ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > キャリア


     楽天モバイルは、新料金プランRakuten UN-LIMIT VI」を発表しました。このプランは、データ利用量が少ないライトユーザーから利用量が多いヘビーユーザーまで、さまざまなニーズに対応。毎月の利用状況に応じて料金が変動するのが特徴です。

    【画像】「Rakuten UN-LIMIT VI」料金表

     新料金プランRakuten UN-LIMIT VI」では、月間データ利用量が3GB以下の場合は980円(税別、以下同)、3GBを超え20GB以下の場合は1980円に。そして20GBを超えてからはデータ利用量の上限はなく、月額2980円になります。なお、契約1回線目に限り、月間データ利用量が1GB以下の場合、プラン料金が0円になるのも特徴です。月ごとにデータ利用量が変動するタイプの人には、使い勝手がよさそうなプランです。

     「Rakuten UN-LIMIT VI」の提供は4月1日から。これから「楽天モバイル」を新規に申し込むユーザーや、現在「Rakuten UN-LIMIT V」を契約中のユーザーに対して、同日より「Rakuten UN-LIMIT VI」への自動アップグレードを行います。

     データ通信は従来通りで、楽天回線エリアでの高速データ通信をデータ利用量上限なしで利用可能。また、国内のパートナー回線エリアで月間5GBまで、海外のパートナー回線エリアで月間2GBまで、高速データ通信を利用できます。なお、パートナー回線エリアにて高速モードでの月間データ利用量が規定値を超えた場合、通信速度に制限がかかります。

     音声通話は、楽天モバイルコミュニケーションアプリRakuten Link」を使用した場合、国内通話は無料です(一部対象外番号あり。「Rakuten Link」を利用しない通話は30秒20円かかります)。なお、「Rakuten Link」を使用して国内→海外または海外→海外へ発信する通話が、月額980円でかけ放題となるオプションサービスもあります。

    楽天モバイル新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天モバイルが1GBまでは0円の新料金プランを発表! 20GB以降どれだけ使っても2980円


    この新プラン最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天モバイルが1GBまでは0円の新料金プランを発表! 20GB以降どれだけ使っても2980円】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     楽天モバイルは、メディア各社に対して、1月29日14時30分から「新料金プラン発表に関する記者説明会」を開催することを告知している。

     3月には3大キャリアが「20GB+2980円」の新料金プランを開始、2月にも各社が使い放題系プランやサブブランドの値下げを実施する。楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT V」において、月2980円で通話かけ放題と自社エリアでのデータ使い放題をすでに実現しているが、今春の実質的な有料サービス開始を前にどのような新プランで対抗していくのか? 注目が集まりそうだ。

     
    楽天モバイル、明後日29日に新料金プラン発表の説明会開催! 対抗策に注目


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天モバイル、明後日29日に新料金プラン発表の説明会開催! 対抗策に注目


    どんなプランが出るか楽しみですね!!

    ドコモをお使いなら【ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天モバイル、明後日29日に新料金プラン発表の説明会開催! 対抗策に注目】の続きを読む


    楽天モバイルが期間限定でポイント還元を引き上げ、スマホ本体が実質0円になるどころかポイントまでもらえるようにしました。

    昨年12月に発売されたばかりのオリジナルスマホRakuten Hand」を買ってしまった人たちが気の毒になる内容となっています。詳細は以下から。

    楽天モバイル公式ページによると、同社は2021年1月22日2月2日8:59までの期間限定で「Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン」のポイント還元率を引き上げるそうです。

    これはSIMを申し込むだけで誰でも7000ポイントが還元される上、スマホ本体を一緒に購入すると最大20000ポイントが還元されるというもの。

    割引対象機種。Rakuten BIG、Xperia Aceが20000ポイント還元で、SIM契約時の7000ポイントを上乗せするとXperia Aceは実質91円になります。

    arrows RXは18000ポイント還元で、SIM契約時の7000ポイントを合わせると本体実質0円+ポイント還元に。

    AQUOS sense 3 liteOPPO A5 2020、OPPO Reno A 128GB、Galaxy S10は15000ポイント還元です。

    「1年無料の楽天モバイルを自分のスマホで試そうとするだけでポイントがもらえて、スマホも買えばトータルで最大27000ポイントが還元される」という、総務省による「割引上限2万円」で迎えたスマホ冬の時代に少しホクホクできる内容の同キャンペーン。

    しかし一方で昨年12月に発売されたオリジナルスマホ「Rakuten Hand」が実質4980円から実質0円+6999ポイントにまで値崩れし、発売たった1ヶ月半で実に1万2000円近い価格差が生まれてしまっています。

    Rakuten Hand本体価格の軌跡はこんな感じ。楽天モバイルスマホを買う場合、少し様子を見てからにした方が良さそうです。

    2020年12月8日(発売日):実質4980円
    2020年12月25日:実質1980円
    2021年1月7日:実質0円
    2021年1月22日:実質0円+6999ポイント

    コメントを見る

    【実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに】を全て見る

    実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに


    (出典 news.nicovideo.jp)

    実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに



    これずっと待っといたら笑笑


    1000万ユーザーの画像編集ソフト【Zoner Photo Studio X】


    <このニュースへのネットの反応>

    【実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに】の続きを読む


     KDDIと沖縄セルラーは、携帯電話番号ポータビリティMNP)を利用してau・UQ mobileから他の通信事業者に乗り換える際の税別3000円の手数料(MNP転出手数料)を、店頭・ウェブ窓口・お客さまセンター受付窓口の全てで廃止する。

    画像付きの記事はこちら

     総務省2020年10月にまとめた「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクションプラン」の「第3の柱・事業者間の乗換えの円滑化」に向けた有識者会議の提言に沿い、条件に若干の違いはあるものの、3社とも店頭・オンラインコールセンターとも、MNP転出手数料無料化に踏み切る。ソフトバンクは「2021年春までにMNP転出手数料を撤廃」と案内しているため、相互に乗り換え可能になるタイミング4月1日から後ろにずれる可能性はあるが、スマートフォンスマホ)登場以前の06年10月24日MNP開始以来、ついに「手数料」という名のスイッチングコストがなくなる。

     SoftBankY!mobile間の移行、auとUQ mobileブランド間の移行にかかわる手数料の撤廃、移行手続きの簡素化も21年春~夏にかけて実施予定。ブランド・料金プランは複数あるものの、実質的に通信事業者が4社(ドコモ・au+UQ mobileSoftBankY!mobile楽天モバイル)となり、大手3キャリアは、家族向けのフルサポートプレミアムブランドドコモ・au・SoftBank)、単身者・小~中容量のスタンダードブランドUQ mobileY!mobile)、MVNOに等しいオンライン専用の新ブランド(3月サービス開始のドコモ ahamo、au povo、SoftBank on LINE)と、示し合わせたように横並びとなった。

     MNP手数料無料化後は、契約解除料のないプランからは、日割りまたは月額課金の料金だけで、どのキャリアへも乗り換えし放題になる。実際に乗り換えないとしても、4月1日に先んじて、契約しているスマホの料金プランオプションサービスの見直しをおすすめしたい。(BCN・嵯峨野 芙美)

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    実質的に通信事業者4社と、事業者を問わないSIMフリーに分かれている


    (出典 news.nicovideo.jp)

    MNP転出手数料無料化で「キャリア乗り換えし放題」に ドコモとKDDIは4月1日


    これ便利になりますね!!

    キャリア乗り換えしやすくなりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【MNP転出手数料無料化で「キャリア乗り換えし放題」に ドコモとKDDIは4月1日】の続きを読む


     1月13日KDDIが発表したauのウェブ専用ブランド「povo」は、ネット通話アプリで十分という若いユーザー向けに、月500円の「5分以内かけ放題」を、基本料金の月20GBで2480円から切り離した。大手キャリアでありながら、自ら「5分以内かけ放題」をバンドルしないことで、「そもそも国内通話料金って何?」というユーザーが抱える古くて新しい疑問であるパンドラの箱を開けた形だ。KDDIはどこを目指すのか。

    画像付きの記事はこちら




    ●500円で750秒(12分30秒)しか話せない不思議



     オンライン会見でKDDIの高橋誠社長は、「通話はインターネット通話アプリで十分というお客様が非常に多い。(KDDIの)スマートフォンスマホ)を使う20代以下のお客様のうち、通話時間が月10分未満の方は6割以上になっている」と、5分以内かけ放題を切り離すことで2480円の「最安値」を実現した背景を語った。

     最安値というのは、NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」の月20GB、2980円よりも500円安いという意味においてだ。実際には、NTTドコモソフトバンクも「5分以内の通話無料」が含まれるため、povoも5分以内かけ放題(月500円)の条件を合わせれば同じ2980円となる。

     ただ、LINEFacebookのメッセンジャーなどのネット通話アプリで十分という人にとって、5分以内かけ放題の料金が含まれない分だけ安くなるのは魅力的だろう。本当に国内通話が必要なときは、月500円で「トッピング」すれば、いつでも5分以内かけ放題が使えるため、心配もない。

     実際、新型コロナ対策でテレワークが広がったことで、ZoomTeams、LINE、メッセンジャーなど、ネット通話アプリで通話や動画で会議をするのが日常的になった。そんな中、リモート会議をスマホの国内通話で行う人など皆無といっていいだろう。

     ちなみに、KDDINTTドコモソフトバンクも、標準の国内通話料金は30秒ごとに20円の設定。500円で750秒(12分30秒)しか話せない。リモート会議などで使ったら、お金がいくらあっても足りない。たとえ、かけ放題を使ったとしても、5分以内にかけ直しながら会議するのも現実的ではない。つまり、現状の国内通話料金の設定自体が、リモートワークになじまない、かけ離れた体系になってしまったのだ。

     KDDIのpovoの月2480円プランでは、国内通話は30秒ごとに20円となる。くれぐれもスマホの国内通話を使わず、ネット通話アプリ専用にするように気を付けたい。povoはウェブでの契約が基本なので、ネットリテラシーの高い若いユーザーが使うと考えられるが、そうではないユーザーが契約して知らずに30秒20円で通話して、後から高額請求がきたというトラブルに陥らないかは、あらかじめ懸念されるところだ。


    ●あらゆる機能を「トッピング」化するのか!?



     さて、5分以内かけ放題を基本プランから切り離したKDDIは、何を稼ぎ頭にするのか。それが、シーンに応じて使いたいときに支払うトッピングだ。トッピングの第一弾は、5分以内かけ放題と、「200円24時データ使い放題」の二つでスタートする。

     KDDIの高橋社長は会見で、povoの発表をした直後から、さまざまなパートナーからトッピングに参加したいという声やアイデアが寄せられていることを明かすなど、トッピングの反響は大きいようだ。

     あるスポーツの試合だけを見る、ある映画や2時間ドラマだけを見る、個人の好みや使い方に応じてクーポンがもらえるなど、すでに社内からもトッピングアイデア出しで盛り上がっているという。

     当然ながらトッピングは、KDDIが経営戦略の重要テーマに掲げている、通信とライフデザインの融合も視野に入れているのだろう。平たくいってしまえば、トッピングの金融事業への拡大だ。

     具体的には、スマホ決済アプリのau PAYやPontaポイント、ECのau PAY マーケットのほか、auじぶん銀行、auアセットマネジメント、auカブコム証券などグループの金融サービスとの融合である。これらの多種多様なサービスが、細かくトッピングメニューとして登場してくることは容易に想像がつく。

     今回、povoによる「5分以内かけ放題」の切り離しで開けられたパンドラの箱は、トッピングによる新しいサービスで稼ぐというKDDIの不退転の覚悟を示しているように思えてならない。(BCN・細田 立圭志)
    「5分以内かけ放題」を切り離したKDDIの「povo」の狙いとは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    そもそも国内通話料金って何? パンドラの箱を開けたKDDIの「povo」

    これ確かにオプション選べるのいいかもですね!!


    360°カメラ【PanoClip】をご入力下さい。


    <このニュースへのネットの反応>

    【そもそも国内通話料金って何? パンドラの箱を開けたKDDIの「povo」】の続きを読む

    このページのトップヘ