ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > Windows


    【元記事をASCII.jpで読む】

     マイクロソフトブログによれば、Windows Insider Program(以下WIP)のDev Channelで配布されているBuild 20185では、スマホ同期アプリ(英語名Your Phone App)が改良されたのだという。実際に調べたところ、いくつか変更点があるようだ(https://blogs.windows.com/windowsexperience/2020/08/05/announcing-windows-10-insider-preview-build-20185/)。

     そのうちの1つは、スマートフォン登録方法が簡略化され、QRコードを使ったものになった。もう1つは、「スマートフォンの画面」機能が強化され、直接スマートフォン側のアプリを起動できる「アプリ」機能になった点。

     またブログでの告知は、Dev Channelでの話だったが、調べてみるとWIPBeta Channelで配布中のWindows 10 Ver.20H2(Build 19042.432)でも同様の機能を確認できた。このことから考えると、早ければ今秋のアップデートから利用可能になるのではないかと思われる。

    Windows 10に搭載されている「スマホ同期アプリ」とは

     スマホ同期アプリとは、AndroidiOSスマートフォンWindows 10 PCを連動させるアプリだ。標準でWindows 10に入っているが、アンインストールしたり、Microsoftストアからインストールすることもできる。

     機能としては、スマートフォンの写真の表示、通知の表示、SMSの送受信、通話が可能。

     ただし、実際に利用するには、スマートフォン側に「スマホ同期管理アプリ」をインストールしておく必要がある。

     この2つのアプリケーションで構成される機能は「Windows Link」と呼ばれているらしい。さらにサムスンGalaxyシリーズの一部モデルと組み合わせたときのみスマートフォンの画面をPCで表示する「スマートフォンの画面」機能が利用できる(https://blogs.windows.com/windowsexperience/2020/08/05/microsoft-and-samsung-expand-partnership-empowering-you-across-work-and-play/)。

     機能や使い方などを見るに、Windows LinkWindows PCを使っている間は、スマホを見なくてもいいようにするもののようだ。つまりスマートフォン側を操作しなくても電話やSMSが利用でき、端末内の写真をPCから扱えるようになる。

     ただし、接続方法を見ると、どうも自宅や会社などでを前提している。スマートフォンとPCの接続自体はインターネット経由であっても利用可能なのだが、スマートフォン側ではデフォルトでは無線LANのみを利用するようになっているのだ。

     設定の変更でモバイルデータ通信での接続も許可することはできるが、「スマートフォンの画面」と「通話」機能は、同一のネットワークでの接続やBluetooth接続が必要である。たとえば、Androidテザリング機能では、接続したクライアントAndroid側は直接通信ができない(同一のネットワークにはならない)ため利用できない。もちろん外出先でも同一のネットワークで接続する方法はいろいろ考えられるが、外では普通にスマホを使えということなのであろう。

    スマホ同期アプリ」での登録方法が変わった

     従来のWindows 10では、スマートフォン側のスマホ同期管理アプリMicrosoftアカウントとリンクすると、PC上でもスマートフォンが登録された。

     一方のBuild 20185では、Windows 10スマホ同期アプリQRコードを表示するようになり、これをスマートフォン側のスマホ同期管理アプリで読み込むことで、リンク処理が完了するようになった。

     スマホ側でユーザーアカウントパスワードを入力するよりははるかに簡単になった。この仕組みは、現行の「スマホ同期管理アプリ Ver.1.20071.95.0」ですでに対応しているが、Windows 10 Ver.2004(20H1、May 2020 Update)では動作しない。WIPBeta Channelで配布中のWindows 10 Ver.20H2(次回からバージョン表記が変更になる、Build 19042)では動作する。もちろん、Dev ChannelのBuild 20185も動作する。

    Windows 10上でAndroidアプリが動かしているように見える!?
    現時点ではGalaxyシリーズの一部機種でのみ利用可能

     スマホ同期アプリには、Galaxyシリーズの一部でスマホの画面をPCに表示する「スマートフォンの画面」機能が利用できる。簡単に言えば、リモートデスクトップスマートフォン版のようなものだ。

     ただし、利用できるのはAndroid 9以降のGalaxyシリーズの一部機種に限られる。なお、最近のGalaxyシリーズには、Windows Linkが標準で組み込まれており、「設定」から直接Windows Linkのオン/オフなどの設定が可能。このWindows Linkが標準で組み込まれている端末において「スマートフォンの画面」機能が利用できる。

     「アプリ」機能は、この「スマートフォンの画面」機能を強化したもので、スマートフォン側にインストールしているアプリアイコンが表示され、これをクリックすると、Windows 10側にウィンドウが開いて、その中でアプリが起動する。

     これを使うと、一見してWindows上でAndroidアプリが起動したようにも見えるが、実際にはスマートフォンの画面を表示しているだけだ。それでも従来の「スマートフォンの画面」は、単なる「リモートデスクトップ」という感じで、操作をゼロからやらねばならなかったのに対し、「アプリ」機能ではアプリを直接指定して起動でき、さらにAndroidアプリスタートメニュータスクバーにピン留めできるので、1クリックで起動できるという点で利便性は高い。

     IoTデバイス制御系のアプリには、スマートフォン向けにしか用意されていないものも少なくないため、PCからこうしたアプリが使えるようになるのはありがたいところだが、現時点でGalaxyシリーズの一部にしか対応していないというのでは利用できるユーザーも限られる。マイクロソフトサムスンとの間の契約などが絡んでいるのかもしれないが、できればもっと多くの機種で利用できるようにしてほしいところだ。

    Windows 10とスマホを連携する「スマホ同期」が確実に改良されている

    b650x400l
     


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10とスマホを連携する「スマホ同期」が確実に改良されている

    この連携助かりますね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10とスマホを連携する「スマホ同期」が確実に改良されている】の続きを読む


    Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

    先日出席したオンライン発表会が至極残念だった。おそらく登壇者のPCだと思われるが、事あるごとにWindwos 10のメッセージ音(Windows Background.wav)をヘッドセットマイクが拾い、話し手の声にかぶせてくる。オンライン会議は対面会議よりも集中力を要するが、メッセージ音が聞こえてくるたびに筆者の集中力は削られてしまった。

    通常の発表会でCortanaが話者の声に反応する程度は、可愛らしく朗らかな気分になるものの、あの「チャラーン」という音を耳にすると、あくまでも個人的な感想だが殺伐とした気分になってしまう。

    本来であれば通知領域のスピーカーアイコンからミュート設定にすれば済む話だが、PC構成によってはプレゼンテーションを阻害する可能性がある。そこでオンライン会議が増えているいまおすすめしたいのが、イベントサウンドの無効化だ。

    オンライン会議終了後は、上記の設定を「Windows標準」、もしくはご自身が名付けた設定に切り替えればよい。ぜひWindows 10 PCでプレゼンテーションを行う方は本設定に着目してほしい。

    なお、上記の設定はHKEY_CURRENT_USER¥AppEventSchemesキーの既定値に格納されており、異なるレジストリファイルをインポートすることで切り替わるか検証してみたが、結果はNG。1度「サウンド」ダイアログを開かないとイベントサウンドの無効化・有効化は切り替わらなかった。
    6a026
     

    画像提供:マイナビニュース
     


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10ミニTips 第526回 オンライン会議、気になるPCの通知音を消すには?

    これ確かに気になりますね!!

    周りの人の通知音も気になりますが笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10 オンライン会議、気になるPCの通知音を消すには?】の続きを読む


    Edge Chromiumはまずまずのウェブブラウザです

    メモリ使用率の改善を考慮すると、Google Chromeから乗り換える価値は十分にあると言ってもいいぐらいです。

    とはいえ、MicrosoftによるEdge Chromiumのゴリ押しは、まさに迷惑以外の何ものでもありません。

    そして最近のWindowsアップデートにより、このブラウザーがさらにがっちりとOSに組み込まれました。

    たしかに、Edgeの存在(そして、ユーザーに新しいEdgeを試させ、デフォルトブラウザにしてもらうために、ひっきりなしに送りつけられるWindows 10の通知)を無視すればいいだけの話かもしれません。

    ですが、使うつもりがまったくないのであれば、Edge Chromiumを完全に削除してしまったほうがいいでしょう。

    アンインストールするときの注意点

    ただし問題があります。システム設定の「アプリと機能」メニューからEdge Chromiumアンインストールしようとすると、Edgeの隣にあるアンインストールボタングレーアウトしてしまうのです。

    私と同じように、「コントロールパネル」に移動して、「プログラムと機能」タブからEdge Chromiumアンインストールしようとしたことがある人もいるかもしれません。

    ところが今回のアップデートで、Edgeインストールされたプログラムリストから外されてしまいました。なので、このやり方でもEdgeアンインストールすることはできません。

    でも大丈夫です。

    だからといって、Edge Chromiumがあなたのパソコンに永久に居座ることになるわけではありません。ほんの少しの創意工夫で、追い出すことができるのです。

    Edge Chromiumをアンインストールする方法

    Image: Brendan Hesse

    PowerShellの簡単なスキルを使えば、Windows 10からEdge Chromiumアンインストールできます。

    Windowsファイルエクスプローラーを開きます。 「C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Applicationアドレスバーに入力し、Enterを押します。すると、Edgeインストールフォルダーが開きます。もし開かない場合は、手動でインストールフォルダーに移動するか、ファイルエクスプローラーで「Edge」を検索します。 数値の名前がつけられたフォルダーがあるはずです。名前は、お使いのPCにインストールされている現在のバージョンEdgeと同じです。例えば、この記事を書いている時点では、私のマシンのフォルダーは「83.0.478.58」という名前です。このフォルダーを開きます。 インストーラー」フォルダーを見つけて開きます。 このフォルダーのなかで、ファイルエクスプローラーインドウの左上にあるファイルタブをクリックしたら、ファイル」>「Windows PowerShell を開く」>「Windows PowerShell を管理者として開く」の順に進みます。 プログラムシステムを変更するための許可を求めるメッセージが表示されたら、「はい」クリックします。 .\setup.exeuninstallsystem-level ―verbose-logging ―force-uninstallPowershellに入力し、Enterを押してコマンドを実行します。

    あわせて読みたい

    Windows 10をダークモードに設定する方法|省電力・眼の負担軽減に

    Windows 10のアップデートをできるだけ遅らせる方法

    出社時間ぴったりにパソコンを自動起動させる方法

    Image: Brendan Hesse

    Source: Geeker Mag, Express

    Brendan Hesse - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10からMicrosoft Edge(Chromium版)をアンインストールする方法


    これ確かに邪魔になる時多いですね!

    しかも最近PC使うとよくポップしてくる笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10からMicrosoft Edge(Chromium版)をアンインストールする方法】の続きを読む


    私はPCやタブレットダークモードで使うことに病みつきになっています。使っているアプリを全部ダークモードにすると、ゴス・ファッションに夢中だった10代の頃を思い出すので、嬉しくなります。

    ですから、今日は、Windows 10ダークモードを有効にする方法をご紹介します。

    ダークモードと聞くと不吉な感じがするかもしれませんが、実はダークモードに設定するプロセスはとても簡単です。

    まず、OSのダークテーマアクセスするには、少なくともWindows10Anniversary Update(2016年8月にリリース)がインストールしてある必要があります。

    これまで何年もデスクトップラップトップを常にインターネットに接続してきた人なら自然にインストールされているはずなので問題ありません。

    ですが、しばらく使わずに放置していたシステムダークモードにしたいときは、そのシステムたまたまずいぶん古いバージョンのOSを使っていることもあるので、そういう場合も考慮して説明したいと思います。

    Windows 10でダークモードを有効にする手順

    ダークモードに切り替えるときは、Windows 10「設定」「個人用設定」クリックします。

    そこから、左側のサイドバーの「色」クリックします。ウィンドウの右側にある「色を選択する」ドロップダウンメニューから「黒」を選ぶとダークモードに切り替わります。

    Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    簡単ですよね? あと、「カスタム」クリックすると、アプリとOSの外観のオプションがさらに展開します。

    Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

    つまり、OSの基本的な部分(タスクバーやスタートメニューなど)はダークモードで、すべてのアプリウェブブラウザファイルエクスプローラーなど)はライトモードで、というふうに2つのモードハイブリッドで使えるようになるんです。

    アプリごとに設定を変える方法

    Windows 10で個々のアプリモードをカスタマイズするときは、「設定」からはできません。各アプリの設定を確認して、ライトテーマダークテーマを切り替える方法があるか確認しましょう。

    アプリシステムデフォルト」を優先している場合は、それを解除して切り替える必要があるかもしれません。これを行なうと、Windows 10で設定したアプリモードが変更されます。

    Windows 10で設定すると、すべてのアプリモードを統一したい場合はいいのですが、ダークモードにしたOSでブラウザライトテーマで使いたいときは、「システムデフォルト」をオフにする必要があります。

    たとえば、Edge Chromiumでの設定は次のようになります。

    Screenshot: David Murphy

    さらに凝りたい場合は、最新バージョンmacOSのように、1日の時刻に応じてシステムライトモードからダークモードに自動的に切り替えるサードパーティのアプリを探してみましょう。

    私自身はそういうものを使ったことはありません。ライトモードに戻りたくないからです。

    少し時間がかかりますが、Windows 10のタスクスケジューラーを使って自動的に切り替わるように設定することもできます。

    あわせて読みたい

    出社時間ぴったりにパソコンを自動起動させる方法

    Windows 10のスタートメニューで「Bing」の検索を無効にする方法

    Windows 10のアップデートをできるだけ遅らせる方法

    Screenshot: David Murphy, ライフハッカー[日本版]編集部

    Source: GitHub, Windows Central

    David Murphy – Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10をダークモードに設定する方法|省電力・眼の負担軽減に

    こんなことできるんですね!!

    これ試したくなりますね笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10をダークモードに設定する方法|省電力・眼の負担軽減に】の続きを読む


    Image: 日本マイクロソフト

    2003年って、もう17年も前なのね。

    Microsoft7月14日、長期にわたるWindowsドメインネームシステムDNS)のバグを修正するセキュリティパッチリリースしました。Wired によると、当該のパッチは毎月第2火曜日(現地時間)に配信される月例アップデートに含まれており、イスラエルセキュリティ会社Check Pointが発見した脆弱性SigRed”を修正するものです。

    重大なバグがようやく解決

    すべてのコンピュータには、ネットワークプロバイダを通じて固有のIPアドレスが割り当てられています。IPアドレスを電話番号のようなものだとすると、電話帳の役割を果たすのがDNSになります。電話をかけるには電話機で電話番号を発信しますよね。それと同様に、DNSドメイン名とそれに対応するIPアドレスを紐づけてくれるんです。

    たとえば、親友に電話をかける際に電話帳で相手の名前を見つけて通話ボタンを押すと、登録してある番号が発信されますよね。それと同様、ブラウザWebサイトをロードするためにDNSが必要というわけです。

    今回のバグであるSigRedは、そのWindows DNSを悪用するうえに「ワーム化可能な」バグなので少々厄介。言うならば、DNSを介して1つのコンピュータから別のコンピュータに拡散する恐れがあります。

    WiredによるとCheck PointMicrosoftの双方がこれを重大な欠陥だと認めておりコンピュータセキュリティ問題の業界標準である「共通脆弱性評価システムCVSS)」で10点満点中10点という最悪の評価がなされています。WiredWindows DNSが「事実上、世界中のあらゆる中小規模の組織」のサーバーで使用されている点も指摘。確かに、これは大問題です。しかも、それが過去17年間も見過ごされてきたわけですから。

    今回修正されたセキュリティ上の欠陥は、Windows DNSセキュリティ拡張(DNSSEC)上で発見されました。DNSSECDNS認証を強化するもので、これがうまく機能しないと、ハッカーDNSクエリを傍受してユーザを偽サイトに誘導し、クレジットカード番号などの個人情報を入力させたり、IDを盗むことが容易になってしまいます。こうしたSigRedに対して特に脆弱なのが、Windows DNSを導入している中小規模のオンライン小売企業などです。

    Check Point脆弱性調査責任者であるオムリ・ヘルスコヴィシ氏は、さらに悪質なケースだと、ターゲットとなったユーザが何のアクションも起こさなくてもWindows DNSが悪用されることもある、とWiredに話しています。ハッキングされた当事者は、見知らぬ誰かがサーバーアクセスして勝手に操作していることにも気づかないでしょう。

    Windows DNSサーバーを実行するドメインコントローラの内部に侵入すれば、他のネットワークコントロール下に置くことは非常に簡単です」とヘルスコヴィシ氏は述べています。

    ハッカーリモートで攻撃を仕かけるには、ターゲットDNSサーバーインターネットに直接さらされている必要があります。しかしほとんどの場合、管理者はWindows DNSファイヤーウォールで保護しているので、これはレアなケースだとヘルスコヴィシ氏は言います。ただ、会社のWi-FiやLANがハッキングされれば、アクセスサーバーが乗っ取られてしまうので、油断はできません。さらに今回の新型コロナウイルスパンデミックにより、在宅勤務する社員のためネットワークのアーキテクチャを変更した企業は、こうした攻撃に無防備になっているケースもあると警告しています。

    現在のところ、SigRedにかかわる被害報告はなされていないようですが、できるだけ早くサーバーパソコンパッチを適用することが大事です。最近起きた大型のサイバー攻撃として、ヘルスコヴィシ氏は2017年WannaCryランサムウェアを引き合いに出しています。WannaCRYはMicrosoft Windowsを標的にしたワーム型ランサムウェアで、ハッカーロックしたコンピュータの身代金として暗号通貨ビットコイン(当初は300ドル、のちに600ドル)を要求しました。騒動はわずか4日間の出来事でしたが、その間に世界150カ国の病院や学校、企業、家庭で20万台以上のコンピュータが被害に遭いました。ちなみに、身代金を払ってもコンピュータロックは解除されませんでした。

    心配な方は、まだ今月のWindowsアップデートダウンロードしていない方は、ぜひ今すぐ実行してインストールしてください。[設定]からアクセス、もしくはタスクバーで「更新」と入力して検索をかければすぐにできますよ!



    (出典 news.nicovideo.jp)

    17年越しのバグがついに修正! 今月のWindowsアップデートは即ゲットよ

    このバグ修正ってすごいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【17年越しのバグがついに修正! 今月のWindowsアップデートは即ゲットよ】の続きを読む

    このページのトップヘ