ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 格安スマホ


    Galaxy S20」「Xperia 1 II」などの10万円超えハイエンドスマホを上回る性能を実現して、お値段は3分の1。しかも「iPhone 13 Pro Max」と同じ120Hzの美麗な有機ELディスプレイまで採用。

    大金を支払ってスマホを買うのがバカバカしくなるXiaomiの格安ハイエンドスマホPOCO F3」が値下がりし、お手ごろ価格になりました。詳細は以下から。

    ◆10万円クラスの性能でお値段3分の1、高性能格安スマホ値下げ
    それでは「POCO F3」を解説。iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz表示に対応した6.67インチフルHD+(2401080)の大きくきれいな有機ELディスプレイを搭載しています。

    500万:1のコントラスト比、直射日光下でも視認性が落ちない最大1300nit(iPhone 13 Pro Max1200nit)の明るさ、より深い明暗差を表現できる「HDR10+」対応など表示性能はかなり高め。写真も映像も美しく楽しむことができます。

    タッチ感度はゲーミングスマホ並みの360Hz。神業級の超高速連続タップすら取り漏らさない、ゲーマーにうれしい仕様です。

    120Hzの高速表示と映像をフレーム補間する「MEMC技術」を組み合わせることで、スクロールしてもガクつきのないぬるぬる表示を実現。動画配信サービスゲームを楽しむ時はもちろん、ブラウジングやマップを閲覧する際も快適です。

    立体音響技術「ドルビーアトモス」によって臨場感あるド迫力サウンドステレオスピーカーを搭載し、ハイレゾに対応。大きくきれいな有機ELディスプレイと組み合わせて、あらゆるコンテンツを情感たっぷりに楽しめます。

    ◆大容量バッテリーや急速充電など、便利な機能も満載
    特筆すべきが採用しているプロセッサ「Snapdragon 870」。Galaxy S20などが採用したSnapdragon 865を上回る性能を実現しており、正真正銘の最新ハイエンドスマホです。

    バッテリー容量は一般的なスマホの1.5倍ほどとなる4520mAh。33Wの急速充電によって1時間足らずでフル充電できてしまいます。

    スマホに搭載されているリチウムイオンバッテリーは熱に弱く、ゲームや充電で本体が発熱すると劣化してしまうおそれがありますが、POCO F3は液冷機構を採用。せっかくの大容量バッテリーを熱で傷めず、末永く使うことができます。

    背面カメラは4800万画素広角(F1.79)、800万画素超広角(119度、F2.2)、500万画素マクロ(F2.4、3~7cm)の3眼仕様。

    メインカメラの表現力はかなりのものです。

    夜景モードを含む多彩なカメラモードはもちろん、高画質2000万画素フロントカメラとAIを使った高品質な自撮りを楽しむこともできます。

    5Gはもちろん、最新の無線LAN規格「Wi-Fi 6」にも対応しており、超高速・大容量通信を実現。

    これだけの高い性能と充実の機能を、わずか7.8mmの薄いボディに詰め込みました。

    iPhone 13 Pro Maxと肩を並べる大きな美しい有機ELディスプレイ立体音響による迫力のサウンド、最新の高性能プロセッサ、充実のカメラ電池切れに悩まされない大容量バッテリーゲーマーにも役立つ液冷機構など、非常に高い完成度を実現したPOCO F3。かなり作り込まれているのでレビュー記事チェックしてもらいたいところです。

    以下の通販サイト「Banggood.com」では6GB RAM/128GB ROMモデルがサイトにログイン後クーポンコードBG42ad70」適用で3万20109円で販売中。格安スマホと変わらない値段で買えるハイエンドスマホです。

    POCO F3 128GBモデル – Banggood.com

    8GB RAM/256GB ROMモデルは4万2660円。容量が倍になってメモリも増えるものの、1万円ほど値上がりするのが悩ましいところです。

    POCO F3 256GBモデル – Banggood.com

    【【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで3万円に、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ】を全て見る

    【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで3万円に、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで3万円に、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

    この価格でこの性能ってコスパすごすぎですね!







    <このニュースへのネットの反応>

    【【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで3万円に、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週はNUROモバイルが新しい機能を発表。月20GBの「NEOプラン」で上りの通信量をカウントしない「あげ放題」を追加した。

    NUROモバイルNEOプラン」の新機能「あげ放題」
    上りのデータ通信がカウントされない 動画SNSにピッタリ

     NUROモバイルの「NEOプラン」に新機能となる「あげ放題」が追加された。上りデータ通信の通信量がカウントフリーになるもので、追加の申し込みやオプション料金は不要で利用できる。

     「NEOプラン」は月20GB(使い切った後は最大1Mbps)で2699円という料金プランで、3大キャリアのオンライン専業プランに近い価格帯だが、人気SNSLINETwitterInstagram)の主要機能の通信がカウントフリーになるほか、余った通信量の翌月くり越し、3ヵ月ごとに15GBがプラスで付与、専用アプリなしで通話料が30秒あたり11円といった機能で差別化を図っている。

     この付加価値的な機能の1つとして、さらに「あげ放題」が追加された形だ。これまで一般的な料金プランでは、下り/上りの両方のデータ通信で通信量がカウントされてきたが、「NEOプラン」では上りの分はカウントされなくなり、実質的に使い放題となる(ただし、下りで月20GBを使い切った際は上りも速度制限される)。クラウドストレージを始め、最近では動画SNSの人気で上りのデータ通信を多く用いる機会が増えているが、そうしたサービスを多用しているユーザーにはうれしい機能と言える。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税込)

    ※1:au網を用いたMVNOサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある
    ※2:加入から1年無料のキャンペーンで通信量が増量される(2年目以降、月550円

     
    【格安スマホまとめ】NUROモバイルが上りのデータ通信をノーカウントにする「あげ放題」を開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】NUROモバイルが上りのデータ通信をノーカウントにする「あげ放題」を開始

    上げ放題ってすごいですね!



    “"




    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】NUROモバイルが上りのデータ通信をノーカウントにする「あげ放題」を開始】の続きを読む


    ソフトバンクウィルコム沖縄は、期間中に「ワイモバイル」を契約した5~18歳の利用者と、その利用者と同一の家族割引グループの方を対象に、「シンプル M/L」の月額基本使用料を1年間1100円引きする「ワイモバ親子割」を、11月17日から提供します。

     

    「家族割引サービス(2回線目以降)」か「おうち割 光セット(A)」の適用がある場合、申し込みの翌月から1年間、「シンプル M」は毎月15GBのデータ容量を月額990円で、「シンプル L」は毎月25GBのデータ容量を月額1870円でそれぞれ利用可能です。なお、同日から音楽ストリーミングサービスLINE MUSIC」の6か月間無料提供も開始します。

     

    ワイモバ親子割の受付期間は2022年5月31日まで。詳しい適用条件などは、ワイモバイル公式サイトの当該ページをご覧ください。

     

    また、ワイモバイルは、親子でスマホに関する正しい知識を学ぶことができる「全国統一スマホデビュー検定」を現在提供していますが、直近の社会問題を踏まえ、設問内容が12月上旬にアップデートされる予定です。

     

    同検定は、子どもスマホデビューにあたって、親子で一緒にスマホに関する正しい知識を学べるクイズ形式のコンテンツで、ワイモバイル利用者でなくても受けることができます。検定には保護者用と子ども用があり、それぞれ合計14問出題されます。千葉大学教育学部の藤川大祐教授の監修のもと、「SNS上での誹謗中傷」「フェイクニュース」「違法ダウンロード」など、直近の社会問題を踏まえた設問となっています。

    1年間、毎月15GBが月額990円に! ワイモバイル「ワイモバ親子割」11月17日から


    (出典 news.nicovideo.jp)

    1年間、毎月15GBが月額990円に! ワイモバイル「ワイモバ親子割」11月17日から

    この格安最高ですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【1年間、毎月15GBが月額990円に! ワイモバイル「ワイモバ親子割」11月17日から】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、NUROモバイルが8GBプランの通信量を10GBに増量。また、goo Simsellerが期間限定セールを実施。登場したばかりの「Xiaomi 11T」がSIMセットで3万2000円に。

    NUROモバイルが、8GBの「VLプラン」を10GBに増量
    既存ユーザーも自動で適用で月1485円

     11月から、月20GBで主要SNSのカウントフリーも付く「NEOプラン」(月2699円)を開始したばかりのNUROモバイルだが、小容量低料金にターゲットを絞った「バリュープラス」も一部容量を改定。従来は月8GBで1485円だった「VLプラン」を料金はそのままに月10GBに増量。既存ユーザーについても12月から自動で適用される。

     「VLプラン」では、契約から4ヵ月目、7ヵ月目と3ヵ月ごとに6GBの通信量がプレゼントされる「Gigaプラス」も用意されており、このプレゼント分の通信量は翌々月まで有効なので、今後は実質月12GBのサービスとして利用が可能になる。

    goo Simsellerが期間限定セールを実施
    OCNSIM契約でXiaomi 11Tが3万2000円、Mi 11 Lite 5Gも

     おなじみgoo Simsellerが12月9日までの期間限定で、人気のスマホがお手頃価格になるセールを実施している。

     いずれもOCN モバイル ONEの音声SIMの新規契約が前提で、登場したばかりのシャオミのハイエンド機「Xiaomi 11T」が3万2000円、スナドラ888おサイフケータイも付く「Xiaomi 11T Pro」が4万4000円。やはりシャオミのミドルハイ機「Mi 11 Lite 5G」が1万7100円、「Xperia 10 III Lite」が2万4000円、FeliCa対応の超小型スマホJelly 2」が2750円などとなっている。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税込)

    ※1:au網を用いたMVNOサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある
    ※2:加入から1年無料のキャンペーンで通信量が増量される(2年目以降、月550円

     
    【格安スマホまとめ】NUROモバイルの8GBプランが10GBに増量 goo Simsellerで期間限定セール


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】NUROモバイルの8GBプランが10GBに増量 goo Simsellerで期間限定セール

    これ気になりますね!
    格安スマホのサービス向上助かりますよね!


    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】NUROモバイルの8GBプランが10GBに増量 goo Simsellerで期間限定セール】の続きを読む


    長らく在庫が無くなっていた楽天モバイルオリジナルスマホが復活し、0円に値下げされています。詳細は以下から。

    楽天モバイル公式ページによると、同社はオリジナルスマホRakuten Hand」と「Rakuten UN-LIMIT V」を同日中に購入および契約したユーザーを対象に、Rakuten Handが実質0円になるキャンペーンを実施しています。

    これは「Rakuten UN-LIMIT V」申し込みで5000ポイントRakuten Hand購入で15000ポイントが付与されることでRakuten Hand本体が実質0円になるというもの。

    なお、Rakuten Hand2020年12月8日に実質4980円で発売され、12月25日からは実質1980円2021年1月7日には実質0円+4999ポイントで販売されていた機種。そう考えると今の「1年型落ちで実質0円」は微妙かも知れません。

    Rakuten Handをさらっとおさらい。指紋認証センサー内蔵の5.1インチHD+(1520×720有機ELディスプレイSnapdragon 720G、4GB RAM/64GB ROMおサイフケータイ2750mAhバッテリーを備えた防滴防塵仕様のAndroid 10スマホで、Xiaomi Redmi Note 9SやAQUOS sense4とほぼ同じ基本性能を実現しています。

    Felica搭載で5インチオーバースマホとしては世界で最もスリムなボディを実現。ディスプレイの側面がラウンド形状のため、女性でも片手持ちできます。

    背面には4800万画素カメラ(F1.8)と200万画素深度センサー(F2.4)、前面には1600万画素カメラを搭載。手ぶれ補正がないところが残念ですが、ボケのあるポートレート撮影や高精細な自撮りを楽しめます。

    カラーバリエーションは3色。楽天カラークリムゾンレッドが最初から投入されています。

    コメントを見る

    【「Rakuten Hand」実質0円に、楽天モバイルのオリジナルスマホが在庫復活もお得感は微妙】を全て見る

    「Rakuten Hand」実質0円に、楽天モバイルのオリジナルスマホが在庫復活もお得感は微妙


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Rakuten Hand」実質0円に、楽天モバイルのオリジナルスマホが在庫復活もお得感は微妙


    これ最高にいいスマホですね!
    試してみたくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【「Rakuten Hand」実質0円に、楽天モバイルのオリジナルスマホが在庫復活もお得感は微妙】の続きを読む

    このページのトップヘ