ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > WEBカメラ


    サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、 代表取締役社長 山田 和範)が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、角度調整が自由にでき、高さ調整可能な、クリップ式のウェブカメラ/スマホクリップスタンド「200-DGCAM027」を発売しました。

    掲載ページ
    ウェブカメラクリップスタンド(固定・スマートフォンiPhoneウェブ会議・角度調整・高さ調整・クリップスマホホルダー)
    型番:200-DGCAM027 販売価格:2,164円(税抜)
    https://direct.sanwa.co.jp/su/F6Jli

    本製品は、前後左右の可動や、高さ調整可能なウェブカメラ/スマホクリップスタンドです。
    細かな角度調節ができるボールジョイントを採用しています。
    各部の関節の可動域が多いので、上からのアングルや手元の撮影等自由な位置に動かすことができます。テレワークZoomなどのウェブ会議に最適です。
    他にも、動画・写真撮影、動画視聴、動画配信などの際にも大変便利です。
    ウェブカメラの取り付けネジは1/4-20UNCに対応し、500g以内なら取り付け可能です。
    スマートフォンを取り付ける際は、付属のホルダーを本体に取り付けることで可能です。
    ホルダーには、ネジ穴が2ヶ所付いているので、縦・横どちらの向きにも取り付けることができます。
    サイズは、4.7~6.5インチまでのスマートフォン(幅55~80mm、厚み9mm、重量約500gまでの機器)に対応しております。設置時は、クリップ式でデスクの天板などに挟み込んで設置ができるので、作業スペースを邪魔しません。クリップにはゴムがついているので、傷防止対策されています。
    本製品のサイズは、約W80×D110×H280~440mmで、重量は、約400gです。

    【サンワダイレクト各店掲載ページ】
    サンワサプライ直営ショップサンワダイレクト(本店)
    https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/200-DGCAM027
    サンワダイレクト楽天市場店
    https://item.rakuten.co.jp/sanwadirect/200-dgcam027/
    サンワダイレクトPayPayモール
    https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/sanwadirect/item/200-dgcam027/
    サンワダイレクトau Pay マーケット店
    https://wowma.jp/item/480441614
    サンワダイレクトAmazon
    https://www.amazon.co.jp/dp/B08Q3PVMYP

    配信元企業:サンワサプライ株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    角度調整・伸縮自在!web会議のお供に使えるwebカメラ/スマホ用クリップスタンドを12月23日発売


    これ気になりますね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【角度調整・伸縮自在!web会議のお供に使えるwebカメラ/スマホ用クリップスタンドを12月23日発売】の続きを読む


    生活家電およびパソコン(PC)などの周辺機器を扱うエレコム大阪市)は、ウェブカメラ「UCAM-C820ABBK」を2020年11月下旬に発売する。

    「Skype」や「Zoom」などでの動作確認済み

    フルHD(1920×1080ドット解像度に対応した200万画素CMOSセンサーを内蔵。ガラスレンズを搭載し、低ノイズで高精細な映像撮影が可能だ。「オートフォーカス機構」を備え、遠景から手元資料の文字まで自動的にピントが合うため、くっきりと鮮明な画像を相手に伝えられる。

    Skype」「Zoom」「Microsoft Teams」「Cisco Webex Meetings」各ビデオ通話サービスでの動作を確認済みで、リモートワーク時のウェブカメラにも適するという。

    本体に無指向性マイクを内蔵。レンズ部分を物理的に隠せるため、カメラ映像の"うっかり配信"などを回避可能な「プライバシーカメラカバー」を装備する。

    ドライバーソフトなどのインストールは不要で、PCに接続するだけですぐに使用が可能。ノートPCや液晶ディスプレイフレームデスクに設置できるほか、底面に1/4インチ三脚穴を装備し、三脚への固定にも対応する3WAYタイプ。上下左右に微調節が可能だ。

    対応OSはWindows 8.1/10、macOS 10.15。インターフェイスUSB 2.0。カラーブラック

    市場想定価格は6480円(税別)。<J-CASTトレンド>

    「うっかり配信」を防止できるカメラカバーを装備


    (出典 news.nicovideo.jp)

    リモートワークは任せておけ エレコムからフルHD解像度対応のウェブカメラ


    これいいですね!!

    すぐ売り切れないように気をつけないと!!


    キャッシュバックキャンペーン中!【スマホ乗り換え.com】

    <このニュースへのネットの反応>

    【リモートワークは任せておけ エレコムからフルHD解像度対応のウェブカメラ】の続きを読む


     ネット会議などで使用するUSB接続のPCカメラは昨年の販売数量を大きく上回って推移している。2020年9月には706.7%の販売数量伸び率(前年同月比)を記録したことが、家電量販店ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から明らかになった。これは新型コロナウイルス感染症の流行に伴う在宅勤務オンライン授業の広がりが、需要が拡大したためだ。

    画像付きの記事はこちら



     19年10月から20年1月の販売数量伸び率は前年を下回って推移したが、2月に157.2%とプラスに転じ、さらに3月は336.2%まで伸びた(図1)。4月に237.1%と伸び率が下がったのは、特需によって一時的に品薄となった可能性が考えられ、5月には498.8%と勢いを取り戻している。6月・7月の伸び率はやや落ち着きをみせたが、8月には再び盛り返して610.1%を記録、9月は706.7%に達した。

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    PCカメラ、コロナ禍で需要急拡大

    まだまだ需要ありますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【PCカメラ、コロナ禍で需要急拡大】の続きを読む


     ソースネクストが販売している会議用ウェブカメラ「ミーティングオウル プロ(Meeting Owl Pro)」が、7月31日の発売前から100社以上で導入が決定していたなど、反響を呼んでいる。360度の撮影可能なカメラによって、自動で話者にフォーカスし、3人まで同時に映すことができる機能が特徴。スピーカーマイクも備え、1台で臨場感のあるオンライン会議を実現する商品だ。

    画像付きの記事はこちら



     会社の会議室に数人集まって取引先や在宅勤務中の従業員とオンラインで打ち合わせをするといった光景は、もはや珍しくない。ただ、カメラの画質や通信品質など、もどかしい課題が残っていることも多いだろう。こうした悩みを手間なく解決してくれるのが、ソースネクストの「ミーティングオウル プロ(オウル)」。1台3役をこなす製品だ。

     カメラを3台搭載し、話者を3人まで識別することが可能。それぞれを別の枠で表示することで、外部から見ても会議室にいる誰が発言しているのか、一目で分かるよう配慮している。PCを1台だけオウルに接続すればカメラマイクスピーカーも事足りるので、各人がネットワークに接続して通信が不安定になってしまうような事態、ハウリングしてしまう事態なども避けられる。

     接続は簡単。USB2.0でPCと接続し、電源を確保するだけ。配線がごちゃごちゃしてしまうこともないので、机の上はきれいに保つことができる。あとは、PC側のカメラマイクスピーカーで「Meeting Owl Pro」を選べば利用できるようになる。

     専用のスマートフォンアプリでは、会議時間や会議に参加した人数、発言の割合などの確認が可能。会議の振り返りを行い、参加者を絞るなどの生産性向上も図ることができる。

     ミーティングオウル プロの税別価格は11万5000円と、ウェブカメラとして割高。今はまだ、なるべく集まらないよう努める企業が多いかもしれないが、テレワークオンライン会議が浸透しきった後も、オウルなら活躍できそうだ。

    ソースネクストが販売する会議用Webカメラ「ミーティングオウル プロ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    会議用のマイクやカメラが“オウル・イン・ワン”、1台のPCでも複数人が参加できるウェブカメラ


    これ最高のウェブカメラですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【会議用のマイクやカメラが“オウル・イン・ワン”、1台のPCでも複数人が参加できるウェブカメラ】の続きを読む


    パソコンおよびスマートフォンの周辺機器などを扱うアイ・オー・データ機器金沢市)は、ウェブカメラおよびスピーカーフォン各2モデル2020年8月末から順次発売する。

    会議室の広さや用途に合わせて各2モデル用意

    ウェブ会議に必須とされるウェブカメラスピーカーフォンが登場。いずれもUSB接続タイプで、「Zoom」「Teams」などのウェブ会議ツールに対応。会議室の広さや用途に合わせて選べるモデルを用意する。

    パン・チルト対応ウェブカメラUSB-PTC1」は、広角レンズを採用し、カメラの向きを左右340度、上下120度の範囲でリモコンから操作できる。カメラの向きは最大9パターンまで登録可能で、事前に登録しておけば、ウェブ会議中のカメラ向きの切り替えがスムーズに行える。

    価格は3万8900円(以下全て税別)。

    ウェブカメラUSB-AIOC1」(9月上旬発売)は、マイクスピーカーの一体型。別途電源は不要のバスパワー仕様のため、USBパソコンに接続するだけで簡単にウェブ会議を始められる。

    価格は2万2100円。

    スピーカーフォン「USB-SPPHL1」は、大人数でのウェブ会議に適するというモデル。音量調節およびミュート設定は本体のボタンで操作できる。「マイク自動追尾」や「ノイズリダクション」など多彩な音声処理機能を搭載し、ノイズが少なくクリアな音声を実現する。

    USBバスパワー仕様。別売の専用拡張マイクUSB-SPPHLX1」を接続すれば、さらに広い会議室でも使用できる。

    価格は2万1000円

    スピーカーフォン「USB-SPPHS1」は少人数向けモデルコンパクトサイズのため持ち運びもしやすい。ヘッドホンの接続に対応する。音量調節やミュート設定は本体のボタンで操作可能。「ノイズリダクション」や「エコーキャンセラー」などの音声処理機能を実装する。

    価格は1万8700円。<J-CASTトレンド>

    「ニュー・ノーマル」の時代に必須のウェブ会議向けツール


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ウェブ会議に使えるウェブカメラ&スピーカーフォン アイ・オー・データ


    これ最高ですね!!

    使えますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ウェブ会議に使えるウェブカメラ&スピーカーフォン アイ・オー・データ】の続きを読む

    このページのトップヘ