写真、ビデオなどです。

    多くのアプリが情報や設定を保存する「AppData」フォルダーでは、多くのスペースを占めているかもしれません。たとえば、ChromeSpotifyのキャッシュが、ここで数ギガバイトを占める可能性があります。

    これらのファイルを見て、簡単に対処できそうなものを見つけてください。もう使わなくなったファイルを削除したり、一部のデータを外付けハードドライブに移動したりすることができます。

    Dropboxやその他のクラウドストレージにたくさんのファイルがある場合は、それらの設定パネルを使用して、不要なファイルの同期を解除しましょう

    Webインターフェイスからいつでもアクセスできます。

    TreeSizeにWinSxSなどの巨大なファイルが表示される場合があります。この問題が発生した場合は、こちらの記事を参考にしてください。


    ステップ3:Windows 10のブロートウェアをクリーンアップする

    ほとんどの市販のPCには、製造元のブロートウェアが搭載されています。

    このブロートウェアは、PCのスペースを浪費し、すでにWindowsにある機能と重複する機能を搭載しているので意味がありません。

    さらに、Windows 10自体に、多分使用することがないジャンクアプリがいくつも含まれています。

    これまで、時間を取ってシステムからブロートウェアを削除していないなら、是非やってください。

    これは、Windows10クリーンアップには重要です。やり方については、こちらの記事を参考にしてください。

    Image: MakeUseOf

    ステップ4:デスクトップを整理整頓する

    PCをクリーンアップしても、デスクトップごちゃごちゃしていると混乱を招き、作業効率が低くなる可能性があります。

    デスクトップクリーンな状態に「リセット」して、きれいにする必要があります。そのためには、まず、デスクトップから別の場所にすべてのファイルを移動しましょう。

    次に、デスクトップ上で常に必要なファイルアクセスするショートカットを作成してみましょう。

    【3分でわかる動画】溜まるデジタルデータを「こんまり®メソッド」で片づける方法

    必要ならWindows10をリフレッシュする

    自分のPCは、Windows 10クリーンアップする労力を費やしたくないほどごちゃごちゃだと感じる人もいるでしょう。

    その場合、ビルトインのオプションを使用して、Windowsの新しいコピーを再インストールできます。

    リカバリ」設定にある「このPCをリセットオプションのことはご存知かもしれません。

    ただし、これを特定のオプションと一緒に使用すると、プレインストールされたメーカーのブロートウェアを含め、PCを買ったばかりの状態に復元してしまいます。

    そのため、別の方法を使って、これを回避しましょう。

    Image: MakeUseOf

    これを使用するには、「リカバリメニューにある同じ「開始ボタンを押します。

    ファイルを保持する」を選択し、ローカルダウンロードするか再インストールするか選択し、設定を選択してから、「プレインストールされたアプリを復元する」で「いいえ」が選択されていることを確認しましょう。

    これは、もっと古いWindows10バージョンWindowsセキュリティアプリの「デバイスパフォーマンスと状態」セクションにある「フレッシュスタートオプションと同等です。

    Windows 10を再インストールして最新バージョンに更新し、インストールされているすべてのアプリを削除します。個人ファイルと「一部のWindows設定」だけが保持されます。

    Windowsはそれらを安全に保つことを約束しているものの、何か問題が発生した場合に備えて、これを行う前に必ずファイルをバックアップしてください。

    また、更新後にソフトウェアを再アクティブ化するために必要なライセンスキーをメモしておきましょう。

    すべてのプログラムを手動で再インストールする必要があると、結構時間がかかります。

    しかし、PCがごちゃごちゃしているなら、クリーンシステムを手に入れるために、それだけの時間を費やす価値はありそうです。

    偽物のクリーニングアプリに要注意

    Windows 10クリーンアップするときは、ダウンロードするソフトウェアに注意してください。

    この記事でご紹介したツールはどれもPCをクリーンアップする合法的な方法ですが、ネットではまったく価値のない詐欺的な「PCクリーナー」が散見されます(上記のビデオを参照してください)。

    こうしたツールは、山ほど「問題」を見つける「無料スキャン」を提供しますが、これはPC上のすべてのCookieを「プライバシーリスク」として数えているので、馬鹿げています。

    そして、実際に何でも「クリーンアップ」するために、かなりの金額を払うことを要求します。

    このような無意味なものに煩わせられないでください。

    この記事でご紹介したツールは、不要なファイルクリーンアップするのに十分なはずです。

    さらに多くのことをする必要があると感じるときは、Windowsのクリーニングに関する究極のチェックリストを確認してください。

    PCの定期的なクリーンアップを心がける

    これで、Windows 10で容量が大きくて不要なファイルクリーンアップする主要な手順がわかったと思います。

    ここでご紹介した方法は、PCのかなりのスペースクリーンアップして、フレッシュな感じにしてくれるはずです。ときどきこのようにクリーンアップすると、ディスクの容量不足の警告が出る心配はなくなります。

    PCのメンテナンスはやり過ぎると害が出ることがあるので、注意しましょう。

    あわせて読みたい

    OneNoteで仕事を効率化する8つの便利機能

    Windows PCのメンテの間違い5つ

    Source: TreeSize Free

    Original Article: The Best Way to Clean Windows 10: A Step-by-Step Guide by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10の動作速度を改善するベストな方法


    これ試してみたくりますね!!

    特にテレワークで使うと重たい笑笑

    アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10の動作速度を改善するベストな方法】の続きを読む


    ノートアプリの定番「OneNote」には、便利なのに意外と知られていない機能がけっこうあります。

    今回は、仕事の効率アップに役立つOneNoteの少しマニアックな小ワザを8つ紹介します。

    (※記事内の画像はOffice365付属のWindowsOneNoteを使用しています)

    目次

    1. テキストをワンクリックで翻訳

    2. 画像を固定して上から文字を書く

    3. キーボード入力だけで表を作成

    4. 他のページの任意の箇所にリンクする

    5. 数式の答えを自動計算

    6. メールの内容をOutlookに保存

    7. OneNoteの文字列をOutlookタスクに登録

    8. OneNoteの表をワンクリックExcelに変換


    1. テキストをワンクリックで翻訳

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    ノート内のテキストは、外部サイトを使うことなく簡単に翻訳が可能。

    翻訳したい箇所を選択した後、「校閲」タブの「翻訳」ボタンから「選択した文字列の翻訳」をクリック。右側にウィンドウが開き、翻訳結果が表示されます。

    言語はドロップダウンリストから変更でき、「挿入」をクリックすれば現在のマウスカーソルの位置に翻訳結果を挿入できます。

    なお、無料の「OneNote for Windows 10」や「OneNote for Mac」の場合は、「表示」タブ内に翻訳ボタンがあります。こちらのバージョンでは選択部分の翻訳に加えて、ページ全体を翻訳することも可能です。


    2. 画像を固定して上から文字を書く

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    OneNoteに画像を挿入し、その上に手書き入力モードで文字を書き込みたいときは、右クリックメニューで「画像を背景に設定」を選択。

    画像がその位置に固定されてドラッグしても動かせなくなるので、手書き入力後にうっかり下の画像を動かしてしまい、文字の位置がずれるトラブルを防止できます。

    なお、画像の固定を解除したいときは、再度右クリックメニューを表示して、「画像を背景に設定」のチェックを外せばOKです。


    3. キーボード入力だけで表を作成

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    OneNote表を作成するときは、「挿入」タブの「表」ボタンから行数や列数を選ぶ方法が一般的ですが、より簡単な方法もあります。

    表の1行目・1列目のテキストを入力した後に「Tab」キーを入力すれば、右のセルに移動。末尾のセルまで移動したら「Enter」キーを押せば、次の行へ移動します。最後に再度「Enter」キーを押せば、表作成を終了できます。

    さらに、「Ctrl」+「Enter」で現在の行の下に行を追加、「Ctrl」+「Alt」+「R」で現在の列の右側に列を追加などの操作も可能。

    キーボードから手を離さずに表作成を行えるので、作業の大幅な効率化が可能です。


    4. 他のページの任意の箇所にリンクする

    別のページの情報を素早く参照可能にしたい場合に役立つのが、段落単位でのリンク機能です。

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    まずはリンク先となる段落の左端にカーソルを置いた状態で右クリックして、「段落へのリンクをコピー」をクリック。これでリンクアドレスコピーされました。

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    続いてリンク元のページに移動し、リンクを入れたい文字列を選択。「挿入」メニューの「リンク」をクリックすると表示されるウィンドウで、「アドレス」欄にコピーしたアドレスペーストします。

    リンクをクリックするとリンク先のページに移動し、指定した段落が表示されるようになります。


    5. 数式の答えを自動計算

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    OneNoteを使っているときに、ちょっとした計算が必要になった場合、いちいち電卓アプリを起動する必要はありません。ページに数式を入力し、「=」を入力すれば即座に解答が表示されます。

    数式の入力方法はExcelなどと同じで、かけ算は「*」、割り算は「/」の記号を使います。


    6. メールの内容をOutlookに保存

    Screenshot: 酒井麻里子 via Outlook

    Outlookで受け取ったメールの内容をOneNoteにも保存しておきたい場合は、メールを開いた状態で、右上の「…」→「OneNote」をクリック

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    次に表示されるウィンドウで保存先のノートを選択すれば、メールの内容がOneNoteのページとして追加されます。

    重要なメールが埋もれてしまい、後から探せなくなる事態を防ぐのに役立つ機能です。


    7. OneNoteの文字列をOutlookタスクに登録

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    Outlookのタスク管理機能を使っている場合は、OneNoteからタスクを追加できる機能も重宝します。

    OneNoteタスクに追加したい文字列を選択してから、「Outlookタスク」をクリック。任意の期日を指定したい場合は「ユーザー設定」をクリックします。Outlookの予定追加画面が開くので日付を選択しましょう。

    なお、この機能はOffice2019やOffice365などのライセンスを購入すると入手できる有料版のOneNoteのみで利用できます。


    8. OneNoteの表をワンクリックでExcelに変換

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    OneNoteで作成した表をExcelファイルとして保存したいときに役立つのがこの機能。なお、こちらも利用できるのは有料版OneNoteのみのとなります。

    表内にカーソルがある状態で、「表」タブの「Excelスプレッドシートに変換」をクリック

    Screenshot: 酒井麻里子 via OneNote

    見た目はあまり変化していませんが、操作前の表がOneNote内の機能を使って作成したものだったの対して、変換後はExcelファイルがページ内に挿入された状態になっています。

    表の右上の「編集」をクリックすると、Excelファイルが開き、「名前をつけて保存」から独立したファイルとして取り出すことができます。

    仕事の効率アップに役立つOneNoteの便利な機能。ぜひ活用してみてください。

    あわせて読みたい

    Windows 10の「OneNote」でメモ渋滞をなくすには? すぐ使える整理メソッドを解説

    Microsoft Wordで「文書のダークモード」を有効にする方法

    Image/Source: OneNote



    (出典 news.nicovideo.jp)

    OneNoteで仕事を効率化する8つの便利機能


    OneNoteって使いこなしたいな!!


    工事不要!インターネット使い放題【SoftBank Air】
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【OneNoteで仕事を効率化する8つの便利機能】の続きを読む


    PCにインストールされているソフトウェアで、日常的に使用しているものはいくつありますか?

    多くの人は、かなりの数の不要なソフトウェアインストールしたままではないでしょうか。そうしたアプリの中には時代遅れになったものもあれば、Windowsのブロートウェア、悪意のあるソフトウェア、PCから削除して差支えないガラクタ同然のものもあります。

    そういったソフトを放置していると、セキュリティ上の問題やPCのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性もあります。今回は、よくあるWindows10アプリで、アンインストールしたほうがいソフトをご紹介します。

    目次

    インストールされているプログラムを確認する方法

    1.QuickTime

    2.CCleaner

    3.PCクリーナー

    4.uTorrent

    5.Adobe Flash PlayerShockwave Player

    6.Java

    7.Microsoft Silverlight

    8.ツールバーとブラウザ拡張機能

    9.Coupon Printer for Windows

    10.メーカープレインストールしたブロートウェア

    11.Windows 10のブロートウェア

    12.WinRAR

    不要なプログラムアンインストールする

    インストールされているプログラムを確認する方法

    Windows 10インストールされているプログラムは、簡単に確認できます。「設定」を開き、「アプリ」→「アプリと機能」セクションに進むと、インストールされているものがすべて表示されます。

    Image: MakeUseOf

    Windows8.1Windows7の場合は、「スタートボタンクリックして、「プログラムと機能」を検索すると、現在システムインストールされているものがすべて表示されます。

    削除したいソフトウェアは、クリックしてハイライトし、「アンインストール」を選択しましょう。ソフトウェアによって、すぐにアンインストールできるもののあれば、いくつかのダイアログボックスを進んでいく必要があるものもあります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

    それでは、Windowsからアンインストールしたほうがいアプリについて具体的に見ていきましょう。以下のアプリシステム上にある場合は、削除することをおすすめします。

    1. QuickTime

    QuickTimeApple製のビデオプレーヤーです。macOSでは現在も有効なプログラムですが、Apple2016年以降、Windows版をサポートしていません

    AppleがQuick TimeWindowsで使用することを推奨しないと発表して間もなく、Trend Microはこのソフトウェアにいくつかの重大な脆弱性があると発表しました。Appleはこれらの脆弱性に対してパッチを発行しないので、QuickTimeインストールしたままにしておくのは安全ではありません

    iTunesQuickTimeに依存しないため、QuickTimeを削除しても問題ありません。QuickTimeの代わりが欲しいときは、VLCを使用したほうがいいでしょう。

    2. CCleaner

    Image: MakeUseOf

    CCleanerは、かつてはPC内のガラクタを一掃するための信頼できるWindowsアプリでしたが、Avastに買収されてから評判が落ちました。

    ユーザーの許可を求めず強制的に更新する、再起動すると勝手にデータ収集が有効になる、ソフトウェア自体が意図せずマルウェアを拡散する、などの問題が起きる可能性があります。

    MakeUseOfが2020年に調べたところ、CCleanerから問題の機能は除去されていましたが、それでもおおむね不要であることがわかりました。適切なクリーニングツールは、Windowsに元々組み込まれているものも含めて他にもたくさんあります。

    PCのクリーニングに関しては、こちらの記事を参考にしてください。CCleanerに別れを告げることができるでしょう。

    3.PCクリーナー

    多くの人が、どこかの時点でPCクリーニングアプリインストールしています(偶然インストールされたものもあるでしょう)。レジストリクリーナーはWindowsパフォーマンスをまったく向上させないため、そうした製品の大部分は良くて無益、下手をすると有害です。

    インストール済みアプリリストにMyCleanPCやPC Optimizer Proなどが見つかったら、削除することをおすすめします。

    正しいクリーンアップ方法については、上述のクリーニング記事をお読みください。 PCの速度が遅いと感じる場合は、Windowsを高速化する方法をいくつか試してみましょう。

    4. uTorrent

    Image: MakeUseOf

    uTorrentはかつてTorrentの代表的存在と見なされていました。しかし、何年にもわたり多くの問題が発生したため、今では信頼性がなくなっています

    uTorrentは、インターフェースに広告を差し込んでくるだけでなく、他のソフトウェアツールも提案してくるため、わずらわしくなっています。2015年には、このアプリユーザーに通知せずに仮想通貨マイニングソフトウェアバンドリングされるという最悪の事態が判明しました。

    uTorrentの発売元会社が、資金を稼ぐためにしていたことで、これによりバックグラウンドでシステムソースが浪費されました。同社は、この方法で稼いだお金の一部を慈善団体に寄付したとしています。

    もはやuTorrentをわざわざ使う理由はありません。qBittorrentはこうした理不尽なことは皆無なので、最高のトレントクライアントであると思われます。

    5. Adobe Flash Player・Shockwave Player

    Adobe Flash Playerは、2021年1月時点でサポートが終了しました。現在は、最近のすべてのブラウザブロックされていますが、PCに既にインストールされているFlashアンインストールする必要があります。

    Adobeソフトウェアをこれ以上更新しないので、こうしておけばセキュリティの問題を懸念する必要もなくなります。

    Adobe Shockwave Playerも同様のランタイムアプリで、2019年に廃止されました。Adobeダウンロードを提供しなくなり、このソフトを必要とするWebサイトに遭遇する可能性はほとんどありません。

    そういうわけで、Shockwave PlayerとFlash Playerの両方を削除する必要があります。どちらも過ぎ去った過去の遺物であり、もはや不要です。

    6. Java

    Javaは独特のランタイムアプリで、デスクトップ上のJavaブラウザ用のJavaプラグインセキュリティの問題があることで有名)の2つのコンポーネントがあります。

    以前はかなり一般的でしたが、現在ではほとんどのWebサイトで使用されていません。この記事の執筆時点で、W3Techsは、0.02%未満のWebサイトしかJavaを使用していないとしています。

    ChromeFirefoxの最新バージョンJavaサポートしていないことから、Javaは以前よりもセキュリティ上の問題が少なくなっていますAndroid開発者かJavaに依存する特殊なソフトウェアユーザーでない限り、Javaアンインストールしたほうがいいでしょう。

    アンストールしても、PCの使い勝手に違いを感じることはないはずです。

    7. Microsoft Silverlight

    Image: MakeUseOf

    Silverlightは、Adobe Flashと似ているWebフレームワークで、かつてはブラウザでリッチメディアコンテンツを有効にしていました。

    以前はこうしたプラグインが多くのWebサイトで必要でしたが、現在は推奨されておらず、もうほとんど役に立ちません。W3Techsによると、2021年初頭の時点でSilverlightを使用しているWebサイトは0.03%未満です。

    最近のブラウザSilverlightでは動作すらしません。Silverlight は、ChromeFirefoxから長年サポートされておらず、Edgeとの互換性もありませんでした。

    Silverlightは、互換性があるという理由でInternet Explorerでのみ公式にサポートされていますが、Internet ExplorerWindows10のごく一部でしか使用されていません。Silverlightアンインストールしたところで、失うものはないでしょう。

    8.ツールバーとブラウザ拡張機能

    Windows 10から何をアンインストールすべきか迷っているなら、ブラウザにある“ガラクタ”が確実に候補にあがるでしょう。

    ツールバーは、以前は今と比べてはるかによくある問題の種でしたが、幸いにして、Chromeやその他のブラウザの最新バージョンが反撃して、そうした問題のほとんどを根絶しました。ただし、スパムの拡張機能はまだ野放しにされています。

    プログラムリストで、Bingバー、Googleツールバー、Askツールバー、Yahoo!ツールバー、Babylonツールバーがあるかどうか確認し、見つけたものはすべてアンインストールしてしまいましょう。

    アンインストールが済んだら、ブラウザインストールされている拡張機能を確認してください。信頼できる拡張機能でも怪しい会社によって販売されていることがあるので、そこにあるすべてのものを確認するようにしましょう。

    9.Coupon Printer for Windows

    Coupon Printer for Windowsの目的は、Coupons.comからお得感のある買い物をしてもらうことです。しかし、このソフトウェアは一般的に他のプログラムバンドリングされているので、そもそもインストールしないほうがいかもしれません。

    あえてCoupons.comを使い続けたい人は、割引を使うためにこのプログラムインストールしたままにしておいても構いません。それ以外の人は、このプログラムアンインストールして、何もインストールする必要のない別のクーポンサイトを使用しましょう。

    10.メーカーがプレインストールしたブロートウェア

    Surface Proなどのプレミアムデバイスを実行しているか、新しいデスクトップWindowsをゼロからインストールしていない限り、PCに製造元から大量のジャンクがプリインストールされている可能性があります。特に、HP、Dell、東芝、LenovoなどのノートPCにはありがちな問題です。

    どれもWindowsが機能するために必須のものではないので、こうした不要なプログラムは削除してしまいましょう。

    写真アプリゲームツールWindowsのユーティリティを複製するものなど、プレインストールされているブランドプログラムの中にはまったく不要なものもあれば、ドライバ/ BIOSアップデートユーティリティLenovo System Updateなど)など、維持しておく価値があるものもあります。

    もちろん、すべてのメーカーソフトウェアについて具体的にコメントすることはできません。システムから何を削除する必要があるか把握したいときは、「Should I Remove It?」で確認することをおすすめします。プログラムの機能と他のユーザーによる評価の概要がわかります

    はっきり判断できないときは、メーカーからのものは必要ないと思って問題ありません。ただし、常にダブルチェックしたほうがいいでしょう。

    11.Windows 10のブロートウェア

    Image: MakeUseOf

    メーカーのブロートウェアを削除するだけでも十分面倒ですが、Microsoftは独自にWindows10にかなりのブロートウェアを組み込んでおり、それはストアアプリの形で提供されています。

    ありがたいことに、そうした不要なプログラムのほとんどは、それほど手間をかけずにアンインストールできます

    XboxやWeatherなどのデフォルトModernアプリの中には、ユーザーによって役に立ったり立たなかったりします。特にCandy Crush Sagaなどは、削除すべきでしょう。

    Windows10のブロートウェアの完全リストを見つけて、該当するアプリを(1つずつまたは一度に全部)アンインストールする方法はこちらの記事を参考にしてください。

    12. WinRAR

    ファイルを抽出したり圧縮するツールがあると確かに便利ですが、WinRARはそのツールとして最適とは言えません。

    このアプリは、昔ながらの「シェアウェア」ライセンスにより、笑えるオチがあります。WinRARは、「トライアル」を無料でダウンロードでき、一定期間使用した後で支払いを請求してきますが、支払いをしなくてもアプリが実際にロックアウトされることはないので、無期限に使用できるのです。

    それでも、WinRARをわざわざ使用する理由はまったくありません。7-Zipは、ほとんどの人のニーズをカバーしてくれるシンプルな無料ツールです。7-Zipが気に入らない場合は、別のファイル抽出ツールを試してみましょう。いずれにしろ、WinRARにお金は払わないように。

    不要なプログラムはアンインストールする

    上記に挙げたプログラムは、もう役に立たなくなったものばかりです。もしアンインストールした後でまた必要になったとしても、いつでも再インストールできます。そのときは、ジャンクをバンドルせずにインストールしてください


    Source: Trend Micro, VideoLAN, qBittorrent, W3Techs(1,2), Should I Remove It?, 7-zip

    Original Article: 12 Unnecessary Windows Programs and Apps You Should Uninstall by MakeUseOf




    (出典 news.nicovideo.jp)

    今すぐアンインストールするべきWindowsのプログラム12選

    これ参考になりますね!!



    全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

    <このニュースへのネットの反応>

    【今すぐアンインストールするべきWindowsのプログラム12選】の続きを読む

    このページのトップヘ