ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PCパーツ


    【元記事をASCII.jpで読む】

     サハロフ佐藤さんが、毎週土曜日アキバのPCショップ各店を実際に回り、調査を行なった価格情報を毎週火曜日前後に掲載する本コーナー

     本ページ内に掲載している「最低価格」は、文字どおりサハロフ佐藤さんが知り得た最も安い価格。そして、「目標価格」はアキバでも比較的知られているいくつかのショップでの価格だ。秋葉原に不慣れな人でも見つけることができるはずなので、目安にするといいだろう。

     価格は常に変動しており、掲載したリストはあくまで調査した時点での価格である。現在もこの価格で販売されていることを保証するものではないので、ご注意いただきたい。なお記載の価格はすべて10%の消費税込みとなる。

    CPU

    Ryzen 3000シリーズの上位製品が急落
    3950Xが7万円割れ

     「Ryzen 9 3950X」が1万197円安の6万8981円、「Ryzen 9 3900XT」が5580円安の5万5800円、「Ryzen 9 3900」が4202円安の5万4978円となるなど、一部ショップRyzen 3000シリーズの上位製品が急落した。また、「Athlon 3000G」も一部で3300円安の4378円を付けている。

     インテルは、「Core i9-10900T」が1100円安の5万578円となるなど、第10世代の低消費電力版がやや値下がりしたほか、第9世代の「Core i7-9700」が3200円安の3万1780円に下がったのが目に付く。

    メモリー

    全体的に静か、SO-DIMM 32GB×2枚組が特価で2万4380円

     PC4-28800 32GB×2枚組が4206円高の3万6880円、PC4-21300 8GB×2枚組が732円高の5990円、平均97円(1.5%)高となるなど、一部に値上がりが見られるが、全体的には静かな値動きだ。

     SO-DIMMは、PC4-21300 32GB×2枚組が3400円安の特価2万4380円を付けた一方、16GB×2枚組は981円高の1万2980円、平均264円(2.0%)高となっている。このほかは横ばいだ。

    HDD

    NAS向け東芝MNシリーズが特価
    12~16TBが過去最安を記録

     NAS向けの東芝MNシリーズが一部ショップで特価販売されており、このうち16TBが3001円安の4万2799円、14TBが1001円安の3万4799円、12TBが700円安の2万9800円と、それぞれの容量で過去最安を記録している。

     このほか、Western Digital WD Redの8TBが1088円安の1万8800円、6TBが1848円安の1万5950円に下がったのが目に付く。

     なお、6TBの最安は引き続きSeagate「ST6000DM003」の9790円(1GB単価1.63円)だが、今週はWestern Digital「WD60EZAZ」が300円安の特価9980円(1GB単価1.66円)を付け、WD製6TBとしては5月2日(9768円)以来7ヵ月ぶりの1万円割れとなっている。

    SSD

    SamsungSanDiskが大幅下落
    870 QVOの4TBが4万6799円で最安に

     Samsung 870 QVOの2~8TBが大幅に下落し、8TBが1万90円安の8万7890円(1GB単価11.0円)、4TBが1万2001円安の4万6799円(11.7円)、2TBが5820円安の2万2980円(11.5円)を付けた。このうち4TBは長く最安だったSUNEASTを抜き、過去最安を記録している。

     また、SanDiskも値下がりし、Ultra 3Dの4TBが5060円安の4万9830円、2TBが990円安の2万4860円、SSD Plusの2TBが3080円安の1万9800円(1GB単価9.9円)などとなっている。

     なお、Western Digital WD Blue (M.2/SATA版)の2TBが1110円安の2万4990円に下がっている。M.2/SATAの2TBが2万5000円を切るのは初めてだ。

     M.2/NVMeでは、Samsung 970 EVO Plusの大容量品が値下がりし、2TBが4180円安の4万800円、1TBが599円安の1万9980円となっている。このほか、特価によりCorsair Force MP600の1TBが3000円安の1万9980円、Plextor M9PG Plusの1TBが2819円安の1万4480円、512GBが848円安の8480円に下がっている。

    【価格調査】NAS向け東芝MNシリーズが特価、12~16TBが過去最安を記録


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【価格調査】NAS向け東芝MNシリーズが特価、12~16TBが過去最安を記録

    大容量にはいいですね!!


    工事不要!インターネット使い放題【SoftBank Air】

    <このニュースへのネットの反応>

    【【価格調査】NAS向け東芝MNシリーズが特価、12~16TBが過去最安を記録】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     Socket AM4向けエントリーチップセットAMD A520」を搭載したマザーボードMAG A520M VECTOR WIFI」が、MSIから発売された。価格は9900円。

     GAMINGマザーボードMAGシリーズの製品で、AMD Ryzen 4000G APU「Renoir」対応のMicro ATXモデル。安価ながら、拡張型ヒートシンクWi-Fi 5を備えているのも特徴だ。

     基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-4600、最大64GB)。

     オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)、Wi-Fi 5 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac)+Bluetooth 4.2、サウンド(Realtek ALC892 8CH HD Audio)、M.2×1、SATA3.0×4、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力機能としてSingleLink-DVI-DとHDMI 2.1を備える。

     販売しているのは、パソコンショップアークパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。

    無線LAN標準装備で1万円を切るMSIのRyzen対応マザーボード


    (出典 news.nicovideo.jp)

    無線LAN標準装備で1万円を切るMSIのRyzen対応マザーボード

    このマザボいいですね!!

    欲しくなる笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【無線LAN標準装備で1万円を切るMSIのRyzen対応マザーボード】の続きを読む


    ASUS JAPAN株式会社は、Wi-Fi 6対応のインテル B460搭載マザーボード2製品「 ROG STRIX B460-I GAMING」、「TUF GAMING B460-PRO (WI-FI)」を発表しました。2020年7月10日(金)より販売を開始する予定です。
    ROG STRIX B460-I GAMING

    ----------------------------------------------
    製品名 : ROG STRIX B460-I GAMING
    対応ソケット : LGA 1200
    対応CPU : 第10世代 Intel CorePentium Gold/Celeron プロセッサ
    チップセット : Intel B460
    対応メモリ : DDR4-2666×2(最大64GB)
    拡張スロット : PCIe 3.0 x16×1
    画面出力端子 : DisplayPort×1、HDMI 1.4b×1
    ストレージ機能 : M.2×2、SATA 6Gb/s×4
    無線機能 : Wi-Fi 6 (ax/ac/n/a/g/b)、 Bluetooth 5.1
    有線LAN機能 : 1000BASE-T×1
    USB(外部/内部): USB 3.2 Gen 2x2×1 (1/0)、USB 3.2 Gen 1×8 (6/2)、USB 2.0×5 (1/4)
    フォームファクタ : Mini-ITX170mm×170mm)
    予定発売日 : 2020年7月10日(金)
    製品ページ : https://www.asus.com/jp/Motherboards/ROG-STRIX-B460-I-GAMING/
    ----------------------------------------------

    〇 「ROG STRIX B460-I GAMING」の主な特長

    ・優れた接続性
    リバーシブルタイプUSB 3.2 Gen 2x2 Type-C ポートを搭載しており、2つのレーン間で最大20Gbpsの超高速データ転送を実現します。また、オーディオ信号のタイプを自動判別するオーディオ専用USB Type-C ポートも備えています。

    インテル(R) WiFi 6 AX200
    Intel(R) Wi-Fi 6 AX200 モジュールは802.11ax規格と互換性があり、理論上のピーク帯域幅を2.4 Gbpsまで押し上げ、トラフィックが多い混雑したネットワークでのより効率的な運用のために最適化されています。お使いのマザーボードASUS WiFi 6ルーターとペアリングして、WiFi 6のネットワークをフル活用してください。

    DOUBLE-CAPACITY DIMMサポート
    メモリ総容量64GBに対してスロットあたり最大32GBまで対応できる独自のメモリトレース設計を備えており、2倍の容量のDIMMモジュールを備えた本製品では、コンパクトデュアルDIMM設計でDIMM4枚分相当のメモリ容量に匹敵します。

    ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」
    Fan Xpert 4は、CPUファンケースファンの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。Windows用のソフトを使うことで、CPUの温度が設定温度を超えたらファンの回転数を上げるといった設定や、CPUの温度に応じて段階的にファンの回転数を変更するといった設定を簡単に行うことが可能です。

    ASUS管理ソフトArmory Crate」対応
    Armory Crateは、サポートされている製品を集中管理するために設計されたユーティリティソフトウェアです。単一の直感的なインターフェースから対応するすべてのデバイスでRGBライティングとエフェクトを手軽にカスタマイズや、ASUS製品のキーボードマウスの設定をすることもできます。さらに、Armoury Crateは専用の製品登録機能やニュースエリアも備えており、ASUSコミュニティの最新情報を入手する助けとなります。



    TUF GAMING B460-PRO (WI-FI)
    ----------------------------------------------
    製品名 : TUF GAMING B460-PRO (WI-FI)
    対応ソケット : LGA 1200
    対応CPU : 第10世代 Intel CorePentium Gold/Celeron プロセッサ
    チップセット : Intel B460
    対応メモリ : DDR4-2933×4(最大128GB)
    拡張スロット : PCIe 3.0 x16×2、PCIe 3.0 x1×3
    画面出力端子 : DisplayPort 1.4×1、HDMI 1.4b×1
    ストレージ機能 : M.2×2、SATA 6Gb/s×6
    無線機能 : Wi-Fi 6 (ax/ac/n/a/g/b)、 Bluetooth 5.1
    有線LAN機能 : 1000BASE-T×1
    USB(外部/内部): USB 3.2 Gen 2×2 (2/0)、USB 3.2 Gen 1×6 (4/2)、USB 2.0×4 (0/4)
    フォームファクタ : ATX(305mm×244mm)
    予定発売日 : 2020年7月10日(金)
    製品ページ : https://www.asus.com/jp/Motherboards/TUF-GAMING-B460-PRO-WI-FI/
    ----------------------------------------------

    〇 「TUF GAMING B460-PRO (WI-FI)」の主な特長

    ミリタリーグレードのコンポーネント
    ミリタリーグレードのチョークコイルである「TUFチョークコイル」に、通常のコンデンサよりも+20%の温度耐性と2.5倍の長寿命を実現した「TUFコンデンサ」を搭載し、高負荷状態で連続稼働をさせたいようなゲーミングPCに最適なマザーボードとなっています。

    インテル(R) WiFi 6 AX200
    Intel(R) Wi-Fi 6 AX200 モジュールは802.11ax規格と互換性があり、理論上のピーク帯域幅を2.4 Gbpsまで押し上げ、トラフィックが多い混雑したネットワークでのより効率的な運用のために最適化されています。お使いのマザーボードASUS WiFi 6ルーターとペアリングして、WiFi 6のネットワークをフル活用してください。

    ・高耐久PCI ExpressスロットSafeSlot Core+」搭載
    SafeSlot Core +は、ASUS専用のPCIeスロットであり、破損を防ぐためにスロットを保護するステンレス製の一体型ブレースで強化されています。 金属カバーフックスロットにしっかりと固定されており、強化されたはんだでPCBにしっかりと固定されています。カードを引き抜く方向に1.6倍、カードの荷重がかかる方向に1.6倍の強度を持たせており、重量のあるグラフィックカードを取り付けた場合でも安心して長期間使用頂けます。

    ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」
    Fan Xpert 4は、CPUファンケースファンの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。Windows用のソフトを使うことで、CPUの温度が設定温度を超えたらファンの回転数を上げるといった設定や、CPUの温度に応じて段階的にファンの回転数を変更するといった設定を簡単に行うことが可能です。

    Aura Sync機能
    Aura Sync RGBイルミネーションは、Auraに対応したすべての製品のLEDを1つのアプリケーションからまとめてコントロールし、同期した自分好みの光り方にすることができます。またアドレサブルGen 2 RGBヘッダーを搭載しており、第2世代のアドレサブルRGBデバイスLEDの数を検出でき、特定のデバイスに合わせてライティングエフェクトを自動的に調整できるようになりました。


    配信元企業:ASUS JAPAN株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Wi-Fi 6対応のインテル B460搭載マザーボード2製品を発表


    このマザーボード最高ですね!!







    <このニュースへのネットの反応>

    【Wi-Fi 6対応のインテル B460搭載マザーボード2製品を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ