ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > 音楽配信


    LINE MUSIC株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、当社が運営する音楽ストリーミングサービスLINE MUSICアプリiPhoneAndroid対応)において、再生プレイヤーを強化するほか、カラオケを採点する「採点機能」、新機能「ルーム(β)」を新たに提供するアップデートを実施いたしましたので、お知らせいたします。


    LINE MUSIC」は、邦楽・洋楽問わず9,000万曲以上の幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも聴くことができる音楽ストリーミングサービスです。このたびのアップデートでは、さらに音楽を聴きやすく、より音楽を楽しめる新機能を追加しました。現在提供している「LINE」と連携したコミュニケーション体験に加え、LINE MUSIC上での「プロフィール機能」や「ルーム(β)」の提供を開始することで、さらに豊かな音楽体験とコミュニケーションのきっかけを提案します。

    LINE MUSICでは、楽曲の再生プレイヤー(画面)からワンタップカラオケをしたり、似ている曲を探したり、保存、イコライザー(EQ)設定へもかんたんにアクセスできるなど、再生画面は多くのユーザーに支持をいただいておりましたが、この度再生プレイヤーがさらにアップデートしました。
    「再生リスト」が登場し、楽曲再生時に次に再生する楽曲をかんたんにリストから呼び出して遷移できるほか、過去に再生した楽曲のリストをまとめて履歴を残すことができるようになりました。リストからオフライン保存を一括でまとめて行うことも可能です。さらに、再生画面から「ルーム(β)」にワンタップで遷移し、楽曲を友だちと一緒に聴くこともできるほか、アルバムアーティストページに今までよりもかんたんに遷移することができるようになりました。
    現在提供している「カラオケ」※機能に加え、歌声を採点する「カラオケ採点機能」が追加されました。
    採点機能では、ユーザーの歌声をAI機能でリアルタイムに音程を測りながら、最後まで歌い終えるとスコアリングデータが収集され、カラオケの採点結果が集計されます。点数に合わせた3種類のエフェクトも登場するほか、高得点の場合にはスペシャルな採点画面も登場します。採点結果はSNSLINEの友だちへシェアすることも可能です。
    また従来どおり、「カラオケ採点機能」なしでもカラオケ機能を楽しむことができるので、気軽に歌いたい曲から本格的な練習まで楽しむことができます。

    ※【カラオケ機能について】
    楽曲のボーカルをオフにして、ユーザーの歌声を音源にミックスして再生させることでカラオケさながらの体験を楽しめる機能です。楽曲再生中の画面下のマイクボタンタップするだけで、歌詞を見ながら歌って楽しむことができます。
    カラオケ機能には有線イヤホンが必要です。)
    「ルーム」はLINE MUSICユーザー同士が音楽を一緒に聴くことのできる新機能です。
    ユーザー自身が配信者となって、まるでDJのように他のユーザーにお気に入りの曲を流したり、配信者のルームに参加して新しい音楽を発見したりすることができる場所です。興味あるテーマアーティスト、音楽趣味の合う他のユーザーや友だちと一緒にMUSICルームを開設して、音楽を聴くことができます。また、エフェクトを使ったコミュニケーションが可能で、音楽の再生中にもみんなでリアクションをとって盛り上がることができます。
    「ルーム」にはホストを含む500人のユーザーが参加可能で、LINE MUSICユーザーなら誰でも参加することができる「オープンルーム」のほか、「ルーム」に招待された人だけが入ることのできる「招待制ルーム」があります。「招待制ルーム」では、LINEをはじめとしたSNSを通じて、友だちに公開リンクを共有することで、友だちだけで音楽を楽しむことができます。

    プロフィール機能

    「ルーム」に合わせ、自分のマイプロフィールの設定が可能になりました。
    プロフィール画像、ニックネームの設定および、自己紹介を記載することができます。
    さらに、自分のいいねしているアーティストプレイリストの共有や、ユーザー同士でフォローを行うことも可能で、音楽を通して新しい繋がりをもつことができます。

    <注意事項>
    ・「ルーム」機能上でテキストや音声でのコミュニケーションはできません。
    プロフィールの作成やフォロワーに公開するデータは公開/非公開を選択することができます。
     また、プロフィールを設定せずとも、今まで通りLINE MUSICをお使いいただくことも可能です。
    ・ホスト、ゲストともにチケット保有あり(体験を含む有料ユーザー)の場合、フル再生で音楽を聴くことができますが、チケット保有なし(無料ユーザー)の場合楽曲再生は30秒のみになります。
    アプリ版(iPhoneAndroid)のみの機能です。PC版では利用することができません。

    そのほか「ルーム」機能の詳細についてはこちらをご確認ください:https://note.linemusic.jp/n/nc722eac29c94

    LINE MUSICは、今後も継続的なサービスの機能追加・改善を積極的に行い、より多くのユーザーが世界中の新しい楽曲・アーティストに出会えるような架け橋になるとともに、世の中に合わせた音楽ストリーミングサービスの楽しみ方を提案し、日本の音楽市場の活性化を目指してまいります。



    LINE MUSIC アプリ概要】
    LINE MUSIC」は、邦楽・洋楽問わず9,000万曲以上の幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも聴くことができる国内最大級の音楽ストリーミングサービスです。楽曲を"聴く"ことはもちろん、「LINE MUSIC」ひとつで、MV(ミュージックビデオ)の視聴や、カラオケ機能など<聴く・見る・歌う>音楽をまるごとお楽しみいただけます。業界最速※1のリアルタイムランキングでは、音楽の「イマ」がわかるほか、"あの頃"のヒット曲や季節など、テーマごとの人気曲を集めた「プレイリスト」で気分に合わせた音楽に出会うことができます。また、「LINE」との連携により、好きな楽曲をLINEプロフィールトークルームに設定できるほか、楽曲をLINEシェアして友だちとトーク画面で再生でき、LINEならではの新しい音楽体験をお届けしています。さらに、アーティストファンがより近づけるような機会を提供したいという想いのもと、LINE MUSIC有料ユーザー※2を対象にしたオリジナルイベントプレゼントキャンペーンを定期的に企画しております。
    *1  1時間ごとに集計する「リアルタイムランキング
    *2  無料体験中のユーザーも対象。
       LINE MUSICプランについて:https://store.line.me/family/music/

    公式サイト:https://music.line.me/about/
    App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/linemusic/id966142320?mt=1
    Google Playhttp://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android
    公式twitterhttps://twitter.com/LINEMUSIC_JP
    公式Instagramhttps://www.instagram.com/linemusic_jp
    公式notehttps://note.mu/linemusic

    配信元企業:LINE株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    LINE MUSIC、アップデートで3つの新機能を追加

    この機能改善最高ですね!



    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【LINE MUSIC、アップデートで3つの新機能を追加】の続きを読む


    10月28日から、PlayStation 5Apple Musicが利用可能になった。

    PlayStation®5で「Apple Music」が10月28日(木)より対応開始!9,000万曲以上の楽曲がゲームプレイ中に再生可能なほか、プレイ中のゲームタイトルに合った音楽をおすすめする機能や、4Kミュージックビデオにも対応!#PS5プレイステーション公式 (@PlayStation_jp) October 27, 2021

    PS5は、家庭用ゲーム機としては初めて統合されたApple Music体験を導入。「世界中のPS5ユーザーApple Musicの幅広い音楽ライブラリを届ける」としている。PS5メディアスペースからApple Musicアプリダウンロードし、画面の指示に従ってApple Musicアカウントをリンクさせることで利用可能になる。

    PS5では、Apple Musicの9,000万曲以上の楽曲や、数万種類のプレイリスト、4Kのミュージックビデオ、最新ヒットクラシックカントリー音楽のライブ配信を行う「ラジオ」、ユーザーの好みの音楽に合わせてカスタマイズされたプレイリストなどが楽しめる。

    Apple Musicの楽曲をBGMとしてかけつつ、ゲームプレイすることも可能だ。Apple Musicに用意されているプレイリスト「はじめての『魔法少女まどか☆マギカシリーズ」の楽曲を聴きながら『Ghost of Tsushima』を遊ぶという、実にカオスな使い方もできた。

    ゲームを開始する前にApple Musicアプリを起動するか、ゲームプレイ中にDualSense ワイヤレスコントローラーのPSボタンを押してコントロールセンターアクセスし、[ミュージック]を選ぶとApple Musicアプリを起動できる。

    Apple Musicアプリミュージックビデオはフルスクリーンで再生可能。ゲームプレイに戻ったり、PS5ホーム画面で別の操作を始めたりしても、ミュージックビデオの音声は継続して再生する。ミュージックビデオに戻った場合も、曲の途中で音楽が途切れることもなくシームレスに再生される。
    (庄司亮一)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PS5でApple Musicが利用可能に。音楽/MVをシームレスに再生

    これシームレスが最高ですね!
    PS5で対応いいですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【PS5でApple Musicが利用可能に。音楽/MVをシームレスに再生】の続きを読む


    AWA株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:冨樫晃己)が運営する、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスAWA(アワ)」にて、これまでにリリースしてきたシングルアルバムなど389曲を2021年9月15日に、一挙配信開始したZARDの楽曲が、AWAの「THE HOT 100」(※1)に84曲がランクインしました。
    今回配信が開始された楽曲は、デビューシングルGood-bye My Loneliness」をはじめ、全世代から愛される不朽の名作「負けないで」や、「ポカリスエットCMソングに起用されメガヒットを記録した「揺れる想い」などのシングル作品に加えて、ダブルミリオンを達成した『OH MY LOVE』などのアルバムベストアルバムなど、計389曲となり、うち84曲が「THE HOT 100」にランクイン。また、トップ10には「負けないで」、「マイ フレンド」、「揺れる想い」「運命のルーレット廻して」、「Don't you see!」などの人気曲が独占しました。AWAでは、楽曲配信を記念して、シングル曲を中心に人気作品をまとめたプレイリストZARDCLASSICS」を公開。ぜひ、ZARDの軌跡を詰め込んだ永遠のスタンダードナンバーの数々をお楽しみください。

    さらに、楽曲の解禁を記念して、ユーザー同士がリアルタイムに、同じ空間で、同じ音楽を楽しみながら、チャットができるオンライン空間「LOUNGE」で、2021年9月19日(日)19:0021:00ZARDの特集イベントを開催いたします。

    (※1)すべての楽曲の中で再生数が急上昇した楽曲のリアルタイムランキング

    ZARDCLASSICS』
    https://mf.awa.fm/2YS9dmb

    ■「THE HOT 100」(10位までを記載)
    1位. 負けないで
    2位. マイ フレンド
    3位. 揺れる想い
    4位. 運命のルーレット廻して
    5位. Don't you see!
    6位. 心を開いて
    7位. 君がいない
    8位. 君に逢いたくなったら...
    9位. きっと忘れない
    10位. 永遠

    2021年9月15日13:55時点

    アプリ概要
    AWA(アワ)」は、株式会社サイバーエージェントエイベックスデジタル株式会社の共同出資によるAWA株式会社が提供する、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスです。2015年5月にサービスの提供を開始し、配信楽曲数は9,000万曲、著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約1,300万件におよびます。全機能が利用できる月額980円(税込)の「STANDARDプラン」や「オフライン再生」を除くすべての機能を月額無料で利用できる「FREEプラン」のほか、中学生以上の学生を対象とした、月々480円(税込)で全機能が利用できる「学生プラン」、月額270(税込)で特定のアーティストが聴き放題になる「アーティストプラン」など、各種料金プランが充実しています。「AWA」は、スマートフォンをはじめ、パソコンテレビカーナビ、ウェアラブル端末、スマートスピーカーなど様々なデバイスにも対応。楽曲に合わせて歌詞をリアルタイムに美しくアニメーションさせる機能「LYRIC DIVE(リリックダイブ)」や、ユーザー同士がリアルタイムに、同じ空間で同じ音楽を楽しみながらチャットができる、オンライン空間「LOUNGEラウンジ)」など、サービス開始以来、ユーザーのニーズや視聴環境に合わせて様々なプランや機能を拡充し、国内最大規模の音楽ストリーミングサービスへと成長しています。

    名称:「AWA(アワ)」 https://awa.fm/
    推奨環境:<スマートフォン版iOS 14.0以降、Android 10.0以降
    PC版Windows 10(32/64bit)、Mac OS X 10.11 (El Capitan)以上
    ブラウザGoogle Chrome (最新版)、Microsoft Edge (最新版)、Safari (最新版)
    価格:Standardプラン(月額 税込980円)/ Freeプラン(月額 無料)/学生プラン(月額 税込480円)/アーティストプラン(月額 税込270円※特定の1アーティストのみ聴き放題)
    提供開始:2015年5月27日

    URL
    AWAhttps://awa.fm/
    App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/awa-music/id980578855
    Google Playhttps://play.google.com/store/apps/details?id=fm.awa.liverpool
    デスクトップアプリhttps://awa.fm/download/
    AWA LOUNGEブラウザ版:https://app.awa.fm/lounge/
    AWA最新情報:https://news.awa.fm/
    AWA公式Twitterhttps://twitter.com/awa_official?lang=ja
    AWA公式LINEhttps://lin.ee/21w3f0k

    会社概要
    社名:AWA株式会社(読み:アワ)
    所在地:東京都港区南青山三丁目1番30号エイベックスビル 
    代表者:代表取締役CEO 冨樫 晃己
    事業内容:音楽ストリーミングサービス
    設立日:2014年12月1日

    お問い合わせ先
    AWA広報担当press@awa.fm

    配信元企業:AWA株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    待望の解禁となったZARD楽曲84曲がランクイン!

    Apple Musicでもランクインしていますね!
    最近よくかかると思っていたらそういうことだったんですね!



    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【待望の解禁となったZARD楽曲84曲がランクイン!】の続きを読む


    スポティファイ8月19日、音楽ストリーミングサービスSpotify」で配信されている7,000万以上の楽曲と、クリエイターによるトークミックスしたポッドキャストが楽しめる新サービスMusic + Talk(ミュージックアンドトーク)」を国内で提供開始しました。リスナークリエイターのそれぞれにどんな意味を持つサービスなのかを解説します。

    ○追加料金なしで楽しめる新しいポッドキャストサービス

    スポティファイ2019年に、同社のビジネス戦略として音楽に限らず、良質な“オーディオストリーミングコンテンツ全般”をユーザーに提供する仕組みを作り、オーディオファーストスローガンに掲げる企業として成長を遂げることを宣言しました。2020年6月29日から日本でも利用可能になった無料のポッドキャスト配信プラットフォーム「Anchor(アンカー)」もその一環です。

    Music + Talkは2020年10月からアメリカなど海外市場で先行スタートした、音楽とトークコンテンツをまとめたリスニング体験です。今回、日本を含む15の国と地域で新たに聴けるようになりました。

    Spotifyユーザーは有料のプレミアムプラン、無料プランを問わず追加料金なしで楽しめます。再生はモバイル、またはデスクトップSpotifyアプリから可能。なお、ブラウザ再生には対応していません。

    Spotifyメニューには、新たにMusic + Talkのコーナーが加わっています。8月19日の公開当日には16のコンテンツが公開されました。筆者もその中から、小泉今日子YOUK-POPについて語る「小泉今日子YOUK-POP PARTY」や、若手アーティストNOAが自分の作品の魅力を紹介する「NOA Music + Talk」などの番組を聴いてみました。

    SpotifyアプリMusic + Talkの番組を開くと、曲とトークがセグメントに分かれて表示されます。好みの楽曲が見つかれば「ハートマーク」か「…」をタップして、メニューから自分のプレイリストにお気に入りとして追加したり、楽曲の詳しい情報を参照できます。

    Music + Talkの番組内で配信されている楽曲は、有料のプレミアムプランユーザーであればフルサイズリスニングが楽しめます。タレントトークが洗練されているので、20分ほどの長さの番組でも飽きることなく楽しめました。

    無料プランで利用する場合は1曲あたり30秒間の再生制限がかかります。また、無料プランユーザーは、スマホモバイルアプリで聴く場合はプレイリストの楽曲がシャッフル再生になります。

    Music + Talkの番組はトークの合間に並ぶ楽曲が30秒間のバージョンながらもシャッフルされることなく、クリエイターが意図した構成に従って順番通りに再生されます。好みにあう番組はフォローするとよいでしょう。

    利用できるデータ容量が少なめの通信プランを契約している場合は、Music + Talkのポッドキャストコンテンツを端末にダウンロードしてオフラインでも聴けるので安心です。

    クリエイター側の魅力は「Spotifyの曲が自由に使えること」

    クリエイターSpotifyに公開する番組は、スポティファイが開発・提供する無料のホスティングラットフォーム、Anchorをベースに制作します。Anchorの利用にはSpotifyとは別のユーザーアカウントを登録する必要がありますが、登録は誰でも無料で行えます。

    Anchorの左側のメニューには新しく「Music」のパネルが加わりました。クリエイターはAnchorを使ってトークを録音して、合間にSpotifyで配信されている7,000万以上のタイトルから自由に楽曲を選んで挿入可能。ソフトウェアの特別な知識がなくても、オリジナルポッドキャスト番組を誰でも簡単に制作できます。何より自分でフリーの音楽素材を探さなくても、Spotifyの音楽アーカイブから自由に楽曲を選んで番組を作れる魅力は大きいでしょう。

    Music + Talkのコンテンツとして配信できる番組の長さには制限が設けられていないようです。ただし、楽曲を使用する際にいくつかのルールがあります。ひとつは、使用する音楽の長さが変更できません。もうひとつは、エフェクトをかけたり、トークバックBGMとして流すような“ラジオ番組的”な使い方も許可されていません。つまり、Spotifyで配信されている楽曲に手を加えることなく「そのまま使う」ことが求められます。

    クリエイターの視点から一歩引いて見ると、Music + TalkはSpotifyに従来からある音楽プレイリストの作成・共有機能に、トークを追加してポッドキャスト番組に仕立てて配信できるサービスと捉えることもできます。
    Music + Talkが日本で成功するための条件

    日本に比べると、海外では米国を中心に多くのユーザーポッドキャストを楽しんでいるようです。放送時間が決まっているラジオ生放送番組に対して、ポッドキャストユーザーが自分の都合に合わせて好きなときにまとめ聴きもできるオンデマンド性の高さが人気を博しているといいます。

    スポティファイが海外で実施したアンケートの結果によると、コロナ禍によるパンデミックの中、自由に外出したり人と会話を交わせない環境にあって、トーク中心のポッドキャストの番組がリスナーに安心感を与え、心の支えにもなっていることがわかったそうです。米国で先に始まったMusic + Talkの番組の中では、俳優のマシュー・マコノヒーがホストを務める番組「GREENLIGHTS」やミュージックレーベルヒットチューンを届ける音楽番組などが人気を集めています。

    ポッドキャストサービススポティファイライバルも注力しています。筆者は今後もスポティファイMusic + Talkがライバルに打ち勝って成長していくために、人気番組を育てていくことのほかにも、いくつかの大事な課題があると考えます。

    ひとつは、リスナーからクリエイターへのフィードバックができるインタラクティブ要素が欲しいところ。番組を制作・配信する側にもよい緊張感が生まれ、名番組が作られるきっかけにもなりそうです。

    スポティファイでは今後Anchorを通じて、クリエイターが制作に要する時間とエネルギーの負担を減らし、資金面での活路も開けるように収益化の仕組みも整えたい、としています。既に海外の一部地域では、Anchorに登録するクリエイターが自分の番組から収益を得られるようなマネタイズの仕組みも導入されているようです。

    日本の場合は、Music + Talkを立ち上げたばかりということもあり、まだクリエイターにとっての収益化の仕組み作りはこれからという段階です。創作活動の対価はマネタイゼーションだけとは限りませんが、クリエイターがモチベーションを高め、持続できるようにする何らかのシステムは導入すべきだと思います。

    スポティファイでは、これからポッドキャストの番組制作のノウハウを学びたいと考えているクリエイターを対象にした制作活動を支援するプログラムも立ち上げるそうです。良質なコンテンツSpotifyだけでなく、外部の優良なポッドキャスト番組を紹介するプラットフォームをつないで、より多くのリスナーに届けられる仕組みも必要になるでしょう。

    同社やライバルが動き始めたことで、今後日本でもポッドキャストへの期待が高まってくるのか、注目です。
    (山本敦)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Spotify新機能「Music + Talk」の魅力とは? リスナー/制作者の視点で考えた

    これ気になりますね!
    一度試してみたくなりますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【Spotify新機能「Music + Talk」の魅力とは? リスナー/制作者の視点で考えた】の続きを読む


     良品計画は、無印良品の店内で流れるBGMを各ストリーミング配信サービス5月19日に配信を開始した。
     

    画像付きの記事はこちら



     同店のBGMは世界16カ国・地域をテーマとした伝統音楽で多くのファンをもつ。今回は、これまでに発表したCDのBGM 2~25の327曲を配信する。

     配信プラットフォームは、Apple MusicAmazon Music UnlimitedAWASpotifyLINE MUSICYouTube Music、うたパス、dヒッツ。提供プラットフォームは、今後も追加を予定している。

    人気の無印良品のBGMが8サービスで配信開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    無印良品のBGMをストリーミングで、5月19日に300曲以上を配信開始


    これ楽しみですね!


    トゥルースリーパー セロピロー


    <このニュースへのネットの反応>

    【無印良品のBGMをストリーミングで、5月19日に300曲以上を配信開始】の続きを読む

    このページのトップヘ