ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 格安SIM


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。今回は格安SIMの通話定額についてのまとめと総務省の資料から見られる動きについて紹介する。

    格安SIMの通話定額は月800円程度で1回10分まで定額が定番
    ただし、定額にするには専用アプリが必要

     ドコモ/au/ソフトバンクといった主要キャリアでは定番となっている国内通話定額。格安SIMではオプションとして追加するのが一般的だ。登場当初はサービスに若干の差があったものの、最近では月800円程度で1回10分までの国内通話は定額、超過分は30秒あたり税抜10円でほぼ横並びとなっている。

     少し変わったところでは「OCN モバイル ONE」。「トップ3かけ放題」(税抜月850円)は、上位3つの電話番号への通話が定額に。長電話は実家の親や会社のみという人には便利なサービスだろう。IIJmioは同じIDで契約している家族間の通話は定額で利用できる時間が長くなっている。また、楽天モバイルの自社回線サービスでは、税抜月2980円の料金(現在は1年無料)に時間制限無しの国内通話定額も含まれている。

     一方で格安SIMの通話定額には弱点もある。それがスマホ標準の通話アプリではなく、各サービス専用の通話アプリの利用が前提になること。格安SIMの通話定額や安価な通話料は、途中でキャリアとは異なる通信会社が提供する中継回線を経由することで実現しており、その接続のために通常の電話番号の前に6~8桁の番号(プレフィックス番号)を追加して発信する必要がある。専用の通話アプリはこの作業を自動化するものだ。つまり、スマホ標準の機能を普通に使うだけでは(着信履歴からの発信など)、自動的に定額にならないので、利便性の面ではどうしても見劣りする。

     その状況に今後変化が生じる可能性がありそうだ。その動きが見えるのが、6月12日に公表された総務省の資料(https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01shingi02_01000030.html)。これは昨年11月に日本通信が、NTTドコモとの音声卸契約に関する協議で総務大臣裁定を求める申請を行なったことから始まる。

     ドコモによる音声通話サービスの卸条件は長期にわたり、基本料金、通話料に変更がない。一方でその間、主要キャリアは国内通話定額を開始。格安SIMは音声通話サービスにおいて、相対的に競争力が低下している。そこで日本通信は、「適正な原価+適正な利潤」という形で接続料が設定されているデータ通信と同じく、「音声通話サービス」「ドコモが提供している通話定額」についても同様の形で設定された料金でMVNOに卸提供する裁定を求めた。

     その結果は後者については却下。しかし、前者については日本通信の主張を認める裁定を行ない、総務省の電気通信事業紛争処理委員会の答申書でも妥当とされた。一方でその答申書では、ドコモが自社交換機でプリフィックス番号を付与するように改修可能という提案をしたことを紹介。この方法などで、サービスの代替が有効に機能していると認められる場合は、今回の裁定ではなく、再協議することが適当とされている。

     実際にドコモがこうしたサービスMVNOに提供するのかについては不明だが、格安SIMの通話定額で専用アプリが不要になるなど、利便性が大きく変化すると考えられるだけに今後の動きに注目したい。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:12~13時、18~19時は最大300kbps
    ※2:楽天会員は1年間、月1500円が割引される
    ※3:「スマホプランデータ増量キャンペーン」適用時(通話オプション追加が条件で1年間適用)。以降はそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※4:「データ増量無料キャンペーン2」適用時(1年間は無料で適用、以降は月500円)。非適用ではそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※5:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※6:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】格安SIMの通話定額で専用アプリが不要になる可能性!?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】格安SIMの通話定額で専用アプリが不要になる可能性!?

    私もこれ使ってますが、専用アプリ慣れるまで時間かかりました!

    特に不在着信時の折り返しが大変笑

    これ無くなれば最高ですね!!









    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】格安SIMの通話定額で専用アプリが不要になる可能性!?】の続きを読む



    よくばりWiFi は契約すべき?

    画像提供:ネットライフ研究所

    よくばりWiFiは、通信量無制限が特徴のモバイルWi-Fiサービスです。

    よくばりWiFiの契約メリット
    • 月額料金・2年間の実質費用が安い
    • 速度制限がないので容量を気にせず使える
    • 端末が即日発送ですぐに使える
    • 海外でもそのまま使える
      クリックで各項目にジャンプします)

    一方で、注意点として光回線ほどの速度がでないこと、支払い方法がクレジットカードのみなことが挙げられます。

    この記事ではよくばりWiFiの契約メリットデメリット、評判、契約までの流れまで詳しく解説しますので、モバイルルーターの契約を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね

    <よくばりWiFiの基本情報>
    月額料金
    • 1~2か月目:無料
    • 3か月目~:3450円
    通信制限 著しくネットワークを専有するレベルの大容量通信時のみ
    契約期間 2年間
    初期費用 3800円
    端末代金 無料
    支払い方法 クレジットカード
    利用する電波 ソフトバンク

    2020年6月情報
    ※料金は税抜


    \6,000円キャッシュバック実施中/よくばりWiFiの詳細はこちら (さらに…)
    【徹底解説】よくばりWiFiは契約すべき?利用者のレビューからメリット・デメリットまで紹介!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【徹底解説】よくばりWiFiは契約すべき?利用者のレビューからメリット・デメリットまで紹介!

    これいいですね!!

    今もテレワークで需要多いでしょうが!笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【【徹底解説】よくばりWiFi 利用者のレビューからメリット・デメリットまで紹介!】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     ファーウェイジャパンは、同社のSIMフリースマホHUAWEI nova lite 3+」をBIGLOBEモバイル6月26日から販売することを公表した。

     HUAWEI nova lite 3+は、昨年リリースされた「HUAWEI nova lite 3」の後継機にあたり、メモリーとストレージが4GB/128GB(nova lite 3は3GB/ 32GB)と増量されたバリエーションモデルという扱いにより、Google Playグーグルアプリも利用できるGMSGoogle Mobile Services)端末となる。

     そのほか主なスペックは、6.21型液晶(1082340)、13メガ+2メガカメラ(イン8メガ)、3400mAhバッテリーAndroid 9(EMUI 9.1)など。カラバリはオーロラブルーミッドナイトブラックの2色。

     MVNOではIIJmioHUAWEI nova lite 3+を含むファーウェイ端末、OPPO端末、シャオミ端末の取り扱い開始を発表している。今回発売されるのは「HUAWEI P40 Pro 5G」「HUAWEI P40 lite 5G」「HUAWEI lite E」「HUAWEI nova lite 3+」「OPPO Reno3 A」「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」の各モデルIIJmioの音声SIMの同時契約時、契約者が購入した場合のギフト券プレゼントについても一部機種で用意されている。

     
    BIGLOBE、「HUAWEI nova lite 3+」を販売 IIJmioも


    (出典 news.nicovideo.jp)

    BIGLOBE、「HUAWEI nova lite 3+」を販売 IIJmioも





    <このニュースへのネットの反応>

    【BIGLOBE、「HUAWEI nova lite 3+」を販売 IIJmioも】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、UQ mobileから先行してリリースされていた、防水・防塵&おサイフケータイ対応の「OPPO Reno3 A」について、SIMフリーでの発売が発表された。

    4眼カメラになったOPPOの防水/おサイフケータイ対応機
    OPPO Reno3 A」がSIMフリーでも発売

     UQ mobileから先行して発表、SIMフリーでのリリースも期待されていた「OPPO Reno3 A」の単体販売が決定。3月25日に発売される。なお、同機はY!mobile楽天モバイルでの取り扱いもすでに公表されている。

     OPPO Reno3 Aは、昨秋登場の「OPPO Reno A」の後継機にあたる国内向けカスタマイズモデル。防水・防塵(今回はIP68に対応レベルアップ)、おサイフケータイといった国内ユーザーが求める機能を搭載しつつ、税込で3万9800円とお手頃価格がうれしいミドルクラスの1台だ。

     前モデルでは超広角レンズが非搭載とカメラがやや弱かったが、4眼カメラに性能アップメインの4800万画素カメラに加え、800万画素の超広角、モノクロ撮影用の200万画素、ポートレート撮影用の200万画素の組み合わせとなっている。

     そのほかのスペックは、ディスプレー有機ELパネルを採用した6.44型(1082400)。CPUSnapdragon 665(2GHz+1.8GHz、オクタコア)となったが、6GBメモリー128GBストレージと標準で充実。画面内指紋センサーを内蔵し、OSはAndroid 10ベースColorOS 7.1。楽天を含む、4キャリアのネットワークとDSDVにも対応している。カラバリはホワイトブラックの2色。

    ASUS、「ZenFone Max M2」を税抜1万9500円に値下げ

     ASUS JAPANは、SIMフリースマホZenFone Max M2」の64GBモデルの価格を税抜1万9500円に値下げしたことを発表した。

     ZenFone Max M2はもともと昨年3月に発売されたモデルで、6.3型液晶(720×15230)、600番台のスナドラ(Snapdragon 632)、4GBメモリーなどを搭載する。カラバリはミッドナイトブラックスペースブルーの2色が用意されている。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:12~13時、18~19時は最大300kbps
    ※2:楽天会員は1年間、月1500円が割引される
    ※3:「スマホプランデータ増量キャンペーン」適用時(通話オプション追加が条件で1年間適用)。以降はそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※4:「データ増量無料キャンペーン2」適用時(1年間は無料で適用、以降は月500円)。非適用ではそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※5:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※6:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】防水&おサイフ対応の「OPPO Reno3 A」がSIMフリーで登場! 価格は3万9800円


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】防水&おサイフ対応の「OPPO Reno3 A」がSIMフリーで登場! 価格は3万9800円

    これいいですね!!

    しかも格安ってのが最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【防水&おサイフ対応の「OPPO Reno3 A」がSIMフリーで登場!】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     H.I.S.グループの格安モバイルサービスのHISモバイルは、6月16日8月31日の期間にわたり、「夏の節約キャンペーン」と題するキャンペーンを実施。ルーターの代金をセットにした「Wi-Fiルータープラン」、同プラン加入者向けの契約事務手数料のキャッシュバック、HISモバイルの新規契約者・利用者への端末の特別セールなどを展開する。

     今回新たに開始された「Wi-Fiルータープラン」では、富士ソフト製の「+F FS030W」がセットで提供される。+F FS030Wの特長としては、国内3キャリアのネットワークに対応するほか、自動再起動による安定動作、交換可能なバッテリーパック、画面の自動消灯による焼き付き防止などがある。一括購入時の価格は1万6800円(以下、すべて税抜)だが、24回払いを選ぶと、本来のHISモバイルデータSIMの料金に月700円がプラスされることで支払いが可能。

     さらに「Wi-Fiルータープラン」への加入と同時に、HISモバイルの音声SIMを申し込むと、契約事務手数料相当の3000円をキャッシュバック。また、すでにHISモバイルデータSIM加入者が、音声SIMを追加で契約した場合も同様に3000円がキャッシュバックされる。

     キャンペーンのもう1つの目玉が、HISモバイル契約者向けのSIMや端末のセール。31日間無制限で利用できるプリペイド式のデータSIM3608円(通常は4378円)、ZTE製の中古モバイルルーター3380円、WikoTommy3 Plusが1万780円など。

     
    HISモバイルが「夏の節約キャンペーン」開催、モバイルルーター セットのプランも


    (出典 news.nicovideo.jp)

    HISモバイルが「夏の節約キャンペーン」開催、モバイルルーター セットのプランも

    これ魅力的なキャンペーンですね!!




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【HISモバイルが「夏の節約キャンペーン」開催、モバイルルーター セットのプランも】の続きを読む

    このページのトップヘ