ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: スマホ、タブレット


    先日Buzzap!でKDDIが2020年10月以降、楽天モバイルへのau回線提供を東京都・大阪府・奈良県の一部で順次終了していくことをお伝えしましたが、すでに混乱が始まっているようです。詳細は以下から。

    まず見てもらいたいのが楽天モバイルへのローミング情報をまとめたKDDI公式ページKDDI2021年3月末に東京都でのau回線提供を原則的に終了するそうです。

    これは「楽天モバイルの自前エリアの人口カバー率が70%を上回った場合、協議を経た上でKDDIはau回線の提供を終えることができる」というKDDI楽天モバイルの協定を受けたもの。

    すでに東京都の各市町村でau回線の提供が終了し始めていますが、楽天モバイルエリア整備は追いついておらず、「ある日突然圏外になった」と訴えるユーザーが散見される事態となっています。





    今後問題となってくるのが楽天モバイルの自社エリア10月頭に同社が公開した「拡大予定エリア」を見ても、2021年春以降の時点でJR中央線沿線をはじめ調布市府中市、日野市、東村山市などがパートナー回線(au回線)エリアのままとなっています。

    町田市横浜線沿いがパートナー回線(au回線)エリアのまま。つまり楽天モバイル東京都エリア整備を終える前にau回線の提供が終わってしまうおそれが十分にあるわけです。

    つながりやすいプラチナバンド(800MHz)でのエリア整備に早期から取り組み、いち早く人口カバー率99%以上を達成したauのLTE

    ローミング提供終了で人口カバー率が下がるだけでなく、プラチナバンドを使えなくなることでカバー率だけでは測れない「つながりやすさ」も損なわれるため、「急につながりにくくなった」と感じる人も出てくるかもしれない……という話を先日お伝えしましたが、思いのほか早く影響は顕在化しつつあり、今後さらに混乱が深まる可能性すらあります。

    コメントを見る

    【楽天モバイルへのau回線提供終了で「圏外になった」と報告多数、東京都の整備は間に合わない見通しで今後さらなる混乱も】を全て見る

    楽天モバイルへのau回線提供終了で「圏外になった」と報告多数、東京都の整備は間に合わない見通しで今後さらなる混乱も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽天モバイルへのau回線提供終了で「圏外になった」と報告多数、東京都の整備は間に合わない見通しで今後さらなる混乱も

    これ相当やばいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【楽天モバイルへのau回線提供終了で「圏外になった」と報告多数、東京都の整備は間に合わない見通しで今後さらなる混乱も】の続きを読む


     モデルチェンジした新iPhone4機種のうち、先陣を切って発売になった「iPhone 12」の64GBと「iPhone 12 Pro」の128GBのNTTドコモ・au・ソフトバンクオンラインショップでの一括販売価格を比較した。キャリアのオンラインショップと店頭販売価格は異なる可能性が高いが、在庫があれば、キャリアの乗り換えを視野に入れつつ価格を比較できる、家電量販店で購入する際の参考にしていただきたい。

    画像付きの記事はこちら




    ●ドコモ



     ドコモiPhone 12 Pro128GB)はドコモオンラインショップ価格12万9096円のところ、MNPだと「5G WELCOME割」適用で2万2000円割引となる(割引適用後10万7096円)。同じく、iPhone 12(64GB)は10万1376円のところ、MNPだと5G WELCOME割で2万2000円割引となり、10万円を切る(割引適用後7万9376円)さらに、dカードで支払うと、ドコモオンラインショップdカード特約店なので、別途、通常の2倍(2%)のdポイントが獲得できる。

    5G WELCOME割は、2020年3月25日に開始した、対象の契約形態で、対象の5G対応機種を購入すると本体価格を最大2万2000円割り引くキャンペーン。店舗で割引、オンラインショップdポイントによる還元となる。iPhone 12シリーズは、現時点でMNPのみ対象。対して、「Galaxy S20 5G SC-51A」「AQUOS R5G SH-51A」などのAndroidスマートフォンは契約変更(4G対応機種から5G対応機種への機種変更)でも対象となっている


    ●au



     auのiPhone 12 Pro128GB)は、au Online Shop価格12万7495円のところ、20年4月1日に開始した「au Online Shop お得割」で、MNPで2万2000円割引、新規契約で1万1000円割引となる。別途、条件を満たす機種変更に限り、5500円割り引く「5G秋トクキャンペーン」を実施している。iPhone 12(64GB)は、au Online Shop価格10万3430円のところ、同様に2万2000円MNP)・1万1000円割引(新規)・5500円割引(機種変更)となり、3キャリアで唯一、機種変更でもiPhone 12(64GB)が10万円を切る。

     3キャリアで唯一、新規契約でも1万1000円の割引があるが、auの5G向け料金プランの月額料金は、「家族割プラス(4人以上)」適用時・固定回線とのセット割引適用時の「最安例」であり、セット割引なしの1人での利用だと、最安例の金額プラス3020円と、ぐっと高くなる。少なくとも家族2人以上でなければ、新規契約・乗り換えをおすすめできない状況だ。


    ●ソフトバンク



     ソフトバンクiPhone 12 Pro128GB)は一括払い13万7520円のところ、MNPだと「【オンライン限定】web割」で2万1600円割引(割引適用後11万5520円)、機種変更でも5280円割引(割引適用後13万2240円)となる。iPhone 12(64GB)も同様に、一括払い11万880円のところ、MNPだと2万1600円割引(割引適用後8万8880円)、機種変更で5280円割引(割引適用後10万5600円)となる。ただし、web割は大容量プランの「メリハリプラン」加入時のみ適用される。

     総務省10月27日に公表した「アクションプラン」では「通信料金・端末代金の完全分離」が挙げられ、今年秋に指針を改正するという。つまり、完全分離によって今後近いうちに回線契約に伴う端末割引が認められなくなる可能性があり、大幅な割引がある買い方(ドコモ・au・ソフトバンクMNP)で購入するなら今がチャンスだ。(BCN・嵯峨野 芙美)
    「au Online Shop お得割」で最大2万2000円割引


    (出典 news.nicovideo.jp)

    3キャリアともMNPで大幅割引、auは機種変更も得―キャリア版iPhone価格比較


    これ興味ありますね!!


    日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】

    <このニュースへのネットの反応>

    【3キャリアともMNPで大幅割引、auは機種変更も得―キャリア版iPhone価格比較】の続きを読む


     政府の携帯料金引き下げの方針を受けてKDDIソフトバンクが新料金プランを発表した。KDDIは低価格帯のブランドUQモバイル」で、データ利用量が20ギガバイト月額3980円の新たな料金プランを発表した。来年2月以降サービスを始めるということだ。

    【映像】「UQ」「Y!」20Gの新料金プラン

     またソフトバンクも「ワイモバイル」で20ギガバイトで4480円の料金プラン12月下旬から始めると発表している。このプランでは10分以内の国内通話が何度でも無料になる。

     政府の改革案が発表されたことを受けて料金引き下げの動きが活発化している。(ANNニュース
    KDDIとソフトバンク 20Gの新料金プランを発表


    (出典 news.nicovideo.jp)

    KDDIとソフトバンク 20Gの新料金プランを発表

    使い放題にならないですかね!


    プロバイダーの老舗、ニフティの【@nifty with ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【KDDIとソフトバンク 20Gの新料金プランを発表】の続きを読む


    Fitbitに、新たに心電図機能(ECG/EKG)が追加されました。

    これはApple Watchが2018年にローンチしたFDA認証の機能と類似したもので、使用上の注意事項はおおむね同じと言ってもいいでしょう。

    ECGって何?

    心電図測定とは、心臓の鼓動を測る検査です。単純な心拍数だけでなく、鼓動の状態に関連する電子的活動を詳細に検出することが可能です。

    病院では、胸や腕、脚などに電極を貼って心電図を測定します。

    Fitbit Senseをはじめとするスマートウォッチに実装されている機能はこれのシンプル版ですが、同様の情報が得られるようになっています。とりわけ、心房細動を検出できるのがポイントです。

    医師から「Afib」という略称で呼ばれる心房細動は心拍数が不規則になる現象であり、血液の流れが悪くなるため、血栓や脳卒中などにつながる可能性があります。

    スマートウォッチのECGは何が便利?

    心臓発作かもしれないと思ったら、ウォッチのことは忘れて、すぐに救急車を呼んでください。

    ウォッチによるECGの測定は、心拍数のように継続的に行なわれるわけではありません。ECGを取ると決めたら、Fitbitの指示に従って、ウォッチの四隅に指を置く必要があります。

    すると、鼓動が通常なのか異常なのか、あるいは検出できなかったのかが表示されます。

    ウォッチによるECGは、医師によるそれの代替にはなりません。ウォッチは少なくとも一部のAfibを検出できるという研究結果がある一方で、ミスが多いと指摘する研究もあります。

    Fitbit社によると、同社のECG機能に対するFDA認証は、Afibの98.7%を、通常の鼓動の100%を検知するとした研究に基づくものだそうです。

    このような機能の背後にあるのは、ウォッチで心房細動が発見された場合、精密検査のために医師に相談してくださいというアイデアアプリでは、そのために結果のPDF版をダウンロードできるようになっています。

    理論的には、この機能であなたの知らない心房細動が発見された場合、あなたの命が救われる可能性があるということです。

    ※ 日本では医療機器指令93/42/EECの認証を含む諸々の承認待ちの状態のため、まだ利用できません。

    Fitbit Sense Alexa搭載/GPS搭載 スマートウォッチ Lunar White/Soft Gold ルナホワイト/ソフトゴールド L/S サイズ [日本正規品]

    36,355

    あわせて読みたい

    【2020年】スマートウォッチおすすめ15選! 最新人気モデルを紹介

    最新Apple Watchで注目を集める、VO2maxとは?

    Image: Fitbit

    Source: WebMD, Cleveland Clinic, Fitbit

    Beth Skwarecki - Lifehacer US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ついに! Fitbitのスマートウォッチにも搭載の新ECG機能を解説


    このスマートウォッチ最高ですね!!

    高速通信IPv6接続対応【@nifty with ドコモ光】

    <このニュースへのネットの反応>

    【ついに! Fitbitのスマートウォッチにも搭載の新ECG機能を解説】の続きを読む


    10月28日~30日までの間、幕張メッセで開催されるIT展示会、「第11回 Japan IT Week 秋」にてKDDI は「第6回 IoT&5Gソリューション展」に出展、5G通信を実際に体験できる展示を行っている。

    携帯キャリアで唯一の出展となったKDDIだが、会場が5G 通信に対応していることを活用し、5G 対応スマートフォンを用いた通信体験やスマートグラスを活用したAR体験、5G の利点である“低遅延”が体感できる遠隔手術体験など同社が持つ5Gに関するアセットを活用したソリューションを見ることができる。

    中でも「5G /4Gエミュレータコーナー」では、来場者が実際に触覚デバイスを動かし、その動きが画面に反映されるまでの差をLTE通信と5G通信ではどれくらい違うのかを体感できるデモに触れることができる。担当者によると、5G のメリットである“低遅延”を実際に体験してもらうために用意したものだという。

    筆者も実際にデモを体験させてもらったが、LTE通信の場合は実際の手の動きと画面の動きには少し遅れが生じているように感じたが、5G 通信の場合は、その微妙な遅れを感じさせずに、意図したように動いている様子を感じることができた。実際の体験デモでは、操作画面上に遅延秒数を表す数値が表示されていたのだが、LTE通信で80~82msの遅延が発生していたのに対し、5G通信では5~6msと1桁低い遅延速度であった。

    また、5G 端末と組み合わせて使用するスマートグラス「NrealLight」を用いたAR体験も可能となっている。同製品は中国の企業であるNrealが開発を行っているものだが、KDDIと同社は2019年5月にパートナー協定を結んでおり、その開発や活用に向けて協力関係が構築されている。

    NrealLightの特徴は、組み合わせて使用するスマートフォンから電力の供給を受けられるためバッテリーが内蔵されていないという点。そのため、軽量化が可能で、長時間の装着でも疲れにくいという。

    このほか、パートナーとの新規ビジネス創生プログラムKDDI DIGITAL GATE」などの紹介が行われていたほか、感染症対策としてKDDIが提供する体表面温度計測サービス、「KDDI IoTクラウド Standard サーマルカメラパッケージ」や、AIの導入により人数や年代、装着物のチェックなどが可能な「人数カウント」サービスなども紹介されている。

    なお、今回の出展ではパートナー企業との協業による展示も多くみられ、ブースの担当者からは「KDDIが持つ5Gアセットを用い、さまざまな企業と協業することで5G ならではのキラーコンテンツを作っていきたい。」と意気込みを見せていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    5G活用により新たなビジネスの創出をはかるKDDI


    これすごいですね!!

    じゃらんnet

    <このニュースへのネットの反応>

    【5G活用により新たなビジネスの創出をはかるKDDI】の続きを読む

    このページのトップヘ