ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: スマホ、タブレット


    Image: Gizmodo US

    iPadアイデンティティクライシス、かも。

    ギズモードのライターのなかでも、私はコンピュータに求めるものがみんなと違います。私はゲーマーでもありませんし、自分でPCを組み立てるなんてこともありえません。というか、私はソーシャルエディターなので、ワード機能ですらあまり使わないんです。たまにブログに投稿するくらいで。

    だから2年前、Eartherのソーシャルエディターとしてはじめてフルタイムの仕事についたころにMacBook Pro 2012がイカれちゃったときも、NetflixiMessageのためだけに1,200ドル(約13万1000円)も払ってMacBook Proを買い直すのは嫌だなって思ったんです。ですからChromebookにしようかなーと考えました。Windowsマシンなら500ドルとか600ドルでも全然あるなーとか。

    ただ…私はAppleのエコシステムにどっぷりつかっていたんです。なので、多少安くても、使いにくいものをわざわざ買うのは嫌だな、と感じました。

    iPadはPCの代わりになるのか?

    そんな私は2カ月前、330ドル(約3万6000円)で10.2インチのiPadを買いました。実はこれが私のiPadデビュー。別にガジェット嫌いというわけではないのですが、iPadを買うのはどうも納得いかなかったんです。前述のとおり、私はゲーマーでもなければApple Pencilを使うほどクリエィティブなタイプでもありません(Apple Pencil、おもしろいみたいですけどね)。

    そして今、またもや同じ宿命に直面していることに気づいたのです。 iPadはPCの代替品になり得るのか…?

    私的に、iPadにはいろいろ問題点があったんです。ウェブ閲覧やメール、基本的な文書作成、在宅勤務Netflixをはじめとするストリーミングサービスなど、使用感に課題が多いと感じていました。私にはわかっていました。iPadコンピュータの代わりは務まらないということが。でも、Appleはこの次世代iPadをパソコン代わりに使ってほしいみたいですね。だからこそUSBメモリにも対応したし、ファイル共有やUSB-Cポート経由でのミラーリング機能もついているわけです。

    Appleターゲットは、私のような人。つまり、iPhoneAirPodは持っているけどプライベートのPCはないんだよね、という層です。それなら家でiPad使ってよ、みたいな。確かに私たちはもう何年もAppleのエコシステムにどっぷりはまってますし、iPadはそれほど高くないので、うってつけといえばそのとおりです。少なくとも、アイデアとしては悪くありません。

    iPadはかなりいい線いっているんです。起動するたびにApple IDとパスワードを入れなきゃいけないのは面倒ですけど、そのうち慣れると思います。ただ最大の難点は、ラップトップに寄っている割には機能面がイマイチという点です。そのせいで、Appleが期待するほどにはPCの代替品になりきれていないんですよ。別にOSやキーボードが悪いわけではないんです。問題はアプリなんです

    Image: Gizmodo US

    iPadのアプリ問題と、地獄の自動ダウンロード

    アプリ問題最悪のポイントは、iPadセットアップ時に同じApple IDを共有するデバイスの全アプリを自動ダウンロードしてしまうところ。iPad OSと互換性がないものまで勝手に入ってきてしまうんです。 膨大な数の不要アプリ2009年懐中電灯アプリまで)をすべて削除し、スマホでいつも使っているスタメンのアプリGoogleドライブドキュメントなど)はそのまま保存。iPadでは使えなさそうなアプリ(Co-StarVenmo)も、お気に入りのやつは一応とっておきます。

    こうしてなんとかアプリの取捨選択をしても、まだ問題は残ります。PCユーザでも、InstagramTinderなどのiPhoneファーストアプリは、よほどのことがない限りデスクトップでは使いませんよね。スマホで使いますよ、スマホ用のアプリですから。ではiPad OSバージョンはどうかというと、デスクトップ版とはまた違った意味で使えない代物なんです。

    InstagramなんかもあくまでiPhone仕様になっているので、真っ黒な画面の真ん中にぽっかり浮かぶような感じで表示されます。使えないわけじゃないんですけど、でも「これなら携帯電話使う」と思うほど使用感はイマイチ。 もし本当にiPadラップトップとして使うなら、iPhone向けのアプリなんてそもそも使わないでしょうから、そもそもこんなアプリ必要? という疑問がわきます。

    Image: Gizmodo US iPadVenmo使うのは、最悪です。

    つまり、新しいiPadiCloudログインした瞬間、「なんでAppleは巨大スマホキーボードの合体デバイスを作ったんだろう…」という謎が頭に渦巻くことになります。少なくとも、同期先のアプリを勝手にダウンロードするのは、回避策がほしいですね。

    ちなみに、強制ダウンロードされるアプリにはiPad OSとの互換性がないものも多数あります。これだけで、私みたいな人間にはかなりのマイナスポイントです。もし、いまだにInstagramiPadバージョンが作れないなら、Appleヤバいですよ。なのにアプリだけは勝手に入ってくる、というガッカリ感…。

    Googleのアプリも、とにかく使いにくい

    もう1つの問題が、Googleです。もちろん、GoogleユーザChrome OSを使ってほしいわけですが、iPadユーザとしてはPCと同等のGoogleドキュメントアプリを期待しますよね。でも、残念でした。iPad版のGoogleドキュメントGmailアプリには、多くの主要機能が欠けているんです。EメールハイパーリンクをつけることもできませんURLを入れても、ただのテキストになってリンク先に飛ぶことはできないんです)。

    つまり、これらのアプリは「iPadと互換性がある」と言いつつも、「iPhoneでも動きますよ」というもの。完全にiPad向けになっていないのです。AppleiPadターゲットにしている若者世代が、みんなPagesやMailアプリを使っているわけではありません。彼らをSurfaceや安価なChromebookから取り込むには、まずはデベロッパーを集めないと。Appleは確かにタブレット市場の王者かもしれませんが、やっぱりデベロッパーあっての…なんですね。

    PC代わりというなら、ハードウェアとかにも不満ポイントが…

    iPadアイデンティティ問題は、ハードウェアにも及びますタイピング作業はスマートキーボードでほぼ問題なくこなせるんですが、これがちょっとペラペラというか、薄いんです。ソファに座って記事を書くにも、膝の上で使うのはほぼ不可能(ちなみに、最初はiPadで書いていましたが、結局13インチMacBook Proに変えました)。あと、平らな場所に置いておかないと、バランスを崩して倒れることもあります。これは、夜ベッドでメラトニンのサプリ飲んでYouTube動画を見ながら寝落ちしたい私にとって、大きなマイナスポイントです。

    Image: Gizmodo US 私のテッパンです。

    あと、アプリハードウェア以外でのiPad最大の難点は、マナーモードスイッチがついてないことです。これは、iPhoneと同じようにしてほしかった(いちいちコントロールセンターを開かないといけないのは、かなりめんどい)。通知音が鳴らなかったら、動画見てるときとか超不便でしょう(iPhoneじゃ考えられない)。

    とはいえ、iPadコンピュータ代わりに使うのは絶対無理、というわけではありません。ただ、仕事用のPCをプライベートで使うのはプライバシー的に嫌だ、という理由で「安い機種で」と考えている人には、おすすめしません。結局iPadじゃフラストレーションたまって、仕事用のPCばかり使う…となる可能性高しです。

    iPadならではのいいところも(少しは)あるよ

    スプリットビューとスライドオーバー機能を使えばマルチタスクもある程度こなせるので、これはいいですね。ブラウザーを使いながらiMessageウィンドウを開いたり、自宅で仕事中にiPadを使っているときはSlackで会話しつつ、Gizmodoを読むこともできます。もちろんラップトップなら問題なく複数のウィンドウを配置できるのですが、iPadでもそれなりに機能してくれます。

    iPadスマホデスクトップの中間的存在になっているのは少々不満ですが、iPadだからこそ使いやすいアプリがあるのも事実。実は私、料理が大好きなんです。それが高じて、昨年はキッチンでレシピを見るためにGoogle Home Hubを買ってしまったほどです。それなのに、New York Times料理アプリには対応してくれていないんです。でもiPadにはある。しかも、かなり見栄えのいいアプリに仕上がっているんです。オーブンの上に載せておくと、料理しながら見やすいし、もう最高。あ、もちろん、オーブンを使っているときは置いてないですよ。

    iPadが与えてくれるものって結局…

    あとはもう、お金を払って買うだけの価値があるかどうかってことです。不満もありますが、iPadは安いですし、私としてはPCの代替品として十分価値があると思っています。プライベートな用事に仕事用のコンピュータは使いたくないですし。それが納税申告であろうと、Netflixを見るためであろうと、プライバシーの問題はあなどれません。

    iPadはヘアサロンにいる間に記事を読んだり、動画を見たり、インターネットで遊んだりという、普通のタスクをこなすには最適のツールです。ただ、コンピュータの代わりを期待するとがっかりする、というだけです。MacBook Proより1,000ドル近くも安いですからね。同じような機能があるだけでもすごい。なんといってもAppleですし(笑)

    一言でいうと、Appleのエコシステムにはまりすぎるとどうなるか…という教訓を与えてくれるのがiPadな気がします。「Appleじゃなくてもいいよ」という人は…Chromebookを買いましょう!



    (出典 news.nicovideo.jp)

    さっきの続きになりますが、参考にしてくださいね!!
    私はiPadで調べ物したり、動画みたり、写真みたり、オンラインで雑誌や簡単なプレゼンに使っていますね!!
    さすがにiPhoneではしんどいので笑

    <このニュースへのネットの反応>

    【【iPad】iPadがPC代わりに使えるのか検証してみた…。「帯に短し、たすきに長し」なのかなー】の続きを読む


    Photo: dhe haivan (Unsplash)

    タブレットも進化して、ノートPCと遜色のないレベルになってきました。作業内容によっては、タブレットで十分かもしれません。

    iPadノートPCの代わりに使わせる戦略を推進してきたAppleアップル)の奮闘も、iPad専用OS「iPadOS」のリリースによって実を結びそうです。完全な置き換えはともかく、旅先へノートPCを持って行く必要はないかもしれません。そこで、PCが必要になる主な5種類の作業で、iPad ProMacBook Proを比べてみましょう。

    ただし、今回の比較ではiPadキーボードだけ接続し、マウスは使っていません。アップルiPadマウス対応を時期尚早と考えているらしく、iPadOSのアクセシビリティ設定をいじる必要があるからです。そもそも、iPadOSマウス機能は、指による画面タッチ操作の置き換えに過ぎず、PCのマウス操作のレベルに達していません。

    文章作成と調べもの

    文章作成はiPadの得意技です。キーボードを接続して画面を立てれば、ノートPCのような物書きマシンが完成します。ほこりの問題はあるけれど、指がちょっと窮屈なのを我慢すれば、お気に入りのキーボードショートカットが全部使えるのです。

    iPadは文章作成が得意。Image: Gizmodo US

    この文章は、iPadオンラインワープロGoogle Docsを使って書きました。それが可能になったのは、iPadOSSafariにPC用サイトの表示機能があったおかげです。iPadOSMicrosoft Wordなどのアプリも使えますが、Windows版やmacOS版のWordほど高度な機能はありません。もっとも、たいていの人はそれで十分でしょう。プロ並みの編集作業を行なわないなら、必要最小限の機能を備えた文章作成アプリがたくさんあります。

    確かに、iPadの画面は狭いし、キーボードは窮屈です。しかし、iPadOSmacOSソフトウェアに大きな違いはありません。レポート執筆、メール返信、文章作成といった用途なら、iPadは十分ノートPCの代わりになります。

    出先で行う作業が文章作成だけなら、MacBookを持って外出しなくて済むでしょう。 Image: Gizmodo US

    新たに導入されたカットコピーペーストを指3本で実行するジェスチャー操作は、それほど使いやすいと思いません。キーボードを接続した方がずっと簡単ですし、3本指ジェスチャーは対応していないアプリもあります。それに、以前より改善されたとはいえ、タッチ操作で行なうテキスト選択にはイライラさせられます。

    画像編集

    iPadOSで行う画像編集を重視する人が多いので、アップルiPadPhotoshopの登場を大々的に宣伝したのでしょう。ただし、今のところひどい期待外れになっています。iPadOSの文章作成機能は優れていますが、画像操作は苦手です。

    iPadPhotoshopは間違いなく発展途上です。 Image: Gizmodo US

    MacBook PromacOSの組み合わせには、高度なソフトウェアと、繊細な画素操作という強みがあります。例えばこれは、画像内にある葉っぱの下半分だけを選択したり、まゆ毛の上半分だけに微妙なぼかしを加えたりする際、力を発揮するでしょう。

    膨大な種類が存在するブラシのうち、iPadOSPhotoshopに移植されたものは一部に限られ、ボタンが2つあるマウストラックパッドによる細かな操作ができないことと、macOS版並みの機能がないことで、常に制約が生じてしまいます。iOSおよびiPadOS用の優れた画像編集ツールもあるにはありますが、フィルターやブラシ、色と明るさの調整といった特定の操作だけに使えるものです。

    サイズ変更とトリミングを大量の画像に施していく場合、必ずmacOSを使います。今のところ、この種の作業はiPadOSではできません。この記事に掲載したスクリーンショットはすべてiPadで取りましたが、編集はMacBook Proで行ないました。

    macOSPhotoshopは、強力なうえ機能が豊富で、細かな操作が可能です。 Image: Gizmodo US

    ウェブ閲覧

    ウェブ閲覧操作におけるiPadOSmacOSの大きな違いは、マウスを使うか、太っちょパパの親指を使うか、という点です。指だとリンクメニューの選択はやや難しくなりますが、大きな問題ではありません。ほとんどの場合うまくできます。

    iPadOSSafariの表示は、macOS版にとても近くなりました。 Image: Gizmodo US

    iPadOSSafariの表示は、完全にmacOS版と同じというわけではないものの、かなり近い表示が可能で驚いています。古いタイプウェブサイトからFeedlyGizmodoまで試したところ、大部分でMacBook Proと同じ見た目、同じ動きをしました。Gmailアクセスしても、表示が少し窮屈なだけでうまく動きます。

    ただ、右クリッククリックドラッグは逆立ちしてもできません。もっとも、バックグラウンドで新規タブを開く操作に右クリックが使えなくても、長押しで済みます。ところが、それ以上のことになると制約があり、複雑なウェブアプリの操作はスムーズに行なえません。

    アップル純正キーボードSmart Keyboard Folioや互換品を接続すると、iPadOSでもキーボードショートカットが使えます。Tabキーで入力用フィールド間を移動でき、JキーとKキーでリスト切り替え、Cmd+Wでタブを閉じるなど、すべてのショートカットが使用可能です。

    タブ大好きな人は、macOS版の方が好みでしょう。 Image: Gizmodo US

    iPadOS版がおかしな動作をすることはありますが、全体的にはうまく動きます。macOSの完全な代替にならないけれど、ほぼ満足できるでしょう。

    ファイル管理

    iOS 11には2017年Filesというファイル管理用アプリが追加され、iOSiPadOSファイル管理システムは完成の域に近づいています。さらに、iCloud Driveアプリが機能強化されて利用しやすくなり、こうした改良がすべてiPadOSFilesアプリに反映されました。

    iPadファイル管理機能:こうなるとは5年前には信じられなかったでしょう。 Image: Gizmodo US

    以前よりずっと改善されたことは間違いありません。ただし、macOSの使い勝手には及びません。iPadOSで複数ファイルを選択するには時間がかかりますし、ドラッグドロップ操作に制約があります。キーボードマウスを使わないと、細かな操作も無理です。

    FilesアプリiPadOS上で2つ同時に動かせるので、ファイルをあるフォルダから別のフォルダへコピーする操作はとても簡単です。長押し操作も役立ちます。たとえば、ファイルやフォルダを長押しすると、たくさんのオプション操作が表示されて選べるようになります。

    iPad外付けドライブUSBメモリーを挿せるようになれば、ノートPC代わりにiPadを持ち歩く機会が間違いなく増えます。iPadで必要なファイル操作はすべて実行できますが、macOSより時間がかかったり、直感的でなかったりするだけです。

    大量のファイルを管理するには、まだMacが必要です。 Image: Gizmodo US

    大量のファイルに対する操作をするのなら、MacBook Proを使うことになるでしょう。たとえば、ファイル300個選んでゴミ箱に入れる場合でも、マウスを2cmほど動かすだけで済みます。

    マルチタスク機能

    最後に、Slide OverSplit View、Dockといった、アプリ間の移動が容易になるiPadOSマルチタスク機能をみてみましょう。同じアプリを複数立ち上げて操作できるのですが、マルチタスク対応アプリの種類は限られます。

    iPadOS上でのアプリ切り替え。 Image: Gizmodo US

    Split Viewは、アプリを2つ横に並べて表示できます。もちろん画面は狭苦しくなりますが、メモを取ったり、メールを読んだり、TwitterFacebookを同時に見たりするときには、とても便利です。ウィンドウの位置が固定されているので、macOSよりも使いやすいかもしれません。

    Slide Overは、iPhone風の画面を手前に重ねて表示する機能で、便利かどうかの受け止め方は人それぞれです。忙しいときにMailSlackTwitterMessagesといったアプリを確認するのには、間違いなく便利でしょう。ところが、多くの場合、Slide Overは邪魔に思えます。

    iPadキーボードを接続していれば、Cmd+Tabアプリが切り替えられて作業効率が高まります。また、画面の下から上へスワイプしたままにしておくとアプリ切り替えメニューが表示される同社は、よく考えられた機能です。アプリ切り替えの操作に関しては、iPadに軍配が上がります。

    macOS上でのアプリ切り替え。 Image: Gizmodo US

    Appleは、未来のコンピューティングや、コンピューティングを超えた先にあるものをiPadで示そうとしているように思えます。もっとも、すぐにMacBookをお払い箱にしたいわけではありません。iPadOSの現状をみる限り、その心配はないでしょう。iPadOSのおかげで、iPadはさまざまな作業で使いやすくなりました。しかし、大きな画面サイズ、高度な機能のソフトウェア、細かな操作が可能なマウスまたはトラックパッドキーボードメリットを考えると、専門的な仕事ではMacBook Proを選ぶことになります。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPadで仕事完了すれば助かりますよね!!
    でももちろんほぼ終わりますけどね!!
    あとはソフトかな笑

    <このニュースへのネットの反応>




    Photo: Shutterstock.com

    バッテリーが持ちますように…。

    Appleアップル)製品の革新には、デザインソフトウェアだけでなく、ハードウェアも大いに関わっています。そして次期iPhoneに搭載されるであろうA14プロセッサについて、海外から新情報が伝えられています。

    台湾紙のDigiTimesによると、A14プロセッサは5nmプロセスを利用し、第2四半期(4月〜6月)に製造されます。製造メーカーは、いつもの台湾TSMCです。

    なお、製造プロセスプロセスルール)とは、プロセッサ内部の回路の細かさを意味します。この数字が小さくなるほど、省電力化や高クロックでの動作が期待できるんです。Aシリーズプロセッサでは、A12とA13にて7nmプロセスが採用されていたので、A14ではその仕様が一新されることになります。

    さらに、Aシリーズプロセッサはその設計の先進性だけでなく、進んで先進の製造プロセスを採用することで、Androidスマートフォンのプロセッサに対して性能的な優位性を実現してきました。A14でも5nmプロセスが採用されれば、十分な性能向上が期待できそうです。

    近年のスマートフォンはAI(人工知能)の処理や多カメラの搭載により、さらにプロセッサの性能が求められています。今年登場するであろうA14がどれだけその要求に応えられるのか、見ものですね。

    Source: DigiTimes via 9to5Mac



    (出典 news.nicovideo.jp)

    次期のiPhoneがまたまたCPUがいいですね!!
    ってか、私のXSがどんどん置いていかれる笑
    電池の持ちが良ければ最高笑
    皆さんも期待していますよね!!
    楽しみです。

    <このニュースへのネットの反応>

    あっそ倒産しろ


    回路が小さくて配線がよく見えない!!(逆ギレ)





    【スマホ】楽天モバイル、4月に携帯キャリア事業の本格サービス開始


    行う事業者のことである。通信サービスの提供には移動体通信事業者(MNO)の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者(MVNE)の機能を利用したりする。 なお、総務省による定義では、「MNOの提供する移動通信サービスを利用して、又はMNOと接続して、移動通信サービスを提供する電気通信事業者であって、当
    31キロバイト (2,649 語) - 2019年12月28日 (土) 03:58



    楽天モバイルって期待していますね!!
    新しいキャリアって凄くないですか?
    安全に消費者の期待に応えて欲しいですね!!
    って偉そうですね!!笑




    <関連する記事>



    楽天モバイル、4月に携帯キャリア事業の本格サービス開始 楽天モバイル、4月に携帯キャリア事業の本格サービス開始
    楽天は1月6日、楽天モバイルの携帯キャリア(MNO)事業について4月から本格的にサービスを開始することを明らかにした。 三木谷浩史会長兼社長が、記者団の取材に対し「MNOの本格サービスは4月にサービ…
    (出典:IT総合(ITmedia NEWS))




    『iOS/iPadOS』についてまとめてみた




    【【アプリ】iOS/iPadOS向けリモート デスクトップ接続アプリがキーボードによる日本語入力に対応】の続きを読む

    このページのトップヘ