ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: IT


     Amazonプライム・ビデオを見ながら語学を学べるChrome拡張機能、「Subtitles for Language Learning」が登場しました。動画に外国語字幕を追加し、随時翻訳しながら視聴できます

    【画像】実際に使用しているところ

     導入後にプライム・ビデオChromeで開くと、再生ボタン脇に「Subtitles for LL」ボタンが出現。ここから再生を開始すると、動画の右側に字幕が表示されるという仕組みです。単語にカーソルを合わせると訳語がポップアップし、そこからWeblioなどの辞書サイト検索も可能。字幕の右にあるアイコンクリックすれば、一文をまとめてGoogle翻訳で訳すこともできます。英語はもちろん、中国語スペイン語など79カ国語に対応しており、外国語学習が大いにはかどりそうです。

     例えば日本の作品に英語字幕を追加して見るといった使い方ができ、推しを見ながら学べてモチベも上がりそうなこの拡張機能。編集部は開発者のはるはらさんに、開発の経緯を聞きました。

    ―― まず作ろうと思ったきっかけから教えてください。

    はるはら:Amazonプライム・ビデオで「ゲーム・オブ・スローンズ」にハマって繰り返し何周も見ているうちに、「どうせならついでに英語の勉強をしないともったいない」と思ったのがきっかけです。

     子どものころ「天空の城ラピュタ」を何回も見ているうちに、セリフを全部覚えてしまったんですが、もし英語で見ていたらけっこう英語ができるようになったんじゃ? という思いもあって、楽に勉強したくて作りました。

    ―― 制作にあたって工夫した点は?

    はるはら:多くの言語に対応するうえで、言語ごとに仕様を変えるのが面倒臭かったかもしれません。例えば日本語中国語タイ語など、スペースで単語を区切らない言語の場合、辞書を参照するためにプログラムで区切らなくてはなりませんでした。タイ語などは、文法はおろか知っている文字が一文字もないくらいでしたから、改善の余地は大いにあるとは思います。

     翻訳元の単語が活用形などの場合、辞書で引けないことがあるのも面倒でした。その場合は日本語の「飲んだ」の「んだ」を「む」に変換して「飲む」にしたり、英語の末尾「ing」を「e」に変換したり、単語を基本形に戻してから翻訳する処理をしています。これを勉強する予定のない言語に施すときは、何やってるんだろう? って思いながら作業していました。

    ―― おすすめの動画や使い方はありますか?

    はるはら:やはり、大好きで何度も見ているような作品で学ぶのが一番良いのではないでしょうか。「あ、英語だとこう言っていたんだ!?」とか、新たな発見が得られると思います。

     子どもたちが「これで英語勉強するからアマプラ入ってー!」と大義名分を掲げて親御さんを説得し、楽しい毎日を送れるようになってもらえたらうれしいなと思っています(実際に英語を勉強しようがしまいが)。

    ・・・・・

     なお、表示される字幕はAmazonプライム・ビデオの公式字幕のほか、外部サイトから字幕を読み込むことも可能。また、現在のバージョンでは、一部の環境でサイドパネルに何も表示されないバグがあるとのこと。これは近日配信予定のバージョン(1.0.4)で対応とアナウンスされています。

    協力:はるはらさん

    お気に入りの作品を視聴しながら外国語を学習。対応言語はなんと79カ国語


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Amazonプライム・ビデオを見ながら語学学習ができるChrome拡張がめっちゃ便利 好きな動画を見ながら語学をマスター



    これ便利ですね!

    勉強してみよかな!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【Amazonプライム・ビデオを見ながら語学学習ができるChrome拡張がめっちゃ便利 好きな動画を見ながら語学をマスター】の続きを読む

    • カテゴリ:

    NECパーソナルコンピュータ(以下、NECPC)は1月19日、同社製PC「LAVIE」の2021年モデルを発表。全6シリーズ33モデルカラーバリエーション含む)が刷新された。

    LAVIE」2021年モデルでは、12.5型モバイルPC「LAVIE N12」、14型ノートPCLAVIE N14」15.6型ノートPCLAVIE N15」のほか、フラッグシップノートPCLAVIE Pro Mobile」、一体型デスクトップPC「LAVIE A27/A23」、高性能AndroidタブレットLAVIE T11」の計6シリーズが登場している。テレワークや遠隔授業での利用増を見込み、Web会議など、PCのスピーカーから流れる音声を聞き取りやすくする機能などが強化された。

    NECWeb会議を快適にする機能を備えたノートPCLAVIE N」春モデル
    NEC、11型大画面で性能や音にこだわったAndroidタブレット「T11」
    NEC、音声操作機能を強化したリビング向け一体型PC「LAVIE A」

    ○店頭向けPC・タブレット市場はコロナ禍で成長

    PCタブレットのコンシューマ市場は、新型コロナの影響で需要が伸びた1年になったという。NECパーソナルコンピュータの川島良輔執行役員は、コロナ禍におけるテレワークオンライン会議などのPC需要増について、「インパクトは大きかった」と話した。

    川島氏によると、2020年の店頭PC市場の予測は、当初の見込みより拡大したという。NECPCでは、2020年1月14日サポートが終了したWindows 7買い替え需要の反動で、2020年店頭PC市場は対前年比マイナス15%まで落ち込むと予測していた。しかし、実際にはプラス6%の伸びとなった。

    店頭タブレット市場の伸長も同様だ。NECPCでは消費増税の影響を受け、対前年比マイナス12%に落ち込むと予測していたが、実際にはプラス20%と大きく成長した。

    NECPCでは、市場を牽引した要素として「テレワーク」「テレスクール」「ホームエンタメ」の3点を挙げる。自社調査の結果から、今後この3つの市場で計約1,000万台の潜在的な普及余地があるとした。

    テレワーク市場では今後約300万台が普及する余地があり、2021年では推定100万台の普及を見込む。同じように、テレスクール小学生大学生)市場では今後約600万台の普及余地があり、2021年では約140万台が普及。巣ごもり需要が続くとみられるホームエンタメでは、今後約200万台の普及余地があり、2021年では約70万台が普及すると推定している。

    テレワーク市場の成長予測に関しては、NECPCが2020年10月に実施した、テレワークに関する調査結果に基づいて想定されている。NECPCの調査では、国内就業者6,700万人のうち35%(2,350万人)がテレワークを経験しており、そのうちの70%(1,650万人)が個人PCを仕事で使える環境にあったという。実際に個人PCを使っていたのはそのうち45%(740万人)で、このうち34%(300万人)が「今後PCを買う予定だ」と回答した。同社では、これを今後の潜在需要と想定する。

    また、首都圏首都圏以外でのテレワークの普及に差があるという調査結果も踏まえ、今後、例えば週3テレワーク、週2出社という“ハイブリッド”な働き方がスタンダードになった場合、さらに需要が高まる可能性もあるとした。

    なお、NECPCでは「テレワークにより生産性は上がる」というスタンスを取っている。日本では「テレワークは生産性が下がる」という考えが多いというが、川島氏は「テレワークは社員の満足度も高く、経験上生産性が上がるよい働き方だと思っている」とアピールした。

    NECPC本社の秋葉原オフィスでは、第1回目の緊急事態宣言時(2020年3月)に、これまで20%程度だったテレワーク率を、3月11日時点で86%、5月12日時点では98%にまで高めた。2回目の緊急事態宣言2021年1月)では、当初から97%とほぼ全社員がテレワークをしている状況だという。

    ○テレスクール市場は「需要増のポテンシャルが最も大きい」

    テレスクール市場に関しては、小学生高校生の“K12”と呼ばれる年齢層を対象に子ども専用PCの所有率を調査した結果、コロナ前と後でプラス4ポイントの伸びがみられたという。川島氏は、「爆発的な伸びではないが、今後の需要増のポテンシャルが一番大きい。“本丸”がここになると思っている」と話した。

    調査では、子ども専用PCを持っていない保護者896万人のうち、3分の2にあたる約600万人が購入を検討しているという。これが実現した場合、所有率は77%まで上がり、おおむね70%前後である欧米の水準(平成25年内閣府調査)と並ぶ。

    子ども専用PCを買った保護者の満足度は高いというが、一方で買わない理由も「家族共用で十分」「必要性を感じない」「ゲームばかりしそう」などが挙がったとする。川島氏は「PC事業者のミッションは、必要性を問いかけ、背中を押すこと。テレスクール市場は本格的な普及の寸前まで来ているので、ここは大きくフォーカスしたいところ」と強調した。

    ホームエンタメ市場の成長は、外出しにくい生活のなか、余暇時間をテレビ視聴やゲームなどをして過ごす人が増えたことが背景にある。この市場は今後も堅調に伸びていくとNECPCは予想している。

    川島氏は、「テレワーク」「テレスクール」「ホームエンタメ」という3つの市場に、大きな潜在的普及余地があるとする。一方で「そのままだと需要は生まれない。PC事業者として、利用者へのメリットをしっかり紹介するなど、事業を創出する努力をしないと(約1,000万台の普及という数字は)生まれない数字だと思っている。ここ数年間の大きな軸はこの3点に置いていく」と意気込みを語った。
    (村田奏子)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PC・タブレット市場は「予想外の伸び」 - NEC「LAVIE」2021年春モデル登場


    また緊急事態宣言でテレワーク増加していますもんね!


    初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【PC・タブレット市場は「予想外の伸び」 - NEC「LAVIE」2021年春モデル登場】の続きを読む

    • カテゴリ:

    MacBook Pro
    昨年Apple独自のARMプロセッサ「Appleシリコン」の第1弾となる「M1」チップを搭載したMacシリーズが発表を迎え、話題となった。今年第3四半期にも、本シリーズに続いて新型MacBook Proが発表されることが伝えられている中、この度デバイスコンセプト画像が公開され、注目を浴びている。

    新型MacBook Proのデザインはこんな感じ?

    Apple関連の情報を紹介しているメディアMacRumorsで公開されたコンセプト画像は、先日アナリストのミンチー・クオ氏が発表した新型MacBook Proに関する調査レポートの情報を基に作成されており、一新されたデザインを確認できる画像となっている。クオ氏は新型MacBook Proデザインについて、昨年発売され大人気となったiPhoneの最新シリーズiPhone 12」シリーズデザインランゲージを踏襲し、エッジ部分がフラットになると伝えており、今回のコンセプト画像でもiPhone 12シリーズに似たデザインが採用されている。 またThunderboltUSB 4ポート以外にも、別途ポートが設けられることや、磁力を用いた充電ポート・MagSafeが復活するという情報もコンセプト画像に反映されている。この2点については待ち望んでいたというファンも少なくないだろう。
    MacBook Pro
    Photo via MacRumors(YouTube)
    加えて、Touch Barの廃止が検討されているという情報も話題になっているが、この点については米・Bloomberg誌のマーク・ガーマン氏もクオ氏に同調しており、廃止される可能性は高いものと見られている。今回のコンセプト画像でも物理ファンクションキーが復活しているのが確認できる。早ければ今年9月にも発表が期待される新型MacBook Pro。果たしてどのような仕様で発表されることになるだろうか? 今後のさらなる情報に期待したい! ▼合わせて読む ・今年第3四半期登場の新型MacBook ProにMagSafeが復活!?ポートも追加&Touch Barも廃止か

    14” & 16” MacBook Pros With All New Design, More Ports, & MagSafe Are Coming Soon!

    MacBook Pro
    Photo via MacRumors(YouTube)

    Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)

    今年第3四半期登場のMacBook Proはこんなデザインに?リーク情報を基にしたコンセプト画像が公開

    これかっこいいですね!!


    日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

    <このニュースへのネットの反応>

    【今年第3四半期登場のMacBook Proはこんなデザインに?リーク情報を基にしたコンセプト画像が公開】の続きを読む


     従来のPCの用途では、外部機器から動画を取り込むというのは、あまり一般的とはいえなかった。ところが、コロナ禍の影響で巣ごもり需要が高まり、いわゆるゲーム実況向けにゲーム機から動画を取り込むというニーズが高まった。このところ一般的になってきた、PCを使った遠隔の会議や授業に使う素材としても、動画取り込みの需要が高まっている。こうした、動画キャプチャを行う製品は、昨年売り上げが大きく伸びたカテゴリの一つだ。

    画像付きの記事はこちら



     12月現在、動画キャプチャ製品で、最も売れているのがアイ・オー・データ機器(I・Oデータ)の「USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2」。販売台数シェアは8.9%だ。ビデオデッキから動画を取り込んだりする際に活躍する。映像は、RCAピンのコンポジットビデオ入力とミニDINのSビデオ入力を備え、音声を左右のRCAピンで入力、USB2.0で出力しPCに取り込む。税別平均単価も3000円台と価格が手頃なのも人気の要因だ。

     シェア8.7%と僅差で2番手につけているのが、Corsairの「Elgato Game Capture HD60 S 1GC109901004」。いわゆるソフトウェアエンコードタイプキャプチャボードで、ゲーム機などのHDMI出力から1080p60fps画質でPCにキャプチャし、USB3.0でPCに接続する。ゲーム実況などにも利用できる。3位となったAVerMediaの「Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS」も同様の製品。USB3.1や4K/60fpsパススルー機能に対応しているのが特徴だ。

     4位のI・OデータHDMI/アナログキャプチャー GV-HDREC」は、ユニークな製品。PCなしで、HDMI出力の映像をMPEG-4 AVC/H.264、音声をAACで直接SDカードに書き出すことができる。ヘッドセットの接続にも対応し、ゲーム実況などの際、自分の声も一緒に記録することが可能。PS2Wiiのようにアナログ出力のゲーム機にも対応する。

     12月時点での販売台数メーカーシェアは、製品別でも1位のI・Oデータが35.8%とトップシェア。2位のピクセラが20.8%、3位のAVerMediaが14.7%だ。市場全体の販売台数前年比では、昨年2月以降2ケタ成長が続いており、5月にピークの232.4%と前年の倍以上販売台数を記録。12月138.9%と4割増と高水準の売り上げを維持しており、当面、この好調は維持できそうだ。(BCN・道越一郎)

    動画キャプチャ製品販売台数メーカーシェア(%) 2020年12月


    (出典 news.nicovideo.jp)

    売れる動画キャプチャ製品、ゲーム実況やテレワークの素材取り込みで


    今こんなものがニーズあるんですね!!


    初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

    <このニュースへのネットの反応>

    【売れる動画キャプチャ製品、ゲーム実況やテレワークの素材取り込みで】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Photo: ギズモード・ジャパン

    性能向上に期待。

    Appleアップル)製のCPUである、Apple シリコンを搭載した新型「iMac」が現在開発中との情報が伝えられています。

    初のApple シリコンである「M1チップ」を搭載したMacBookの性能が想像以上だったことから、Mチップを搭載したiMacを期待している人も多いはずでしょう。安心してください。なんと新型iMacは、M1チップよりもさらに高性能なMチップを搭載し、スリムベゼルデザインを採用するとの噂です。まずデザインの話から。

    約14年ぶりのデザイン変更?

    Photo: ギズモード・ジャパン ApplePro Display XDR」に似たディスプレイデザインへ?

    Bloomberg(ブルームバーグ)によると、新型iMacではついにディスプレイ(前面)の見た目が変わるそうです。ディスプレイ部分を囲むベゼル部分が小さくなり、またiMacの“顔”とも言える下部のメタル部分もなくなるとのことです。言うなれば、ApplePro Display XDR」風のデザインになるとのこと。

    Image: Apple iMac(Mid 2007

    iMacディスプレイは、2007年に発売されたiMac(Mid 2007から基本的なデザインが変わっておらず、2020年代にしては古臭いデザインでした。そんな約14年も続いたディスプレイも、次でついに変わりそうです。

    さらに、背面側もPro Display XDRのようなフラットデザインになると伝えられています。

    サイズ展開も変わるかも

    モデルでは、23~24インチの大きさが新たに作られるそうです。現行モデルでは、21.5インチと27インチの2サイズがありますが、そのうち21インチモデルが23〜24インチモデルに置き換えられる可能性があります。

    もちろんAppleシリコンです

    そして、新モデル次世代バージョンApple シリコンを搭載するとの噂です。これは現行モデルの「M1チップ」とくらべて、CPUGPU性能ともに向上しているとのこと。

    現在Appleは、16基の高性能コア+4基の高効率コアを搭載した20コアApple シリコンテストしていると報じられています。また、ハイエンドデスクトップ製品では32基の高性能コアの採用もありうるそうで、iMacにどちらが採用されるのか楽しみです。さらに、GPUコアも16〜32基に増強すべく開発を進めているそうですよ。

    なお、現時点では次期iMacがどの時期に投入されるのかは判明していません。デザインからプロセッサまでまるっと刷新されるであろう新型iMac、ここ数年で一番「買い」なiMacになりそうな予感です。

    Source: Bloomberg



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ついにAppleシリコン搭載「iMac」が出るとの噂。最大32コアのMチップに、約14年ぶりのデザイン変更か

    これいいですが、相当高そうですね!笑笑


    DMM FXは初心者向け

    <このニュースへのネットの反応>

    【ついにAppleシリコン搭載「iMac」が出るとの噂。最大32コアのMチップに、約14年ぶりのデザイン変更か】の続きを読む

    このページのトップヘ