ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > キャリア


     1月13日KDDIが発表したauのウェブ専用ブランド「povo」は、ネット通話アプリで十分という若いユーザー向けに、月500円の「5分以内かけ放題」を、基本料金の月20GBで2480円から切り離した。大手キャリアでありながら、自ら「5分以内かけ放題」をバンドルしないことで、「そもそも国内通話料金って何?」というユーザーが抱える古くて新しい疑問であるパンドラの箱を開けた形だ。KDDIはどこを目指すのか。

    画像付きの記事はこちら




    ●500円で750秒(12分30秒)しか話せない不思議



     オンライン会見でKDDIの高橋誠社長は、「通話はインターネット通話アプリで十分というお客様が非常に多い。(KDDIの)スマートフォンスマホ)を使う20代以下のお客様のうち、通話時間が月10分未満の方は6割以上になっている」と、5分以内かけ放題を切り離すことで2480円の「最安値」を実現した背景を語った。

     最安値というのは、NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」の月20GB、2980円よりも500円安いという意味においてだ。実際には、NTTドコモソフトバンクも「5分以内の通話無料」が含まれるため、povoも5分以内かけ放題(月500円)の条件を合わせれば同じ2980円となる。

     ただ、LINEFacebookのメッセンジャーなどのネット通話アプリで十分という人にとって、5分以内かけ放題の料金が含まれない分だけ安くなるのは魅力的だろう。本当に国内通話が必要なときは、月500円で「トッピング」すれば、いつでも5分以内かけ放題が使えるため、心配もない。

     実際、新型コロナ対策でテレワークが広がったことで、ZoomTeams、LINE、メッセンジャーなど、ネット通話アプリで通話や動画で会議をするのが日常的になった。そんな中、リモート会議をスマホの国内通話で行う人など皆無といっていいだろう。

     ちなみに、KDDINTTドコモソフトバンクも、標準の国内通話料金は30秒ごとに20円の設定。500円で750秒(12分30秒)しか話せない。リモート会議などで使ったら、お金がいくらあっても足りない。たとえ、かけ放題を使ったとしても、5分以内にかけ直しながら会議するのも現実的ではない。つまり、現状の国内通話料金の設定自体が、リモートワークになじまない、かけ離れた体系になってしまったのだ。

     KDDIのpovoの月2480円プランでは、国内通話は30秒ごとに20円となる。くれぐれもスマホの国内通話を使わず、ネット通話アプリ専用にするように気を付けたい。povoはウェブでの契約が基本なので、ネットリテラシーの高い若いユーザーが使うと考えられるが、そうではないユーザーが契約して知らずに30秒20円で通話して、後から高額請求がきたというトラブルに陥らないかは、あらかじめ懸念されるところだ。


    ●あらゆる機能を「トッピング」化するのか!?



     さて、5分以内かけ放題を基本プランから切り離したKDDIは、何を稼ぎ頭にするのか。それが、シーンに応じて使いたいときに支払うトッピングだ。トッピングの第一弾は、5分以内かけ放題と、「200円24時データ使い放題」の二つでスタートする。

     KDDIの高橋社長は会見で、povoの発表をした直後から、さまざまなパートナーからトッピングに参加したいという声やアイデアが寄せられていることを明かすなど、トッピングの反響は大きいようだ。

     あるスポーツの試合だけを見る、ある映画や2時間ドラマだけを見る、個人の好みや使い方に応じてクーポンがもらえるなど、すでに社内からもトッピングアイデア出しで盛り上がっているという。

     当然ながらトッピングは、KDDIが経営戦略の重要テーマに掲げている、通信とライフデザインの融合も視野に入れているのだろう。平たくいってしまえば、トッピングの金融事業への拡大だ。

     具体的には、スマホ決済アプリのau PAYやPontaポイント、ECのau PAY マーケットのほか、auじぶん銀行、auアセットマネジメント、auカブコム証券などグループの金融サービスとの融合である。これらの多種多様なサービスが、細かくトッピングメニューとして登場してくることは容易に想像がつく。

     今回、povoによる「5分以内かけ放題」の切り離しで開けられたパンドラの箱は、トッピングによる新しいサービスで稼ぐというKDDIの不退転の覚悟を示しているように思えてならない。(BCN・細田 立圭志)
    「5分以内かけ放題」を切り離したKDDIの「povo」の狙いとは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    そもそも国内通話料金って何? パンドラの箱を開けたKDDIの「povo」

    これ確かにオプション選べるのいいかもですね!!


    360°カメラ【PanoClip】をご入力下さい。


    <このニュースへのネットの反応>

    【そもそも国内通話料金って何? パンドラの箱を開けたKDDIの「povo」】の続きを読む


    携帯電話値下げの旗振り役がまともな判断をできない」という、地獄のような展開です。詳細は以下から。

    ◆au新プランが「非常に紛らわしい」?
    産経新聞社の報道によると、武田良太総務大臣が本日行われた会見において、月間20GB使えて月額2480円のau新プラン「povo(ポヴォ)on au」について「非常に紛らわしい発表だった」と不快感をあらわにしたそうです。

    これはpovo on auが競合する「ahamo」「SoftBank on LINE」と違って5分間通話定額が月額500円オプション扱いとなっているため。

    武田大臣は「国民に対してあたかも一番安いと思わせるやり方。非常に残念だ」「最安値といいながら他社と結局同じ値段だ。無用なトラブルがおきないよう、もっと分かりやすいやりかたを考えていただきたい」とコメントしています。

    ◆音声通話定額を抱き合わせた側の肩を総務大臣が持つ矛盾
    音声通話をほとんど利用しないユーザーのために、通話定額をオプション扱いとして最低料金を引き下げたauに不快感が示されるという、なんとも理不尽な武田大臣の発言。

    データ通信メインユーザーが大手3社で最も安く使えるのは事実な上、「そもそも5分間通話定額を抱き合わせ、必要ないユーザーにまで支払わせるドコモソフトバンクが問題」という考えにならないことに驚かざるを得ません。

    実際のところドコモソフトバンク24時間通話定額はオプション扱い。不完全ながらも「必要に応じて通話定額オプションを選べる」点はauと同じで、auだけ「非常に残念」「紛らわしい」などと攻撃されるのもおかしな話です。

    ahamo:月額2980円(5分通話定額付き、24時間通話定額は+1000円
    povo on au:月額2480円(5分通話定額は+500円24時間通話定額は+1500円)
    SoftBank on LINE:月額2980円(5分通話定額付き、24時間通話定額は+1000円

    「5分間通話定額を抱き合わせているドコモソフトバンクの肩を持つ」という、本当に消費者の立場に立って物事を話しているとは思えない武田大臣の発言。

    携帯各社の20GBプランはそもそもリテラシーの高い層に向けたオンライン専用プランのため、消費者が内容を理解できないとも思えず、異議を唱える武田大臣自身のリテラシーが低いのではないか……という気がしてなりません。

    ちなみにドコモの完全子会社化を認めた日本政府はNTTの大株主。武田大臣の発言はNTTを勝たせたい「親方日の丸」的な発想に基づいたポジショントークでないかとすら疑ってしまいたくなります。

    コメントを見る

    【総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい】を全て見る

    総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい

    これすごいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい】の続きを読む


     NTTドコモ1月14日、家族やパートナーが契約しているドコモ回線の数に応じて利用料を割り引く「ファミリー割引」の方針を見直すと明らかにした。3月に提供予定の新プランahamo」の契約者も“家族”としてカウントする。

    【その他の画像】

     従来の方針では、ahamoユーザーはカウントの対象外。家族の一員が既存プランからahamo乗り換えた場合、カウント対象の回線が減るため他の家族の割引率が下がることがあった。

     今回の変更によって、ユーザーの家族が既存プランからahamo乗り換えても割引率を維持する。ドコモ広報部は「ユーザーからの要望によって方針を転換した」と説明している。

     ahamoユーザーをカウントの対象外としていたのは、ahamoを複雑な割引のないシンプルプランとして売り出すため。ahamoファミリー割引を適用できない点は変わらず、ahamo自体の月額料金は下がらない。

    ahamoのWebサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ドコモ、ファミリー割引で方針転換 ahamo契約者も“家族の一員” 割引率を下げず


    これ最高の割引ですね!!


    今なら、3000円分のギフト券がもらえる0円でんき

    <このニュースへのネットの反応>

    【ドコモ、ファミリー割引で方針転換 ahamo契約者も“家族の一員” 割引率を下げず】の続きを読む


     「auの新プランで心が揺らぐ」「auを見捨てないでよかった」――KDDIが新プラン「povo」(ポヴォ)を発表した1月13日Twitterで一部ユーザーからこんな声が上がった。つい1カ月前は、新しい5Gプランが条件付き割引を設けている点が批判を集め、「さよならau」「au解約」といったワードがトレンド入りしたが、今回は好意的な意見が目立った。

    【その他の画像】

    ●「トッピング」で他社と差別化

     povoは3月にリリース予定。月間データ容量は20GB、月額料金は2480円(税別、以下同)。国内通話の際は30秒ごとに20円の通話料金が発生する。データ容量の上限、契約をネット限定で受け付ける点、若年層をターゲットとする点は、NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの新プラン(名称未定)と同じだが、月額料金は2社の2980円より安価だ。

     さらに他社と異なる点は、ユーザーが期間限定でオプションを適用できる「トッピング」と呼ぶサービスだ。開始当初は「5分以内通話かけ放題」(月額500円)や「データ使い放題 24時間」(1回200円)など数種類だが、順次拡大する予定だ。

     このサービスについても、Twitter上では「シンプルに見せて複雑だ」といった指摘が一部みられたが、「使い勝手が良さそう」「まあまあ攻めている。好感が持てる」「外でテザリングする時だけ使い放題にでき、悪くない」とプラスの評価が目立つ。カスタマイズ性とコストパフォーマンスの高さが強みとなり、好評につながっているようだ。

     ただし、ahamoソフトバンクの新プランは、5分までの国内通話は何度でも無料だが、povoはデフォルトでは対応していない。KDDIはこれをオプションとして切り出すことで、月額料金を下げたとみられる。

     また、povoはキャリアメールにも非対応だ。この仕様について、Twitter上では「新プランはいいが、キャリアメールが使えなくなるのはきつい」「まだキャリアメールを使いたい」と、気にする人も散見された。

    ●「トッピング」さらに強化、スポーツや通販との連携も視野

     ユーザーからおおむね好評のトッピングKDDIはこれを武器として他社との差別化を図る方針だ。高橋誠社長は発表会で「NTTとどう戦っていくかはわれわれの歴史であり、社内は盛り上がっている。NTTとの戦い方を考えた結果、(本体の料金を)安くして、トッピングでいろいろなアイデアを実現できるようにした」と熱弁。NTT子会社となり、財務基盤などがより強固になるドコモへの対抗心をあらわにした。

     今後の戦略は「特定の映像作品や、SNSが使い放題になるトッピングメニューも検討中。こうしている間にも、多くの企業から協業を提案するメールが届いている。スポーツ配信で『この試合を見たい』というニーズに応えるものなど、アイデアが豊富に出てくると期待している」(高橋社長)と説明。コマース(通販)サービスとの連携も視野に入れているとした。

    ●大容量プラン・サブブランドでも他キャリアに対抗

     KDDIは今回、月間データ容量の上限がない新プラン「使い放題MAX 4G/5G」(月額6580円)を提供すること、サブブランドUQ Mobile」で値下げした新プランを提供すること、UQ Mobileでも夏から5Gサービスを始めることも発表したが、これらも他社の戦略を意識した施策だ。

     KDDIの使い放題MAX 4G/5Gは、ドコモの使い放題プラン「5Gギガホ プレミア」(月額6650円)よりわずかに安価で、ソフトバンクの「メリハリ無制限」(同6580円)と同じ。

     UQ Mobileの3段階のプラン(月3GBで月額1480円、月15GBで月額2480円、月25GBで月額3480円)は、ソフトバンクのサブブランドY!mobile」の新プラン(月3GBで月額1980円、月10GBで2980円、月20GBで3780円)よりも価格を下げている。5G対応は当初は予定していなかったというが、Y!mobileが2月に5Gに対応することから「他社の動向を見て決めた」(高橋社長)という。

     さらに今後は、冒頭での“炎上”の要因となった「データMAX 5G with Amazonプライム」をはじめ、OTT(Over The Top、動画コンテンツネット経由で提供するサービス)事業者と連携したプランの料金体系を見直す考えもあるという。

     思い切った価格戦略の影響によって「業績への(マイナスの)インパクトはある」と高橋社長はみているが、今後は法人向け事業や、金融・コマース事業などの「ライフデザイン領域」の業績を伸ばしてカバーする方針だ。

    新プラン「povo」を発表する高橋誠社長


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「さよならau」から一転……KDDIの新プラン「povo」はおおむね好評 その強みとは?


    これ気になりますね!!


    動画でレビューを見たいならViiBee(ビービー)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「さよならau」から一転……KDDIの新プラン「povo」はおおむね好評 その強みとは?】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     KDDIは12日、同社のau/UQ mobileの両ブランドから、他の通信事業者に乗り替える際に必要なMNP転出手数料(税抜3000円)を、店頭/ウェブサポート電話いずれの方法でも、4月1日に廃止して無料化すると発表した。

     MNP転出手数料については、総務省が昨年12月に発表した新ガイドラインによって無料化を求めており(対面や電話の場合は1000円以下)、これに対応する形でソフトバンクNTTドコモの2社はすでに今春の撤廃を公表していた。

     
    au/UQ mobile、MNP転出手数料を4月に無料化 ドコモ/SBに続く


    (出典 news.nicovideo.jp)

    au/UQ mobile、MNP転出手数料を4月に無料化 ドコモ/SBに続く


    これいいですね!!


    定額制ウォーターサーバー【AQUA STYLE】

    <このニュースへのネットの反応>

    【au/UQ mobile、MNP転出手数料を4月に無料化 ドコモ/SBに続く】の続きを読む

    このページのトップヘ