ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:スマホ、タブレット > ワイヤレスイヤホン


    【元記事をASCII.jpで読む】

    【38%OFF】骨伝導で広音域と高音質を実現! Bluetoothヘッドセット「ETEREO ONE(エテレオ ワン)」

     アスキーストアで販売中、BluetoothヘッドセットETEREO ONE(エテレオ ワン)」を紹介します。

     骨伝導で広音域と高音質を実現したBluetoothヘッドセットです。耳がオープンな状態になるので、イヤホンヘッドホンのような圧迫感・閉塞感を覚えることなく利用できます。

     既存の骨伝導式ヘッドセットの短所だった電力消費量、音域再現の限界を克服し、低音・中音・高音の広帯域の音質を実現しました。ノイズキャンセリングも搭載し、周囲で発生した突発的な音や摩擦音など、不快な環境音を除去できます。

     さらに、骨伝導式ヘッドセットの弱点である音漏れを改善するために、2種の高密度吸音材を使用したほか、振動子も小型化して音漏れの面積も大幅に減らしました。

     重さはおよそ50g。フィット感に優れるヘッドセットタイプかつワイヤレス設計のため、室内での生活はもちろん、スポーツやジムなどでも快適に使用できます。IP56等級の防水性能も備えます。

     ネックバンドはフレキシブル素材なので、頭のサイズに関係なく装着可能です。両側の骨伝導先端部は、人間の肘のようにスムーズに弛緩します。さらに、骨に当たる部分は柔らかいシリコン素材を使用し、長時間の装着でも疲れない仕様としました。

     バッテリー容量は360mAhで、約2時間の充電で約6時間の音楽再生が可能です。充電ポートとしてmicroUSBを装備します。

     そのほか、専用アプリと連動すれば睡眠誘導音を聞くこともできます。さらに、カレンダーと連動すればスケジュールの登録も可能です。登録したスケジュールは音声でフィードバック可能です。さらに、英語、韓国語中国語ベトナム語ロシア語スペイン語フランス語ドイツ語ポルトガル語に対応する通訳システムも備えます。

     カラーバリエーションブラックグレーの2色展開です。アスキーストアでは、通常1万6280円のところ9980円の特別価格で販売中。さらに詳しい情報はアスキーストアでチェックしてください。

    【38%OFF】骨伝導で広音域と高音質を実現! Bluetoothヘッドセット「ETEREO ONE(エテレオ ワン)」

    アスキーストア送料変更に関するお知らせ

     このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に?

    骨伝導式Bluetoothヘッドセット「ETEREO ONE」 振動子の小型化で“音漏れ”を改善


    (出典 news.nicovideo.jp)

    骨伝導式Bluetoothヘッドセット「ETEREO ONE」 振動子の小型化で“音漏れ”を改善


    これ欲しくなりますね!!

    良さげですね!!

    初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【骨伝導式Bluetoothヘッドセット「ETEREO ONE」 振動子の小型化で“音漏れ”を改善】の続きを読む


     全国の家電量販店やECショップPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2021年2月の完全ワイヤレスイヤホンの販売台数前年同月比は99.2%だった。「BCNランキング」の集計開始以来、常に前年比を超えていたが、初めて前年を下回った。これは、市場が縮小しているのではなく、成熟期に差し掛かっているという見方ができそうだ。

    画像付きの記事はこちら



     印象的なのが、長らく市場をけん引してきたアップルシェアが低下し、その他のメーカーが徐々に支持を広げていることだ。アップルは、20年5月以降、右肩下がりで、2月に直近1年で初めて3割を下回った。販売台数前年同月比でも、64.8%と落ち込んでいる。

     2番手のソニーも76.2%と伸び悩む中、好調なのがJVCケンウッドとオーディオテクニカだ。双方ともに118.5%、143.5%の2ケタ成長を遂げており、市場の注目株となっている。

     シリーズ別のランキングでは、アップルの「AirPodsシリーズの人気が不動だ。定番モデルが上位を占める中、順位を上げているのがゼンハイザーの「CX 400BT True Wireless」。高級オーディオイメージが強い同社だが、CX 400BTはコスパが高く、人気が高まっている。(BCN・大蔵 大輔)

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    2021年2月の完全ワイヤレスイヤホン販売台数前年同月比は99.2%。集計以来、初めて前年を下回った


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アップル一強に変化の兆し? 成熟期を迎えた完全ワイヤレスイヤホン市場


    これ気になりますね!!

    もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

    <このニュースへのネットの反応>

    【アップル一強に変化の兆し? 成熟期を迎えた完全ワイヤレスイヤホン市場】の続きを読む


    【木村ヒデノリのTech Magic #046】 勉強せずとも仕事や旅行で、グローバルにコミュニケーションを取れる技術というのは誰もが夢見るものだろう。ガジェットからアプリまで様々な翻訳ツールリリースされている昨今だが、今回は真打登場と言っても良いだろう。「Timekettle M2(以下、タイムケトル)」はシチュエーションに応じてかなりの精度でリアルタイム翻訳を実現してくれる画期的イヤホンだ。海外の情報も自宅時間で効率よく収集できる活用法を紹介したい。

    画像付きの記事はこちら




    ●使ってすぐに分かる他の翻訳ガジェットとの違い



     まず、使ってみてすぐに分かるのが他の翻訳ガジェットよりも圧倒的にスムーズに翻訳がされるという点だ。例えば、少し前に話題になった翻訳機「ili(イリー)」は高精度に翻訳できるガジェットとして筆者も気に入っているが、オフラインでこれを実現するために「海外旅行に特化」している。そのため、会議など汎用的な用途には向いておらず、用途が限定されていた。

     これに対してタイムケトルはどの言語でもほぼリアルタイムで聞き取りが可能、センテンスが途切れると瞬時に翻訳してくれる。その上、文章と音声の両方で結果をフィードバックしてくれるという驚きの機能性を実現しているのだ。さらにすごいと感じたのは、原文の聞き取りが間違っていてもそれらしい訳文に意訳してくれる点だ。例えば下記の画像を見てほしい。

     写真の原文では「菅総理」というのが聞き取れず、「すら総理」となってしまっている。しかし訳文の方には「すら」という文言が誤ってどこかに「SURA」もしくは誤訳となって差し込まれることなく「It is about the Prime Minister’s announcement」と意訳されている。こういった翻訳の仕方は今まで筆者が知る限り他のどの製品でも見たことがなく非常に驚かされた。


    ●翻訳できる言語は40種類・93言語!



     対応言語が幅広いのもありがたい。タイムケトルは53のアクセント(訛り)を含む40種類・93言語に対応しており、世界104カ国で使えるとしている。筆者は中国語韓国語ニュースウェブで視聴しながら翻訳してみたが、大体の内容は把握できる使用感だった。これらの技術はGoogleMicrosoft、そして話題のDeepLなど世界を代表する翻訳エンジンを搭載し、かつ世界15箇所にサーバーを配置することで安定した翻訳速度と高精度の翻訳を両立しているそうだ。

     また、有料かつ言語は限定されるものの「オフライン翻訳パック」をダウンロードしておくことでオフライン環境でも快適な翻訳を実現している点も興味深い。購入には同社が販売するFish Cardが必要で、プリペイドでチャージしたポイントを使って言語を増やせる。

     なお、フラッグシップ製品であるWT2ではこのオフライン機能が無料となっているため、翻訳に特化して使いたい方はこちらを選ぶのが良いだろう。その他の違いとして、M2は音楽の再生にも対応している汎用機だということが挙げられる。汗や水に強いIPX4に準拠し、さらに高品質なワイヤレス再生を実現するQualcomm aptXにも対応している。バッテリーもWT2よりも持つため、翻訳だけでなく日常使いしたい人にはおすすめだろう。

     対してWT2は音楽再生に対応していないものの、ノイズキャンセリング機能やデュアルビームフォーミングマイク機能が搭載されており、翻訳時の使い勝手が高い。コミュニケーションを取るような用途で使う方はこちらを選ぶと良いのではないだろうか。


    ●三つのモードで全てのシチュエーションに対応



     タイムケトルには3つのモードが用意されており、シチュエーションによって変更する必要がある。一つはタッチモードで、お互いが片方ずつイヤホンをする方式。タッチ操作で相手に翻訳音声が流れるので一対一の会話に適している。

     二つ目はスピーカーモードで自分はイヤホンを着け、相手は差し出されたスマホに向かって話す形式。旅行でのちょっとした会話など、相手にイヤホンを渡す必要がないので便利だ。

     三つ目がリッスンモードで、筆者はこれが現状一番実用的だと感じた。聞き取った音声を文字起こししながら即座に翻訳してくれるので、海外ニュースの視聴や講義にも使える。文章量によってタイムラグは5?10秒ほどあるが、内容を理解するのには十分だった。

     このようにかなり実用的なタイムケトルだが、個人的には翻訳した音声を1.5~2倍速で聴ける機能が欲しいと感じた。読み上げている文章が長いと次第に映像から遅れていってしまうので、どうせ母国語を聞き取るなら倍速で聴けた方が実用性は上がると思う、ぜひメーカーには検討して欲しい。

     また、筆者が試したところガジェット紹介動画など、固有の専門用語が頻出するようなものには向いていなかった。専門知識があれば誤訳も理解できるだろうが、そうした用途に使いたいと考えている方は注意してほしい。

     最後に筆者も最近知ったRentio(レンティオ)というサービスがあるので紹介したい。話題の製品を安価にレンタルできるサービスだ。「記事に取り上げた製品に興味はあってもちょっと価格が…」という方もおられたと思うが、このタイムケトルは同サービスで7泊8日1980円レンタルできる。試用しながら購入検討できるという意味においてはかなり便利な選択肢ではないだろうか。興味がある方は参考にしてほしい。(ROSETTA・木村ヒデノリ

    ■Profile

    木村ヒデノリ

    ROSETTA株式会社CEO/Art Director、スマートホームbento(ベントー)ブランドディレクターIoTエバンジェリスト

    普段からさまざまな最新機器やガジェットを買っては仕事や生活の効率化・自動化を模索する生粋のライフハッカー2018年には築50年の団地をホームハックして家事をほとんど自動化した未来団地「bento」をリリースして大きな反響を呼ぶ。普段は勤務する妻のかわりに、自動化した家で1歳半の娘の育児と家事を担当するワーパパでもある。

    【新きむら家】

    https://www.youtube.com/rekimuras

    記事と連動した動画でより詳しい内容、動画でしかお伝えできない部分を紹介しています。
    精度高くリアルタイム翻訳を実現するイヤホン「Timekettle M2」の実力は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ドラえもんの翻訳こんにゃくが現実に! ウェブ会議でもリアルタイム翻訳を可能にする夢のイヤホン「Timekettle M2」

    これって魅力的ですね!!

    実際同時翻訳できたら最高ですね!!


    安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

    <このニュースへのネットの反応>

    【ドラえもんの翻訳こんにゃくが現実に! ウェブ会議でもリアルタイム翻訳を可能にする夢のイヤホン「Timekettle M2」】の続きを読む


    世の中の流行は完全ワイヤレスイヤホンだが、ケーブルが完全にないことで紛失してしまったり、装着中にぽろっと下に落として壊してしまったり、そういったトラブルが多いのも事実だ。ソニー ワイヤレスイヤホン WI-XB400は、流れとは逆をいくケーブルのあるワイヤレスイヤホンケーブルがあることで、仮に耳から外れてしまっても落下しないので、例えば運動中の装着などに向いている。


    フラットケーブルで絡まりにくい!最大15時間再生可能で一日使える!


    ソニー ワイヤレスイヤホン WI-XB400は、最大15時間再生可能なソニーのワイヤレスイヤホン。迫力の重低音を実現するEXTRA BASSサウンドで、正確なリズムと圧倒的量感の低音域を再生可能となっている。

    こんなにコンパクトビジュアルなのに、バッテリーは最大15時間も再生可能なスタミナ。クイック充電にも対応しており、わずか10分の充電で60分丸々使える。21gの軽量ボディと首まわりのバランスがいい形状で快適な装着感で、イヤホン部分にはマグネットも搭載。使わないときに首にかけて、持ち運ぶことも可能だ。ケーブルフラットなのでからまりにくく、丸めて持ち運んでも大丈夫

    首元のボタンiPhoneやその他のスマートフォンで音楽プレーヤーをかんたん操作できる。コンパクトな筐体に欲しい機能がぎゅっと詰め込まれたワイヤレスイヤホン。完全にケーブルのない完全ワイヤレスイヤホンもいいけれど、使い方によってはケーブルのあるワイヤレスイヤホンもいいかもしれない。

    Amazon:
    ソニー ワイヤレスイヤホン: 重低音モデル / bluetooth / AAC対応 / 最大15時間連続再生 2019年モデル / マイク付き /ブラック WI-XB400 B
    ソニー ワイヤレスイヤホン WI-XB400 / 重低音モデル / bluetooth / AAC対応 / 最大15時間連続再生 2019年モデル / マイク付き /ブルー WI-XB400 L
    楽天:
    ソニー WI-XB400-B(ブラック) ワイヤレスステレオヘッドセット

    使わないときにはマグネットで留めて首からさげる!低音重視のソニー製ワイヤレスイヤホン!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    使わないときにはマグネットで留めて首からさげる!低音重視のソニー製ワイヤレスイヤホン!

    これ使ってみたくなりますね!!

    多機能で自由なショッピングサイトの構築が可能【ECサイト基本システム】

    <このニュースへのネットの反応>

    【使わないときにはマグネットで留めて首からさげる!低音重視のソニー製ワイヤレスイヤホン!】の続きを読む


    AirPodsが片方だけ動かない?

    そんな時でも、ご安心を。対処する方法を知っておけば、慌てる必要もありません。

    では、左右どちらかのAirPodsが動かなくなった時にやるべきことを紹介していきましょう。

    目次

    1. AirPodsバッテリーチェックする

    2. デバイス再起動する

    3. 音量バランスを調整する

    4. 他のデバイスAirPodsを使ってみる

    5. デバイスからAirPodsの情報を削除する

    6. スマホネットワーク設定をリセットする

    7. それでも片方のAirPodsが動かない場合


    1. AirPodsのバッテリーをチェックする

    片方のAirPodsが動かなくなった原因とした考えられるのは、バッテリー切れです。まだ知らない人もいるかもしれませんが、AirPodsはそれぞれにバッテリーを充電するものです。

    片方のAirPodsバッテリーが切れていると、そのAirPodsは機能しません。

    その場合は、動かない方のAirPodsを重言ケースに入れて、しばらく充電しましょう。その前にまずは、AirPodsの充電ケースが充電されていることも確認してください。


    2. デバイスを再起動する

    AirPodsを使っているデバイス再起動して、AirPodsが動かない問題が解決されるかを確認するのもおすすめです。片方のAirPodsが動かない原因が、パソコンスマホなど、AirPodsを接続しているデバイスに問題があることがあります。

    iPhoneWindowsAndroid,、Macなど、AirPodsを使っているものを再起動して、AirPodsが両方とも動くかを確認しましょう。


    3. 音量バランスを調整する

    ほとんどのデバイスで、左右それぞれのAirPodsの音量レベルを調整することができます。自分もしくは誰かが音量を調節していた場合、片方のAirPodsにだけ音声が送られていて、それが問題の原因になっている可能性もあります。

    WindowsMacAndroidiOS、どのデバイスでも、簡単に音量調節はできます。

    手順は以下の通りです。

    iPhoneで音量調節する方法

    設定を開く。 一般タップし、アクセシビリティタップする。 聴覚サポートのところまでスクロールダウンする。 「」と「」が両端にあるスライダのマーカーを真ん中に移動させる。これでAirPodsは両方とも確実に同じ音量になる。

    Androidで音量調節する方法

    以下の手順はOnePlusAndroidスマホ用です。他のAndroidデバイスを持っている人も、まったく同じではないかもしれませんが、同じような手順のはずです。

    設定を開く。 スクロールダウンしてシステムタップする。 上にあるアクセシビリティタップする。 音量バランススライダーがあるところまでスクロールダウンする。 マーカーをスライダーの真ん中に移動すれば、AirPodsの左右の音量が同じになる。

    Macで音量調節する方法

    システム環境設定 > サウンド > 出力」を開く。 サウンドを出力する装置一覧からAirPodsを選ぶ。 バランススライダーで、マーカーを真ん中に移動させる。

    Windowsで音量調節する方法

    WindowsパソコンAirPodsを接続していることを確認して、以下の手順に従ってください。

    システムトレイのスピーカーアイコンを右クリックし、音量の設定を開く。 上部のドロップダウンメニューからAirPodsを選び、デバイスの設定クリック。 下の画像のようにバランススライダーが表示される。 左右が同じ音量レベルになるように調整する。片方のマーカーをドラッグすると、もう片方のマーカーも自動的に移動する。

    4. 他のデバイスでAirPodsを使ってみる

    必ずしもAirPodsに問題があるとは限りません。スマホパソコンの問題が原因で、片方のAirPodsが動かないこともあります。

    その場合、他のデバイスAirPodsを使ってみて、両方のAirPodsから音が聞こえるかを確認しましょう。

    他のデバイスで使ってAirPodsが両方とも機能した場合は、最初のデバイスに問題があるので、そちらの問題を解決しましょう。

    特定のデバイスでのAirPodsのトラブルシューティングを見て、問題が解決できるかを確認してみてください。


    5. デバイスからAirPodsの情報を削除する

    Bluetoothデバイスの問題を解決するベストな方法は、スマホから情報を削除して、再度ペアリングすることです。そうすると、デバイスBluetoothデバイスと新しい接続を確立します。

    iPhoneAndroidスマホで、AirPodsの情報を削除する方法は以下の通りです。

    iPhoneでAirPodsの情報を削除する方法

    設定を開く。 Bluetoothタップする。 一覧の中から自分のAirPodsを探し、右にある「i」タップする。 「このデバイスの登録を解除」をタップする。

    AndroidでAirPodsの情報を削除する方法

    設定を開く。 Bluetoothデバイスの接続タップする。 Bluetoothを選ぶ。 一覧にある自分のAirPodsの横の歯車アイコンタップする。 接続解除アイコンタップする。

    接続を解除したら、AirPodsをデバイスに再接続しなければなりません。それから、AirPodsが両方とも機能するかを確認しましょう。


    6. スマホのネットワーク設定をリセットする

    スマホが他のデバイスをどのように接続するかは、スマホネットワーク設定で決まります。この設定をリセットして、AirPodsの問題が解決するかを確認するのもおすすめです。

    ネットワーク設定リセットしたら、デバイスで手動で再設定しましょう。ネットワーク設定をリセットした後で、WiFiネットワークに再接続する必要があります。

    iPhoneでネットワーク設定をリセットする方法

    設定を開く。 一般を開き、リセットタップする。 「ネットワーク設定をリセット」をタップする。

    Androidでネットワーク設定をリセットする方法

    設定を開く。 スクロールダウンして、システムを選ぶ。 リセットオプションタップして、リセットメニューを表示する。 「WiFiモバイルBluetoothリセット」を選び、ネットワーク設定をリセットする。

    7. それでも片方のAirPodsが動かない場合

    上記の方法を試した後も、片方のAirPodsがまだ動かない場合は、AirPodsハードウェア自体の問題かもしれません。Appleに交換用のAirPodsを注文するのが一番です。

    当然ながらお金はかかりますが、残された選択肢はこれしかありません。

    AirPodsを買う余分なお金をかけたくない人は、動いている方のAirPodsだけを使い続けるという手もあります。片方のAirPodsがなくても使えないわけではありません。

    動かないAirPodsのほとんどの問題は上記の方法で解決する

    片方のAirPodsしか聞こえない場合は、上記のトラブルシューティングを試して、AirPodsがもう一度きちんと機能するかを確認しましょう。ソフトウェアや設定が原因の場合、かなりの確率で問題は解決できます。

    AirPods自体に問題があることもありますが、ほとんどの問題は、簡単な方法を試すだけで自力で解決できます。

    あわせて読みたい

    WindowsパソコンにAirPodsをペアリングする方法

    AirPodsを最大限に活かすテクニック11

    Image: MakeUseOf

    Source: Apple

    Original Article: One AirPod Not Working? Here's What to Do by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    AirPodsが片方しか機能しないときの解決法7選

    これ無くす人多いみたいですね!!

    参考にしてくださいね!!


    無料会員登録
    “"





    <このニュースへのネットの反応>

    【AirPodsが片方しか機能しないときの解決法7選】の続きを読む

    このページのトップヘ