ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 格安SIM


     家計の大きな負担になっているといわれる、携帯電話スマートフォンスマホ)の通信料金の値下げに向け、総務省は「eSIM」の普及を図るという。この総務省の指針を見越してか、端末に依存せずにeSIMサービスを提供している2社の一つ、楽天モバイルは今年10月12日申込み分から、これまで1回税別3000円を請求していたSIM交換・eSIM再設定手数料を無料化した。

    画像付きの記事はこちら

     とはいえ、そもそもeSIMとは何かよく分からない人が多数だと思われるので、改めて説明しよう。今年1月に掲載した「年末には誰でも説明できる? 2020年の注目ワード3選『eSIM/WLTC/Wi-Fi 6』」もあわせてお読みいただきたい。

    ・年末には誰でも説明できる?

     2020年の注目ワード3選「eSIM/WLTC/Wi-Fi 6」

    https://www.bcnretail.com/market/detail/20200121_154669.html


    ●SIMカードの抜き差し不要 機種変更が楽になるeSIM



     eSIMは、embedded(組み込み)SIMの略称。IIJ楽天モバイルのほか、NTTドコモも「キッズケータイ SH-03M」「ワンナンバーフォン ON 01」など、eSIM専用端末に限り、eSIM形式でサービスを提供している。

     iPhone 12/11シリーズiPhone SE(第2世代)、iPad Pro Wi-FiCellularモデルSIMフリー版)など、AppleのeSIM対応製品の場合、SIMカードとeSIMの二つの通信サービスを利用できる仕様なので、電話とデータ通信で異なる通信事業者を利用し、通信料金の合計を抑えるといった活用も可能だ。なおこの設定の場合、請求は二つに分かれる。

     用途・データ残量に応じた使い分けなど、使いこなしに知識が必要なeSIMの普及は、正直かなりハードルが高いと思われるが、もし、大手3キャリアが楽天モバイル同様、手数料完全無料でeSIMサービスを提供するなら、少なくとも、販売中の「 Google Pixel 5」「Google Pixel 4a」「Rakuten mini」「Rakuten BIG」、海外発表の「Galaxy Z Fold2」など、増えつつあるeSIM対応のSIMフリーAndroidスマホの初期設定が楽になり、事務手数料分だけ確実に負担は現状より下がる。

     またeSIMなら、機種変更時など、別のスマホに本人自身がSIMカードを差し替えるにあたり、作業中のカード紛失・逆方向にカードを差し込んだための動作不良(取り出し不可)といった理由でキャリアショップに駆け込む必要がなくなるので、オンラインショップでのスマホ購入が心理的に楽になるのは間違いない。eSIMの普及によって、現状の来店型ショップ・窓口運営の効率化による間接的な通信料金値下げは、確かに期待できそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)
    個人向けにeSIMサービスを提供するMVNOのIIJ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    携帯料金の値下げにつながるかもしれない「eSIM」とは?



    eSIM使いたいですね!!


    コンセントに繋ぐだけの簡単Wi-Fi【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【携帯料金の値下げにつながるかもしれない「eSIM」とは?】の続きを読む


    ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野島 亮司)は、MVNOサービスNifMo」の端末ラインアップとして、ASUSSIMフリースマホZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」を追加し、本日10月21日(水)から申し込み受付を開始します。
    ■「ZenFone 7」について

      ZenFone 7
    ○特長
    ・圧倒的な超画質を誇る電動駆動のフリップカメラを搭載
    ・ベゼルレスデザインで画面占有率驚異の92%、有機ELで鮮やかな発色を
    カラー
     オーロラブラックパステルホワイト
    ○価格(税抜)
     新規申込:税抜80,800円機種変更:77,800円
    ○製品詳細ページ
     https://nifmo.nifty.com/cs/smp-info/new-detail/201014000417/1.htm


    ■「ZenFone 7 Pro」について
     ZenFone 7 Pro

    ○特長
    OIS(光学式手振れ補正)に対応し、ROM256GBに増加した上位モデル
    ・現行最高峰のSoC「Snapdragon 865 Plus」搭載
    カラー
     オーロラブラックパステルホワイト
    ○価格(税抜)
     新規申込:94,800円機種変更:91,800円
    ○製品詳細ページ
     https://nifmo.nifty.com/cs/smp-info/new-detail/201014000418/1.htm

    ○販売場所
    ・「NifMo」公式サイト:https://nifmo.nifty.com/
    ・電話窓口:@niftyお申し込み受付デスク 0120-50-2210
          (毎日9:0021:00 携帯電話 着信可)

    当社は、 「ニフティとなら、きっとかなう。With Us, You Can.」というコーポレートメッセージのもと、安心・安全に利用できるネットワーク環境とお客様の生活に役立つサービスの提供に努めていきます。

    ※ 製品名、サービス名などは各社の商標または登録商標です。
    ※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。

    配信元企業:ニフティ株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ニフティ、MVNOサービス「NifMo」の端末ラインアップに、「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」を追加

    これいいサービスですね!!

    【SoftBank光】最大50,000円キャッシュバック

    <このニュースへのネットの反応>

    【ニフティ、MVNOサービス「NifMo」の端末ラインアップに、「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」を追加】の続きを読む


    ついにワイモバイルUQ mobileの後追いに回りました。詳細は以下から。

    ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2020年10月14日に「スマホベーシックプランS」を改定するそうです。

    プランでは月間3GB(キャンペーン適用時は4GB)を超過すると通信速度が128Kbpsに引き下げられていましたが、10月14日からは料金据え置きで300kbpsに増速。すでに契約中のユーザー2021年3月末(予定)までに順次増速されるとしています。

    10月14日以降のプラン一覧。UQ mobileとの違いはカウントフリー300kbpsないし1Mbpsデータ通信に好きなタイミングで切り替えられる「節約モード」と、10分以内の通話定額の有無です。

    コメントを見る

    【ワイモバイルが通信量超過時の通信速度を300kbpsに、ようやくUQ mobileに対抗も異なる部分も】を全て見る

    ワイモバイルが通信量超過時の通信速度を300kbpsに、ようやくUQ mobileに対抗も異なる部分も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ワイモバイルが通信量超過時の通信速度を300kbpsに、ようやくUQ mobileに対抗も異なる部分も

    これ最高ですね!!


    国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

    <このニュースへのネットの反応>

    【ワイモバイルが通信量超過時の通信速度を300kbpsに、ようやくUQ mobileに対抗も異なる部分も】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が広がり、「新しい生活様式」や「ニューノーマル」として定着してしまった。そうなると見直したいのがスマートフォンの料金プラン。家に固定回線がなければ大容量、固定回線があるなら小容量の使い勝手のよい回線が求められる。そこで、家ごもりの人に向けた格安SIMを考えた。

    自宅に固定回線がなく、大容量が必要なら
    やはり3大キャリア、プラス楽天モバイル

     まず、月30GBを超えるような大容量が必要なら、3大キャリアのプランコストや品質の面からオススメとなる。料金的に格安SIMメリットがなくなってくるほか、固定回線代わりに使うなら、どの時間帯でも比較的安定した通信ができていることも重要で、そうなれば3大キャリアしかないだろう。

     なかでも、ドコモは「5Gギガホ」という、終了時期未定のキャンペーン期間中は無制限で使えるプランが用意されている。5G対応のドコモ端末を用意する必要があるが、一足早く5Gを試してみたいのなら、選ばない手はないだろう。月額料金は複数回線による割引など一切ない状態で7480円(税抜、ユニーバーサルサービス料は別途で以下同じ)となる。

     5Gギガホ以外では、月50~60GB程度のプランは3キャリアとも月6980~7480円程度で提供されている。今回は自宅に固定回線が無い前提なので、固定回線がセットによる割引は無関係となる。つまり、広告などで大きく掲載されている、各種割引が最大限適用された金額とはかなり離れるので注意が必要。それでも、格安SIMには同種のプランは用意されていないか、あってもオトク感はないので、このクラスデータ通信を使うのであれば、3大キャリアを選ぶしか無いだろう。

     もし、楽天モバイルエリア内であれば「Rakuten UN-LIMIT」という選択肢もある。楽天エリア内はデータ通信使い放題で月2980円、しかも今なら加入から1年間は無料のキャンペーン期間中。楽天モバイルだけに依存するのは心配というのなら、サブ回線として使うのもいいだろう。

    テレワークで通信量が激減した人は小容量プラン

     固定の光回線などがある家庭では、自宅にこもるようになってからモバイル回線での通信量は激減しているはず。「新しい生活様式」が定着しつつある今、本格的にプランの見直しをする時期かもしれない。

     また、海外への移動が事実上制限されている状態では、国際ローミングはなくても問題ないかも。海外での利用が有利であるために、3大キャリアを選んでいた人もその必要はなくなる。

     逆にGOTOキャンペーンなど、国内旅行の盛り上がりも一部ではあるほか、ワーケーションといった試みも進んでいる。そうなると、ただ単に小容量のプランにしてしまうと、いざ外出が必要になったときに困ることになる。プラン変更で対応できる場合もあるが、その場合は基本的に月単位となるため対応が難しい。

     そういう条件を満たすのは、基本は小容量としながらも、使った分だけ支払うプランがいいと思われる。その条件を満たすのはものを探すと3大キャリアであれば、段階制の「ギガライト」「新auピタットプランN」「ミニフィットプラン」が向いていると思うかもしれない。しかし、これらのプランは使った月と使わなかった月の差が一気に数千円差となるほか、通信量の上限も月5~7GBで、その先はさらに割高な追加料金を払う必要がある。

    3大キャリアの各プランデータ利用量に応じた請求額

    ※単独回線で固定回線割引なしの費用
    ソフトバンクは最初の6ヵ月間の費用、7ヵ月目以降は1000円プラス

     もし、月2980円を払っていいのなら、UQ mobileの「スマホプランR」であれば、月10GBが付与されて、それを使い切った後も最大1Mbpsで使える。Y!mobileの「スマホベーシックプランM」はUQ mobileと同じ月10GBに加えて、1回10分までの無料通話まで付いてきて最初の6ヵ月間は2980円だ(以降は月3680円)。

     しかし、月2980円、月10GBでも高い・多いという人もいるかもしれない。UQ mobileY!mobileはさらに下のプランもあるが、これは通信量を使い切ると、速度制限が厳しいタイプ。普段は料金を安く済ませることができ、通信量が多くなったときも比較的手頃に増量できるタイププランは、MVNO格安SIMであればいくつかある。

    ほとんど使わなければ月480円というプラン
    電話かけ放題で容量も柔軟なプランも登場

     まず、IIJmioから8月に登場した「1GB従量制プラン」は、月480円という金額を前面に出したプラン11月7日までのキャンペーンでは加入から6ヵ月、1GBのデータ通信と音声通話がついて月480円、この期間は1回10分までの通話定額オプションも無料だ。なお、7ヵ月目以降は月1180円で、無料通話オプションも有料(月830円)。

    格安SIMの各プランデータ利用量に応じた請求額

    IIJmioの従量制プランは最初の6ヵ月間の費用、7カ月目以降は700円プラス ※y.u mobileは容量とチャージ分を無期限で繰り越し可能。10GBチャージの割引もあり

     また、プラン名からもわかるように1GBごとに料金が上がっていく従量制だが、最初の1GBのみ220円、以降は1GBあたり200円と、比較的安く大容量を使うことができる。また、上限値はIIJmioウェブサイトからあらかじめ設定しておくことが可能で、使い過ぎを防ぐことができるし、月途中でもその上限値は変更できるので、料金を見ながらの対応が可能だ。

     次にテレワークなどで通話が爆発的に増えてしまいそうな人には、7月に登場した日本通信「合理的かけほプラン」も注目。月2480円で国内通話がかけ放題、MVNO格安SIMにありがちな専用アプリやプリフィックス番号を付けての発信が強いられることもなく、普通に電話をしてもかけ放題となるプランだ。

     データ量についても基本は月3GBだが、1GBあたり250円プラスで最大30GBまで利用できる。こちらもIIJmioと同じく、あらかじめ上限値を自由に設定できて、月途中でもその上限は自由に変更可能。完全定額通話が付いていることを考えれば、かなりお得に利用できそうだ。ほぼ同じサービスは、HISモバイル「格安かけ放題プラン」でも提供されている。

     また、最近登場した格安SIMには、追加チャージが割安なものが多い。昨年11月に登場したOCN モバイル ONEの新コースでは1GBあたりの追加チャージが500円。今年3月開始のy.u mobileは1GBあたり300円。上記のIIJmioや日本通信には及ばないにしろ割安だ。

     なお、y.u mobileは容量が少ないプランが出ているわけではないが、通信量が無期限繰り越しという特徴がある。3GBのプランで2GBしか使わずに半年経過すれば、6GBぶんの繰り越しが発生する計算で、突然多く使う機会があっても安心だ。

    データ専用のサブ回線という方法も! こちらは月180円~

     メインで使う回線のプランを変更するだけでなく、データ用にサブ回線を用意する方法もある。月の途中で通信量が必要になってもすぐ対応できる回線はあまり多くないなか、日本通信の「190PadSIM」はデータ専用回線で、月190円から維持できることが特徴。

    サブ回線向けに使えるデータSIMと利用量ごとの請求額

    Rakuten UN-LIMITは最初の1年間は無料、楽天回線エリア以外の利用は月5GBまで

     190円で利用できるのは月100MBまでで、それ以降は1GBで480円、3GBで850円と使用量に応じて料金が上がっていく。上限は15GBの月3280円で、上限設定も可能なので、使い過ぎも防げる。HISモバイル「ビタッ!プラン」も、課金単位が違うだけで似たような料金で利用できる。こちらは最低月180円で上限が30GB。

     サブ回線はモバイルルータや2台目のスマートフォンで利用するほか、2枚のSIMが挿入できるDSDV対応スマートフォンなら、さらに便利に使える。

    長期契約の縛りもない時代、柔軟に乗り換えが吉となる可能性

     「新しい生活様式」のもとでは通信量が大きく変化したという人は多いはず。料金プランの変更だけならまだしも、キャリアを乗り換えたり、新たにデータ通信用のサブ回線を設けたりするのはなにかと面倒と思うかもしれない。しかし、今ではショップに行かなくてもネットや電話を使って完了することが多いし、想像よりもハードルは低い。

     また、今では以前のような長期契約の縛りは小さくなっている。乗り換え後に再度乗り換えたり、元のキャリアに出戻ったりしても大きな負担なくできるようになった。

     今、MVNO格安SIM乗り換え、来年以降に海外出張などが生じても、必要があればすぐに3大キャリアに乗り換えればいいのだ。半年間でも料金を抑えれば費用差は大きいし、再加入のときの端末購入で割引が受けられる可能性もある。

     今までキャリア乗り換えをしたことのない人でも、現在の状況はいいタイミングという可能性がある。ぜひ手間や手数料などを踏まえて、必要とあれば乗り換えを検討してほしい。

    在宅が多くなってデータ利用量が極端に減った人に向いた格安SIMを探した


    (出典 news.nicovideo.jp)

    在宅が多くなってデータ利用量が極端に減った人に向いた格安SIMを探した

    これ私もそうでした。
    テレワークで自宅にいてるとほとんどデータ使わなくなりましたもんね!!

    今は通常に戻ってますが笑


    安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

    <このニュースへのネットの反応>

    【在宅が多くなってデータ利用量が極端に減った人に向いた格安SIMを探した】の続きを読む


     格安スマホブランドUQ mobile」を展開するUQコミュニケーションズ9月28日スマートフォンなどを分割払いで契約したユーザーのうち、支払いが遅れたユーザーの信用情報を誤って登録していたと発表した。最大で1万2176人の割賦契約やクレジット契約に影響が及んだ可能性があるという。

    【その他の画像】

     影響があった可能性があるのは、2018年1月から20年9月までの間に毎月の割賦代金の支払い遅延があったユーザー。通常、支払いの遅延が3カ月以上あった場合に指定信用情報機関のシー・アイ・シー(CIC)へ情報を登録しているが、この期間中は遅延が3カ月未満であってもCICへ誤って登録してしまっていたとしている。

     これにより、誤登録を受けたユーザーがCICの加盟会員会社と割賦契約やクレジット契約を結ぼうとする際に、与信判断に悪影響が生じた可能性があるという。

     誤登録に関しては9月20日に修正を完了した。対象となっていた可能性のあるユーザーには29日から案内を送付する。補償については「現在のところこれといったものはない」(同社)としており、「個別にUQお客さまセンターへ連絡してほしい」としている。

    UQコミュニケーションズの発表文


    (出典 news.nicovideo.jp)

    UQ mobile運営会社で支払い情報の登録事故 1万人以上の与信に影響か


    これ怖いですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【UQ mobile運営会社で支払い情報の登録事故 1万人以上の与信に影響か】の続きを読む

    このページのトップヘ