ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > 格安スマホ


    屋外での作業や大自然の中でのハードな利用にも耐えるタフネススマホ。近年多くのバリエーションが登場していますが、わずか1万円で充実の機能を揃えた格安機種の登場です。詳細は以下から。

    こちらが今回解説する、F150の「F150 B2021」。ゴリラガラス5を採用した5.86インチHD+(1520×720)液晶を備えるAndroid 10スマホです。

    ナイフでも傷つかないモース硬度7を達成、落下に対してもディスプレイ自体が強い耐性を持っています。

    F150 B2021は最強クラスの防塵防水規格であるIP68だけでなく、最高保護等級であるIP69Kも取得し、アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)にも準拠。

    水深1.5mに30分漬けても砂の中1mに埋めても大丈夫な防水防塵な上、1.5mから落下しても耐える耐衝撃仕様。加えて-20度から55度までの温度帯での利用が可能です。

    登山時や寒冷地向けにグローブモードを搭載。厚さ1.5mmまでのコットンやレザーの手袋を着用しながら使用できます。

    リアカメラには1300万画素+200万画素+200万画素+補助レンズのクアッドカメラ。加えて800万画素のフロントカメラも搭載しているため自撮りもできてしまいます。

    タイムラプススローモーションマクロなど、野外撮影では嬉しい各種モードも利用できます。

    バッテリーは充実の8000mAhと実に巨大で、長時間にわたる野外活動でも安心。18Wでの急速充電にも対応しています。

    さらに電池の使用を大きく抑えられるエクストリームモードも設定できるため、緊急時や災害時の活躍も期待できます。

    ツールボックス」には懐中電灯コンパスをはじめ、分度器、水平器、騒音測定器といった作業現場でも使えそうなツールが揃っています。サウンドシミュレーションとして警報やSOSを鳴らすこともできます。

    これらのツールは画面向かって左側のF150 KEYに設定し、シングルクリックで起動できます。

    各種アプリを設定してダブルクリックで起動させることも。

    プロセッサにはMediaTekのHelio G25を採用し、6GB RAM/64GB ROMを搭載するなどスペックも申し分ありません。ストレージはmicroSDカード256GBまで増設が可能です。

    NFCにも対応していてGoogleウォレットが利用できるほか、スマート家電と接続することも。

    技適の問題はあるもののドコモソフトバンクプラチナバンドLTEを含む4G(FDD-LTE:B1/B3/B7/B8/B19/B20)、3G(W-CDMA:B1/8)をサポートデュアルSIM対応のSIMフリーモデルとなっています。

    アウトドアで思う存分使い倒せる「F150 B2021」。以下の通販サイト「Banggood.com」では、クーポンコード「BGF150B2021」を入力することでプレセールス価格の109.99ドル(1万1615円)で購入できます。

    F150 B2021 | Banggood.com

    また通販サイト「Ali Express」でも24日までのオープンセール価格として同様に109.99ドルで購入が可能となっています。

    F150 B2021 – AliExpress

    【1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」登場、超大容量8000mAhバッテリーやIP69K取得のガチ野外モデル】を全て見る

    1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」登場、超大容量8000mAhバッテリーやIP69K取得のガチ野外モデル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」登場、超大容量8000mAhバッテリーやIP69K取得のガチ野外モデル


    これいいですね!!
    防水防塵耐衝撃タフネススマホ
    欲しくなりますね!!

    メルマガ登録で100ポイントプレゼントキャンペーン実施中【ゼビオカード】


    <このニュースへのネットの反応>

    【1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」登場、超大容量8000mAhバッテリーやIP69K取得のガチ野外モデル】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回はデータSIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホ関連の1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、楽天モバイルが新規契約と「Rakuten Hand」の購入で最大2万4999ポイント還元のキャンペーンを発表。また、総務省は「スマホ乗替相談所」の実証実験を来年度に実施する。

    200万契約突破の楽天モバイル
    Rakuten Hand」が実質0円になるキャンペーン

     2020年末に200万契約を突破した楽天モバイル。年が明けて、「Rakuten Hand19,999ポイントプレゼントキャンペーン」として、さらなるキャンペーンを開始する。

     今回のキャンペーンは、楽天モバイルRakuten UN-LIMIT V」を初めて申し込むユーザーが対象で、「Rakuten Hand」の同時購入で1万9999ポイントを還元。「Rakuten UN-LIMIT V」申込時の5000ポイントと合わせて、2万4999円相当のポイント還元がなされるというもの。Rakuten Handの端末価格は2万円なので、初めての申し込みであればスマホが実質0円で手に入るとしている。

     Rakuten Hand楽天モバイルオリジナルモデル第3弾で、縦長5.1型有機ELディスプレーを搭載。横幅は約63mmと片手操作が簡単なコンパクトさでありながら、Snapdragon 730Gや4GBメモリー、64GBストレージに加え、おサイフケータイにも対応するというミドルクラスの端末。楽天モバイルは現時点での申し込みであれば1年無料で、端末も0円。データ通信使い放題の自社エリアも昨年後半から急速に拡大しており、まだ加入していないのであれば、大いに魅力的なキャンペーンと言える。

    総務省、来年度に「スマホ乗替相談所」を
    実証実験として取り組む

     一部メディアで報じられた、総務省による「スマホ乗替相談所」の設置。武田総務大臣が記者会見の場でこれについて認め、国自身が創設して運営するわけではないものの、2021年度にモデル事業として実証実験的に実施、2022年度にはビジネスベースで事業者が展開する方針であることを公表した。

     総務省消費者庁携帯電話の料金について、ユーザーが実際に必要としている内容よりも過大なプランを選択し、料金を払いすぎている傾向があるとして、最適なプランへの見直しをするための情報提供に積極的になっており、スマホ乗替相談所もその方針の延長線上にある事業と言える。ただ、ユーザーにとって最適なスマホサービスや料金プランとは、単純に金額や通信量で決められるものではなく、サポートや回線以外の部分など、要素は多岐にわたる。

     スマホ乗替相談所が、そうした要素を解きほぐして、本当にユーザーに最適なプランを提示できるのか、今のキャリアショップのようにスマホの使い方相談まで担うことになるのか、今後注目が集まりそうだ。

    1000円前後の人気格安データ通信サービス(すべて税抜)
    (音声通話付きのSIM過去の分をクリック

    1500~2000円台の人気格安データ通信サービス
    (すべて税抜)

    ※1:au網のSIMSMSきのみオプション料金必要)
    ※2:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】楽天、新規契約と「Rakuten Hand」購入で実質0円 総務省が「スマホ乗換相談所」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】楽天、新規契約と「Rakuten Hand」購入で実質0円 総務省が「スマホ乗換相談所」

    これ気になりますね!!


    無料トライアル実施中!<U-NEXT>

    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】楽天、新規契約と「Rakuten Hand」購入で実質0円 総務省が「スマホ乗換相談所」】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

    スペックも価格も抑えめの小型モデル
    Xperia E3」

     国内では発売されなかったXperiaのグローバルモデルですが、今回は2014年第3四半期に登場した「Xperia E3」を紹介します。コードネームFlamingo、シングルSIMタイプモデル番号は「D22xx」、デュアルSIMタイプモデル番号は「D2212/D6633」と呼ばれていました。

     「Xperia Z3 compact」が出たタイミングと同時期であり、コンパクトという共通点はありながらも「Xperia E3」はエントリーモデルとして発売されたため、スペックなどはかなり抑えられています。

     ディスプレーは4.5型(480×854ドット)で、Xperia Z3 Compactよりも0.1型小さく、解像度は大きく下がります(Xperia Z3 Compact720×1280ドット)。ディスプレーには、より視野角の広いIPSパネルを採用するものの、高画質にまつわるソニー独自のモバイルBRAVIAエンジントリルミナスディスプレイなどは搭載されていません。

     スペックCPUSnapdragon 400(1.2GHz、クアッドコア)、メモリーは1GB、内蔵ストレージは4GB(外部最大32GB)。バッテリー容量は2330mAhでOSはOSは、Android 4.4(KitKat)を搭載しています。本体サイズは 約69.4×137.1×8.5mmで、重さは143.8gです。カラバリはブラックホワイトライムカッパーの4色が用意されていました。

     外観は、Xperiaシリーズでは恒例のオムニバランスデザインであり、アルミ削り出しの電源ボタンにボリュームキーは健在。ただしカメラボタンは搭載していません。また、ボディーの背面素材は樹脂製であり、背面から側面を同一カラーで統一しています。なお、ホワイトに関してはベゼルまでも同色となっているほか、ポップライムや、新鮮なカッパーといったカラーを用意し、幅広い層にアピールしていました。

     イヤホンジャックmicroUSB端子もキャップレスなので直挿しタイプですが、防水や防塵機能は非搭載だったので雨の日がやや心配になります。サイドにあるキャップを開けることで、SIMスロットと、microSDカードスロットアクセスできました。

     メインカメラは、約500万画素にLEDフラッシュを搭載。自撮り用のフロントカメラは約30万画素と、いずれも控えめを通り越してかなりスペックが低くなっています。あまり、カメラにこだわるモデルではなかったのでしょう。そのほかには、フルHD動画の記録に対応しています。

     日本国内では、コンパクトモデルでもハイエンド相当の性能を求められるためXperia Z3 compactが重視されているのに対して、海外ではコンパクトかつリーズナブルという需要が一定以上存在するため、Xperia E3は歓迎されていたのです。

    小さくてリーズナブルなXperiaシリーズ「Xperia E3」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    小さくてリーズナブルなXperiaシリーズ「Xperia E3」

    これいいですね!!


    楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

    <このニュースへのネットの反応>

    【小さくてリーズナブルなXperiaシリーズ「Xperia E3」】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回は音声SIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、ソフトバンクドコモahamo」に対抗する新ブランドSoftBank on LINE」(仮称)を発表。月20GBで月2980円、さらにLINEの利用もノーカウントとなる。

    ahamo発表から3週間弱でソフトバンクも全面対抗
    オンライン専業「SoftBank on LINE」を来年2月開始

     12月3日ドコモahamo」の衝撃デビューから3週間弱。ソフトバンクは全面対抗の形となる新ブランドSoftBank on LINE」(仮称)の来年3月開始を発表した。現時点ではコンセプト名とのことだが、この名称からもわかるように、契約やサポートLINEを活用するオンライン専業のサービスで、月20GBで月2980円(以下、すべて税抜)という料金もahamoに並ぶ形だ。

     MVNOの「LINEモバイル」とはまったく別の扱いで、ネットワーク品質はソフトバンクY!mobileと同一品質になり、特に混雑時は一般的な格安SIMとは一線を画す通信速度が期待できる。一方で、LINEで利用するデータ通信がノーカウントとなるのはLINEモバイルと同じで、ahamoに対する大きな強味と言える。

     ahamoと同じなのは、1回5分までの通話定額込み、月1000円プラスでかけ放題、20GBを超過した場合も最大1Mbpsで通信可能、追加チャージは1GBあたり500円、5Gネットワークにも対応、キャリアメールを提供しないといった点。ただ、国際ローミングや端末販売など、詳細が明らかになっていない部分もいくつか見られる。

     なお、LINEモバイルについては、企業としてのLINEモバイルソフトバンクに吸収合併され、新規契約も今春で終了になる。ただし、既存ユーザーには現在の契約内容のままで引き続きサービスが提供される

    Y!mobileは店頭での販売・サポート有りのブランドとして継続
    プランは音声定額が外に出されてUQとほぼ同等に

     Y!mobileも新プランが2月に開始予定となっている。「シンプルS/M/L」の3プラン構成で、すでにあるプランも含めて、5Gにも対応する。

     真ん中の「シンプルM」だと、月2980円で月10GB(超過後は最大1Mbps)。従来のY!mobileプランと異なり、通話定額は完全なオプション(1回5分まで月700円、かけ放題は月1700円)として、外に出される形だ。また、最初の6ヵ月のみの割引も無くなるなど、UQ mobileの料金プランと似たものとなったと言える。なお、家族割引(2回線目以降)または対応固定回線セット割引は継続して用意される。

    人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜)
    データ専用SIM過去の分をクリック

    ※1:2021年3月開始予定
    ※2:2021年2月以降開始予定
    ※3:2021年2月開始予定
    ※4:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
    ※5:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】ソフトバンクがドコモ「ahamo」に全面対抗 20GBで2980円の新プランを3月開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】ソフトバンクがドコモ「ahamo」に全面対抗 20GBで2980円の新プランを3月開始



    これ楽しみですね!!


    他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます

    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】ソフトバンクがドコモ「ahamo」に全面対抗 20GBで2980円の新プランを3月開始】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     主要格安SIMの料金表(今回はデータSIM)とともに、格安SIMSIMフリースマホ関連の1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、ドコモMNP転出手数料の来年4月からの無料化を発表。ウェブや店頭などに関わらずに0円にする。

    総務省からの要請に応えて、転出手数料を無料化
    ウェブ経由だけでなく、店頭でも同様に無料

     総務省の有識者会議において、他社に乗り換える際の障壁を減らすためとして求められていた、携帯電話番号ポータビリティMNP)での転出時に必要な手数料の無料化。ドコモでは現時点でこの手数料として3000円(昨年9月末までのプラン利用時は2000円、ともに税抜)が必要だが、来年4月1日以降は0円とする。

     このMNP転出手数料については、電話や店頭(ドコモショップ)での申し込みではサポートコストもかかっていることから、無料化は難しいという考えを従来は見せていたが、今回の発表ではウェブを含む、すべてのケースで無料にしている。他のMNOでは、ソフトバンクは来春時点での無料化を公表済み。auも追従の可能性が高いと言える。

    1000円前後の人気格安データ通信サービス(すべて税抜)
    (音声通話付きのSIM過去の分をクリック

    1500~2000円台の人気格安データ通信サービス
    (すべて税抜)

    ※1:au網のSIMSMSきのみオプション料金必要)
    ※2:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

     
    【格安スマホまとめ】ドコモが来年4月からMNP転出手数料を完全無料化に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格安スマホまとめ】ドコモが来年4月からMNP転出手数料を完全無料化に


    これいいですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【【格安スマホまとめ】ドコモが来年4月からMNP転出手数料を完全無料化に】の続きを読む

    このページのトップヘ