ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > キャリア


    実現していれば多くのユーザーを直撃していた、とんでもない内容でした。詳細は以下から。

    まず見てもらいたいのが、楽天モバイルメンテナンス関連ページに掲載されていた情報。本日(7月17日 金)8:00~21:00に音声通話、データ通信、SMSが使えなくなる……というものでした。

    【魚拓】楽天モバイル システムメンテナンス(7/17)のお知らせ | メンテナンス | 楽天モバイル

    影響するのは以下の地域の一部。東名阪および政令指定都市を含むかなり広範なエリアが対象となっていますが、この都道府県の並べ方は一体……

    北海道札幌市旭川市、江別市
    岡山県倉敷市
    山形県山形市
    佐賀県佐賀市
    東京都練馬区荒川区世田谷区足立区江東区千代田区中央区、港区、文京区、北区
    埼玉県さいたま市川口市上尾市、戸田市
    千葉県千葉市市川市
    神奈川県横浜市
    愛知県名古屋市
    大阪府大阪市
    兵庫県神戸市

    「上記時間帯におきまして、対象のサービスがご利用いただくことが出来ませんが、メンテナンスが終了次第サービスを再開させていただきます」としていた楽天モバイル

    しかし各地域の一部とはいえ「平日朝から夜まで」「人口密集地で」「音声通話もデータSMSも使用不能」というのは、さすがにメインキャリアとして使うのをためらう内容です。

    なお、楽天モバイルは先ほど公式ページを更新し、上記のメンテナンス告知が誤掲載だったと謝罪しています。

    コメントを見る

    【楽天モバイルが平日8~21時に音声・データ・SMSが使えないシステムメンテナンスを告知→削除し「誤掲載」として謝罪する事態に】を全て見る

    楽天モバイルが平日8~21時に音声・データ・SMSが使えないシステムメンテナンスを告知→削除し「誤掲載」として謝罪する事態に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天モバイルが平日8~21時に音声・データ・SMSが使えないシステムメンテナンスを告知→削除し「誤掲載」として謝罪する事態に


    これ怖いですね笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天モバイルが平日8~21時に音声・データ・SMSが使えないシステムメンテナンスを告知→削除し「誤掲載」として謝罪する事態に】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     楽天モバイルは16日、前日に発表した「夏のスマホ大特価キャンペーン」の内容を変更。「最大2万6300円相当の楽天ポイントプレゼント」という表現を用いている。

     15日に発表した内容については別記事を確認いただきたいが(https://ascii.jp/elem/000/004/020/4020063/)、「AQUOS sense3 lite」または「OPPO A5 2020」のセット購入で2万2000円相当の楽天ポイント還元としていたところを、2万円相当に変更している。一方で、「AQUOS sense3 lite」「OPPO A5 2020」の販売価格については、ともに税抜1818円が引き下げられている。

     なお、「Rakuten Link」の利用にともなう3000ポイントの還元、事務手数料分相当にあたる3300ポイントの還元については、同様に適用される。

     
    楽天モバイル、キャンペーン内容を変更 最大2万6300円分還元に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天モバイル、キャンペーン内容を変更 最大2万6300円分還元に


    これいいですね!!
    こんなに還元あるんですね笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天モバイル、キャンペーン内容を変更 最大2万6300円分還元に】の続きを読む


    4月に発売された「iPhone SE(第2世代)」が、いきなり1円で販売されています。詳細は以下から。

    Buzzap!編集部に読者から提供された写真によると、大手家電量販店ドコモ版「iPhone SE」が機種変更MNP一括1円で販売されているそうです。

    対象となるのはFOMAからの機種変更および他社3GケータイスマホからのMNP。廉価版とはいえ「発売3ヶ月の最新iPhoneが1円」というのは、十分インパクトがあります。

    なお、iPhone SEは最大輝度650nitの4.7インチHD(1334×750)IPS液晶iPhone 11と同じ「A13 Bionic」チップ1200万画素広角背面カメラ、700万画素前面カメラ、ワイヤレス充電、Felicaを備えた防水防塵(IP67等級)モデル。平たく言うと最先端性能に生まれ変わったiPhone 8です。

    携帯各社のプラチナバンドLTEWiMAX 2+、AXGPなどをフルサポートし、ギガビット級の超高速通信を実現したほか、最新の「Wi-Fi 6(IEEE802.11 ax)」までサポートネットワーク周りを簡略化した初代iPhone SEとは雲泥の差です。

    コメントを見る

    【ドコモが「iPhone SE(第2世代)」をいきなり機種変更一括1円で販売中、MNPも対象に】を全て見る

    ドコモが「iPhone SE(第2世代)」をいきなり機種変更一括1円で販売中、MNPも対象に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ドコモが「iPhone SE(第2世代)」をいきなり機種変更一括1円で販売中、MNPも対象に


    これいいニュースですね!!
    今がチャンス笑


    <このニュースへのネットの反応>

    【ドコモが「iPhone SE(第2世代)」をいきなり機種変更一括1円で販売中、MNPも対象に】の続きを読む


    5Gの普及に弾みを付けるべく、ドコモ格安スマホを投入します。詳細は以下から。

    日本経済新聞社の報道によると、NTTドコモの吉沢和弘社長が2020年内に低価格な5Gスマホを投入するそうです。

    これはドコモの5G契約者数が17万人と、2021年3月期の計画(約250万人)の1割にも満たないことを受けたもの。背景にはすでに発売された5Gスマホの大半が10万円を超すなど、スマホ本体の高価格化が挙げられています。

    なお、想定している価格は5~8万円で、仕様などの詳細は今後メーカーと詰める予定。納入実績のあるZTEや日本市場での拡大を急ぐOPPOXiaomiなどのグローバルモデルをローカライズしたものになる可能性も十分考えられます。

    ちなみにXiaomiは2万円台でSnapdragon 855相当の処理能力を実現した5Gスマホ「Redmi 10X」シリーズを商品化済み。

    価格を抑えることを第一に考えた場合、どうしてもスケールメリットを生かせる大手メーカーのほうが有利なため、必然的にSamsungや中国勢頼みになるとみられます。

    コメントを見る

    【ドコモが年内に「格安5Gスマホ」発売へ、ただしお値段5~8万円】を全て見る

    ドコモが年内に「格安5Gスマホ」発売へ、ただしお値段5~8万円


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ドコモが年内に「格安5Gスマホ」発売へ、ただしお値段5~8万円

    って、この金額は格安スマホじゃない笑




    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【ドコモが年内に「格安5Gスマホ」発売へ、ただしお値段5~8万円】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、楽天モバイルの自社回線サービスで国内通話がかけ放題になるアプリRakuten Link」にiOS版が登場。その楽天モバイルに対しては、「Rakuten Mini」問題で総務省が行政指導をしている。

    iOS版「Rakuten Link」が登場!
    ただし、対応機種はiPhone XS/XR/11

     今年4月にスタートした楽天モバイルの自社回線によるサービスRakuten UN-LIMIT」。目玉は「今なら1年無料」とともに、楽天エリア内での通信量の上限無し(auエリアでは月5GB+1Mbps)、そして国内通話かけ放題だろう。このうち、3つ目の「国内通話かけ放題」には、専用アプリRakuten Link」が必要だったが、このiOS版が先週App Storeに登場した。

     iPhoneでの動作状況については正式サポートという形ではないものの、以前からサイト上に情報が公開されていた。ただ、比較的広く機能が利用できるのはiPhone XS/XR/11シリーズのみで(新iPhone SEは一部機能のみ)、今回のiOSRakuten Linkの対応機種についても同様となっている。

     ASCII編集部では、実際にRakuten UN-LIMITのSIMを差し込んだiPhone 11でRakuten Linkを使ってみたが、音声通話が可能だったほか、着信もRakuten Linkアプリによって受けられ、折り返しの電話なども容易だった。「連絡先」の使い勝手などにまだ課題はあるものの、今後の進化に期待したい。

    Rakuten Miniの対応バンド問題で総務省が行政指導

     その楽天モバイルについては、以前から話題になっていたRakuten Mini問題に対する、総務省による行政指導も大きく報道された。

     この問題の詳細は別途記事を参照いただきたいが(「Rakuten Mini」の対応バンド問題、技適マークの表示変更&希望者は端末交換)、対応バンドの仕様が異なる3種類の製品が出荷され、正しい技適マークが表示されていたのが1種類のみだった点、またユーザーに告知されることなく、仕様が異なる製品が販売されていた点の2つのポイントがある。

     特に後者については、国内外で広く使われているバンド1に対応しておらず、楽天モバイル以外のネットワークでの利用には大きな制限があり、購入したユーザーにとって不利益が生じていた。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:12~13時、18~19時は最大300kbps
    ※2:楽天会員は1年間、月1500円が割引される
    ※3:「スマホプランデータ増量キャンペーン」適用時(通話オプション追加が条件で1年間適用)。以降はそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※4:「データ増量無料キャンペーン2」適用時(1年間は無料で適用、以降は月500円)。非適用ではそれぞれ月3GB、月10GB、月14GB
    ※5:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※6:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】「Rakute Link」にiOS版でiPhoneでも国内通話かけ放題 楽天モバイルに行政指導


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】「Rakute Link」にiOS版でiPhoneでも国内通話かけ放題 楽天モバイルに行政指導

    これ使いたいですね!!

    私もちょうどiPhoneXSなんでチャレンジしてみよかな!!







    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】「Rakute Link」にiOS版でiPhoneでも国内通話かけ放題 楽天モバイルに行政指導】の続きを読む

    このページのトップヘ