ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:ビジネス > TV会議システム


    まめなアップデートで、オンラインコミュニケーションをどんどん快適なものにしてくれるZoom

    先日公開されたばかりの「バージョン5.2」では、フィルター明るさの調整など、見た目をカスタマイズできる機能が追加されています。

    「そろそろ画一的な複数画面に飽きてきた…」という方にとっては、ちょっと新鮮な。また、照明やマイクにあまりお金をかけたくない方にとってもうれしいZoomの新機能をご紹介していきます。

    目次

    1. 見た目を簡単に変えられるビデオフィルター

    2. 画面の明るさが細かく調整できるように

    3. 背景音の調整がパワーアップ

    4. PowerPointのスライドをバーチャル背景にできる

    5. ハートクラッカーが追加されて反応が6種類に


    見た目を簡単に変えられるビデオフィルター

    Zoom飲みなんかを盛り上げてくれそうなフィルターは、設定パネル「背景とフィルター」の「ビデオフィルター」タブにある一覧から選べます。

    カラーフィルター(白黒、シナモンクリーム…)、フレーム(劇場、レトロテレビひまわり…)、アクセサリーマスクサングラスウサギ…)が豊富に用意されていて、装着すればバーチャル感がアップ。複数画面表示では多彩な見た目になること間違いなしでしょう。


    画面の明るさが細かく調整できるように

    Screenshot: 山田洋路 via Zoom

    個人的に一番利用したいと思ったのが照度の調整機能。「ビデオ」の設定に、「低照度に対して調整」項目が追加されています。

    プルダウンで手動を選ぶことで、スライダーにて画面の明るさを調整できるようになります。これでLEDライトは不要になるかも。


    背景音の調整がパワーアップ

    真剣にミーティングしているときに家族の声が入り、急に生活感が出てしまうことがありますよね。おそらくそんなユーザーの声を拾ってくれたのでしょう、今回のアップデートでは背景音の調整機能が強化されています。

    Screenshot: 山田洋路 via Zoom

    オーディオ」にある「背景雑音を抑制」項目では、自動+3段階の中から調整レベルを選べるようになっています。

    デフォルトの「低」では、ヨガなどでほのかBGMが必要なときに。「高」になると強力に背景音を抑えてくれるようです。


    PowerPointのスライドをバーチャル背景にできる

    Screenshot: 山田洋路 via Zoom

    まだベータ機能ですが、PowerPointKeynoteのスライドを、バーチャル背景として挿入できるようになりました。

    Screenshot: 山田洋路 via Zoom

    設定は、ミーティング画面で表示されるコントロールバー「共有画面」の「詳細」タブから。

    これで自身の映像がプレゼン資料と一体化します。映像の位置や大きさ画面に合わせて変えられますよ。もちろんスライドの操作ができるため、プレゼンの説得力が増すんじゃないでしょうか。


    ハートやクラッカーが追加されて反応が6種類に

    Screenshot: 山田洋路 via Zoom

    さらには、反応が6種類に増えるといった細かい追加も。こうした機能はZoom5.2にアップデートするとすぐに使えます。

    オンラインでのやり取りが増えるなか、服装や化粧、ジェスチャーといった旧来のノンバーバル・コミュニケーションツールよりも、バーチャルなものがハバを効かせるようになりそう。ニューノーマルへの対応はお早めに。

    あわせて読みたい

    Web会議にもコツがある。10万回以上の経験者が語った実はシンプルな極意

    Marvelやマリオも! Zoomのバーチャル背景を探す5つの方法

    リモートワークに必須!有料・無料WEB会議アプリおすすめ8選(Zoom以外で)

    Image: Zoom

    Source: Zoom



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Zoomがアップデート! フィルターやバーチャル背景など新機能を追加

    Zoomの進化がいいですね!!
    セキュリティの強化は大丈夫なんでしょうかね?


    <このニュースへのネットの反応>

    【Zoomがアップデート! フィルターやバーチャル背景など新機能を追加】の続きを読む


    コロナ禍ZoomMicrosoft TeamsといったWeb会議ツール存在感を増しているが、YouTubeなどのネット動画を視聴すると、外出自粛の関係からSkypeを用いてリモート出演する文化人を多く見かけた。海外の報道によれば、新型コロナウイルスの影響で2020年3月のSkype利用者数は月間1億人に達したという。

    そんなSkypeも、Windows 10では迷走してきた。現状、UWP版となるSkype for Windows 10と、デスクトップアプリ版のSkype for Desktopの2種類が存在する。加えてWeb版やmacOS版、Linux版、AndroidiOSで動作するモバイル版もあるが、それぞれ異なる進捗で開発が進んできたため、プラットフォームによってUXが異なるという問題が発生していた。しかし、米国時間2020年6月23日リリースしたバージョン8.61でこの問題は解消されるという。

    最新版のリリースノートMicrosoftは、「Skype for Windows 10バージョン14)に別れを告げ、Skype for Windows 10バージョン15)に挨拶しよう)」と述べている。また、サポートページでも、「Skype for Windows 10Skype for Desktopが1つになり、一貫したエクスペリエンスを提供できる」と説明。

    ただし、Skypeクライアントが1つになるわけではない。UWP版のSkype for Windows 10は「14」から「15」へバージョンアップするが、Skype for Desktopは引き続き最新バージョンを提供し続けるようだ。

    ユーザーとしては、Windows 10にプリインストールされているUWP版のSkype for Windows 10を使うのが自然で、バージョン15で最新機能が使えるようになるわけである。だが筆者としては、Skype Insider Programで入手可能なSkypeレビューの利用をおすすめしたい。

    今回、複数の環境で各Skypeの動作を検証していたところ、Microsoft Store経由でSkypeレビューの更新を行うことを確認したからだ。今後Skype for Windows 10が順当にバージョンを重ねるかは不明だが、Skypeレビューなら最新機能を利用できると同時に、Microsoft Storeでバージョンアップ操作を不要にできる。

    ただ、MicrosoftSkypeに継続的な投資を行うのか疑問も残る。米国時間2020年6月22日Microsoftは、モバイルMicrosoft Teamsのコンシューマー利用が可能になったことを発表したからだ。本来、Microsoft TeamsはMicrosoft 365の契約と、Azure AD(Active Directory)アカウントによるサインインを必要とするが、最新版ではMicrosoftアカウントによるサインインによって、「組織」とは異なるコミュニケーションを可能にした。

    限られた開発リソースSkypeMicrosoft Teamsに分散するよりも、Microsoft Teamsを拡充する方向に進むのが賢い判断といえる。Microsoft TeamsがSkype for Businessを吸収統合したように、SkypeMicrosoft Teamsに取り込まれるのではないだろうか。
    阿久津良和)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10で動く「Skype」の行方 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

    確かに「Skype」って、Microsoft Teamsの方が今は需要多いですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Windows 10で動く「Skype」の行方 - 阿久津良和のWindows Weekly Report】の続きを読む


    純利益が137倍...!?「Zoom企業」の爆進が凄いことに。。


    Zoomすごいことになっていますね!!

    まあ、賛否両論あるでしょうが笑




    【純利益が137倍...!?「Zoom企業」の爆進が凄いことに。。】の続きを読む


    リモートワークで一気に利用者が増えたオンラインビデオ会議。リモート体制を継続したり、併用している企業が多いようなので、今後も活用する機会がありそうです。今回は、そのビデオ会議サービスのひとつ、Zoomでよく使われる「バーチャル背景」機能に、iPhoneで撮影した写真を設定する方法をご紹介します。
    バーチャル背景機能とは?

    Zoomデスクトップアプリで使用できる「バーチャル背景」とは、人物を自動的に任意の背景画像に合成できる機能です。いわゆる特撮のグリーンバック合成のようなものですが、グリーンバックがなくてもある程度の精度で合成してくれるのが特徴です(グリーンバックを使うとより精度の高い合成ができます)。

    バーチャル背景にはあらかじめ数点の画像が用意されていますが、自分で用意した画像を使うこともできます。

    画像を用意する際のポイントは、カメラの画角と画像の縦横比を合わせること。カメラの画角は、デスクトップアプリの「設定」メニューで確認できます。

    iPhone16:9の写真を撮影しよう

    iPhoneカメラは複数の種類から縦横比を選んで撮影することができます。Zoomの背景用には16:9の比率を選択しましょう。

    Zoomに背景画像を読み込む方法

    撮影した写真をZoomバーチャル背景に設定しましょう。

    外出自粛制限が緩和されても、今後は会議やミーティングにオンラインビデオ通話を使う機会が多くなりそうですね。商談用、Zoom飲み用など、いろいろなバーチャル背景を用意してみてはいかがでしょうか。
    (笠井美史乃)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhone基本の「き」 第400回 Zoomのバーチャル背景をiPhoneで撮影する方法

    これ自分で撮影したやつ背景にできるんでですね!!

    すごい!!


    【速度制限とさようなら】エキサイトモバイル

    <このニュースへのネットの反応>

    【 Zoomのバーチャル背景をiPhoneで撮影する方法】の続きを読む


    Image: ZOZOTOWN

    こういうアイデア、とても好き。

    ファッション通販サイトでお馴染みのZOZOTOWNが、Zoomバーチャル背景機能を使った新しいファッション体験を特設サイトで公開しています。

    背景を自由に変えられるように、服の模様も自由に変えられたら…? そんなSTAY HOMEのちょっとしたネタから生まれた「GREENBACK TEE COLLECTION 2020」はZOZOが提案する未来のファッションなのかもしれません。特設サイトでは、ZOZOオリジナルの動画や静止画などのフィルターも公開されていますよ。

    Image: 株式会社ZOZO

    Zoomの背景を綺麗に映すために、グリーンバックを使ったことがある方も多いかもしれません。ですが、今回ZOZOが提案したのは、グリーンバックを着てみるといったもの。グリーンバックを背景として使うのではなく、ファッションとして活かすこのアイデアはZOZOならではの強みですね。

    バーチャル背景機能を使って、グリーンバックTを楽しむ方法は以下の通りです。

    1. グリーンカラーTシャツを着て、Zoomを起動。

    2. 画面左下に表示されてるビデオロゴ横の矢印をクリックし、バーチャル背景を選択」を選ぶ。

    3. Tシャツに表示したい画像や動画を+ボタンを押して追加する。このとき、グリーンスクリーンがあります」チェックするのをお忘れなく。

    また、GREENBACK TEE COLLECTION 2020は、既に緑色のTシャツを持っている場合はそれでOKですが、ZOZO公式からも小さなロゴ入りの「ZOZO GREENBACK TEE(2,020円、税込)の発売します。購入はこちらから。

    Zoomの背景を変えて盛り上がるのも楽しいですが、自分好みのデザインTシャツを見せ合うなんて楽しみ方も面白いかもしれませんね!

    Source: 株式会社ZOZO(1, 2, 3



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Zoomのバーチャル背景の、まさかの使い方。ZOZOが「グリーンバックTシャツ」を発売

    これ面白いですね!!

    さすがZOZOうまく取り入れてますね!!笑


    <このニュースへのネットの反応>

    【Zoomのバーチャル背景の、まさかの使い方。ZOZOが「グリーンバックTシャツ」を発売】の続きを読む

    このページのトップヘ