ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:ビジネス > TV会議システム


    新型コロナウイルスの感染拡大で、オンライン会議や授業の需要がふえている。中でもビデオ会議アプリZoom」は手軽なことで人気だが、関係ない第三者がまぎれこみ会議を妨害する「Zoom Bombing(Zoom爆弾)」が世界的に問題となっている。

    香川大学でもガイダンス中、突然、何者かによって性的画像や文字の羅列が流される事態があった。担当者は「びっくりして、切断するかどうか一瞬で判断できなかった」と振り返る。

    ガイダンスはやり直しに

    担当者によると、「Zoom爆弾」の被害にあったのは、4月17日9時から予定されていた経済学部のガイダンス。約270人が参加予定で、Zoomの招待URLは学内ポータルに貼られた。

    この日はオンライン授業の初日。当時、会議にパスワードはかかっておらず、参加するにあたってホストの承認を得る設定にはなっていなかった。

    ガイダンス開始から10分ほど経ったころ、突然画面共有する形で性的な映像や画像が流れた。フランス語のような文字の羅列も共有された。数人の教員が「切ったほうがいい」と判断し、招待URLを作り直したという。

    これ以後、教員や職員、学生にURLは外部に漏らさないよう伝え、画面共有はホストに限り参加を承認制にするなど、Zoomの設定を見直したという。

    勝手に無関係のオンラインミーティングに入って荒らす行為に、法的問題はないのだろうか。伊藤諭弁護士に聞いた。

    不正アクセス禁止法違反になるのか?

    ーー設定次第でリスクは防げるようですが、対策をしないと「Zoom爆弾」のリスクもあるようです。法的にはどう考えられますか

    まず、この犯人が、無断で会議の招待URLを入手したり、9〜10桁の数字で構成されているミーティングIDを打ち込んだりして、本来は入れないZoom会議に参加したという点について、不正アクセス禁止法違反が成立するかどうかという問題があります。

    ーー不正アクセス禁止法はどのような法律ですか

    不正アクセス禁止法における「不正アクセス」とは、ネットワーク回線を通じて、アクセス制御機能を持つ電子計算機(コンピュータ)にアクセスし、他人の「識別符号」を入力し、アクセス制御機能を作動させて、本来制限されている機能を利用可能な状態にする行為(不正アクセス禁止法第2条4項第1号)などをいいます。

    ここでいう「識別符号」とは、「アクセス管理者によってその内容をみだりに第三者に知らせてはならないものとされている符号」(同法2条2項1号)とされ、典型的には「IDとパスワード」があげられます。

    ーー今回、会議のURLは、学内ポータルに貼られたそうです。また、当時、パスワードを設定していなかったので、数字からなるミーティングIDさえわかれば会議に参加できる状態でした

    今回は、学内ポータルに貼られたURLまたはミーティングIDが不正に利用されたということで、これらが「識別符号」にあたるかどうかが問題になります。

    このURLやミーティングIDは、本来この大学のガイダンスに参加する者だけが知りうることを予定され、一般に公開されているわけではありません。その意味で、このURL自体、またはミーティングIDが識別符号であるという解釈もあり得なくもありません。

    しかし、サーバ自体は一般に向けてアクセスを許しており、パスワード等の設定がない以上、URLを識別符号と見ることは困難だと思われます。そもそもこのURLが「他人の」識別符号かという疑問もあります。

    数字で構成されているミーティングIDについては、そのIDを当てずっぽうで打ち込みさえすればパスワードの入力なく誰でも参加できてしまうという意味で、やはり識別符号とみるのは無理があると考えます。

    業務妨害罪に当たる可能性

    ーー画像を流すなどの妨害行為はどう捉えられますか

    このURLアクセスして、本来のガイダンスとはまったく関係のない画像や映像を流すことで、大学の業務を妨害していることは明らかであって、威力業務妨害罪(刑法234条)ないしは偽計業務妨害罪(刑法233条)が成立するものと考えられます。

    一般的に「威力」なのか「偽計」なのかは、その行為の態様が、公然・誇示的、可視的であれば「威力」、そうでなければ「偽計」と考えられています。

    【取材協力弁護士
    伊藤 諭(いとうさとし弁護士
    1976年生。2002年弁護士登録。神奈川県弁護士会所属(川崎支部)。中小企業に関する法律相談、交通事故、倒産事件、離婚・相続等の家事事件、高齢者の財産管理(成年後見など)、刑事事件などを手がける。趣味はマラソン
    事務所名:弁護士法人ASK市役所通り法律事務所
    事務所URLhttps://www.s-dori-law.com/

    香川大でも「Zoom爆弾」、ガイダンス中「性的画像」の共有…犯罪にならないの?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    香川大でも「Zoom爆弾」、ガイダンス中「性的画像」の共有…犯罪にならないの?


    これヤバイですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【Zoom爆弾】香川大】の続きを読む


    サイバー攻撃ではマルウェアの感染を効率的に行うために、時事が巧みに用いられる。本稿執筆時点では、新型コロナウイルスが世界規模で感染を拡大しており、サイバー攻撃でも新型コロナウイルスに関連した動きが活発に行われている。

    そうした動きの1つにZoomの悪用がある。新型コロナウイルスの影響でテレワークリモート授業へのシフトが進み、ビデオ会議を実現するためのツールとしてZoomの利用が急増したためだ。サイバー犯罪者はこの状況を巧妙に悪用しており注意が必要。

    Trend Microは4月29日(米国時間)、「WebMonitor RAT Bundled with Zoom Installer - TrendLabs Security Intelligence Blog」において、Zoomインストーラを用いてリモートアクセス型のマルウェアRevCode WebMonitor RAT」の感染を行う攻撃を確認したと伝えた。この時、Zoomそのものは正規のアプリケーションインストールされるため、ユーザーマルウェアインストールされたことに気が付かない可能性がある。

    このマルウェアにより、次のような攻撃を受ける危険性があるとされている。

    レジストリやファイルの追加、削除、変更の実施
    コネクションのクローズ
    ソフトウェアおよびハードウェア情報の窃取
    Webカメラドライバやスナップショットの窃取
    音声の記録
    キーストロークの記録
    プロセスサービスの開始、終了、一時停止
    スクリーンストームの開始と終了
    ワイヤレスアクセスポイントの開始と終了

    Zoomや正規のアプリサイト以外からZoomインストーラを取得してインストールを行った場合は注意が必要。Trend Microはフィッシングメール経由でこうした細工されたソフトウェアダウンロードへ誘導されるとしている。なお、確認された攻撃ではZoomバージョン4.6が使われていた。Zoomはすでにバージョン5.0が公開されている。

    Trend Microは正規のソースからインストーラをダウンロードすることや、アプリケーションは常に最新のバージョンへ更新すること、ビデオ会議にはパスワードを設定するなど安全な設定で使用することなどを推奨している。
    (後藤大地)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Zoomに注意、アプリは本物でもマルウェアがインストールされているかも

    皆さんも気をつけてくださいね!!
    結構個人でも使ってますもんね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【Zoomに注意】】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     米オラクル2020年4月28日(現地時間)、オンラインビデオコミュニケーションサービスZoom」を提供する米ズーム ビデオ コミュニケーションズが、サービス提供基盤としてオラクルのIaaS「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を採用したと発表した。Zoomにおける急激なサービス需要増加に対応するためで、すでにOCIのサーバーを通じて「毎日7ペタバイト(HDビデオ換算で約93年分)」のデータを転送していると述べている。

     新型コロナウイルス感染症COVID-19)拡大に伴って、世界中でビデオ会議サービスの利用が急拡大している。Zoomでも、昨年(2019年12月は1日あたり約1000ユーザーだった会議参加者数が、今年2月には約2億ユーザーに、そして3月には1日あたり約3億ユーザーと、4カ月間で30倍に急拡大した。オラクルのブログ記事によると、こうした急拡大は、企業におけるビデオ会議の需要増加に加えて、教育機関に対する無料サービス枠の拡大によって遠隔授業に利用されるケースが増えたことが要因だという。

     これに伴って、Zoomは追加のクラウドキャパシティを迅速に用意する必要に迫られた。オラクルではこれに応じ、OCIへのZoom展開を数時間で完了して、数十万ユーザーが同時に会議参加できるクラウドキャパシティを確保。さらにその後、遠隔授業での利用が増加した際にもキャパシティを拡張して、フル運用が実現した現在では数百万ユーザーの同時参加にも対応できるという。

     Zoom CEOのエリック・S・ユアン(Eric S. Yuan)氏は、オラクル発表の中で「複数のプラットフォームを調査した結果、キャパシティを迅速に拡張し、新規ユーザーのニーズを満たすうえで『Oracle Cloud Infrastructure』が有益だと判断した」と述べたうえで、選定理由として高いセキュリティパフォーマンスサポートレベルという3点を挙げている。

    * * *

     なお今回のオラクル発表は触れていないが、4月28日付のロイター記事によると、これまでZoomサービスは、自社設備のデータセンターと、Amazon Web ServiceAWS)やMicrosoft Azureのクラウドインフラを併用する形で運用されてきた。同記事では、今回のOCI採用は他社クラウドからの乗り換え(全面移行)ではなく、AWSAzureとの併用だとしている。

     ただし上述のロイター記事は、現在では「Zoomトラフィックの大部分」をOCIが処理しているというZoomオラクル幹部のコメントも取り上げている。従来からオラクルではAWSと比較した場合のOCIのネットワークコストの優位性アウトバウンドトラフィック料金の安さ)を強調しており、大容量のビデオトラフィックを伝送しなければならないZoomサービスの中核部分をOCIに移行したことも考えられる。

    ビデオ会議ツールZoom、利用急拡大への対応で「Oracle Cloud」採用


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ビデオ会議ツールZoom、利用急拡大への対応で「Oracle Cloud」採用

    これいいですね!!そういう対応もいいですけど、
    セキュリティしっかりとして欲しいな!
    安全が大事ですもんね!!
    まあ、無料で使えるから文句言えませんが、
    でも大前提ですよね!!



    すべての作品が見放題【ABEMA】

    <このニュースへのネットの反応>

    【ビデオ会議ツールZoom、利用急拡大への対応で「Oracle Cloud」採用】の続きを読む


     テレワークを円滑に進めるうえで欠かせないビデオ会議。利用者数ではZoomが頭ひとつ抜けて多い印象だが、これに負けじと“老舗コミュニケーションツール”もビジネス向けのビデオ会議のサービスを続々とリリース

     4月5日Skypeが、URLだけで会議に参加でき、ブラウザからも利用可能な新機能「Meet Now」を。そして4月25日にはFacebookが最大50人が無料で使えるという「メッセンジャールーム」機能の提供を発表。さながら戦国時代の様相を呈してきている。

    オンライン会議
    ※画像はイメージです
     今回はSkypeの「Meet Now」での会議の実施方法や、参加する場合の操作手順などを紹介しよう。

    Skypeの新機能「Meet Now」を紹介!

     会議用のURLを発行するには、「Meet Now」のページアクセスし、「無料の会議を作成」をクリックする。なお、会議を主催するのにSkypeアカウント作成は必要ない。同じテレビ会議ツールとして人気の「Zoom」はホストのアカウント作成やアプリダウンロードが必要なため、手軽さではこちらが優る。

    meetnow
    ワンクリックで簡単にURLを生成できる
     会議のURLが表示されたら、右端のアイコンクリックするとクリップボードコピーされる。メールなどにペーストして参加者に伝えよう。このときに、会議の開始時間も一緒に伝えておくとよい。

    meetnow
    参加者全員にURLを知らせよう
     会議をスタートするときは、画面の「通話を開始」をクリックして、アプリを開くかどうかの確認メッセージが表示されたら「Skypeを開く」をクリックする。もし、会議URLの生成後にこの画面を閉じてしまった場合は、参加者に送ったURLアクセスすれば会議を開始できる。

    meetnow
    Skypeアプリが自動で起動する

    URLにアクセスして会議に参加する

     他の参加者がURLアクセスして会議に参加すると、Skypeアプリの画面上に名前が表示される。なお、この時点ではまだ通話は開始されていない。

    meetnow
    ここが会議室になる。参加者が無事にURLアクセスできているかを確認できる
     会議の開始時間になったら、画面右上の「通話を開始」をクリックする。ビデオの確認画面が表示されるので、映り方や背景をぼかすかどうかを確認して、「通話を開始」をクリックしよう。

    meetnow
    部屋の様子を見せたくない場合は「背景をぼかす」をオンにしておくとよい

    招待された会議に参加する

     参加者が会議に参加する手順も簡単だ。まず、主催者から送られてきたURLアクセスする。

    meetnow
    主催者からメールなどで伝えられたURLクリック
     端末にSkypeアプリインストールされている場合は、アプリを開くかどうかの確認メッセージの後にアプリが開き、会議の画面が表示される。

     主催者など他のユーザーが通話を開始すると、右上のボタンが緑色に変わるので、クリックして通話に参加しよう。

    meetnow
    ボタンの色が青なら通話開始前、緑なら通話が始まっている

    Skypeアプリを使わずに会議に参加する

     SkypeアプリをPCにインストールしていない場合や、インストールしていても自分のSkypeアカウントを使いたくない場合は、「ゲスト」としてブラウザから会議に参加することも可能だ。URLクリックした後に表示される画面で「ゲストとして参加」をクリックする。

    meetnow
    1回限りの臨時アカウントビデオ通話に参加できる
     この会議で使う名前を入力し、「参加」をクリックする。なお、このゲストアカウントには24時間の有効期限があるので、会議当日に参加の操作を行うようにしよう。

    meetnow
    ここで入力した名前は、この会議だけで使用される
     ブラウザSkypeの会議画面が表示される。アプリの場合と同様に、会議が始まったら「通話に参加」をクリックして会議に参加できる。

    meetnow
    ブラウザは、Microsoft EdgeおよびGoogle Chromeに対応している

    会議中の操作をマスターする

     ビデオ会議中の基本操作は、通常のSkypeの場合と同様だ。上部の四角いアイコンクリックすると表示されるメニューからは、各参加者が同じサイズで表示される「グリッド表示」と、発言中の人が大きく表示される「話者ビュー」を切り替えられる。

    meetnow
    会議の目的や種類に応じて表示を切り替えよう
    「リアクション」ボタンでは、他の参加者の発言に対する意思表示を絵文字を使って簡単に行える。また、「チャットアイコンクリックすると画面右側にチャット用のウィンドウが開き、通話と同時進行で文字ベースチャットでやりとりできる。

     また、「画面共有」アイコンクリックして、次の確認画面で「画面を共有」をクリックすすれば、他の参加者に自分のPC画面を見せながら話すことが可能だ。

    meetnow
    「リアクション」は、声を出さずに意思表示できるので便利
     URLだけで簡単にSkypeが使えるMeet Nowは、通常のSkypeのように事前にアカウントを交換する必要がなく、主催者、参加者ともに負担が少ない点がメリットだ。ビデオ会議にまだ慣れていないという組織でも導入しやすいのではないだろうか。

    TEXT/酒井麻里子>

    【酒井麻里子】

    スマホやPC、ガジェットといったデジタルアイテムや、ビジネスに役立つアプリ、日用品などに関する記事を執筆。Twitterは@sakaicat

    ※画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Skypeの新機能「Meet Now」が便利!ワンクリックでビデオ通話に参加

    これ便利ですね!!
    テレワークにはもってこいのビデオ通話ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Skypeの新機能「Meet Now」が便利!ワンクリックでビデオ通話に参加】の続きを読む


    【Facebook】Zoomのようなフェイスチャット機能が追加!


    FacebookにZoomのようなフェイスチャット機能が追加!ARやVRを利用したフィルターも使用できる仕様に

    これいいですね!!
    いろんなとこで使わないと
    データ(トラフィック)逼迫しますもんね!!

    だんだん映像悪くなったり笑





    Facebook
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「Zoom」のようなWeb会議サービスの需要が高まっている中、Facebookで新たな機能がスタートし、話題となっている。

    Facebookに新たなフェイスチャット機能が追加!

    この度、スタートしたFacebookの「Messenger Rooms」は、Zoom同様のフェイスチャット機能で、FacebookもしくはMessengerから簡単に起動させることができる機能だ。PCもしくはスマートフォンがあれば、誰でも参加することができ、アプリダウンロードも不要となっている。 またFacebookアカウントを持っていないという方でも気軽にこの機能を利用することができFacebookアカウントを持っている方は、Facebook内のフィードやグループ、もしくはイベント機能などを活用してチャットを開始できるため、それぞれの用途ごとにチャットの使い分けが簡単にできるのも注目のポイントだ。加えて、Messengerアプリを使用してのチャットであれば、Messenger内のAR加工フィルターも使用でき、またZoomのように、背景も変更できるため、よりインタラクティブなビデオチャットが可能になる。 Facebook Facebook 将来的には1つのビデオチャットに50名ほどが参加しても運用できる仕様になることも発表されており、また、InstagramのDM機能である「Instagramダイレクト」やWhatsAppPortalでの運用も今後開始されるようだ。これらのアプリを使用すれば、より一層簡単にビデオチャットができるようになる。現在日本での導入は発表されていないが、今後の動向に期待したい!
    Facebook
    Photo via Facebook Newsroom

    Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Facebook】Zoomのようなフェイスチャット機能が追加!】の続きを読む

    このページのトップヘ