ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 格安SIM


    【元記事をASCII.jpで読む】

     第2世代になった新型のiPhone SEが発売されて1ヵ月以上たった。3大キャリアからの発売は若干遅くなったので、筆者のように早期に予約はしたものの手にしたのはごく最近という人もいるはず。そこで、今回はiPhone SEを格安SIMを中心にさまざまなSIMを挿してみた。

     ちなみに筆者のiPhone SEはドコモで購入したもの。すでにSIMロックは解除しているので、アップルから購入できるSIMフリー版と同等で、さまざまなSIMを挿して利用できる。

     新しいiPhone SE自体の特長についてはさんざん語り尽くされているので、別のレビュー記事なども参考にしてほしいが、以前からのiPhoneの操作系を引き継ぎ、現在の常識からすれば薄型コンパクトで軽量、画面も四隅までしっかり使えて上下のベゼル幅があって持ちやすい。しかも中身は最新仕様というiPhoneとなる。

    新型iPhone SEのサブブランドでの利用は非常に簡単

     iPhoneMVNO格安SIMで使う場合、一般的には構成プロファイルインストールが必要。各サービスウェブサイトにアクセスし、ダウンロードインストールという手間がかかる。

     しかし、3大キャリアをはじめ一部の事業者ではSIMを差し込んだだけでAPNなどの設定が完了してすぐ使える。新型のiPhone SEについては、サブブランドUQ mobileY!mobileでも同様で、SIMを挿入するだけで設定が完了、すぐに通信が可能になる。

     また、キャリア名の表示も「UQ mobile」や「Y!mobile」と表示され、従来とも違っていてわかりやすい。格安SIMは追加の設定が必要と言われて尻込みしている人でもまったく問題ない。SIMさえ挿入できればすぐにデータ通信と通話が可能になる。

     Android機でもAPN設定はあらかじめプリセットされて選ぶだけのケースが多いが、その設定すら難しいと感じる人もいる。この点はiPhoneならではの簡単さと言えよう。

    MVNO格安SIMでは構成プロファイルが必要

     反対にMVNO格安SIMの大部分では、一気に設定が面倒になる。

     Android機のように、主要サービスを利用していると、あらかじめプリセットされた設定を選ぶだけですむのと異なり、iPhoneでは無線LANWi-Fi)で接続するなど、利用を開始する格安SIMとは別にインターネットと通信できるようにした状態で、Safariを立ち上げて指定のウェブサイトにアクセス、構成プロファイルダウンロードして適用する必要がある。

     ウェブサイトのどこに構成プロファイルがあるのかは少し難しいが、実際にはサービス名と「構成プロファイル」というキーワードで検索すれば、すぐ見つかることが多い。

     構成プロファイルダウンロードするといっても、構成プロファイルタッチして「許可」をする。しかし、以前と違ってダウンロードしただけでは済まず、適用するには「設定」→「一般」→「プロファイル」から、ダウンロードプロファイルタッチして「インストール」、パスコード入力と指示に従う必要がある。途中、「フィルタリングまたは監視……」という物騒な注意も出るが、iOSではこの表示が出るのが仕様ということで、実際に監視されるものではないとMVNO側では説明している。

     インストールに至るまでかなりの手順があり、iOSらしくタッチする場所が上に下にとめまぐるしく変わって面倒だが、文字をポチポチと入力する手間がないのが、AndroidのAPN設定とは違うところとなる。

     そして、構成プロファイルは同時にダウンロードや適用ができるのは1つだけ。筆者のような格安SIMマニアにはSIMの交換のたびに構成プロファイルの削除とダウンロードのやりなおしが必要となるため、外出先でSIMを入れ替えて使おうとすると工夫が必要となる。

     ただ、一部のMVNO格安SIMでは構成プロファイルを必要としないところもある。それはBIGLOBEのauネットワーク利用のAプランで、3大キャリアやサブブランドと同様にSIMを刺すだけで使えるようなる。BIGLOBEは今はKDDI子会社で、auとUQ mobileに続く第3のブランドと言えなくもないが、こんな格安SIMがこれからも出てくる可能性がある。

     なお、構成プロファイルを必要とする格安SIMから、自動で設定されるサブブランドやキャリアのSIMに変えるときは構成プロファイルを削除しないとデータ通信ができない。SIMの入れ替える場合は忘れずに作業したい。

    楽天モバイルSIMを刺すだけ
    ただし通話アプリがなく、フル活用はできず

     1年間タダで使えると話題の楽天モバイルiPhoneは原則として動作保証外だが、iPhone SEの自動設定には対応している。「Rakuten LINKアプリiOS向けに提供されていないので「Rakuten UN-LIMIT」の国内無料通話が使えないが、データ通信や有料通話だけならiPhone SEで使うこともできる。

     周波数帯も楽天回線エリアもauの電波を使うパートナー回線エリアの両方に対応していて、筆者が試したところでは物理SIMを刺すだけで自動設定され、すぐにデータ通信ができるようになった。

     データ通信についてはひとつだけiPhoneハンデがある。使い放題の「楽天回線」か月間5GB制限のある「パートーナー回線エリア」のどちらにつながっているかを判別できる「my楽天アプリ」もiOS向けの提供がないことだ。

     できれば無制限にデータを使っていいエリアかどうかの判断ができるようにしてほしいところだが、どうしても楽天回線iPhoneでそれをやるには公然の秘密となっている裏メニューから電波のバンドを確認するしかない。

    新型iPhone SEはeSIMの利用も可能

     iPhone SEの長所は、iPhone 6~8と同じスタイルながら、プロセッサをはじめ中身は最新のiPhone 11と同じなこと。そのため、eSIMにも対応していて、eSIMの発行ができる通信事業者なら物理的なSIMの配送を待たなくても利用ができる。

     eSIMは、IIJmioのeSIMサービスように、サブ的に回線容量を増やすことができるほか、楽天モバイルでeSIMサポートするなど活用も広がっている。ただ、物理SIMなら差し替えれば済んでしまうのにeSIMは手続きが必要で、しかも手数料がかかる。スマートフォンのフルリセットでも手続きが必要など、自由度という点では物理SIMよりも劣っている。

     前述の楽天モバイルもeSIMの利用が可能でiPhone SEも対応するが、eSIMの利用には手続きと手数料が税抜3000円が必要なこともあって今回は試していない(IIJmioは税抜200円)。

     eSIM自体は海外への渡航先で現地SIMオンラインで取得するなど便利な利用法もあるので、対応していること自体は歓迎だが、活用の機会は広がりそうにないと思うのが正直なところだ。

    サイズは良好、キャリアで購入するなら
    SIMロックを解除しておきたい

     以上のようにiPhone SEはどの通信事業者でも使え、3大キャリア、サブブランドなど一部の通信事業者では設定なしにそのまま使うことができるなど、マニアにとっても便利な機種と言える。しかもSIMフリー版がアップルで4万円台から購入可能とiPhoneにしては手頃だ。

     最初からSIMフリー版を買わなくても、3大キャリア利用の人は機種変更で購入してSIMロック解除も済ませておけば、将来の格安SIM乗り換えの際にも他事業者でそのまま活用できる。特に前述のSIMを挿すだけで設定が完了するところに乗り換えなら、設定要らずでとても非常に簡単だ。

     手軽な価格で最新の中身のiPhone SE、格安SIMでもぜひ活用してもらいたい。

    iPhone SEに格安SIMやサブブランド、楽天モバイルなどいろいろなSIMを挿してみた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone SEに格安SIMやサブブランド、楽天モバイルなどいろいろなSIMを挿してみた


    これ気になりますね!!

    まあ、みなさんも色々試したでしょうけど笑






    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhone SEに格安SIMやサブブランド、楽天モバイルなどいろいろなSIMを挿してみた】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、シャオミファーウェイが同日に発表会を開催。シャオミは4眼カメラの「Redmi Note 9S」が2万4800円という衝撃価格で投入。一方、ファーウェイは5G対応のミドルクラスを3万円台で。また、Y!mobileがUQ対抗で通信量を使い切っても1Mbpsで使えるようにする。

    700番台のスナドラに4眼カメラ搭載の「Redmi Note 9S」は
    2万4800円~というインパクトある価格で国内投入

     シャオミオンライン発表会を開催し、昨年末の「Mi Note 10」に続く、国内第2弾モデルを発表した。注目は「Redmi Note 9S」。コスパ重視のRedmiブランドの主力モデルで、Antutu 8のスコアが27万点台というSnapdrgaon 720Gに、メインが48メガの4眼カメラを搭載。ディスプレー1082400ドットの6.67型液晶、5020mAhバッテリーなどを搭載する。

     同機の国内リリース自体はすでに公表されていたが、価格がどうなるかに注目が集まっていた。その価格は、なんと4GB/64GBモデルが2万4800円、6GB/128GBモデルが2万9800円。しかもいずれも税込だ。国内向け周波数に対応しながら(楽天を含む、4キャリアのネットワークで確認済み)、海外との価格差はほぼ無し。本格的に勝負をかけてきた感がある。

     また、「Mi Note 10 Lite」についても同時に発表されている。こちらはリリース済みの「Mi Note 10」をベースカメラスペックが抑えられたもの。とは言え、64メガのソニーセンサーを中心とした4眼カメラを搭載。両側曲面の6.47型有機ELSnapdragon 730Gなど、Redmi Note 9Sよりはワンランク上の内容。こちらは6GB/64GBモデルが3万9800円、6GB/128GBモデルが4万4800円。

    ファーウェイは「HUAWEI P40 Pro 5G」に
    ミドルクラスは「HUAWEI P40 lite 5G/lite E」の2モデル

     同日に発表会があったファーウェイは3機種のSIMフリースマホを発表。「HUAWEI P40 Pro 5G」は1/1.28型で5000万画素というスマホ市場最大級のセンサーを中心とした、「Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ」を搭載する文句なしのハイエンドモデル。税抜10万8800円と価格もハイエンド級。

     注目はミドルクラスの「HUAWEI P40 lite 5G」「HUAWEI P40 lite E」の2機種。まず、HUAWEI P40 lite 5Gは製品名からもわかるように5Gに対応したモデルクラス的にも従来のP liteシリーズからアップした印象で、カメラは6400万画素センサーを中心にした4眼構成、CPUには新開発のKirin 820 5G、6.5型液晶(1082400)、6GBメモリー128GBストレージとなっている。価格は税抜3万9800円

     HUAWEI P40 lite 5Gの性能が上がったぶん、エントリークラスカバーするのが、HUAWEI P40 lite Eとなる。こちらの価格は税抜2万4800円。スペックは6.39型液晶(720×1560)、Kirin 710F、4GBメモリー、64GBストレージ、カメラは4800万画素を中心とした3眼構成。

     なお、今回登場した3機種ともHMSHUAWEI Mobile Services)対応端末で、Google Playグーグルアプリは搭載されない。この点が実際の市場でどう受け入れられるかが気になるところだ。

    Y!mobileがUQに対抗したプラン変更を7月から実施
    通信量を使い切っても1Mbpsで使える

     Y!mobileが7月からプラン内容を改定する。具体的な変更点は、「スマホベーシックプランM/R」という上位の2プランにおいて、通信量を使い切った際の速度制限が、従来の最大128kbpsから最大1Mbpsに高速化される。また、「スマホベーシックプランM」の通信量が月9GBから月10GB(キャンペーン適用で月13GB)へと増量。料金内容などには変更はない。

     通信量を使い切ったあとも、最大1Mbpsで利用できる料金プランは、UQ mobileが6月から開始したばかり。通信量の増量を含めて、完全にライバルに対抗した変更と言える。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:12~13時、18~19時は最大300kbps
    ※2:楽天会員は1年間、月1500円が割引される
    ※3:「スマホプランデータ増量キャンペーン」適用時(通話オプション追加が条件で1年間適用)。以降はそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※4:「データ増量無料キャンペーン2」適用時(1年間は無料で適用、以降は月500円)。非適用ではそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※5:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※6:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】シャオミ「Redmi Note 9S」は2万4800円! ワイモバも使い切っても1Mbps


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】シャオミ「Redmi Note 9S」は2万4800円! ワイモバも使い切っても1Mbps


    これいいですね!

    このセット最高かも笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】シャオミ「Redmi Note 9S」は2万4800円! ワイモバも使い切っても1Mbps】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     NTTレゾナントは、シャオミの新スマホ「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」を、goo Simsellerにおいて6月9日11時から販売開始する。さらに、販売開始を記念して、6月9日11時7月1日11時までの期間限定で特価販売する。

     対象商品はすべて端末とSIMセットで届くスマホセット。申し込みは「OCN モバイル ONE」の音声対応SIM(月額1078円~)のみ。別途、初回請求時にSIMカード初期手数料3300円とSIMカード手配料433円がかかる。

     対象オプションノートン モバイルセキュリティ)同時加入で発売記念特価からさらに1000円割引き。他社からの乗り換えMNP)でさらに5000円割引きとなる。対象オプション同時加入割引と他社からの乗り換えMNP)割引は併用可能。

     Mi Note 10 Liteは、6.47型(1082340ドット有機ELエッジディスプレーを搭載。Redmi Note 9Sは、CPUSnapdragon 720を搭載するコスパ重視のミドル機。価格は以下の通り。

    Mi Note 10 Lite

    (1) 通常価格 3万30円
    ① 対象オプション同時加入時 2万8930円
    ② 他社からの乗り換え時(MNP)  2万4530円
    ③ 上記併用時 2万3430円

    (2) 記念特価 2万3980円
    ① 対象オプション同時加入時 2万2880円
    ② 他社からの乗り換え時(MNP)  1万8480円
    ③ 上記併用時 1万7380円

    Redmi Note 9S

    (1) 通常価格 1万6720円
    ① 対象オプション同時加入時 1万5620円
    ② 他社からの乗り換え時(MNP) 1万1220円
    ③ 上記併用時 1万120円

    (2) 記念特価 1万1990
    ① 対象オプション同時加入時 1万890
    ② 他社からの乗り換え時(MNP) 6490円
    ③ 上記併用時 5390円

    goo Simseller、シャオミ「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」を記念特価で販売へ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    goo Simseller、シャオミ「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」を記念特価で販売へ


    これシャオミのスマホ魅力的ですね笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【goo Simseller、シャオミ「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」を記念特価】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     ソフトバンクウィルコム沖縄は6月1日、「ワイモバイル」のスマホ向け料金プランスマホベーシックプランM/R」を改定すると発表した。改定日は7月1日

     今回の改定により、月間の高速データ通信容量を使い切った場合の通信速度が最大128kbpsから最大1Mbpsとなる。また、スマホベーシックプランMにおける月間の高速データ通信容量が9GBから10GB(データ増量オプション適用時は12GBから13GB)になる。

     これらの改定は、すでに当該プランを契約しているユーザーにも適用される。なお、今回の改定にともなう月額利用料金の変更はない。

     7月1日以降のスマホベーシックプランM/Rの詳細は以下のとおり。価格はすべて税抜き。

     ※1 「データ増量オプション」(月額500円)に加入して、「データ増量無料キャンペーン2」(1年間無料)が適用されている場合。1年経過後は、「データ増量オプション」の料金として月額500円が発生する。

     ※2 1回当たり10分を超える国内通話は、10分超過分に20円/30秒の通話料が別途かかる。また、一部無料対象外の通話がある。

     ※3 別途固定通信サービス料が必要。「SoftBank光」の場合は、指定有料オプション(月額500円~)への加入が必要。

    ワイモバイルのスマホ向け料金プランが7月1日に改定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ワイモバイルのスマホ向け料金プランが7月1日に改定

    いいですね!
    もっと安くなれ笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【ワイモバイルのスマホ向け料金プランが7月1日に改定】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     ソフトバンクは1日、Y!mobileブランドでのスマホ向け料金プランのうち、「スマホベーシックプランM/R」の内容を7月1日から改定する。

     今回の変更では、通信量を使い切った際の速度制限が最大128kbpsから最大1Mbpsへと高速化される。また、スマホベーシックプランMについては月間の通信量が9GBから10GBへと増量される(キャンペーン適用時は月13GB)。基本料金が税抜月3680円/月4680円で、新規割として、最初の6ヵ月に限り、月700円割引される点など、料金については今回変更はない。

     通信量を使い切っても、最大1Mbpsで利用できる料金プランは、ライバルとなるUQ mobileが先週に発表し、6月から開始したばかり。通信量の増量含めて、これに対抗したものと思われる。

     
    Y!mobileがUQ対抗の料金プラン改定、使い切っても1Mbps


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Y!mobileがUQ対抗の料金プラン改定、使い切っても1Mbps

    これいいですね!!

    どんどん競争していって欲しいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Y!mobileがUQ対抗の料金プラン改定、使い切っても1Mbps】の続きを読む

    このページのトップヘ