ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 格安SIM


    【元記事をASCII.jpで読む】

     “サブブランド”と呼ばれるUQ mobileY!mobileの主力プランにおいて、通信量超過後の速度が最大1Mbpsとなった。両社は6~7月にかけてプランの内容を改定、1Mbpsで使い続けられれば使い方によっては容量無制限のような感覚になる。プラン内容が変化したサブブランド2社を比べてみた。

    サブブランド同士で競争
    大容量プランの容量超過後の速度を改善

     通信量を使い切った後でも最大1Mbpsというのは、MVNO時代の楽天モバイル2017年にサブブランドに対抗すべく、「スーパーホーダイ」プランの目玉として打ち出したのが最初。楽天モバイル1Mbpsでも「データ使い放題」とうたっていた(混雑時間帯は最大300kbpsになる)。

     楽天モバイルは今年4月に開始した自社回線サービスの「Rakuten UN-LIMIT」においても、自社エリア外のauネットワーク接続時、月5GBの超過後に最大1Mbpsで通信できる点をアピールしており、これに対抗すべく、UQ mobileY!mobileも追従してきた形だ。

     その楽天モバイルはともかく、UQ mobileY!mobileについては料金やサービスも一見横並びのように見える。超過後の速度が最大1Mbpsとなったのは、具体的にはUQ mobileスマホプランR」、Y!mobileスマホベーシックプランM/R」で、従来の速度制限がUQ mobileは最大300kbpsY!mobileが最大128kbpsだったのが緩和される形となる。

     最大1Mbpsの通信は意外と使える回線の太さと言っていい。低画質なら動画視聴もなんとかなる。テキスト静止画メインウェブ閲覧ならストレスを感じることはほとんどない。通信量を使い切った後も最大1Mbpsで通信ができることで、使い方によっては事実上の無制限と言ってもいいものとなっている。

     肝心の月額料金だが、UQ mobileは6月に新登場した「スマホプランR」で高速データ通信容量が月10GB、通話定額オプションを付けなければ月額2980円(以下すべて税抜、ユニバーサルサービス料別)。

     Y!mobileは既存の「スマホベーシックプラン」を改定して、これに対抗。7月以降、Mは高速データ通信容量を月9GBから月10GBへと増量。Rは従来どおり月14GBのまま、超過時の通信速度を高速化した。

     なお、Y!mobileの料金には1回10分までの国内通話定額を含んでおり、Mが月3680円、Rが月4680円となる。しかも、加入から半年間については、月700円が割り引かれ、通話定額がセットでありながらUQ mobileと同額で提供される。

     半年経過後は、両社とも1回10分までの通話定額を組み入れた場合で、月10GBの高速データ通信、超過後の1Mbps通信で月額3680円と横並びになる。

    似たような料金、サービス内容も
    実は細かな違いがあるUQ mobileY!mobile

     1回10分までの通話定額、月10GBの高速データ通信、超過後の1Mbps通信とした場合に横並びとなる両社だが、細かなところまで見ていくと結構な違いがある。

     UQ mobileが有利なのは、通話定額がオプションなので必要なければ月2980円にできること。そして使わなかった高速データ通信量は翌月まで繰り越せることだ。

     Y!mobileが有利なところは容量がさらに大きい月14GBのプランが選べることと、既存のスマホベーシックプランMやRを使っているユーザーは、何も手続きしなくても超過後に1Mbpsとなる新プランが7月から適用されていることだ。

     そのほか、Y!mobileではYahoo!プレミアムが無料で利用できるほか、月500円かかる「Enjoyパック」のオプションを追加すると毎月500円のクーポンと500円分のデータ量、PayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOでのポイント増量などの特典がある。

     以前は両社の違い点のひとつだった時間制限のない通話定額オプションについても、昨年12月についにUQ mobileも導入。1回10分までの国内通話定額から、さらにプラス1000円で時間制限が無くなるのは同じで、横並びになっている。

     また、高速データ通信容量は両社ともに約1年間のデータ増量が実施されているが、UQ mobileでは定額通話オプションの加入とau ID登録が条件になって一歩後退。

     そして、高速データ通信の増量分は同じでも適用に違いがある。Y!mobile500MBごとに手動または自動でチャージする必要があり、キャンペーン分の増量だけ無料になるが有効期限は月内のみ。

     一方、UQ mobileは手動でデータ容量の購入が必要で、キャンペーン分だけ請求時に料金が差し引かれる仕組みだ。こちらチャージから90日間が有効期限なので、使わなければ月ごとに通信量の変動が多少あっても吸収できる。

    スマホによっては、どちらか一方しか利用できないことも

     サービスが拮抗している両社だが、筆者が大きな違いと思っているのは、使用するスマートフォンに違いが出てしまうこと。最新の国内向けSIMフリースマートフォンの大半やSIMロック解除ずみのiPhoneであれば違いは無いが、通信事業者が販売した機種をそのまま使う「SIM替え」で利用する場合やスマートフォンの対応によってはどちらかを選ぶしかなくなる。

     具体的にはUQ mobileはauのネットワークを使うため特に800MHz帯でバンド18/26に対応することが使いやすさに大きく関わってくるほか、音声通話はいわゆる「au VoLTE」に対応した機種が必要になる。一部のSIMフリー機では通話ができないほか、エリアが著しく制限されることもある。

     一方のY!mobileソフトバンクネットワークのため、プラチナバンドにはバンド8で対応している。世界的に対応機種が多いほか、通話についてもVoLTEでなくても可能なので使える機種は多い。また、最近はXperiaなどソフトバンク仕様のスマートフォンの安値放出品をよく見かけるが、Y!mobileならネットワークとのマッチングも問題ない。

     反対にSIMロックに関してはUQ mobileが有利になる。対応は複雑なので、詳しくは両サービスの対応表を参照してほしいが、具体的な例として、auで販売されたiPhone 11はSIMロック解除なしでUQ mobileで利用できるが、ソフトバンクで販売されたiPhone 11はSIMロック解除しなければY!mobileで使えないことになっている。Y!mobileのほうが全体的にSIMロック解除の必要性が高く、扱いが面倒なのだ。

     そして、Y!mobileSIMは種類があり、iPhone用のSIMを発行してもらうと、指定のiPhoneでしかネットワークとつながらないことがある“逆SIMロック”がある。端末について注意が必要なのがY!mobileなのだ。

    特価やキャンペーンを狙うならどうすればいい?

     実際に加入するとなった場合、コストに差がつくことがある。月額利用料などは誰がどこで加入しても同条件でサービス提供されるが、加入時の特典については申込みする販売店によって大きく差が出てくるからだ。

     以前なら回線加入時にはスマートフォンを大きく値引きして提供してくれることが多かったが、通信契約と端末販売が分離された現在では、回線加入、つまりSIMだけでも開通するだけでなんらかの還元がある方向にシフトしている。

     Y!mobileは以前からのSIMだけの開通でも一部の店では特典があったが、通信の端末の分離後はより多くの店でSIMだけ開通の場合でも大きな特典が用意されていることが多くなった。公式ウェブサイトからのネット申し込みでもSIMだけでの開通の場合は6000円または3000円のPayPayボーナスプレゼントされる。

     UQ mobileは公式ウェブサイトからネット申し込みでキャッシュバックがされるようになり、MNPなら1万円、通常の新規契約なら3000円が後日振り込まれるようになった。しかし、店頭ではSIMだけ加入した場合の特典があまり見かけない。

     現在の傾向ではネットで開通するよりも店頭のほうが特典が高額なことが多いため、UQ mobileで恩恵が受けにくいのは残念。救いはUQ mobileが販売するスマートフォンラインナップには人気のSIMフリースマートフォンSIMフリーのまま提供されることもあり、欲しい機種や購入時期が合致すればお得になることもある。

    既存ユーザープラン刷新の恩恵は受けにくい

     ここまでは新規で加入する場合の両社の比較だが、既存ユーザーはどうなるのかというと意外に厳しいことになる。まず、2019年10月以降に契約しした場合は、UQ mobileの「スマホプラン」やY!mobileの「スマホベーシックプラン」ともに、契約期間などが撤廃されているのでプラン変更は自由に可能だ。

     まだ多数を占めているであろう、2019年9月までのプランUQ mobile「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」、Y!mobileスマホプラン」など)で加入した人はどうか。これらのプランは通常2年契約前提だったので、契約解除料なしに新プランに変更するためには最初の2年契約を過ぎる必要がある。それまで旧プランのままで今回紹介した通信量を使い切ってからでも最大1Mbpsという恩恵は受けられない。

     解除料なしに新プランに変更したい場合、Y!mobileでは端末購入がともなう機種変更なら新プランに解除料なしで変更できるが、UQ mobileはそれは不可能

     どうしてもというのであればば、いっそのこと加入時の特典をあてにしてUQ mobileユーザーY!mobileへ、Y!mobileユーザーUQ mobileMNPで転出するのもありだろう。前述のようにSIMロックを解除した最近のiPhoneや、最新SIMフリー機のほとんどなら両対応するので契約してSIMを差し替えるだけ。端末をそのまま使うのでデータの移行もほぼ必要ない。

    手持ち端末を確認したり、店で特典を確認したりして
    オトクで失敗のない選択を

     細かな違いはあるものの、UQ mobileY!mobileの提供サービスは全体的に似ている。持っているスマートフォンの対応の可否だけはどうしようないが、それ以外の違いがあまり気にならず、迷うようなら手持ちの端末で使えるかどうかや加入時の特典の差などで選んでしまってもよいだろう。

     そして、今回注目の容量超過しても1Mbpsで通信できる大容量プランのほか、容量超過時の速度は遅くなってしまうが月3GBのプランも通話定額や複数回線の割引を考えればオトクになる条件は揃っている。自分に合ったコスパのいい回線を選択してほしい。

    通信量を使い切っても最大1MbpsのUQ mobileとY!mobileを比較した


    (出典 news.nicovideo.jp)

    通信量を使い切っても最大1MbpsのUQ mobileとY!mobileを比較した

    これお得なのはわかりますが、
    ちょっと勉強しないとわからないこと多いですね!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【通信量を使い切っても最大1MbpsのUQ mobileとY!mobileを比較した】の続きを読む


    Y.U-mobile 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:鹿瀬島礼、以下「当社」)は、当社が提供するMVNOサービス 『y.u mobile』を初めてご契約いただいた方へ、15,000円をキャッシュバックするお得なキャンペーンを本日より開始いたします。

    ■15,000円キャッシュバックキャンペーン

    公式サイトでのお申し込みから1年間ご利用いただいた方に、15,000円をキャッシュバックいたします。
    公式サイト(URLhttps://yumobile.jp/

    <キャンペーン概要>
    ●対象者:シングルプランまたはシェアプランの音声通話SIMを初めてお申し込みいただいた方
    ●受付期間:2020年7月1日(水)~2020年11月30日(月)
    ●特典:利用開始月から起算して 13か月目に、15,000円(不課税)をキャッシュバック
    ●キャッシュバック適用条件
    ・お申し込み月の翌月末日までに本サービスが利用開始に至っていること
    ・キャッシュバック送付月の1日時点で本サービスを継続利用していること
    ・キャッシュバック受け取り手続きをすること
    ●注意事項
    ・本キャンペーンの内容については当社判断により、予告なく変更、終了する場合があります。
    ・本キャンペーンの特典は、音声通話SIMのご契約名義お一人様につき1回限りとさせていただきます。
     同一名義で複数プランにお申し込みいただいた場合や、シェアプランにおいて複数SIMをお申し込みいただいた場合等も、キャッシュバックは1回となります。
    マイページからの追加SIM契約は本キャンペーンの対象外となります。
    ・キャッシュバック送付月の1日までに本サービスを解約された場合、または料金の未払いがあった場合は、対象外となります。
    ・他のキャンペーンとの併用はできません。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------
    <会社概要>
    Y.U-mobile株式会社https://yumobile.co.jp
    USEN-NEXT HOLDINGSとヤマダ電機が共同で設立したMVNO事業の運営を行う会社です。
    本社所在地:東京都品川区上大崎三丁目1番1号 目黒セントラルスクエア
    事業内容:MVNOサービスの運営及び提供
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------
    プレスリリースに掲載されている内容・情報は、発表時点の情報です。
    その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

    配信元企業:Y.U-mobile株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    『y.u mobile』 15,000円キャッシュバックキャンペーンを開始


    これ名前がややこしいキャリアですね!!笑

    間違えそう!!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【『y.u mobile』 15,000円キャッシュバックキャンペーンを開始】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。今回は格安SIMの通話定額についてのまとめと総務省の資料から見られる動きについて紹介する。

    格安SIMの通話定額は月800円程度で1回10分まで定額が定番
    ただし、定額にするには専用アプリが必要

     ドコモ/au/ソフトバンクといった主要キャリアでは定番となっている国内通話定額。格安SIMではオプションとして追加するのが一般的だ。登場当初はサービスに若干の差があったものの、最近では月800円程度で1回10分までの国内通話は定額、超過分は30秒あたり税抜10円でほぼ横並びとなっている。

     少し変わったところでは「OCN モバイル ONE」。「トップ3かけ放題」(税抜月850円)は、上位3つの電話番号への通話が定額に。長電話は実家の親や会社のみという人には便利なサービスだろう。IIJmioは同じIDで契約している家族間の通話は定額で利用できる時間が長くなっている。また、楽天モバイルの自社回線サービスでは、税抜月2980円の料金(現在は1年無料)に時間制限無しの国内通話定額も含まれている。

     一方で格安SIMの通話定額には弱点もある。それがスマホ標準の通話アプリではなく、各サービス専用の通話アプリの利用が前提になること。格安SIMの通話定額や安価な通話料は、途中でキャリアとは異なる通信会社が提供する中継回線を経由することで実現しており、その接続のために通常の電話番号の前に6~8桁の番号(プレフィックス番号)を追加して発信する必要がある。専用の通話アプリはこの作業を自動化するものだ。つまり、スマホ標準の機能を普通に使うだけでは(着信履歴からの発信など)、自動的に定額にならないので、利便性の面ではどうしても見劣りする。

     その状況に今後変化が生じる可能性がありそうだ。その動きが見えるのが、6月12日に公表された総務省の資料(https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01shingi02_01000030.html)。これは昨年11月に日本通信が、NTTドコモとの音声卸契約に関する協議で総務大臣裁定を求める申請を行なったことから始まる。

     ドコモによる音声通話サービスの卸条件は長期にわたり、基本料金、通話料に変更がない。一方でその間、主要キャリアは国内通話定額を開始。格安SIMは音声通話サービスにおいて、相対的に競争力が低下している。そこで日本通信は、「適正な原価+適正な利潤」という形で接続料が設定されているデータ通信と同じく、「音声通話サービス」「ドコモが提供している通話定額」についても同様の形で設定された料金でMVNOに卸提供する裁定を求めた。

     その結果は後者については却下。しかし、前者については日本通信の主張を認める裁定を行ない、総務省の電気通信事業紛争処理委員会の答申書でも妥当とされた。一方でその答申書では、ドコモが自社交換機でプリフィックス番号を付与するように改修可能という提案をしたことを紹介。この方法などで、サービスの代替が有効に機能していると認められる場合は、今回の裁定ではなく、再協議することが適当とされている。

     実際にドコモがこうしたサービスMVNOに提供するのかについては不明だが、格安SIMの通話定額で専用アプリが不要になるなど、利便性が大きく変化すると考えられるだけに今後の動きに注目したい。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:12~13時、18~19時は最大300kbps
    ※2:楽天会員は1年間、月1500円が割引される
    ※3:「スマホプランデータ増量キャンペーン」適用時(通話オプション追加が条件で1年間適用)。以降はそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※4:「データ増量無料キャンペーン2」適用時(1年間は無料で適用、以降は月500円)。非適用ではそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※5:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※6:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】格安SIMの通話定額で専用アプリが不要になる可能性!?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】格安SIMの通話定額で専用アプリが不要になる可能性!?

    私もこれ使ってますが、専用アプリ慣れるまで時間かかりました!

    特に不在着信時の折り返しが大変笑

    これ無くなれば最高ですね!!









    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】格安SIMの通話定額で専用アプリが不要になる可能性!?】の続きを読む



    よくばりWiFi は契約すべき?

    画像提供:ネットライフ研究所

    よくばりWiFiは、通信量無制限が特徴のモバイルWi-Fiサービスです。

    よくばりWiFiの契約メリット
    • 月額料金・2年間の実質費用が安い
    • 速度制限がないので容量を気にせず使える
    • 端末が即日発送ですぐに使える
    • 海外でもそのまま使える
      クリックで各項目にジャンプします)

    一方で、注意点として光回線ほどの速度がでないこと、支払い方法がクレジットカードのみなことが挙げられます。

    この記事ではよくばりWiFiの契約メリットデメリット、評判、契約までの流れまで詳しく解説しますので、モバイルルーターの契約を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね

    <よくばりWiFiの基本情報>
    月額料金
    • 1~2か月目:無料
    • 3か月目~:3450円
    通信制限 著しくネットワークを専有するレベルの大容量通信時のみ
    契約期間 2年間
    初期費用 3800円
    端末代金 無料
    支払い方法 クレジットカード
    利用する電波 ソフトバンク

    2020年6月情報
    ※料金は税抜


    \6,000円キャッシュバック実施中/よくばりWiFiの詳細はこちら (さらに…)
    【徹底解説】よくばりWiFiは契約すべき?利用者のレビューからメリット・デメリットまで紹介!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【徹底解説】よくばりWiFiは契約すべき?利用者のレビューからメリット・デメリットまで紹介!

    これいいですね!!

    今もテレワークで需要多いでしょうが!笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【【徹底解説】よくばりWiFi 利用者のレビューからメリット・デメリットまで紹介!】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     ファーウェイジャパンは、同社のSIMフリースマホHUAWEI nova lite 3+」をBIGLOBEモバイル6月26日から販売することを公表した。

     HUAWEI nova lite 3+は、昨年リリースされた「HUAWEI nova lite 3」の後継機にあたり、メモリーとストレージが4GB/128GB(nova lite 3は3GB/ 32GB)と増量されたバリエーションモデルという扱いにより、Google Playグーグルアプリも利用できるGMSGoogle Mobile Services)端末となる。

     そのほか主なスペックは、6.21型液晶(1082340)、13メガ+2メガカメラ(イン8メガ)、3400mAhバッテリーAndroid 9(EMUI 9.1)など。カラバリはオーロラブルーミッドナイトブラックの2色。

     MVNOではIIJmioHUAWEI nova lite 3+を含むファーウェイ端末、OPPO端末、シャオミ端末の取り扱い開始を発表している。今回発売されるのは「HUAWEI P40 Pro 5G」「HUAWEI P40 lite 5G」「HUAWEI lite E」「HUAWEI nova lite 3+」「OPPO Reno3 A」「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」の各モデルIIJmioの音声SIMの同時契約時、契約者が購入した場合のギフト券プレゼントについても一部機種で用意されている。

     
    BIGLOBE、「HUAWEI nova lite 3+」を販売 IIJmioも


    (出典 news.nicovideo.jp)

    BIGLOBE、「HUAWEI nova lite 3+」を販売 IIJmioも





    <このニュースへのネットの反応>

    【BIGLOBE、「HUAWEI nova lite 3+」を販売 IIJmioも】の続きを読む

    このページのトップヘ