ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > アシスタント


     「アレクサ、起きて」。私の1日はこの一言で始まる。部屋の明かりをつけ、テレビをオンにして、日付、時刻、天気予報を読み上げる。アレクサにあらかじめ仕込んである朝のルーチンだ。定番の「アレクサ、おはよう」にしなかったのは、機械に朝の挨拶をするのは抵抗があったからだ。もっとしっかり仕込めば、カーテンを開け、コーヒーメーカースイッチを入れるくらいのことならできるが、今のところそこまでやらせるつもりはない。寝るときには「アレクサ、全部消して」で明かりとテレビをオフにする。興味本位で第3世代のAmazon Echo Dotを買ったはいいが死蔵していた。アレクサ連動のコンセント「スマートプラグ」を手に入れたのをきっかけに、なんちゃってスマートホーム生活を始めることにした。

    画像付きの記事はこちら



     本当は、単に布団に入ったまま明かりを消すのが目的だった。寝ながら本を読んでいて、眠くなっても立ち上がらずに部屋の明かりを消せるようにしたかった。ただこれだけのことだが、実際やってみると使い勝手はずいぶんいい。学生時代、寝たまま蛍光灯を消そうと、畳に届く長さの紐を蛍光灯につけていた。その現代版だ。

     数年前の話だが、8割近い人がスマートスピーカーを買ったはいいが、音楽を流す用途ぐらいにしか使わなくなった、という調査結果があった。音声で天気予報ニュースを読むくらいでは、日常的に使う気にはなれない。はやり、もっと生活に直結する機能がなければ。そこで、明かりのオン・オフだ。

     部屋の明かりにスマートプラグをつなげて、コントロールできるようにした。Wi-Fi連動型のコンセントだ。単にオン・オフするだけなら、明かりだけでなくさまざまなな機器を声でコントロールできる。「スイッチボット」という、物理的にスイッチを押すユニットもある。組み合わせ次第で、声でコントロールできる機器はかなり広がる。スマートホームの完成だ。

     音声認識の精度や感度は申し分なく、誤動作はほとんどない。込み入った操作はできないが、例えばネットにつながっているテレビなら、チャンネルを変えたり、ボリュームを上げ下げするくらいならやってくれる。リモコンが見当たらなくても、両手がふさがっていても操作できるのが便利だ。

     呼びかけの言葉「アレクサ」をトリガーワードと言う。それ以降の声に反応するように作られている。スマートフォンアレクアプリを見ると、どのような命令を処理したか、生の音声とともに後から確認できる。つまり、その都度録音されているわけだ。

     もちろん、トリガーワードをいわなければマイクはオンにならず、部屋の会話を盗み聞きして録音するようなことはない、ことになっている。気になる場合はマイクをオフにすることもできる。当然マイクをオンにするまでトリガーワードにも反応しなくなる、はずだ。

     私のある友人は「自ら部屋に盗聴器をつけるようなもの。気持ち悪いからスマートスピーカーは一切使うつもりはない」と話す。その考えは理解できるが、言い出すとキリがない。利便性とプライバシーのどちらをとるか、だ。スマートフォンスマホ)ですら、電波が届かない箱にでも入れておかなくては、電源を切っていても盗聴のリスクを完全になくすことはできないともいわれている。部屋の会話を聞かれたところで、有益な情報は何一つない。

     プライベートな会話を人知れず誰かに聞かれているかもしれないと思うと、確かにいい気持ちはしない。プライバシーを切り売りして生きているような側面もある現代社会。ある程度の漏洩リスクはやむを得ないと割り切って使うしかないだろう。

     とはいえ、声でコントロールするというのは、場面によってはとても便利だ。特に両手がふさがっている車の運転中、カーナビやカーオーディオの操作などには威力を発揮する。あるいは、デジカメの設定なども応用できそう。メニューの階層が深く複雑な場合でも一言で目的の動作にたどり着けるのは便利ではなかろうか。

     ところで、明かりのオン・オフをつかさどっているスマートプラグには、ちょっとした欠点がある。電源は常にオンにしておく必要があるのだ。これまで使っていた部屋の明かりのスイッチをオフにしてしまうと、スマートプラグが使えなくなってしまう。アレクサとはWi-Fiでつながっているため、待機状態でもスマートプラグ自体に電気は来ていなければならない。

     明かりのスイッチをオフにしてしまうと、スマートプラグにも電源が供給されなくなり、コントロールが効かなくなる。スイッチをオフにすれば明かりは消えるが、オンにしてもすぐ明かりはつかない。スマートプラグがONになって、Wi-Fiにつながって、アレクサに声をかけて初めて明かりがつく。そのため、部屋の明かりのスイッチにはオンに固定するようガムテープを張って操作できないようにしている。これがスマートかどうかは、また別の話だ。(BCN・道越一郎)

    「アレクサ」と声をかけられるとリングが青く光るAmazon Echo Dot(第3世代)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アレクサと暮らす

    私もアレクサと暮らしています笑笑


    楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【アレクサと暮らす】の続きを読む


    Photo: Alex Cranz/Gizmodo Photo: Alex Cranz/Gizmodo

    何も野菜切れとか、皿洗えって言ってるんじゃないですよ。

    Gizmodo編集部のKatie Keck記者がSiriへの不満を語っています。いわく、キッチンでは全然役に立たない、と。なるほど、ちょっと彼女の言い分を聞いてみましょうかね。

    Siriについて言わせてください。

    Gizmodo編集部の間で、何度も持ち上がるSiriアシスタントとして使えるかどうか議論。ハンズフリーで使えるSiriの存在に助けられることも確かにあるでしょう。しかし、私は言いたい、日々の生活、特にキッチンでのSiriって役立たずであると。

    キッチンでお料理中=両手ふさがっているからこそ、Siriにやってほしいことはたくさんあります。なのに、そんな時こそなぜか最低限のタスクさえこなせないSiri。質問はスルー、音量アップリクエストはシカト、レシピ検索やページスクロールを頼んでも知らん顔。なんか急に態度悪くなったな!イライラします。

    3度目のよびかけでようやく重い腰をあげるSiri。これは忍耐力のテストですか? 現代のテクノロジの限界を体験する実験ですか? 使ってはイライラする、使ってはがっかりする。これを繰り返していると、そもそも最初からSiriなんていらないのでは?とすら思えてきます。いや、少なくてもキッチンではもういらないんですよ。キッチンの中で、Siriは役立たず。まったく使えないやつなんですから。

    言っておきますが、Siriがわかりやすいようこちらもユーザーとして努力はしています。大きな声でゆっくりはっきり呼びかけます。呼びかける内容はシンプルにわかりやすく。過度な期待はしない。ミスって音量爆発が怖いので、音楽の音上げてなんてお願いはなるべくしないように。ちなみに、Google Home Miniは何の問題もないんですけどね。このやり方で、お料理中にレシピ探して読み上げてくれています。Googleデジタルアシスタントとは、キッチンでもイライラすることなく、気持ちよく共存できています。でもSiriはダメ。お願いしたことを後悔するほど、答えが返ってこない、タスクが発動されない。

    キッチンで役立たずと言いましたが、正直キッチンの外でも微妙です。たとえば車の中。CarPlayと連動して使おうとすればイライラMAX。何回同じこと言わせるの?と怒りがふつふつ。

    いや、できることもあるんですよ。(なぜか)特定のアーティストの曲はミスなしでプレイできるし、メッセージのメモもOK。電話番号プッシュも、お天気や時間のチェックも、リマインダーもできます。

    しかし、キッチンではなぜか頼んだことができない。1番ハンズフリー使いたいキッチンに来た瞬間、サボりだすSiri。これって私だけですか? うちのキッチンが呪われているんですか? 電波悪いんですか? Siriってそもそも料理が嫌いなんですか? 楽しかったお料理時間が、Siriイライラさせられて台無しに。

    Siriがキッチンで急にやる気なくなる問題、他にも体験している人います?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Siriってキッチンで急に役立たずになりません?

    これ試したことないですね!!

    アレクサには話かけてますが!




    <このニュースへのネットの反応>

    【Siriってキッチンで急に役立たずになりません?】の続きを読む


    音声アシスタントって、やたらと人の話に入ってこようとするような気がしませんか?

    ドイツルール大学ボーフム(RUB)とMax Planck Institute for Security and Privacyが最近行った調査により、AlexaやSiriGoogleアシスタントなどの音声アシスタントが、起動コマンド(「ウェイワード」とも言います)と聞き間違えやすい1000超の言葉やフレーズが特定されました。

    この調査に関するArs Technicaの記事から、その一部をご紹介しましょう。

    Alexa:unacceptable(アンアクセプタブル)」「election(イレクション)」「a letter(ア・レター)」

    Google Home「OK, cool(オーケー、クール)」「Okay, who is reading(オーケー、フー・イズ・リーディング)」

    Siri「a city(ア・シティー)」「hey jerry(ヘイ、ジェリー)」

    Microsoft CortanaMontana(モンタナ)」

    この調査によれば、こうした「聞き間違い」による起動はよくあることだそうです。プライバシーの観点から見ると、これは非常に気がかりです。

    Alexa、一体何が問題なの?

    音声アシスタントは、起動コマンドを聞き逃すまいとして、常に「耳を澄ませて」います。必ずしも録音しているわけではありませんが、警戒態勢を取っていることは明らかです。

    スマートスピーカーからであれ、スマホマイクからであれ、ひとたびAIがコマンドを認識すると、それに続いて「聞こえる」音声が録音され、リモートサーバーに送られます。

    リモートサーバーでは、さまざまなアルゴリズムがその音声を処理し、何が求められているのかを判断します。

    場合によっては、この音声は保存され、その後、音声アシスタント音声認識機能の改善に取り組むエンジニアによって聞かれることがあります。

    ここで生じるのが、プライバシーに対する懸念です。

    録音された音声が、サーバーサイドの何かを起動することはないとしても、その音声は録音・保存されるかもしれません。

    さらには、コマンドが聞き逃されていないか、誤解されていないか確認するために、人間のエンジニアによって聞かれることもあるかもしれません。

    ユーザーの音声は聞かれている

    これは単なる推測ではありません。このようにして「機械学習」アルゴリズムが機能していることは周知の事実です。

    人間が手動で、機械が学習するのを手伝っているのです。機械は自律的な存在ではないのです。

    そしてしばしば、これがプライバシーの侵害、ひいてはユーザーの反発や法律上のゴタゴタへとつながります。

    Googleは、ユーザーデータを広告主に販売することに関して、いつも攻撃の的になっています。

    Amazonも、ユーザーが録画・録音したものを漏洩したり、処理を誤ったりを繰り返しています。

    Appleデータプライバシーポリシーは全体的に見て「ベスト」ですが、偶然耳にした音声をコピーしていたことが発覚したスタッフも過去にはいました。

    スマートデバイスの音声アシスタントを誤って起動してしまうと、多くの場合、ユーザーのやりとりは録音され、部外者にアクセスされる危険にさらされることになります。

    彼らがそのデータをどうするのか、わかったものではありません。この点をお忘れなく。

    どの音声アシスタントユーザーも、録音された音声を自分で管理・削除できますが、予防策を講じて、そうしてほしいときにだけスマートデバイスが耳を澄ませるようにしておくことも大切です。

    音声アシスタントの誤起動を防ぐ方法

    可能な場合は、起動ワードフレーズを変更します。Alexaであれば、起動ワードを「Echo」か「Amazon」「Computer」に変更できます(「Computer」に変更すれば、あなたもスタートレック気分を味わえるのでは?)。Googleアシスタントであれば「OK, Google」か「Hey, Google」のどちらかを選べます。ただし、Siriは「Siri」にしか反応しません。 Google Homeの反応感度を下げます デバイスマイクミュートにします。ほとんどのデバイスには、本体のどこかに「ミュート」の物理ボタンがついています。 使わないときには、スマートスピーカーなどのスマートホームデバイスのプラグを抜いておきます。 あなたの音声が保存されたり、聞かれたりすることのないように録音内容を削除し、アカウントのセキュリティーオプションをアップデートします スマートスピーカーや音声アシスタントを一切使わないようにします(ごめんなさい! でも、これが唯一の確実な方法なのです)。

    あわせて読みたい

    Google Homeはアップデートせよ!感度調節機能で誤作動が解決する

    音声認識を使った「文字起こしの自動化」を3つの方法で試して比較! 夢の「寝て起きたらテキスト化」は可能なのか?

    Image: Shutterstock

    Source: Ars Technica

    Brendan Hesse - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    Google HomeやSiriなどの誤起動、どう防ぐ?


    これいいですね!!

    私のApple Watchも話しかけてきますね笑




    <このニュースへのネットの反応>

    【Google HomeやSiriなどの誤起動、どう防ぐ?】の続きを読む

    このページのトップヘ