ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > キャリア


    携帯電話値下げの旗振り役がまともな判断をできない」という、地獄のような展開です。詳細は以下から。

    ◆au新プランが「非常に紛らわしい」?
    産経新聞社の報道によると、武田良太総務大臣が本日行われた会見において、月間20GB使えて月額2480円のau新プラン「povo(ポヴォ)on au」について「非常に紛らわしい発表だった」と不快感をあらわにしたそうです。

    これはpovo on auが競合する「ahamo」「SoftBank on LINE」と違って5分間通話定額が月額500円オプション扱いとなっているため。

    武田大臣は「国民に対してあたかも一番安いと思わせるやり方。非常に残念だ」「最安値といいながら他社と結局同じ値段だ。無用なトラブルがおきないよう、もっと分かりやすいやりかたを考えていただきたい」とコメントしています。

    ◆音声通話定額を抱き合わせた側の肩を総務大臣が持つ矛盾
    音声通話をほとんど利用しないユーザーのために、通話定額をオプション扱いとして最低料金を引き下げたauに不快感が示されるという、なんとも理不尽な武田大臣の発言。

    データ通信メインユーザーが大手3社で最も安く使えるのは事実な上、「そもそも5分間通話定額を抱き合わせ、必要ないユーザーにまで支払わせるドコモソフトバンクが問題」という考えにならないことに驚かざるを得ません。

    実際のところドコモソフトバンク24時間通話定額はオプション扱い。不完全ながらも「必要に応じて通話定額オプションを選べる」点はauと同じで、auだけ「非常に残念」「紛らわしい」などと攻撃されるのもおかしな話です。

    ahamo:月額2980円(5分通話定額付き、24時間通話定額は+1000円
    povo on au:月額2480円(5分通話定額は+500円24時間通話定額は+1500円)
    SoftBank on LINE:月額2980円(5分通話定額付き、24時間通話定額は+1000円

    「5分間通話定額を抱き合わせているドコモソフトバンクの肩を持つ」という、本当に消費者の立場に立って物事を話しているとは思えない武田大臣の発言。

    携帯各社の20GBプランはそもそもリテラシーの高い層に向けたオンライン専用プランのため、消費者が内容を理解できないとも思えず、異議を唱える武田大臣自身のリテラシーが低いのではないか……という気がしてなりません。

    ちなみにドコモの完全子会社化を認めた日本政府はNTTの大株主。武田大臣の発言はNTTを勝たせたい「親方日の丸」的な発想に基づいたポジショントークでないかとすら疑ってしまいたくなります。

    コメントを見る

    【総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい】を全て見る

    総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい

    これすごいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい】の続きを読む


     NTTドコモ1月14日、家族やパートナーが契約しているドコモ回線の数に応じて利用料を割り引く「ファミリー割引」の方針を見直すと明らかにした。3月に提供予定の新プランahamo」の契約者も“家族”としてカウントする。

    【その他の画像】

     従来の方針では、ahamoユーザーはカウントの対象外。家族の一員が既存プランからahamo乗り換えた場合、カウント対象の回線が減るため他の家族の割引率が下がることがあった。

     今回の変更によって、ユーザーの家族が既存プランからahamo乗り換えても割引率を維持する。ドコモ広報部は「ユーザーからの要望によって方針を転換した」と説明している。

     ahamoユーザーをカウントの対象外としていたのは、ahamoを複雑な割引のないシンプルプランとして売り出すため。ahamoファミリー割引を適用できない点は変わらず、ahamo自体の月額料金は下がらない。

    ahamoのWebサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ドコモ、ファミリー割引で方針転換 ahamo契約者も“家族の一員” 割引率を下げず


    これ最高の割引ですね!!


    今なら、3000円分のギフト券がもらえる0円でんき

    <このニュースへのネットの反応>

    【ドコモ、ファミリー割引で方針転換 ahamo契約者も“家族の一員” 割引率を下げず】の続きを読む


     「auの新プランで心が揺らぐ」「auを見捨てないでよかった」――KDDIが新プラン「povo」(ポヴォ)を発表した1月13日Twitterで一部ユーザーからこんな声が上がった。つい1カ月前は、新しい5Gプランが条件付き割引を設けている点が批判を集め、「さよならau」「au解約」といったワードがトレンド入りしたが、今回は好意的な意見が目立った。

    【その他の画像】

    ●「トッピング」で他社と差別化

     povoは3月にリリース予定。月間データ容量は20GB、月額料金は2480円(税別、以下同)。国内通話の際は30秒ごとに20円の通話料金が発生する。データ容量の上限、契約をネット限定で受け付ける点、若年層をターゲットとする点は、NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの新プラン(名称未定)と同じだが、月額料金は2社の2980円より安価だ。

     さらに他社と異なる点は、ユーザーが期間限定でオプションを適用できる「トッピング」と呼ぶサービスだ。開始当初は「5分以内通話かけ放題」(月額500円)や「データ使い放題 24時間」(1回200円)など数種類だが、順次拡大する予定だ。

     このサービスについても、Twitter上では「シンプルに見せて複雑だ」といった指摘が一部みられたが、「使い勝手が良さそう」「まあまあ攻めている。好感が持てる」「外でテザリングする時だけ使い放題にでき、悪くない」とプラスの評価が目立つ。カスタマイズ性とコストパフォーマンスの高さが強みとなり、好評につながっているようだ。

     ただし、ahamoソフトバンクの新プランは、5分までの国内通話は何度でも無料だが、povoはデフォルトでは対応していない。KDDIはこれをオプションとして切り出すことで、月額料金を下げたとみられる。

     また、povoはキャリアメールにも非対応だ。この仕様について、Twitter上では「新プランはいいが、キャリアメールが使えなくなるのはきつい」「まだキャリアメールを使いたい」と、気にする人も散見された。

    ●「トッピング」さらに強化、スポーツや通販との連携も視野

     ユーザーからおおむね好評のトッピングKDDIはこれを武器として他社との差別化を図る方針だ。高橋誠社長は発表会で「NTTとどう戦っていくかはわれわれの歴史であり、社内は盛り上がっている。NTTとの戦い方を考えた結果、(本体の料金を)安くして、トッピングでいろいろなアイデアを実現できるようにした」と熱弁。NTT子会社となり、財務基盤などがより強固になるドコモへの対抗心をあらわにした。

     今後の戦略は「特定の映像作品や、SNSが使い放題になるトッピングメニューも検討中。こうしている間にも、多くの企業から協業を提案するメールが届いている。スポーツ配信で『この試合を見たい』というニーズに応えるものなど、アイデアが豊富に出てくると期待している」(高橋社長)と説明。コマース(通販)サービスとの連携も視野に入れているとした。

    ●大容量プラン・サブブランドでも他キャリアに対抗

     KDDIは今回、月間データ容量の上限がない新プラン「使い放題MAX 4G/5G」(月額6580円)を提供すること、サブブランドUQ Mobile」で値下げした新プランを提供すること、UQ Mobileでも夏から5Gサービスを始めることも発表したが、これらも他社の戦略を意識した施策だ。

     KDDIの使い放題MAX 4G/5Gは、ドコモの使い放題プラン「5Gギガホ プレミア」(月額6650円)よりわずかに安価で、ソフトバンクの「メリハリ無制限」(同6580円)と同じ。

     UQ Mobileの3段階のプラン(月3GBで月額1480円、月15GBで月額2480円、月25GBで月額3480円)は、ソフトバンクのサブブランドY!mobile」の新プラン(月3GBで月額1980円、月10GBで2980円、月20GBで3780円)よりも価格を下げている。5G対応は当初は予定していなかったというが、Y!mobileが2月に5Gに対応することから「他社の動向を見て決めた」(高橋社長)という。

     さらに今後は、冒頭での“炎上”の要因となった「データMAX 5G with Amazonプライム」をはじめ、OTT(Over The Top、動画コンテンツネット経由で提供するサービス)事業者と連携したプランの料金体系を見直す考えもあるという。

     思い切った価格戦略の影響によって「業績への(マイナスの)インパクトはある」と高橋社長はみているが、今後は法人向け事業や、金融・コマース事業などの「ライフデザイン領域」の業績を伸ばしてカバーする方針だ。

    新プラン「povo」を発表する高橋誠社長


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「さよならau」から一転……KDDIの新プラン「povo」はおおむね好評 その強みとは?


    これ気になりますね!!


    動画でレビューを見たいならViiBee(ビービー)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「さよならau」から一転……KDDIの新プラン「povo」はおおむね好評 その強みとは?】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     KDDIは12日、同社のau/UQ mobileの両ブランドから、他の通信事業者に乗り替える際に必要なMNP転出手数料(税抜3000円)を、店頭/ウェブサポート電話いずれの方法でも、4月1日に廃止して無料化すると発表した。

     MNP転出手数料については、総務省が昨年12月に発表した新ガイドラインによって無料化を求めており(対面や電話の場合は1000円以下)、これに対応する形でソフトバンクNTTドコモの2社はすでに今春の撤廃を公表していた。

     
    au/UQ mobile、MNP転出手数料を4月に無料化 ドコモ/SBに続く


    (出典 news.nicovideo.jp)

    au/UQ mobile、MNP転出手数料を4月に無料化 ドコモ/SBに続く


    これいいですね!!


    定額制ウォーターサーバー【AQUA STYLE】

    <このニュースへのネットの反応>

    【au/UQ mobile、MNP転出手数料を4月に無料化 ドコモ/SBに続く】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     2021年最初の連載記事ということで、今年1年の格安SIM界の予想をしていきたい。新型コロナウイルスの影響で予測できない事態が続くが、そのなかでも「20GB+2980円」の割安サービスの開始と一般への浸透、5Gの普及などはじわじわ進んでいくと思われる。

     ユーザーは新サービスにうまく乗り換えていけば、今までより割安にスマートフォンが利用できるケースが増えると思われるが、逆に巨大通信会社のサービスの中に囲いこまれていく可能性も予想している。

    今までにない安いプランへの移行がはじまる

     まず、なんといっても「20GB+2980円」というサービスの登場と普及が2021年前半の大きなイベントとなりそうだ。ドコモahamo」とソフトバンクSoftBank on LINE」、そしてKDDIからも対抗上なんらかのサービスが出る可能性がある。ahamoはサブブランドとしての展開を検討していた痕跡が多数見受けられるが、政府の方針で“新料金プラン”という名目になったことで、むしろ追い風になる

     これまでUQ mobileY!mobileは、サブブランドとして存在しており、実際に契約したことがある人ならわかると思うが、メインブランドサービスと遜色ない通信品質が提供されている。料金も今ではMVNO格安SIMと同水準で、長期契約などの縛りもない。しかもY!mobileでは、本来は有料(月462円)のYahoo!プレミアムが無料になるなど、+αのメリットもあって、使い方次第ではMVNO格安SIMよりも割安という計算もできる。

     それでも現実には、サブブランドへのユーザーの移行はそれほど進んではいない。家族割引などメインブランドから離れられない状況の人もいるが、メインブランドによる恩恵をまったく受けてない場合でも、安価な料金への警戒心や単に面倒といった要素もあってサブブランドの料金の方が適しているのに留まっていた人も多いはずだ。

     前述のようにahamoは実質的にはサブブランドと言ってもよく、しかもネット加入オンリーの扱いなら、Y!mobileUQ mobileよりも簡素なサービスのはず。“安かろう悪かろう”と警戒する人も多くなっていたはずだった。

     ところが、政府の意向もあって「メインブランドの新料金プラン」として提供した形になったため、移行への心理ハードルはかなり下がると思われる。この見事なまで追い風が揃ったため、これまでにない移行があると思われる。

     そして、同時に料金見直しの機運が高まれば、サブブランドMVNO格安SIMへのユーザーの流れも一定数あると思われる。

    それでもメインブランドに留まるユーザーは多い

     とはいっても、大半のユーザーがぞろぞろと新しい料金プランに移行してしまうようには思えない。

     オンラインだけでの申込みという点は、これだけでかなりの脱落があるはず。そして、SIMの交換やAPN設定といったスマートフォンの設定を自分でしなければならない。これが大きなハードルでさらに脱落者が出る。SIMの入れ替えはスマートフォンの分解とさほど変わらない認識の人もいるほか、SIM形状の変換アダプターでスロットを壊した話を拡大解釈し、用心しすぎている人もいる。

     そしてなにより、携帯電話スマートフォンは通信契約や電話番号と完全に紐ついたものと思い込んでいる人は意外に多い。キャリアを移行する行為は、すなわち端末の買い替えが必ずともなうと考え、それなら移行しない、または買い替え時期まで様子を見るということになる。

     しかも「20GB+2980円」でどのような端末が販売されるのかはまだ公表されていない。最新iPhoneやハイエンド5Gモデルを従来プランと同様に提供する可能性もあるが、やはり最新iPhoneがなければ移行しないという人も出てくるだろう。

     これらの誤解をひとつひとつ解いていくことができるかどうか、キャリアショップに駆け込んで相談した場合の対応などで移行数は大きく変わると思われるが、実際には大量に出るほどではないと思われる。

    MVNO格安SIMは、ユーザーの入れ替えの後に再編の可能性

     では、MVNO格安SIMはというと、安いサービスへの移行について理解が進めば、数ある選択肢のなかで、これまでよりも選ばれる機会は多くなるはずだ。

     その一方で、MVNO格安SIMにとって「20GB+2980円」という新基準がある状況では、月3GB以下のプランなど、より単価が低いユーザーが中心になってしまう。そして、今までMVNO格安SIMを使っていた詳しいユーザーは、通信量の多いユーザーから「20GB+2980円」の各プランへの移行が進むと思われる。

     その結果、かなりのユーザー入れ替わりがあると思われる。1つの事業者内で解約と加入のバランスがとれていればいいが、契約者数の純減が増えてくると淘汰されるサービスも出てくるだろう。

     新規加入の際は、オンラインでは同時購入端末の割引、店頭では大量ポイント進呈と、3大キャリア並みの優遇措置を実施しているところも多いので、体力のある会社でないと新規加入者獲得すらままならないことになる。

     そして最終的にはMVNO格安SIMは、大手通信会社の傘下に入ってしまうケースも増えている。MVNOとしての楽天モバイルサービスは新規契約は終了しているし、LINEモバイルSoftBank on LINEの開始とともに同様の状況になりそうだ。OCN モバイル ONEは、NTT再編によって体制が変わる可能性が高い。そして、KDDI傘下のBIGLOBEモバイルも動きがあっても不思議ではない。また、IIJmioIIJNTTNTTコミュニケーションズが大株主ではあるものの、現状では自主性を持った経営がなされているが、何か起こらないとも限らない。主要なMVNOのうち、3大キャリアと関係性が薄いのは関西電力子会社のオプテージが運営するmineoくらいだ。

    楽天モバイルエリアは急拡大中。最新の情報で判断を

     筆者が2021年こそは台風の目になると期待しているのが楽天モバイルだ。「Rakuten UN-LIMIT」は「20GB+2980円」の上を行く、使い放題2980円、そして通話し放題だ。もし、楽天回線エリアさえ充実すれば、無料期間が終わってもahamoSoftBank on LINEよりも条件は良くなるからだ。

     自社エリアの拡大は急速に進んでおり、昨日までエリア外だったところが今日はエリアになっているということが身近にもある。特に筆者の周囲では2020年12月ごろに一気にエリアが充実した。地下鉄の駅間でも楽天回線エリアになっているところもあり、電車の中でストリーミング再生が切れない場所も増えた。楽天モバイルに対する期待が消えかけていたところだったが、自分のまわりの急拡大ぶりに驚き、2021年は期待できると思いなおしたくらいだ。

     楽天モバイルの勢いがどこまで続くかはわからないが、少なくとも、日に日に変わっていくので最新の情報で判断しないといけないことだけは確かだ。auのローミング終了エリアも増えていくが、楽天回線エリアだけでも十分に使える日はそう遠くないかもしれない。

     そして、これから加入しようという人は、300万名無料の終了が気になるところ。100万回線が6月30日、200万回線が12月30日で今のペースのままなら6月末まで無料回線が入手できる計算だが、人気が出れば早まる可能性もある。加入が遅いほうが広いエリアを無料で満喫できる期間は長くなるが、ほどほどのタイミング、できれば3月くらいまでに加入しておいたほうがいいだろう。

    5Gは順調に普及するが
    5Gといういことをあまり意識しなくなる

     5Gのサービス2020年の予想どおり、じわじわと普及し、意識せずに5Gになっていくと思われる。まず、ahamoSoftBank on LINE楽天モバイルは5G対応、Y!mobileも2月から順次対応予定だ。

     対応スマートフォンのほうも、LTEのときのようにハイエンドからじわじわと広がり、気づけば普及機種まで広がっていく。iPhoneも最新のiPhone 12シリーズを買えば5G対応のため、意識せずに使っている人も増えていくことになる。

     現状では5Gと言っても、スピードテストでは速い数字が出るかもしれないが、実際体感できるかは別の問題。目に見えて高速ということを実感することもなければ、いずれ5Gを意識することすらなくなっていくと思われる。

    3大キャリアへの回帰によって
    支払い額は20GB+2980円が最低ラインになる可能性

     5Gにも対応した「20GB+2980円」のプランであっても、従来の3大キャリアのプランに比べれば十分に安い。しかしその下には、月1980円で10GB程度のものを求めている人たちも少なくないはずだが、その部分の競争は始まらないと思われる。

     ahamoSoftBank on LINE、そしてサブブランドと注目されているのは3大キャリアによるサービスか、楽天モバイルである。MVNO格安SIMであっても、ほとんどは3大キャリアと関係あるところとなる。

     つまり、どう転んでも主要通信会社の手の内で回っていることが多くなり、一般の人にとって値下げしたプランは「20GB+2980円」が最低ラインで、消費税や多少のオプション、通話料などかかって、月の支払額は4000円弱というところに落ち着いてしまうのではないかと思われる。この状態を崩すには、楽天モバイルエリアの充実と評判の高まりによる、もう一段の料金競争や、選択肢の多様化が進むかどうかがカギとなる。

     また、新型コロナウイルスの影響については、あまり悲観的な予想はしたくないが、在宅傾向はしばらく続く可能性はあり、エリアの広がり次第で楽天モバイルがさらに注目される可能性がある。

     いずれにしても、楽天モバイルの動向次第で、3大通信会社の手のなかで転がされるか、競争が始まるかの違いが出てくる。2021年楽天モバイルや3大キャリア傘下以外のMVNO格安SIMには頑張っていただき、よりよい競争環境が維持されることを希望するばかりだ。

    2021年の格安SIMは「20GB+2980円」の新プランと楽天モバイルの競争がカギになりそう


    (出典 news.nicovideo.jp)

    2021年の格安SIMは「20GB+2980円」の新プランと楽天モバイルの競争がカギになりそう


    これ気になりますね!!


    パイレーツ・オブ・カリビアンを観るなら<U-NEXT>

    <このニュースへのネットの反応>

    【2021年の格安SIMは「20GB+2980円」の新プランと楽天モバイルの競争がカギになりそう】の続きを読む

    このページのトップヘ