ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:ビジネス > TV会議システム


     ニューノーマル社会人生活で最も利用頻度が高くなったのはオンライン会議だろう。PCやスマートフォンインターネット回線さえあれば開くことができ、直接出向かず遠方からでも交通費なしに大勢の人と同時にコミュニケーションができる素晴らしいツールだ。しかし、やり取りはWebカメラディスプレイマイクスピーカーだけに頼ることになり、実際に集まる会議に比べ、情報量は圧倒的に少なくなる。そうした会議では、自分の音声が確実に相手に届いているか、画像がしっかり共有できているかは生命線。極めて重要だ。

    画像付きの記事はこちら



     オンライン会議を始めたはいいが、音声や画像が不調で最初の数分調整に費やす、という光景は珍しくない。ニューノーマルビジネスマンなら、こうしたトラブルは避けたいもの。事前にしっかり準備してスマートに会議をこなしたい。まず、重要なのは音声だ。たとえ顔が見えなくとも声が普通に聞こえていれば会議は成立する。逆に声が聞こえなければ文字通り「話にならない」。オンライン会議ツールは大体、事前にマイクチェックができるようになっている。自分の音声がしっかり相手に届く状態なのかどうか、会議の前には毎回必ずチェックしておきたい。

     ポイントは、「自分の話の内容がほかの参加者にしっかりと聞き取れるか」だ。声がきちんと拾えているかどうかに始まり、声の大小、周囲の雑音の状態、聞き取りやすい音質が維持できているかなどなど。要は、その声で快適で円滑なコミュニケーションが成り立つかどうかをチェックする。ここで気を付けたいのは「残響」だ。広い会議室、複数人が1台のPCでオンライン会議に参加するような場合は特に要注意だ。声が響いてしまって過度な残響があると、話している内容がとても聞き取りづらくなる。場合によっては会議そのものが成り立たなくなることもある。PC内蔵のマイクスピーカーを使い、話者とPCの距離が常に離れた場所にあるような状態ではよく起こる。相手にどんな状態で聞こえているかを、事前にチェックする必要があるのは、こういう事態を避けるためでもある。

     そこで、代表的なオンライン会議ツールMicrosoft TeamsとZoomで、音声の事前チェック方法をご紹介しよう。実際にオンライン会議をする状態でチェックできるため、回線状況の適不適も確認できる。まずMicrosoft Teams。PCで会議を行う状態にしてTeamsを立ち上げ、ウインドウの右上にある点が3つあるボタンミートボールメニューというらしい)をクリックする。開いた一覧から歯車マークの「設定」選択。さらに開いた設定画面で「デバイス」を選択。すると、いくつかの設定項目とともに現れる「テスト通話を開始」というボタンクリックする。

     これで、マイクテストができる。オンライン会議の画面が開き、「通話の品質をテストするには、ビーという音の後に短いメッセージを録音します。録音したメッセージが再生されます」といメッセージが流れる。会議と同じようにマイクに向かって話せば、話した内容が数秒後に再生され、相手にどのように聞こえるかがチェックできる。

     次にZoom。こちらはもっと簡単だ。ソフトを立ち上げた後、右上の歯車マーククリック。開いた設定画面で、左側の一覧から「オーディオ」を選択。右側に出た項目の中に「マイクテスト」というボタンが現れる。これを押してマイクに向かって何かしゃべれば数秒後にその内容が再生される。この音声が相手に届いている、ということになる。

     声が聞き取りにくい場合は、マイクを近づければ解決することが多い。おすすめなのがヘッドセットイヤホンマイクの使用だ。マイクと口との距離が20~30cmと近くなるうえ一定で、とても聞きやすい音声になる。大勢で端末を共有するような場合には、複数のマイクを用意するなどして、できるだけマイクとの距離を近くすることで解決できる。

     オンラインのプレゼンテーションで、画像などを共有する場合も多いだろう。自分の顔はともかく、資料の画像はしっかり見せたい。しかし、オンライン会議では、タイムラグが生じることが多く、きちんと相手に画像が見えているか分からないことも多い。「見えておりますでしょうか」と言わざるを得なくなるわけだ。これも、ちょっとした工夫で回避できる。要は、別の端末で参加し、自分の画像をチェックしていればいい。別端末には画像も音声もほかの参加者と同じ状態で届く。ちゃんと画像が出ているかどうかに加え、画面の切り替えタイミングや音声の状態もしっかりチェックできるのでオススメだ。どんな状態で自分の声や画像が伝わっているかをしっかり把握した上で会議に臨めば、より中身に集中して参加できるようになるだろう。(BCN・道越一郎)

    オンライン会議の生命線は声


    (出典 news.nicovideo.jp)

    オンライン会議の前に必ずすべきこと……マイクチェック・マイクチェック

    これ私もやってますが、オンライン会議の種類によって困りますよね笑笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【オンライン会議の前に必ずすべきこと……マイクチェック・マイクチェック】の続きを読む


    リモートワークをきっかけに、自宅でも使い始めた人が増えたヘッドセット。口元に近い位置にマイクがあるのは、特にオンライン会議やリモートレッスンではやっぱり安心感があります。

    とはいうものの、不意の大きな物音にキモを冷やすこともしばしば。プライベートな生活音は、できるかぎり拾って欲しくないですよね。そこで紹介したいのが、強力なノイズキャンセル機能を搭載したエレコムのヘッドセット「HS-HP101UNCBK」(実勢価格:1万7000円前後)、「HS-HP100UNCBK」(同:1万5000円前後)。精度の高いマイクとパワフルなノイズリダクション機能が、周囲の生活音を強力にカットしてくれます。


    どこにいても自分の声だけを届けるヘッドセットで雑音をカット!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    どこにいても自分の声だけを届けるヘッドセットで雑音をカット!

    これ便利なテレワークアイテムですね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【どこにいても自分の声だけを届けるヘッドセットで雑音をカット!】の続きを読む


    エレコム株式会社(本社:大阪市中央区取締役社長:柴田幸生)は、会社のデスクや自宅などで、周囲の雑音が相手に聴こえてしまうシーンに最適なデュアルマイクノイズリダクションシステム搭載の片耳、両耳タイプUSB有線ヘッドセットを発売いたしました。


    周囲の雑音(環境音)を拾うマイクと、口元の音声(通話音)を拾うマイクの2つのマイクを搭載し、地下鉄車内など雑音が気になる場所でも相手には図書館レベルの静けさとクリアな音声を提供できる圧倒的なノイズカット性能を搭載。ヘッドバンドとイヤーパッドに柔らかいソフトレザーを採用することで、高級感と長時間でも装着しやすい快適さを実現。折りたたむことができ、収納や持ち運びにも便利です。ボリュームの調整・マイクのオン/オフが手元で操作できるコントローラー付き。

    【周囲の雑音を抑制し、クリアに音声を伝えることができる】
    デュアルマイクノイズリダクションシステムを搭載し、周囲の雑音を抑制し、クリアに音声を伝えることができるUSB有線ヘッドセットです。周囲の雑音(環境音)を拾うマイクと、口元の音声(通話音)を拾うマイクの2つのマイクを搭載。DSPで音声処理するデュアルマイクノイズリダクションシステムにより、不要なノイズカットし口元から発した音声のみをクリアに相手に伝えます。

    最大35dBのノイズカット性能で、地下鉄車内(80dB)で通話している状況でも、相手には静寂な図書館並みの静けさと快適な通話を提供できる圧倒的なノイズカット性能を発揮。40mmのダイナミックドライバーを採用し、バランスのとれた迫力のある高音質を実現。USB接続なのでパソコンヘッドホン端子を使わずにヘッドセットが使用できます。


    ソフトレザーにより、高級感と長時間でも装着しやすい快適さを実現】
    マイクはフレキシルアームで、最適な位置に調整可能です。
    ・アジャスターで使いやすい長さに調節できるヘッドバンドを採用しています。
    ・安定した装着感で長時間の使用でも疲れにくく、しっかりと音声を聴き取れる両耳オーバーヘッドタイプ
    ヘッドバンドとイヤーパッドに柔らかいソフトレザーを採用し、高級感と長時間でも装着しやすい快適さを実現。


    【ボリューム調整などが手元で操作できるコントローラー付き】
    ボリュームの調整・マイクのオン/オフが手元で操作できるコントローラーが付いています。マイクのオン/オフはどちらの状態かをLEDで表示します。


    【周囲の音が聴こえる片耳タイプ
    周囲の音が聴こえる片耳タイプは、ながら視聴に最適。マイクを回転させることで左右どちらの耳にも装着可能。

    片耳タイプ 折りたたみ時

    【しっかりと音声を聴き取れる両耳タイプ
    しっかりと音声を聴き取れる両耳タイプは、ハウジングが90度回転し、フラットにして収納することが可能。

    両耳タイプ 折りたたみ時


    ■製品詳細
    [デュアルマイクノイズリダクション 有線ヘッドセット USB]

    〈片耳タイプ
    型番:HS-HP100UNCBK
    価格:¥14,980(店舗実勢価格)¥13,618(税抜)
    URLhttp://www2.elecom.co.jp/products/HS-HP100UNCBK.html

    〈両耳タイプ
    型番:HS-HP101UNCBK
    価格:¥16,980(店舗実勢価格)¥15,436(税抜)
    URLhttp://www2.elecom.co.jp/products/HS-HP101UNCBK.html


    詳細は下記URLより当社HPをご覧ください。
    https://www.elecom.co.jp/news/new/20211214-08/


    ■ご購入はこちら
    [片耳タイプ HS-HP100UNCBK]
    Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/B09N3LZ7KY/
    ヨドバシ.comhttps://www.yodobashi.com

    [両耳タイプ HS-HP101UNCBK]
    Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/B09N3M6H2Z/
    ヨドバシ.comhttps://www.yodobashi.com

    • 企業情報
    エレコム株式会社は、IT周辺関連製品の開発、製造、販売を行っています。近年では、PCやスマートフォンなどのデジタル分野だけでなく、ヘルスケア・医療・放送・社会インフラなどの様々な分野に進出し、これまでになかった快適さや便利さを「暮らし」と「社会」にお届けしています。新しいテクノロジーがもたらすイノベーションとユーザーをつなぐ“かけ橋”となる、新たな製品やビジネスソリューションを提供いたします。
    • 会社概要
    会社名 :エレコム株式会社
    本社所在地 :大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 LAタワー9F
    設立 :昭和61年1986年)5月
    代表者 :取締役社長 柴田 幸生

    配信元企業:エレコム株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    オンライン会議の雑音対策に!相手に聞こえる騒音を地下鉄車内から図書館レベルまで大幅にカットするUSB有線ヘッドセットを新発売

    これいいですね!
    WEB会議で試してみたくなりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【オンライン会議の雑音対策に!相手に聞こえる騒音を地下鉄車内から図書館レベルまで大幅にカットするUSB有線ヘッドセットを新発売】の続きを読む


    株式会社わかるとできる(代表取締役社長:硲弘一(さこひろかず)、本社:東京都渋谷区、以下当社)は、2021年11月17日(水)に、Zoomを使った大規模オンラインイベントBUNちゃん講演会」を開催しましたことをご報告いたします。イベントではシニアの方を中心に、日本全国から1,500人以上の方が参加しました。
    BUNちゃん講演会とは
    当社の代表取締役社長でもあり、「パソコン教室わかるとできる」の映像講師を務めるBUNちゃん先生と、「パソコン教室わかるとできる」に通学される生徒様の交流を目的としたイベントです。

    Zoomを使ってオンラインイベントを開催した理由
    昨今のコロナ禍により、当社で開催していた集合型イベントBUNちゃん講演会」が中止となっていました。しかし、10年以上教室に通われている生徒の皆様をはじめ、「パソコン教室わかるとできる」の生徒の皆様、卒業された元生徒の皆様はBUNちゃん先生との交流を望んでいました。
    また、当社としても生徒の皆様にZoomを利用することで、ITツールの利便性や楽しさを体験していただきたいと思い、2021年オンラインイベントとして「BUNちゃん講演会」を開催する運びとなりました。

    パソコン教室わかるとできるの講座[オンライン通話アプリZoom)講座]や、教室でのイベント学習、自己学習などにより、Zoomの操作を身に付けた生徒の皆様が多くいたため、オンラインイベントBUNちゃん講演会」を無事に終えることができました。

    BUNちゃん講演会内容
    BUNちゃん先生より
    2021年わかるとできるキャンペーン企画紹介
    ・全国各地の生徒様とBUNちゃん先生との対話


    Zoomの操作を身に付けてITを身近に感じて欲しい
    昨今、ITツールの必要性は益々高まり、その中でもZoom等のビデオ通話サービスの普及は加速しました。
    しかし、話題にはなるものの、「使い方」「活用方法」を知らない方が多くいました。
    そこで、当社では、2020年に[オンライン通話アプリZoom)講座]を開講し、シニア・パソコン初心者の方でも楽しく分かりやすい授業を制作しました。

    ◆参加者の多くは60歳以上のシニア層
    パソコン教室わかるとできる」に通う生徒の約6割が60代以上のシニア層になります。
    今回開催したオンラインイベントBUNちゃん講演会」に参加した方の大半も、60代以上のシニア層でした。「パソコン教室わかるとできる」の目的であるシニア・パソコン初心者へのパソコン学習機会を増やすこと、IT機器を楽しんで活用していただくことへも繋がり、シニアのデジタル化にも貢献できていると実感しました。

    パソコン教室わかるとできる
    パソコン教室わかるとできる」は、全国に約200教室のパソコン教室を展開し、卒業生徒数90万人以上のパソコン教室です。WindowsOffice講座の学習をはじめ、MOS資格対策講座や、パソコンを活用した教室での作品づくり、スマートフォンを学習する講座など、幅広いカリキュラムやイベントを実施しています。

    ◆会社概要
    会社名:株式会社わかるとできる
    代表者:代表取締役社長 硲 弘一
    設立:平成15年4月16日株式会社設立)
    所在地:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町7-3 トミーリージェンシー2F
    TEL:03-5422-3477
    FAX:03-5489-0517
    パソコン教室わかるとできる:https://www.wakarutodekiru.com/
    コーポレートサイト:https://www.wakarutodekiru.co.jp/


    【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
    株式会社わかるとできる
    企画制作部 古屋敷(ふるやしき)
    Mailinfo@wakarutodekiru.com
    電話:03-5422-3477

    配信元企業:株式会社わかるとできる

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    シニアの方もZoomで明るく・楽しく・元気よく!日本全国から1,500人以上参加!Zoomを使った大規模オンラインイベント開催報告

    これ楽しそうなイベントですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【シニアの方もZoomで明るく・楽しく・元気よく!日本全国から1,500人以上参加!Zoomを使った大規模オンラインイベント開催報告】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     シスコシステムズは8月4日、同社が提供するビデオ会議、オンラインミーティング、画面共有ツールWebex」が政府が主導する政府情報システムのためのセキュリティー評価制度「ISMAPInformation System Security Management and Assessment Program)」の評価を完了し、ウェブ会議サービスとして初めてISMAPクラウドサービスリストに登録されたと発表した。

     ISMAPは、内閣官房総務省経済産業省が所管し、政府が求めるセキュリティー要求を満たすクラウドサービスを予め評価・登録することによりセキュリティー水準の確保を図り、円滑な導入に資することを目的とした制度。

     ISO規格やNISTなどの代表的な国際基準制度を踏まえて策定した基準に基づき、各基準が適切に実施されているかを監査するプロセスを経て、クラウドサービスを評価し、暗号化、マルウェアからの保護、ログ取得および監視など1000を超える要求事項への適合状況を審査。セキュリティー対策を実施していることが確認されたクラウドサービスがISMAPクラウドサービスリストに登録される。2021年からは日本の各政府機関がクラウドサービスを調達する際、原則としてISMAPクラウドサービスリストに登録されたサービスから調達することを位置付けている。

     ISMAPは政府機関だけではなく民間企業での活用も想定されており、日本国内におけるクラウドサービスセキュリティー基準を判断する代表的な指標になっていくと予想されており、シスコは今後も継続してWebexのセキュリティーを強化して日本のデジタルトランスフォーメーションに貢献するとしている。

    シスコ「Webex」、政府主導セキュリティー評価制度ISMAPに登録


    (出典 news.nicovideo.jp)

    シスコ「Webex」、政府主導セキュリティー評価制度ISMAPに登録


    これすごいですね!
    まあ、私も毎日使っていますけどね笑笑

    当サイト限定!最大45,000円キャッシュバック!【光マッハ】

    <このニュースへのネットの反応>

    【シスコ「Webex」、政府主導セキュリティー評価制度ISMAPに登録】の続きを読む

    このページのトップヘ