ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:ビジネス > TV会議システム


    【元記事をASCII.jpで読む】

     eスポーツに対する注目度の高まりなどもあって、ゲーミング関連のアクセサリー自体が人気となっている。なかでもゲーミングヘッドホンは趣味と実益を兼ねた便利アイテムとして大いに注目が集まっている。

     というのも、ゲーミングヘッドホンにはチームを組んでFPSなどをプレーできるようにブームマイク(バーで口元まで伸ばされているマイク)を採用しているタイプが多いためだ。そしてこれはゲームだけでなく、オンラインミーティング(ウェブ会議)でも大いに役立ってくれるのだ。

    あなたの声がウェブ会議で聞き取りにくい理由は?

     オンラインミーティングでは一般的に、スマートフォンパソコンの内蔵マイクを使用するのが一般的だ。一方で、普段使いの完全ワイヤレスイヤホンなど、Bluetoothヘッドセットを使用している人もいる。実はこれ、聴く側としては“相手の会話が聞き取りやすくなる”ものの、話す側としては、相手が聴き取りにくい声になっている場合があるのだ。

     実はここが“聴き取りにくさ”につながっている場合がある。具体的には3つのウイークポイントある。

     第1にマイクの位置だ。完全ワイヤレスイヤホンは、口からかなり離れた位置にマイクが内蔵されているため、インテリジェントなデジタル調整を行っていても、収音の観点で厳しさを抱えている。

     続いて、マイクの性質だ。通話用のマイクは、録音用のマイクとは異なり、人の声に特化されたパーツ選びと調整が行われている。しかしそれは、声だけを聞き取りやすくするために、不要な周波数帯域を削っていたりして、対面で聞く声のような自然さを感じにくい面もある。結果、電話中継で繋がった人のような雰囲気になり、オンラインミーティングなどではひとり浮いてしまうことがある。

     最新のイヤホンヘッドホンは、現状のニーズを鑑みて、マイク性能の向上に力を入れているが、残念ながらいまある全ての製品に当てはまるわけではない。そもそも、完全ワイヤレスイヤホンなどでは小柄な本体に収めるために超小型マイクユニットが必須だ。当然ながら性能にも影響が出てくる。

     最後に、Bluetoothという方式に由来する問題がある。Bluetoothには、通話用のプロファイルとしてHFPとHSPが用意されている。さらにHFPには、標準(周波数帯域が200Hz~3300Hz)とHD Voice(HFPバージョン1.6以降、50Hz~7000Hz)という2つの規格がある。

     Windows 10の最新版や大半のスマートフォンはHFPのHD Voiceに対応しているため、通話音声はかなり良くなっているはずだが、実際に試してみるとあきらかにHD Voiceでつながっていないと思われる状況がある。そのため、パソコンの場合は内蔵マイクを利用した方が良好だったりする。

     なお、HFP(Hand-Free Profile)は携帯電話機の発信・着信もでき、音声のみを伝送するHSPHeadSet Profile)よりも上位だと考えていい。また、ヘッドホンで音楽を聴く際には、より高音質なA2DP/AVRCPというプロファイルが利用される。

     質のよいブームマイクを持ち、遅延の問題から有線接続もできることが多いゲーミングヘッドホンは、このような3つのウイークポイントを排除でき、オンラインミーティングにもバッチリの製品となっているのだ。

     マイク性能面では充分でも、Bluetooth接続は環境(接続するスマートフォンパソコン)によって音質が左右されてしまう可能性が否めないため、ここでは確実な有線モデルのなかから、“オンラインミーティングとの併用”にも適しているという視点でオススメの製品をピックアップしよう。

    筆者イシオシは、ロジクールの「PRO X Gaming Headset G-PHS-003」

     ブームマイク+有線による抜群のマイク性能を持つ製品。もともとeスポーツのプロと共同開発したゲーミングヘッドセットであるため、有線による遅延のなさはもちろんのこと、通話音声に関してもマイク音調整機能「BLUE VO!CEマイク テクノロジー」を採用することで、会話がしっかりと聞き取れる高いクオリティを持ち合わせている。さらに、自分で音声をチューニングすることも可能なことも嬉しいポイントといえる。

     このほか、立体音響を正確に表現する「DTS Headphone:X 2.0」にも対応しており、ゲームや映画なども迫力(かつ正確な)サラウンド音声も楽しめるため、幅広い活用もできる。なかなかの万能選手といっていいだろう。

     実際の装着感はなかなか良好で、長時間の使用でもストレスは少ない。多々あるゲーミングヘッドホンのなかでもかなりの優秀さで、とても自然な音声を相手に届けることができる。

     ゲーミングヘッドホンながら外観も派手なタイプではないため、社内だけでなく社外とのオンラインミーティングやオンラインプレゼンに使用してもそれほど違和感はないはず。音質もデザインも、なかなかに使い勝手のよい製品といえる。

    予算に余裕があるなら「ASTRO A40 TR Headset/Astro MixAmp Pro TR セットモデル」を

     ゲーミングヘッドホンとして定番中の定番といえるプロユース前提の有線モデルで、専用のアンプセットされている。オンラインミーティング用途としては、マイクの交換が可能なことが注目のポイントとなっている。標準で付属する単一指向性マイクもかなり良質だが、別売のMod Kitに含まれているマイクノイズキャンセリング機能付きとなっているため、使用環境に応じてそちらを利用するのをオススメしたい。

     なお、このシステムパソコン(またはPS4)での利用が前提となっているため、機器との接続はUSBPS4の場合は光デジタルを利用)で行うので、利用する環境に注意して欲しい。

    エントリークラスがいいなら「Razer Kraken

     ゲーミングデバイスを幅広く手がけるRazerブランドの、エントリークラスに位置するハイコストパフォーマンスモデル。冷却ジェル注入のイヤークッションを採用するなど、長時間使用に配慮したユニークな内容を持ち合わせている。ブームマイクは指向性が高めのカーディオイド集音パターンを採用していて、声の明瞭度もなかなかに良好だったりする。

     ゲーミングヘッドホン然としたデザインだが、それでもかまわない人であればオンラインミーティング用途でもなかなかにハイコスパな製品といえる。

    ワイヤレスにこだわるなら「G733 LIGHTSPEED Wireless RGB Gaming Headset

     マイク性能に関して現状のワイヤレス製品はオススメしづらい状況ではあるが、それでもワイヤレス製品がいい、という人にはこちらロジクール「G733」を推薦しよう。

     こちら、独自技術となる「LIGHTSPEED」の搭載により、ワイヤレスながら遅延が少なく安定した接続性を確保。見通しのよい場所であれば、20mほど離れていても通信が可能となっている。いっぽう、マイク音質については有線モデルに敵わないものの、実際の質感はそれほど悪くないので、オンラインミーティングでも充分に活用できる製品といえる。

     そのほかにも、ヘッドバンドやイヤーカップに形状記憶性の素材を採用することで、密閉性と快適性を両立しているため、長時間の使用もあまり苦にならない。「DTS Headphone:X 2.0」にも対応しているため、幅広い活用ができる点も嬉しい。

    実はウェブ会議に向いているゲーミングヘッドセット、オススメ4機種を紹介


    (出典 news.nicovideo.jp)

    実はウェブ会議に向いているゲーミングヘッドセット、オススメ4機種を紹介


    これテレワークに使えますね!!

    Wi-Fiで家中ネット使い放題【SoftBank Air】
    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【実はウェブ会議に向いているゲーミングヘッドセット、オススメ4機種を紹介】の続きを読む


     MicrosoftからリリースされたTeamsは、チャットオンライン会議で有名なアプリだ。Teams自体は2017年3月にリリースされたが、コロナ禍で在宅ワークが脚光を浴びたタイミングで利用者数が爆発的に増加。ここでは、便利な「ファイル」機能と「Wiki」機能の魅力を紹介しよう。

    画像付きの記事はこちら



     最初に断っておくが、本記事は企業でExchangeサーバーやExchange OnlineOffice365サービス)を利用している人を想定しているのでご了承いただきたい。

     オンラインチームや仲間と一緒に仕事をするための便利なTeamsの機能に、ファイル機能とWiki機能がある。ファイルは、チーム内でドキュメントなどのファイルを共有する機能で、Wikiは、簡単にいうとチームメンバー全員が編集できる掲示板だ。どちらも使いこなすことで、情報の共有など仕事に役立つこと間違いなしだ。


    ●Teamsの「ファイル」でExcelを複数人で編集



     Teamsの左に表示しているチームを選択し、画面上部のタブ一覧からファイルを選択すると、Teamsのチーム内で共有しているファイルの一覧が表示される。ファイルでできることは、ファイルの閲覧とファイルの保存、Officeファイル更新だ。WindowsOfficeを使っている人なら、直感的に使えるだろう。

     ファイルの閲覧には2通りの方法がある。OfficeファイルWordExcelPowerPointOneNoteなど)以外の場合、PCにインストールしているアプリを使ってファイルを開く。

     ファイルを開くアプリを持っていないと、基本的には開けない。その場合は、ファイルを開くアプリインストールするか、もしくはPDFOfficeファイルなど、閲覧可能な形式に変換してもらう必要がある。

     Officeファイルを閲覧する場合もTeams上で開けるようになっている。閲覧だけでなく編集も可能だ。

     便利なのが、Teams内でOfficeファイルを開いた場合、他のユーザーと同時に編集作業ができること。各々が編集すると、編集箇所がリアルタイムで反映されるので複数人で共同に作業することができる。

     Excelの場合、別セルや別シートでの編集、PowerPointであれば別スライドの編集などができるので、まさに「チームで共同作業」しているような感覚で仕事が進めれる。

     Teamsがあり、Officeソフトインストールされていると思うが、TeamsならOfficeソフトインストールしていなくてもOfficeファイルの編集ができる。ただし、Teams上のOfficeアプリは一部の機能が利用できない簡易版。しっかりと編集したいときは、デスクトップアプリで編集することも可能だ。

     ちょっとした修正をする程度であればTeams上で編集、大幅に変更したい場合はデスクトップアプリで編集するといったような使い分けによって、ストレスを感じずに編集できるようになる。


    ●ファイルの共有・保存(アップロード)・新規作成



     ファイルを保存したい場合、保存したいファイルTeamsのファイル一覧にドラッグドロップするか、アップロードクリックして保存したいファイルを選択することで共有が可能。もちろん、保存したファイルリアルタイムでほかのユーザーにも反映される。

     WordExcelPowerPointOneNoteなどのOfficeファイルは、Teamsのファイルメニューの「新規」から作成したいドキュメントを選択すれば新規作成できる。もちろんTeamsで新規作成したOfficeファイルは、ほかのユーザーも同時に編集できる。

     通常のPCと同じように、フォルダも作成できる。Teamsに保存したファイルを普通のPCと同じように、どこに何があるか分からなくならないように、分かりやすくフォルダで整理することによって、必要なファイルがすぐに探せるようになる。

     チームで仕事をするのであれば、整理整頓した方が検索のストレスを感じず仕事ができるので、フォルダ機能を使いこなすことをおすすめする。


    ●Wiki(掲示板)の「タイトル」と「セクション」



     Wikiというと、調べ物ですっかりおなじみのWikipediaが想像される。TeamsのWikiは、チーム内専用の掲示板が作成できるようになっている。情報やノウハウ、連絡事項の連携などで活用できる機能だ。

     Wikiポイントは、全員で閲覧しながら、作成・編集できるところ。Wikiの基本的な使い方を見ていこう。

     基本は「タイトル」と「セクション」「セクションの追加」「コンテンツ」の四つの理解が重要だ。Wikiを初めて利用する場合は、本をイメージすると分かりやすいだろう。

     タイトルには、例えば「〇〇部からのお知らせ」や「〇〇部業務マニュアル」など、Wikiタイトルを入力する。一つのWikiにさまざまな要素を詰め込めるようになっていて、カテゴリごとに複数のWikiを作成することも可能だ。本でいうところのタイトルと考えてほしい。

     セクションは見出しと考えると分かりやすい。タイトルを〇〇部からのお知らせとした場合、例えば「ハウスルール」「連絡事項」などの見出しがセクションとなる。

     セクションは、どんどん追加することができる。雑多に情報が散乱していると分かりづらいので、見出しを追加しながら、使いやすい、見てもらいやすいWikiができていく。


    ●Wikiの「セクションの移動」「削除」「リンクの取得」



     作成したセクションは上下に移動できる。重要なものを上にしたり、古い情報は下にしたりするなど、進捗状況に応じて、重要なものを上に入れ替えたりすると分かりやすくなるはずだ。なお、セクションを作成してから右側の「・・・」を開くと、セクションの移動と削除ができる。リンクの取得は、本文にWikiのリンクを作成するときに使う。

     本文は、本文や写真、表、リンクが作成できる。本文はリッチテキストで、フォントの変更はもちろん、太字や斜体、下線や取り消し線インデントなど、Wordに近い編集が可能。編集もWordと同じように、画面上部の編集バーからそれぞれの機能を選択して編集する仕組みだ。


    ●写真・表の追加



     画面上部の編集バーから表アイコンや写真アイコンを選べば、表の作成や写真を追加できる。写真は、「チームとチャネルを参照」「OneDrive」「コンピューターからアップロード」の3種類から選ぶ。

     例えば、自分のPCに保存されている写真をアップロードしたい場合は「コンピューターからアップロード」を使う。

     同じように、チームとチャネルを参照が利用しているTeamsから写真を探す、OneDriveが自分のが利用しているOneDriveから写真を探すということ。ただ、OneDriveは企業によって利用できない場合があるので注意してほしい。

     リンクには2種類ある。一つはhttpから始まる外部リンクで、本文にURLを貼り付けるだけで完了する。もう一つはTeams内のリンクだ。同じチームチャネル内でリンクできるようになっており、例えば、別のWikiに〇〇の情報があるから、その場所を参照して欲しいといった感じでリンクを貼れる。なお、Wiki内のリンクは、セクションやタイトルの右側にある「・・・」を開いて取得する。


    ●Wikiの注意点



     Wikiチームメンバー全員が編集できる。ただし、同時に編集できるのは1人だけだ。Officeファイルと異なり、誰かが編集している間は別のユーザーが編集できない。編集したい場合は、少し時間をおいて、Wikiを誰も編集していない状態のときに編集する必要がある。

     このように、TeamsのファイルWikiは、チャットオンライン会議機能の影に隠れがちだが、チームで仕事をするときに使いこなせれば、在宅勤務など離れた場所からでも一緒に仕事をしているのと変わらない環境がつくれる。仕事の生産性が高められるのが最大の魅力なので、ぜひ一度、使ってみてほしい。(GEAR
    Teamsの「ファイル」と「Wiki」を使って仕事の生産性を上げよう


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Teamsはチャットとオンライン会議だけじゃない、チームで仕事するための便利機能

    これ気なりますね!!

    月額250円~の収納サービス|サマリーポケット

    <このニュースへのネットの反応>

    【Teamsはチャットとオンライン会議だけじゃない、チームで仕事するための便利機能】の続きを読む


     この1年で、「オンライン会議」が劇的に増えた。昔でいえば、大企業テレビ会議だ。全世界に拠点があり、国内でも支店や営業所を多く抱える企業が活用していたイメージオンライン会議だが、コロナ禍一気に普及した。とはいえ、まだまだ不十分な点は多い。今後、定番ツールとして定着しそうなオンライン会議について、進化の方向性について考えてみたい。

    画像付きの記事はこちら

     J.D. パワー ジャパンが昨年夏に調査した「J.D. パワー 2020年WEB会議システム顧客満足度調査」によると、「WEB会議システム利用中の問題・不具合」で最も多かったのは「音声が聞き取りにくい」で35%。次いで、「途中、接続が切れる(つながらなくなる)」で26%だった。

     オンライン会議で情報伝達のほとんどを占める音声が聞き取れなかったり、そもそも接続が切れてしまっては、会議は成り立たない。声による会話ができないときに文字によるチャットで代替することもあるが、効率は格段に落ちてしまう。オンライン会議は、まだまだ改善の余地がある。

     会議中に固まらない、フリーズフリーは最もニーズが高い改善ポイントだろう。画像がフリーズするだけであればまだいいが、声が途切れたり聞こえなくなったりすると、会議自体が継続できなくなる。オンライン会議の性質上ある程度は仕方ないともいえるが、ぜひとも改善すべきポイントだ。メイン回線にWi-Fiを使っているとすれば、いつでもサブ回線に切り替えられるようにしてはどうか。

     例えば、SIMが挿せるPCを使い、いつでもSIM回線に切り替えられるようにして、遅延やフリーズを回避したり、電話回線をサブにできるように組み合わせたり、などの仕組みは、ぜひともほしいところだ。絶対に途切れないオンライン会議を安価に実現できれば、多くのユーザーを獲得できるだろう。

     フリーズフリーがすぐには難しくとも、今、自分の声や画像が相手にどのように伝わっているかを監視する「モニター機能」ぐらいなら、比較的簡単に実現できそうだ。発言の冒頭に「聞こえておりますでしょうか」「見えておりますでしょうか」は、さすがにもうダサい。自分の声や映像が相手にどう届いているかが分からければ、こう言いたくなるのも人情だ。

     自分の姿や声がどのように伝わっているかをモニターできれば安心。トラブっても対処のしようがある。会議の前に音声や映像をチェックできる機能はたいてい備わっているが、実際の会議中にも常に確認できるようにしてほしい。

     実際の会議とオンライン会議で、最も大きく異なるのは、非言語のコミュニケーションだ。声は聞こえるし顔色も多少は分かるが、会議室の空気感みたいなものは、そぎ落とされてしまう。

     その一つが視線だ。発言者は何を見て話しているのか、誰を見ているのか。参加者は発言者を見ているのか、共有された画像を見ているのか、はたまた別のものを見ているのか。発言者は、自分の言葉がきちんと理解されているかどうかが分からない。せめて自分を見ているのか、よそ見をしているのかが分かれば、理解されやすい話し方や内容を変えることもできる。

     会議だけでなく、テレワーク中に常にカメラスピーカーを常時オンライン状態にしておくことがルールになっている会社があるという。私の同僚は、「実際に出社している状態と変わらないのでは」と指摘する。個人的には勘弁してほしい。常に誰かに見られているのではないかという疑念を持ちつつ仕事をすることになる。

     実際のオフィスでは、近くに人が来ればすぐ分かるし、画面に集中していたとしても「気配」を感じることができる。必ずしも隙を見てさぼってやろうと思っているわけではないが、知らない間に監視されているというのはやはり精神衛生上、よろしくない。

     さすがに、歩み寄って肩をポンとたたくようなことまでは期待しない。しかし、ある種の非言語のコミュニケーションともいえる「気配」も感じられるような機能が備われば、オンライン会議も、より使えるものに進化するのではないだろうか。(BCN・道越一郎)

    ネット会議システム進化のポイントは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    絶対に途切れないオンライン会議


    これ気になりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【絶対に途切れないオンライン会議】の続きを読む


    ウェブ会議ツールMicrosoft Teams」の一部で2021年2月12日午前、不具合が発生した。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が浸透し、社内での連絡手段やオンライン会議に利用する人が多いツールで、影響は大きかったようだ。

    マイクロソフトは日本時間15時過ぎ、同社クラウドサービス情報を発信する公式ツイッターで、問題は解消したと発表した。「Teams」に限らず、コロナ禍で浸透したこうしたツールは、これまでもたびたび不具合が生じている。その度にツイッターには、嘆きの投稿が寄せられる。

    携帯電話を駆使して乗り切る

    Teamsに障害が出てて午後の会議が中止になった。Zoomにも不具合出たら今日のオンライン会議全滅なんだけど」 「朝から会議に入れなかったのはこのせいだったのね・・・忙しい時とかはダメージデカいだろうな」

    問題なく使用できた人が多い半面、今回の不具合で、ツイッター上には仕事に支障が生じたといった書き込みが多数みられた。ほかにも「よりによって卒論発表当日にこれだよ」、「teams不具合かよ。裁判所とのweb会議どうなるんだ」といった影響も出たようだ。

    危機回避のため、こんな手法で乗り切った人も。

    Zoomに切り替えてたいした話にならずに済んだので、複数サービス使える状態にしておくのは大事だな...」 「ケータイ電話をスピーカーにしてみんなが聞こえるようにして、さらにケータイの先にケータイを置いて社内の別にいる人にも聞こえるようにして会議した」

    AWS、「Gmail」でも昨年障害発生

    コロナ禍リモートワークが広がっている今日、各種オンラインサービスや、これを支えるサーバーはいわば業務の上で命綱だ。一度つながらなくなると、仕事に支障をきたすことは多い。そして、実際に昨年以降何度か起きている。

    20年9月、マイクロソフトは、同社の各種サービスクラウドコンピューティングサービスAzure(アジュール)」で認証エラーが発生する可能性があると告知した。実際に欧米で警告マークが表示され、世界的規模の障害となった。この際もTeamsや、電子メールソフト「Outlook」などが利用できない状態になり、業務に影響が出た人が増出した。

    11月には、米アマゾンクラウドサービス「AWS」(アマゾン・ウェブ・サービス)の複数のサービスで障害が発生したAWSを導入している企業は世界中にあり、いまや各種クラウドサービスの根幹を支えるともいえる。

    このときも、ツイッターには「家で会議中に突然照明が消えた・・・手が離せなくて真っ暗な中で会議を続けて、よくあるハッカーとかのイメージ写真みたいだった」、「外部へのメール送信が出来ない」など、業務上での打撃に悲鳴があがった。

    米グーグルのシステムでも12月、大規模な障害が発生したメールサービスGmail」や動画サイト「ユーチューブ」、地図サービスグーグルマップ」が一時的に利用できなくなった。日本時間で夜21時台に生じたため、多くが仕事に影響は出なかったものの、中には「Googleシステム障害で仕事できないから帰る」と、切り上げて帰宅を余儀なくされた人も複数いた。<J-CASTトレンド>

    Microsoft Teams不具合で在宅勤務「困った」(画像はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Microsoft Teams」不具合で会議できない ネットインフラはリモートワークの命綱

    これ気になりますね!!

    うちも結構接続悪いやつあります笑笑


    FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

    <このニュースへのネットの反応>

    【「Microsoft Teams」不具合で会議できない ネットインフラはリモートワークの命綱】の続きを読む


    ついに、OutlookからMicrosoft Teamsにメールの添付ファイルを直接ドラッグドロップできるようになりました。

    この機能が実現するまでに実に5年近くの年月が流れたことになります。

    OutlookからTeamsにメール添付ファイルを移動させる方法

    OutlookからTeamsにメールの添付ファイルを移動するには、まずOutlookで目的のメールを開きます。

    添付ファイルクリックして選択状態にしたら、ファイルを共有したいTeamsの会話にドラッグするだけ

    OutlookやTeamsを使っていない人にとってはたいしたことに聞こえないかもしれませんが、使っていた人たちにとっては、大きな悩みの種が解決したことになります。

    この新機能が登場する前は、メールの添付ファイルローカルのどこかに保存してから、その場所を開いてTeamsにドラッグドロップするか、Teamsのファイルブラウザからアクセスする必要がありました。

    Screenshot: Brendan Hesse

    今後予想されるアップデートは?

    今回新たに搭載された、TeamsとOutlookの間でドラッグドロップファイルを共有できる機能は、最近Microsoftアプリ全体に展開されつつある、クロスアプリ機能の1つに過ぎません。

    Microsoftは現在、ウェブを含めたすべてのプラットフォームで外観を統一した、新しいOutlookをテストしています。Windows 10メールアプリもそこに統合される予定です。

    ほかにも、統合の一環として、見つけやすいショートカットや、他のMicrosoftアプリ(特にOffice 365スイート)やサービスとの連携も含まれます。

    新しいOutlookのリリースに向けて、今後さらなる新機能が登場することになるでしょう。

    新しいOutlookはまだテスト中で、完全に実装されるまでしばらく時間がかかりそうですが、プレビュー版なら今すぐ試すことができます

    Edge Chromiumの最新版「Edge 88」では、新しいタブページに、Outlookの新着メールをプレビューできるセクションが追加されました。

    また、Edge 88には、Microsoftアカウント用の新しいパスワードセキュリティツールサイドバー検索、Microsoftの他のアプリとの連携を強化しアップグレードした外観、など、多くの新機能が追加されています。

    詳細については、こちらの記事をご覧ください。

    Microsoft Edgeが大幅アップデート。魅力的な新機能は?

    BoYata ノートパソコンスタンド タブレットスタンド PCスタンド ノートPCスタンド 高さ/角度調整可能 姿勢改善 腰痛/猫背解消 折りたたみ式 滑り止め アルミ合金製 Macbook/Macbook Air/Macbook Pro/iPad/ノートPC/ 液タプなど17インチまでに対応 (ダークグレー)

    5,299

    あわせて読みたい

    Microsoft Teamsと「連絡とれるくん」が連携! リモートワークがより快適に

    Microsoft Teamsのビデオ通話で背景をカスタマイズする方法

    Image: Postmodern Studio/Shutterstock.com

    Brendan Hesse - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Outlookの添付ファイルをMicrosoft Teamsに移動させる方法


    これすごく便利ですね!



    お部屋の空気をキレイに!高濃度マイナスイオン発生器【プラズマラボ】

    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【Outlookの添付ファイルをMicrosoft Teamsに移動させる方法】の続きを読む

    このページのトップヘ