ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ: スマホ、タブレット


    Black Sharkの日本法人であるブラックシャーク科技ジャパンは、eスポーツ最適化された5G対応のゲーミングスマートフォンBlack Shark」(ブラックシャーク)の日本向けモデルを順次販売。第一弾として「Black Shark 3(8GB+128GB)」の予約販売を2020年9月15日より開始しました。事前予約では先着で専用アクセサリーGamepad 3(set)-LやFunCooler Proの特典を用意しています。

     

    Black Shark 3の販売価格は6万9800円

     

    ↑先着100名の先行予約特典は、Black Shark 3(8GB+128GB)、Gamepad 3(set)-L、FunCooler Proの3点が手に入る

     

    ↑先着200名の先行予約特典は、Black Shark 3(8GB+128GB)、Gamepad 3(set)-Lの2点セット

     

    Black Shark 3は性能の核であるチップセットに、最高峰のモバイルラットフォームであるQualcomm Snapdragon 865を搭載。これまでにないCPUGPU、5Gシステムで、ゲームストリーミング、ブラウジングにさらなる価値を加えます。

     

    優れた液体冷却技術を誇る同社は、Black Shark 3で革命的な「サンドイッチ」構造を取り入れています。2つの長い液体冷却パイプをボードの両側から挟み込むように配置し、チップセットWi-Fiチップセット、5Gモデム、充電回路、およびその他の加熱コンポーネントと直接接触させることにより、両側から熱を拡散させ、長時間の使用でも最高の状態で動作できるように設計されています。このテクノロジーにより液体冷却パイプ1本と比較し150%の冷却効果の向上を実現しました。

     

    ↑高い負荷のかかるゲームプレイしていても、長時間ストレスなく楽しめる

     

     

    Black Shark 3は、NSAネットワークとSA 5Gネットワークの両方をサポートしています。また、従来よりも最大270%高速、省電力、複数端末の接続で安定したWi-Fi 6(802.11ax)にも対応し、最先端の通信スペックを搭載。デバイスを横持ちした時に最も安定した接続を提供する、内臓アンテナをX状に配置したデュアル「X」アンテナなど、細かな点を見ても安定した通信を保てる設計になっています。

     

    その他にも、ゲームの操作面に大きな影響を与える、タッチレポートレート(1秒あたりのタッチ感知回数の上限)や、タッチレイテンシー(遅延時間)においても270Hz、最短24msと最速クラスの速度を誇るなど、徹底的にスマホでのゲームプレイを突き詰めたい人向けの仕上がりになっています。

     

    常日頃、さまざまなタイトルプレイするヘビーユーザーはこの機に先行予約を検討してください。

    うっとりするほどの”スペック爆盛り”! ゲーミングスマホの期待機「Black Shark 3」先行予約スタート!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    うっとりするほどの”スペック爆盛り”! ゲーミングスマホの期待機「Black Shark 3」先行予約スタート!

    これ凄くカッコイイですね!!




    “"

    <このニュースへのネットの反応>

    【うっとりするほどの”スペック爆盛り”! ゲーミングスマホの期待機「Black Shark 3」先行予約スタート!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    誰でも大小さまざまなタスクを日々抱えていますが、すべてのタスクとその期日を記憶して実行していくのは容易ではありません。しかし、現代のテクノロジーのおかげで、それが少しだけ楽にできるようになりました。

    AppleはこれまでもiPhoneiPad向けのリマインダーアプリを提供してきました。しかし、iOS 13とiPadOS 13以降、このアプリは多くの優れた機能を追加して大きな一歩を踏み出しました。

    Appleマインダーアプリについて詳しく見ていきながら、このアプリがワンストップサービスとしてどのように機能して、忙しい1日の予定やタスクのみならず長期的な計画も調整できるかご説明します。

    リマインダーを追加する

    Image: MakeUseOf

    マインダーアプリを使用したことがない人でも、タスクを簡単に追加できます。

    アプリを開いて、「マイリスト」の下の「マインダー」をタップするだけです。その画面のページの下の方にある「+新規リマインダー」を選択しましょう。

    マインダーを入力する画面のすぐ下には、さまざまなカスタマイズ・オプションを提供するクイックツールバーがあります。

    時計アイコンツールバーの最初のオプション)を選択して、リマインダーの期日を設定します。カスタムで日付を設定することも、「今日」「明日」「今週末」「カスタム」のどれかを選択することもできます。この設定をすることで、選択したタイミングデバイスにリマインダー通知が届きます。

    位置情報アイコンを使用すると、どこにいるかに応じて通知を受け取るように設定できます。カスタムで場所を定義してもいいですし、「家に到着する」、「職場に到着する」、または「乗車時」といったプリセットから選択することも可能です。この機能は、さまざまな可能性の幅を広げます。たとえば、スーパーに到着したときに「牛乳を買う」という通知を受け取るように選択できます。

    重要な通知にはフラグを選択すると、リマインダーアプリを開いたとき、「フラグ付き」のリストに表示されます。

    カメラアイコンを選択すると、リマインダーに写真を添付することができます。

    マインダーの設定が完了したら、左側のテキストの近くにある円を選択します。必要に応じて、左にスワイプしてリマインダーをさっと削除することもできます。

    また、アプリを開かなくてもリマインダーを追加できます。

    たとえば、Messages、Safari、あるいはその他のサードパーティアプリなど、別のアプリを使用しているときは、「共有ボタンを選択し、「マインダー」のアイコンを選択すると、情報をリマインダーとして一撃で追加できます。

    リマインダーに詳しい情報を加える

    マインダーを入力した後でも、さかのぼって編集を加えたり情報を追加できます。

    マインダーにサブタスクを追加できるという優れた機能があります。これにより、さらに多くのカスタマイズされたオプションが使えるようになるので、買い物リストなどの追加情報を保存できます。

    サブタスクを作成する方法はいくつかありますが、最も簡単なのは、リマインダーをタップしたまま長押しして別のリマインダーの上にドラッグすることです。ドラッグしたリマインダーがサブタスクになります。

    タスクに編集を加えるには、タスクを選択して右側の「iアイコンタップします。

    この「詳細」の画面で、メモやウェブアドレスをリマインダーに追加すると、その情報が付いたリマインダーがリストに表示されます。

    他にも便利な機能があります。「メッセージ送信時に通知」をオンにして、連絡先リストで具体的な名前を選択すると、その人にメッセージを送る時間になると、適切なリマインダーが付いた通知が画面に表示されます。

    Image: MakeUseOf

    リストを作成してリマインダーを整理する

    マインダーアプリのコツをつかんだら、多くのリマインダーを追跡するのに便利なリストを作成しましょう。アプリメインページには、デフォルトで「今日」「日時設定あり」「フラグ付き」「すべて」という4つのスマートリストがあります。

    今日」は、今日を期日としてタグ付けしたリマインダーをすべて表示します。期限切れのタスクも表示されます。 「日時設定あり」には、期日を設定してあるリマインダーがすべて表示されます。 「フラグ付き」はフラグ付きのタスクがすべて表示されます。 「すべて」には、未完了のリマインダーが1つ1つ表示されます。

    カスタムでリストを作成することもできます。アプリメイン画面で、「リストを追加」を選択します。リストの名前を決め、リストの色を選択します。多くのアイコンから選択することも可能です。作成したリストは、右上の隅にある「完了ボタンクリックしてアイコンを追加したり、編集することができます。

    同じメニューから「参加者を追加」を選択して、友達や家族とリストを共有することもできます。やり方は次の通りです。

    まず、リマインダーリストへの参加依頼の送信方法を選択します。

    相手が参加依頼を受け入れてくれたら、相手もリマインダーを追加または削除して、実行済の印を付けることができます。

    参加を依頼された相手もiPhoneならiOS 13を、iPadならiPadOS 13を使っている必要があることに注意してください。

    Image: MakeUseOf

    さままざまなリストをたくさん作成したら、グループ化して整理しましょう。

    リストタップし長押しして別のリストの上にドラッグすると同じグループになります。あとは、そのグループに名前を付けてください。

    複数の異なるリストがあっても、リマインダーを簡単に移動できます。リマインダーの編集メニューで「リスト」を選択し、リマインダーを移動する場所を選択します。

    また、具体的なリマインダーや必要なリストが見つからないときは、アプリメイン画面の上部にある検索バーにアクセスしてください。

    Apple WatchやMacでリマインダーを使う場合

    Image: MakeUseOf

    iPhoneiPadが手元になくても、Apple Watchでリマインダーアプリアクセスできます。

    iCloudが同期するおかげで、同じスマートリストやカスタムリストが、Apple Watchにも表示され、リマインダーを見ることも実行済のマークをつけることもできます。

    Apple Watchにリマインダーを追加するには、リストの最後までスクロールして、「マインダーを追加」を選択します。

    Apple WatchSiriに話しかけてもいいですね。Siriがあると、iPhoneiPadでは、話しかけるだけでリマインダーを追加できます。

    Apple Watchには、その日の予定を表示させるリマインダー・コンプリケーション機能もあり、「今日」とマークされたものをすばやく確認できます。

    Apple Watchの文字盤で、コンプリケーションを選択すると、アプリが起動します。Apple Watchの文字盤をカスタマイズしてこのコンプリケーション機能を使う方法があるので、チェックしてみてください。

    Macの場合も、リマインダーアプリアクセスして、最新のリマインダーをすべて表示することができます。Macで行った変更は、iOS / iPadOSデバイスApple Watchにもすぐに反映されます。

    Appleリマインダーを駆使して生活をオーガナイズする

    ご覧のとおり、AppleマインダーはiOS 13とiPadOS 13で大きな進歩を遂げました。

    完璧とは言えませんが、このアプリタスクや予定をきちんとオーガナイズされた状態に保ち、日々のタスクを把握して、頭をクリアにする優れものです。

    とは言え、Appleマインダー以外のものを使いたい人もいるでしょう。その場合は、iPhone向けタスクアプリAppleマインダーより優れているものを紹介しているこちらの過去記事(英文)チェックしてみてください。

    Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

    50,360

    あわせて読みたい

    AppleのカレンダーアプリにGoogleカレンダーの予定を表示する方法(またはその逆)

    仕事の効率化を図るタスク管理術・アイデア12選

    リモートワークに役立つ、リマインダー機能を活用したSlack活用術

    Image: MakeUseOf

    Original Article: How to Master the Reminders App on Your iPhone or iPad by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    iPhoneやiPad、Apple Watchでリマインダーアプリをもっと使いこなす方法


    これ使いこなしたくなりますね!!


    節約が目に見える!電気代の基本料金が0円の0円でんき

    <このニュースへのネットの反応>

    【iPhoneやiPad、Apple Watchでリマインダーアプリをもっと使いこなす方法】の続きを読む


    【元記事をASCII.jpで読む】

     Roonは、本連載にもたびたび登場する。海外では標準と言われるほどに普及し、人気のあるオーディオ再生ソフトウェアだ。その魅力の一つは“Roon Ready”と呼ばれる再生機器による、ネットワーク対応と音質の高さだ。

     Roon Labsは間口の広い考え方をしていて、いままでは“Uncertified”と呼ばれる、Roon Labs自身は認証していないRoon Ready機器も、Roonのサービスに接続して使うことができた。こうした機器ではRoonの設定画面で"uncertified"と表示される。

     しかし、これについて制限を厳しくするという案内がRoonの公式フォーラム上(英語のみ)で9月10日に記載された。

     これによると、9月21日以降は、Uncertified機器を設定画面で“Enable”(使用可能)にする処理ができなくなる

    いまのRoon Ready機器は、Disableにしない

     ただし、すべてが使えなくなるということではない。いまEnableの状態で、Roonと接続しているUncertified機器であれば、9月21日以降もそのまま使うことができる。ただし、いったんDisable(使用不可)してしまうと、そこで使用ができなくなってしまうわけだ。Roonは、そうしたユーザーが、Disableの設定にしないよう案内している。

     しかし、ユーザーが意識的にDisableにしなくとも、さまざまな理由でシステムが機器をDisableにしてしまうことはある。フォーラム上でも不満の声も多々出た。そこで、公式フォーラム上で9月11日に妥協案が示され、回避措置が取られることになった。

     これは、既存のユーザーアカウントで、Uncertifiedデバイスを使いたい場合、申請すればそのメーカーが認証処理を通すまでの間、そのアカウントに限定的に開発者権限を付与するというもの。結果、9月21日以降も、今まで通りの使い方ができる(Disableにしても、またEnableにできる)というものだ。

     申請フォームに入力し、申請が通ったら連絡するということだ。ちなみに本件はRoonをネットワーク的に使用している場合に適用されるもので、USB DACを主に使用している場合には影響はない。

     いまRoon Ready機器を使用しているユーザーは早いうちに確認しておいた方が良いだろう。

    海外で絶大な人気を誇るRoonに、一部機器が接続できなくなると騒然


    (出典 news.nicovideo.jp)

    海外で絶大な人気を誇るRoonに、一部機器が接続できなくなると騒然

    これ一度試してみたいですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【海外で絶大な人気を誇るRoonに、一部機器が接続できなくなると騒然】の続きを読む


    Image: Android

    ついにAndroid 11ベータ脱出!

    PixelOnePlusXiaomiOpporealmeのスマホを皮切りに順次ロールアウトになりますね。待ち時間はメーカーさんによりますけど、アップデートしたら真っ先に試したい15の新機能をさっそく見てみましょー。

    1. 通知履歴が見られる

    地味だけど、結構助かりそうなのがこれ。スヌーズにした通知やうっかり削除した通知をあとでひとまとめにチェックできる機能です。初期設定ではONになっていないので、「設定」>「アプリと通知」>「通知」>「通知履歴」と進んで「履歴を使用」をONにしましょうね。通知履歴は、通知シェードから「履歴」のリンクをタップでも確認できます。これで通知の見逃しもゼロに!

    2. 会話を一元管理

    Image: Android

    通知といえば、メッセージ新着アラートアプリ別にまとめておけるのもAndroid 11の新兵器。WhatsAppが何件でGoogleハングアウトが何件かひと目でわかります! 設定は「設定」>「アプリと通知」>「会話」で管理OK。

    3. 画面録画できる

    Android 11ではスクリーンレコーダーが標準装備されました。非純正アプリほど多機能ではないけど、使用中に流れる楽曲や端末の音も録音できます。利用するには、画面トップから2本指でスワイダウンしてクイック設定を開き、左下のペンアイコンタップメニューが表示されるので、「画面録画ボタンを一番上にドラッグしてね。

    4. アプリ候補をホーム画面で

    Image: Android

    一番よく使うアプリベースに、おすすめアプリの候補が表示される機能。もともとアプリドロワーにあったけど、ホーム画面ボトムの見やすい位置に表示できるようになってます。表示させたい人は、ホーム画面の余白長押しで「設定」を開いてONにしましょう。

    5. 電源ボタン長押しでスマートホーム家電やカードも操作できる

    電源ボタン長押しで表示されるメニューがぐんと増えました! Google Homeアプリ連携済みのスマートホーム家電の操作もできるし、Google Payカードもここで管理できます(これはAndroid 10でも表示されます)。カスタマイズするには、メニュー自体の3点ボタンタップするか、Androidの設定から「システム」>「ジェスチャー」>「電源メニュー」をチョイス。電源ボタン長押しでスクショは撮れなくなっているので、そちらは電源+音量小ボタンを同時に長押しで。

    6. おやすみモードのときもこの連絡は受け取りたい! を設定できる

    Image: Android

    だれにも邪魔されたくないとき、音、バイブ、通知をOFFにする「おやすみモード(Do Not Disturb)」、便利ですよね。でもこれだけは受け取りたい! という緊急性の高いものがあるなら、「サウンド」を開いて「おやすみモード」を選んで通知をONにする人、アプリアラーム通知音を設定できますよ。いちいちアプリミュートサイレントモード)を解除しなくても通知を逃す心配ナシ。

    7. 1回限りのアクセス許可が付与できる

    Android 11ではiOSみたいにアクセス許可を1回限りで付与できます。たとえばアプリカメラマイク、位置情報の使用を「今回のみ」って項目を選んで許可すると、次回もまたアクセス許可を求める画面が表示されるので、ずっと許可しっ放しでストーカー、覗き見、盗み聞きされてたら怖いな…と疑心暗鬼になることもありません。しかも長く使わないアプリは許可が自動リセットされる安全仕様。アクセス権限の管理は、設定の「アプリと通知」で行なえます。

    8. クイック設定で動画や写真を操作

    Image: Android

    メディアプレーヤークイック設定の近くにデフォルトで表示されます。プレイリストちゃちゃっと管理できるし、再生中の楽曲や動画をTVやヘッドフォンスピーカーに飛ばしたいときにも、画面トップから下に2本指ドラッグでスピーディーに呼び出せます。これまでどおりロック画面にはミニプレーヤーが表示されるので、簡単な操作はそこでもできるし。

    9. 絵文字が117個増えたよ

    Androidバージョン絵文字抜きには語れない! Android 11も117のニューフェイスが加わって、ひよこや泣き顔なんかは少しデザインが変わっています。新しく入ったのはタピオカミルクティー、黒猫、泣き笑い鼻メガネアシカ、羽、ブーメラン、手つぼみピックアップトラック、ハグなどなど。見たい人はココで。

    10. ダークモードをタイマー設定

    Android語では「ダークテーマ」ですかね。手動でその都度ON/OFFにしたり、現在地の日の出・日の入り時刻に合わせて調整される従来の設定に加え、ON/OFF時刻を指定できるようになりました。「設定」>「ディスプレイ」>「ダークテーマ」>「スケジュール」で。

    11. PIPの小窓の大きさを自由に変えられる

    動画がちっちゃく表示されるピクチャーインピクチャー(PIP)はリサイズの自由度が増しました。動画の4隅のいずれかをタップしてドラッグすると好きなサイズに変更できて、動画内をタップしてドラッグすると好きな場所に移動できます。もう大・中・小の3サイズじゃない!

    12. スクリーンショット&テキスト選択はOverview画面で

    Image: Android

    地図のスクショが欲しい! そんなときには、画面下から上スワイプでOverview画面(最近使ったアプリの一覧)を呼び出して「スクリーンショット」をタップ。右側の「選択」をタップすると、アプリ内のテキストを選択していろんな操作を選べます(Android 10でもできたけど、こっちのほうがずっと簡単)。

    13. 大事なチャットは上に表示

    通知シェード上部の会話シェード。ここで気になる会話の通知を長押しするとメニューが開いて、「優先」を選ぶとで上位表示されるので、大事なやりとりをしっかりフォローできますよ。また、「おやすみモード」から除外して、通知が届くようにすることも可能。

    14. 共有シートにピン留め

    Image: Android

    アプリシェアボタンを押してからの操作がAndroidはゴチャゴチャしてたんですが、Android 11ではよく使う共有先アプリをピン留めすると、何かシェアするときそれが一番上に表示されるので便利この上なし。パネル内でアプリを長押しして「ピン留め」を選択してみてね。

    15. 猫あつめゲームが遊べるよ

    最後はこれ、Androidリリース恒例ミニゲーム! 今回のイースターエッグは「Neko Cat game」です。設定で「デバイス情報」をタップするとAndroidバージョン情報が現れるので、Androidバージョン11を何度もしつこく連打。ダイアルが出てくるので、ぐるぐる行ったり来たりさせてると11が出てきます。ボリュームを11に上げろ! のジョークじゃないけど、11に合わせることで画面ボトムにロゴが一瞬現れてアンロック完了。あとは電源ボタン長押し、3点リーダをタップ、「コントロールを追加」と「その他アプリを見るで猫を探して集めてね。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    これだけはやりたい! Android 11でできる15のこと


    これイイですね!!

    私のスマホも早くしたいな!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【これだけはやりたい! Android 11でできる15のこと】の続きを読む


    エキサイト9月14日、ブロードバンドサービス「BB.excite」にて、ドコモ回線のデータ通信が使い放題となる新料金プランエキサイトモバイル WiFi」を追加した。同日から申込を受け付け、10月1日から提供開始。利用料金は月額3,580円(税別)。

    BB.exciteは、エキサイトが提供するインターネット接続サービス。今回新たに、ドコモの4G/LTE回線をインターネット回線として使えるWi-Fiサービスを提供する。なお、3日間で10GB以上使用した場合は、通信速度が最大700kbpsに制限される。

    サービスの利用料金は月額3,580円(税別)。加えて、モバイルWi-FiルータHUAWEI Mobile WiFI E5785」(ファーウェイ製)代金として月額500円が12カ月間必要となる。モバイルWi-Fiルータの通信速度は下り最大300Mbps、上り最大50Mbps(理論値)で、13カ月以降は無料でユーザーに贈呈される。

    このほか、新規契約手数料3,000円とSIMカード準備金400円/枚も必要となるが、9月14日時点ではいずれも無料キャンペーンの対象。なお、利用開始日を1カ月目として、12カ月目の末日までに解約した場合は、解約事務手数料として9,500円(税別)がかかる。また、提供されたSIMWi-Fiルータが紛失、故障した場合も損害金が必要となる。
    (村田奏子)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    エキサイト、月額3,580円でドコモ回線が使い放題のWi-Fiサービス

    この金額で使い放題って最高ですね!!

    ってか、途中で変わったりしないでしょうね?笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【エキサイト、月額3,580円でドコモ回線が使い放題のWi-Fiサービス】の続きを読む

    このページのトップヘ