ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > クラウド


    iCloud Driveでは、あらゆる種類のファイルを保存できます。ところが、iPhoneMacWindowsAndroidなど、使うデバイスによってファイルへのアクセス方法が異なります。

    そこで、どんなデバイスからでもiCloud Driveアクセスするための方法を紹介します。これを読んでおけば、どこにいても、どんなデバイスを使っていても、文書の編集、ファイルアップロードiCloudストレージの解放ができるようになるでしょう。

    iPhoneやiPadからiCloud内のファイルにアクセスするには

    iOSiPadOSを使っているなら、バックアップカレンダーイベント、写真など、さまざまな種類のデータをかんたんにiCloudと同期できます。

    写真アプリ内で直接iCloud Photoを覗ける(英文)のは、これらのオプションが最初からOSに組み込まれているからです。

    同じ理由で、iPhoneiPadからiCloud Driveファイルアクセスするには、「ファイルアプリが必要です。

    iPhoneやiPadで「ファイル」アプリを使う

    ファイルアプリは直感的に使用できるファイルブラウザで、iCloudGoogle DriveDropboxなど複数のクラウドストレージサービスとの連携が可能です。ローカルに保存したファイルも覗けます。

    ファイルアプリからiCloud Driveアクセスする方法はこちらです。

    iPhoneまたはiPadファイルアプリを開く 「場所」というリストが表示されるまで、「ブラウズ」ボタンを押す iCloud Driveタップすると、iCloudアカウント内の全ファイルが表示される ダウンロードして開きたいファイルタップ ファイルタップせずに長押しすると、「名前変更」「コピー」「削除」などのアクションが表示される Image: MakeUseOf

    iPhoneやiPadでiCloudストレージを管理する

    スペースの解放やストレージの追加購入などを管理したい場合は、iPhoneiPadの「設定」アプリから行います。設定アプリを開いたら、画面上部にある自分の名前をタップし、「iCloud」をタップします。

    画面上部に、iCloudストレージの使用量が表示されます。詳細を見るには、「ストレージを管理」をタップしたあとで、iCloudストレージの「ストレージプランを変更」をタップすると、iCloudストレージの容量を増やすことができます。

    Image: MakeUseOf

    あるいは、リストスクロールしながら、iCloudデータを削除したいアプリを選びましょう。ただし、これをするとiCloudアカウントに紐づいている全デバイスからデータが消えるので注意が必要です。

    iCloudバックアップがストレージを圧迫しているようなら、コンピューターへのバックアップ(英文)を検討してください。

    MacからiCloud内のファイルにアクセスするには

    iPhoneiPadと同じく、MaciCloudデータアクセスするには、複数のアプリを使いこなさなければなりません。

    たとえば、iCloud写真を見るには写真アプリiCloudメモを見るにはメモアプリ、iCloud DriveファイルアクセスするにはFinderアプリが必要です。

    MacでiCloud Driveを見るにはFinderが便利

    Mac上のファイルでもiCloud Driveストレージ内のファイルでも、ファイル管理にはとにかくFinderが便利です。

    iCloud Driveの設定で「デスクトップ」フォルダと「書類」フォルダを有効にすると、MacのフォルダがiCloudに同期され、シームレスな使用が可能になります。

    MaciCloud Driveフォルダを表示するには、Finderウィンドウを新規に立ち上げ、サイドバーからiCloud Driveを選びます。

    Image: MakeUseOf

    iCloud Driveオプションが表示されていないときは、メニューバーで「Finder」>「環境設定」を選び、「サイドバー」をクリックしてiCloud Driveオプションを有効にしてください。

    これで、iCloud Drive内のファイルやフォルダを、Mac上のファイルやフォルダと同じように扱えるようになります。

    MacでiCloudストレージを管理するなら

    MaciCloudストレージを管理するには、「システム環境設定」>「Apple ID」を選んでから、サイドバーでiCloudを選択します。

    あなたのiCloudアカウントと連携しているアプリを確認できるほか、環境設定ウィンドウの下部にはストレージ使用量チャートも表示されます。

    iCloudデータの削除、ストレージの増量、iCloudストレージプランの変更などは、ストレージブレークダウンの横にある「管理」ボタンクリックします。

    Image: MakeUseOf

    Windows PCからiCloudのファイルにアクセスする方法

    WindowsiCloudストレージを管理するには、WindowsストアからWindows用iCloudダウンロードしてインストールします。

    この無料ソフトウェアだけで、PCと同期するアプリの選択、ストレージ使用量の確認、エクスプローラー向けCloud Driveの有効化など、さまざまな操作ができるようになります。

    エクスプローラーでiCloud Driveファイルを閲覧

    WindowsiCloudインストールしたら、Apple IDアカウントサインインし、iCloud Driveチェックボックスを有効にします。さらに、PCと同期を取りたいその他のアプリも有効化しておきましょう。

    次に、エクスプローラーを新規に立ち上げ、クイックアクセスメニューからiCloud Driveクリック。これで、iCloud Drive内のファイルを、コンピューター内のファイルと同じように閲覧、編集、ダウンロード、削除できるようになりました。

    Image: MakeUseOf

    WindowsiCloudiCloud Driveをオフにすると、PCからiCloudファイルを削除するかどうか聞かれます。ここで削除を選択しても、iCloudアカウントからは何も消えないのでご安心を。

    Windows PCでiCloudストレージを管理する

    WindowsiCloudを開くと、メインウィンドウにiCloudストレージの内訳が表示されます。iCloudアカウントからのデータを削除するには、「保存容量」をクリックします。

    また、「さらに容量を購入」をクリックすると、ストレージプランアップグレードできます。

    Image: MakeUseOf

    AndoridデバイスでiCloudファイルにアクセスする

    Appleが公式アプリを提供していないため、AndroidデバイスからiCloud Driveアクセスする方法は不明確です。とはいえ、ブラウザからiCloudウェブサイトにログインすることで、一部のiCloudコンテンツにはアクセスできます。

    ブラウザを使ってiCloudストレージにアクセス

    Androidデバイスから任意のウェブブラウザを使って、iCloud.comを開きます。Apple IDでログイン後、「写真」「メモ」「リマインダー」ボタンタップすると、それらのアプリiCloudコンテンツが表示されます。

    iCloud Driveのストレージに保管されたファイルに関しては、残念ながらAndroidデバイスから見る方法はありません。とはいえここでも、タブレットコンピューターからiCloudのサイトを開くことで、ファイルへのアクセスが可能です。

    Image: MakeUseOf

    iCloudストレージの使用状況を見るには、「アカウント設定」ボタンタップします。現時点ではブラウザからのストレージアップグレードはできませんが、ゆくゆくはAppleがその機能を実装してくれることを願っています。

    Androidデバイスにもっと多くのiCloudデータを同期する

    ご紹介したように、Androidを除けば、iCloudストレージへのアクセスは非常に簡単です。

    Androidの場合、ブラウザ経由でiCloud Driveを開くことはできるものの、他のプラットフォームでAppleが提供している公式アプリに比べると合理的な方法とはいえません。

    AppleAndroidデバイスに対して優しくないのは、iCloud Driveに限ったことではありません。写真、カレンダー、メモなどなど、多くのデータiCloudからAndroidに同期することを拒んでいるのです。

    とはいうものの、それを実現する回り道がないわけではないので、ぜひ探してみてくださいね

    Image: MakeUseOf,Image: Shutterstock

    Source: MakeUseOf, iCloud, Microsoft

    Original Article: How to Access and Manage iCloud Drive Files From Any Device by MakeUseOf

    あわせて読みたい

    WindowsパソコンとiPhoneを平和的に共存させる方法

    写真を安全にバックアップできる有料・無料クラウドサービス8選



    (出典 news.nicovideo.jp)

    いろいろなデバイスからiCloud Driveにアクセスする方法


    これいいですね!!


    DTI SIM お試しプラン

    <このニュースへのネットの反応>

    【いろいろなデバイスからiCloud Driveにアクセスする方法】の続きを読む


    Photo: Gizmodo

    諦めないで! まだ救える命!

    iCloudGoogle DriveOneDriveDropboxなどのクラウドサービスのおかげでデジタルライフがとっても楽になりました。間違えて削除してしまったファイルも数日の間なら復元できますしね。え? やり方わからない? ではひとつずつお教えしましょう。

    iCloud

    iCloudは、パソコンiPhoneなどのデバイス上でファイルを削除した場合、そのファイルバックアップを30日間キープしておいてくれます。それ以降は永久に取り戻せません。削除してしまったものを復元するには、iCloud on the webへ行き、iCloud Driveクリックします。該当するフォルダーを見つけたら、右下の最近削除した項目クリックします。もしiCloudと連携しているアプリPagesやKeynoteなど)からファイルを消してしまった場合は設定からファイルの復元へ行きファイルを戻す必要があります。

    Screenshot: Apple

    iPhoneiPadからの復元工程は簡単です。ファイルアプリを開いてブラウズの中にある最近削除した項目タップするだけ。もしそのファイルmacOSから削除されたものでも、30日間はそこに残っているはずです。

    削除してしまったファイルを探し出したら、復元と同時に完全に削除するという選択もありますので、永遠にサヨナラしたい場合はそちらをお選びください。

    Google Drive

    GoogleDriveをお使いのみなさんも、30日間削除したファイルキープされていますのでご安心を。iCloudと同じ日数ですね。ウェブGoogleDriveへ行き、ゴミ箱クリックすると最近削除したもの全てが出てきます。Google Driveでは完全に削除されるまでの間、一旦削除されたものも検索で出てくるので、検索をかけるとゴミ箱にある旨を教えてくれますよ。

    Screenshot: Google

    フォルダを開いて該当のファイル上で右クリックをすると、復元か完全に削除かの選択ができます。ゴミ箱にあるものすべてを完全に削除したい場合は、右上の「ゴミ箱を空にする」で一気に削除しちゃってください。Google Driveアプリでも同じように復元または完全に削除ができます。ゴミ箱へ行き、それぞれのファイルの端にある3つの点々をタップすると、「復元」「完全」に削除が選べます。

    OneDrive

    OneDriveも削除したファイルは30日間の猶予があります。職場や学校が管理しているOneDriveアカウントを使っている場合の削除ファイルの保存期間は、さらに長い93日間。3ヶ月後に「は!」と思い出しても復元できるなんてありがたいですね。OneDrive ウェブ上のゴミ箱から復元できます。

    Screenshot: Microsoft

    ゴミ箱を空にする」「すべてのアイテムを復元」という一括操作もできますし、それぞれのファイルを復元、完全に削除ももちろんできます。モバイル版では、自分のアイコンタップするとゴミ箱が現れます。モバイル版でもすべてのアイテムを完全に削除か復元、という一気バージョンもありますよ。

    Dropbox

    最後はDropboxです。Basic、Family、Plusプランの方は削除したファイルは30日間保存されています。Professional、またはBusinessプランだとほぼ半年の180日間。ファイルを復元するにはDropbox ウェブへ行き、左にある「削除したファイル」へ行くと最近削除したファイルが現れます。または、削除してしまったファイルがもともとあったフォルダへ行って「削除したファイルを表示」をクリックすると出てきます。こちらも復元か、完全に削除を選べるようになっています。

    Screenshot: Dropbox

    有料ユーザーは「巻き戻し」という機能があって、ファイルの編集、ファイル名の変更、追加内容など、バージョン履歴を使用して変更内容を取り消し、前の状態に戻すことができます。

    Dropboxが他のクラウドサービスと違う点は、アプリから最近削除したファイルにはアクセスできませんウェブでのみ復元もしくは完全に削除の操作が可能です。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    クラウドストレージで消してしまったファイルを取り戻す方法


    これ気になるニュースですね!!


    箱に詰めてお家で待つだけ!Macを高く売るならMac買取ネット

    <このニュースへのネットの反応>

    【クラウドストレージで消してしまったファイルを取り戻す方法】の続きを読む


    ついに、この日が来ました。

    Googleは、Googleフォトを「無料」から「有料」へと切り替えます。

    Googleフォトを使い続ける場合、写真や動画が増えすぎて無料プランの容量が一杯になったら、近いうちに月額料金を払わなければなりません。

    すべてのGoogleフォトユーザーは、2021年6月1日までは無制限でGoogleフォトを使い続けられます。

    それまでにアップロードしたものは(高画質の写真や動画と元の品質でない写真や動画)、Googleの無料の容量15GBにはカウントされません。

    それより後にアップロードしたものは、あなたのすべてのGoogleアカウントGoogleサービスで共有するストレージ容量を侵食していきます。

    その変更に関するGoogleの説明全文はこちらにありますが、心して読みましょう。

    私たちが撮る写真や動画の量の多さを考えると、Googleフォトを使っているほとんどの人が、ある時点で月額料金を払うことになるのは目に見えています。

    お金を払うのが嫌な人や、オンラインのフォトストレージサービスにお金を払うなら最大限活用したい人は、Googleと注目すべき他のサービスを両方見てみましょう。

    目次

    1. 100GBで月額250円の「Google One

    2. 2TBで月額1200円の「Dropbox

    3. 50GBで月額130円の「iCloud

    4. プライム会員が無料で使える「Amazon Photos

    5. 自分でサーバーを持つ

    1. 100GBで月額250円の「Google One」

    Screenshot: David Murphy

    正直言って、「Google One」の料金はそこまで悪くありません。

    ほとんどの料金プランで、低価格で正当な量のストレージが提供されています。

    ただし、注意して欲しいのは、Googleフォトだけでなく、すべてのGoogleサービスでストレージ容量を分けるところです。

    GoogleドライブGmailを無傷で保ちたいのであれば、気をつけなければなりません。

    100GB:月額250円/年額2,500円(年額を前払いする場合) 200GB:月額380円/年額3,800円 2TB:月額1,300円/年額13,000円

    どのくらいの容量が必要かは、いつもどのくらいの写真や動画を撮るかによります。

    とりあえず、今のところ必要最低限の100GBプランでもいいのではないかと思います。

    私はこれまでずっとGoogleフォトを使ってきましたが、現在0.57GBしか容量を使っていません。

    自分の使用容量が気になる人は、このリンクから確認してみてください。

    ただし、Google Pixelで撮った写真や動画をアップロードする場合は、オリジナル」ではなく「高品質」でアップロードしている限り、容量はカウントされません。

    当面、Google Pixelを使っている人の特典のひとつです(脱線しますが、AppleユーザーiCloudにお金を払っているというのに)。

    しかし、Googleが今後発売するPixelには当てはまりません。

    2. 2TBで月額1200円の「Dropbox」

    Screenshot: David Murphy

    Dropbox」は、個人のプランが1つ(2TBで月額1,200円)しかないという意味で、Google Oneよりは確実に高いです。

    Googleフォトのように顔認識で検索する便利な機能はありませんが、

    写真や動画の保存 スクリーンショットの自動バックアップ ドキュメントスキャン モバイルアプリの写真を見る専用のセクション 他のユーザーコンテンツを共有するための広範囲なアクセスコントロールパスワードやタイマーを含む)

    など、Dropboxにも多くの機能があります。

    また、「Dropbox Transfer」(大容量ファイルの共有)や、「Dropbox Passwords」(すべてのパスワードを安全に保存して使用)、「Vault」(Dropboxにすでに保存している重要ファイルを数字のパスワード認証で保護)にもアクセスできます。

    さらに、Dropboxのようなサービスに切り替えることで、倫理的な行動を起こしているようにも感じられます。

    技術的な改善のためとはいえ、Googleにお金を払わなければならないのが単純に嫌な人もいます。

    例えば、Googleオブジェクト認識機能を向上させるのに、あなたの写真を使って“貢献”することになります。

    この貢献に対して、Googleは何かくれてもいいですよね?

    3. 50GBで月額130円の「iCloud」

    Screenshot: David Murphy

    Google Oneは、「iCloud」の同量(もしくはそれより多い)ストレージよりも一般的に安価です。

    しかし、iPhoneを持っている人は、写真や動画をiCloudに移すのが間違いなく一番簡単です。

    手始めにクラウドストレージを使ってみたい人には、50GBで月額130円の料金プランを使ってみましょう。

    Google同様、購入したiCloudのストレージは写真以外の保存にも使えます。

    書類、バックアップメッセージなど、iPhoneにあるものは何でも保存できます。

    また、保存したデータはすべてのAppleデバイス間で同期されるので、デバイスに関係なく、貴重な写真を数タップもしくは数クリックするだけ。

    当然ながら、Googleと同じようにAppleも巨大企業ですが、個人的にはプライバシーに関する姿勢では、GoogleよりもAppleのほうが少しだけすすんでお金を払いたくなります。

    結局、Appleは広告ではなく、自社製品(ハードウエアやサービス)を売りたいので、AI主導の機能をクラウドではなく、比較的安全なデバイス内だけで推進したいように見えます。

    もちろん、AppleApp Storeだけで独占的に運営しているので、iCloudデータを移すことで道徳的なジレンマを回避できるわけではないのですが。

    4. プライム会員が無料で使える「Amazon Photos」

    Screenshot: David Murphy

    Amazon Photos」だけにお金を払うことはできません。

    Amazonには、単体の有料ストレージサービスはないからです。

    Amazonプライム会員になると、そのサービスの一部として、無料でフル解像度の写真の無制限のフォトストレージを使うことができます。

    ですから、すでにAmazonプライムの会員の人は、すでにお金を払っているサービスに写真を移すのは簡単ですが、一つ大きな注意事項が。

    おそらく察しはついているでしょうが、無料のストレージサービスは、Amazonプライム会員の間だけ使えるんですよね。

    何らかの理由でプライム会員を止めた場合は、Amazonドライブのストレージに別途支払いをするか(月額250円/年額2,490円で100GBから)、すべてを必死にダウンロードしてもう一度どこかにアップロードしなければなりません。

    Amazonの料金は、GoogleAppleクラウドサービスと同等なので、私だったら後者のどちらかにお金を払うと思います。

    GoogleAppleは、大容量のストレージにお金を払うことで、エコシステム全体のサービスにもメリットがありますが、Amazonはただ大容量のクラウドストレージにお金を払っているだけです。

    Amazonにはメールアカウントもなければ、電話番号のバックアップもありません。

    5. 自分でサーバーを持つ

    Image: Shutterstock

    自宅にサーバーを構築しようと思っていたり、すぐに使えるNASを持っているのであれば、いつでも写真をそこに保存することができます。

    Piwigo」「PhotoStructure」「Lychee」のようなソフトウエアは、ボタンクリックしたり、クラウドサービスに登録したりするよりは、少し手間がかかりますが、一からハードウエアをセットアップすれば、それ以上のお金は一銭もかかりません。

    それに、許可しなければ、他に誰も写真や動画にアクセスすることもできません。

    自宅のネットワーク内にいない場合、リモートで写真などにアクセスすることはできないと思いますが、保存するプロセス自体は難しくはないです。

    例えば、定期的にローカルのストレージにすべてを入れて、自分のスマホにも写真を保存しておけばいいのです。

    スマホが写真でいっぱいになり始めたら、古い写真から削除していくだけ。必要に応じてこれを繰り返すだけなので、簡単です。

    Googleフォトができる前は、私はこのはるかに簡単な方法ですべてのメディアを保存していました。

    スマホからパソコンにすべての写真を入れ、アプリを使って写真の撮影月毎のフォルダを自動的に作成します(写真のEXIFデータを元に)。

    それから、このフォルダをNASに移すというプロセスを、毎月繰り返します。

    それでも、保険として写真をクラウド(普段は無料版のiCloud)に保存していますが、自宅に安全に保存されているとわかっていれば、古い写真は何も気にせずスマホから削除できます。

    最近は、「PhotoSync」のようなアプリを使うだけで、このすべてを管理してくれると思います。

    Googleフォトの無料版が消えつつある今、この方法に戻る可能性が高いですが、それでもやっぱり無くなるのは悲しいです。

    あわせて読みたい

    Windows 10でデスクトップより適切なファイルの保存場所3つ

    スマホのバックアップ前に。Googleアカウントの空き容量を増やしておこう

    Googleフォトのストレージ見直しのコツと写真・動画をダウンロードして移行する方法

    Image: rafapress/Shutterstock.com

    Source: Google1, 2), DropBox, PetaPixel, Apple1, 2), Amazon1, 2), Piwigo, PhotoStructure, Lychee

    David Murphy - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Googleフォト以外で、5つのストレージサービスを比較検討してみた

    これ比較したくなりますね!!

    初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

    <このニュースへのネットの反応>

    【Googleフォト以外で、5つのストレージサービスを比較検討してみた】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     Dropbox Japan11月18日テレワークサポートする「Dropbox Spaces 2.0」などを発表した。

     パンデミックを受けてテレワークが進むなか、より生産性を高める機能を追加したという。

     「Dropbox Spaces 2.0」は従来の「Dropbox Spaces」に新機能を追加し、人気の高い共同作業機能を集約。コンテンツタイムラインプロジェクトタスクを集約した「プロジェクトSpace」に加え、タスクコンテンツ、ミーティング情報、各種情報のアップデートといった情報を共有しやすくしている。

     Dropbox Spaces 2.0はプライベートベータ版として公開。利用にはアクセス権をリクエストする。

     また、「Dropbox Business」にはDropbox App Centerに 30を超える新しいアプリが追加されたほか、共有したデータへのアクセス状況の追跡、共有フォルダのアクティビティー把握、自動バックアップ、利用者全員のパスワード保管(β版)などの機能が追加されている。

    Dropbox、テレワークに便利な新機能を搭載した「Dropbox Spaces 2.0」発表


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Dropbox、テレワークに便利な新機能を搭載した「Dropbox Spaces 2.0」発表


    これ試したくなりますね!!

    携帯電話とおまとめ+【SoftBank光】をご入力下さい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【Dropbox、テレワークに便利な新機能を搭載した「Dropbox Spaces 2.0」発表】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     Dropbox Japan10月22日、家族向けの新しいプランDropbox Family」の提供を開始した。

     Dropbox Familyは、最大6人のメンバー間でコンテンツを1ヵ所で整理できるプランメンバー全員で2000GBのストレージを使って、写真や動画、PDFGoogleドキュメントなどのクラウドファイルを共有できる。各メンバーは、家族の連絡事項や最新のレシピなどを全員で共有できる「ファミリールーム」フォルダーを利用できるほか、個別のアカウントを所有して個人のファイルを保存できる。契約プランは1つなので、支払いも1つにまとめられる。

     家族全員が各自のファイルを1つのプランで利用できるので、緊急連絡先などの重要なドキュメントを簡単に共有し、必要なときにすぐ利用できる。また、デジタルデータの安全性を維持しながら、どのデバイスからもアクセス可能にするため、Dropbox Passwords、Dropbox Vaultパソコンバックアップといったサービスと機能が追加されている。

     Dropbox Passwordsアプリを使うと、Familyプランメンバー全員がアカウント情報をアプリで作成し、複数のデバイスに保存できるため、SpotifyAmazonオンラインバンキングオンライン授業など、よく使うサイトやアプリに簡単にログインできるようになる。WindowsMaciOSAndroid 用のアプリが用意されているため、デバイスの種類を問わず、どこからでもログインできる。

     Dropbox Vaultは、各メンバーの重要なファイルをより厳格に保護するための機能。家計簿を付けるための銀行の明細書、大学の願書、転職先に提出する身分証、不動産関連の書類など、さまざまなファイルを整理して簡単にアクセスできるという。また、緊急時に自分のVaultアクセスできるメンバーを1人指定できる。

     その他、パソコンバックアップ機能や、写真をバックアップできる「カメラアップロード」機能、Facebookとの連携機能を搭載する。

     Familyプランの料金は年間登録で月額2200円から。Dropbox Plusライセンス2つ分よりも安価な料金で、Plusの全機能を利用できるという。

    Dropbox、家族向け新プラン「Dropbox Family」の提供を開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Dropbox、家族向け新プラン「Dropbox Family」の提供を開始


    これ使ってみたくなるサービスですね!!


    『日常』から『非日常』へ。革製品専門ブランド【TRACUS(トラッカス)】

    <このニュースへのネットの反応>

    【Dropbox、家族向け新プラン「Dropbox Family」の提供を開始】の続きを読む

    このページのトップヘ