ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PC

    • カテゴリ:

    NECパーソナルコンピュータ(以下、NECPC)は1月19日、同社製PC「LAVIE」の2021年モデルを発表。全6シリーズ33モデルカラーバリエーション含む)が刷新された。

    LAVIE」2021年モデルでは、12.5型モバイルPC「LAVIE N12」、14型ノートPCLAVIE N14」15.6型ノートPCLAVIE N15」のほか、フラッグシップノートPCLAVIE Pro Mobile」、一体型デスクトップPC「LAVIE A27/A23」、高性能AndroidタブレットLAVIE T11」の計6シリーズが登場している。テレワークや遠隔授業での利用増を見込み、Web会議など、PCのスピーカーから流れる音声を聞き取りやすくする機能などが強化された。

    NECWeb会議を快適にする機能を備えたノートPCLAVIE N」春モデル
    NEC、11型大画面で性能や音にこだわったAndroidタブレット「T11」
    NEC、音声操作機能を強化したリビング向け一体型PC「LAVIE A」

    ○店頭向けPC・タブレット市場はコロナ禍で成長

    PCタブレットのコンシューマ市場は、新型コロナの影響で需要が伸びた1年になったという。NECパーソナルコンピュータの川島良輔執行役員は、コロナ禍におけるテレワークオンライン会議などのPC需要増について、「インパクトは大きかった」と話した。

    川島氏によると、2020年の店頭PC市場の予測は、当初の見込みより拡大したという。NECPCでは、2020年1月14日サポートが終了したWindows 7買い替え需要の反動で、2020年店頭PC市場は対前年比マイナス15%まで落ち込むと予測していた。しかし、実際にはプラス6%の伸びとなった。

    店頭タブレット市場の伸長も同様だ。NECPCでは消費増税の影響を受け、対前年比マイナス12%に落ち込むと予測していたが、実際にはプラス20%と大きく成長した。

    NECPCでは、市場を牽引した要素として「テレワーク」「テレスクール」「ホームエンタメ」の3点を挙げる。自社調査の結果から、今後この3つの市場で計約1,000万台の潜在的な普及余地があるとした。

    テレワーク市場では今後約300万台が普及する余地があり、2021年では推定100万台の普及を見込む。同じように、テレスクール小学生大学生)市場では今後約600万台の普及余地があり、2021年では約140万台が普及。巣ごもり需要が続くとみられるホームエンタメでは、今後約200万台の普及余地があり、2021年では約70万台が普及すると推定している。

    テレワーク市場の成長予測に関しては、NECPCが2020年10月に実施した、テレワークに関する調査結果に基づいて想定されている。NECPCの調査では、国内就業者6,700万人のうち35%(2,350万人)がテレワークを経験しており、そのうちの70%(1,650万人)が個人PCを仕事で使える環境にあったという。実際に個人PCを使っていたのはそのうち45%(740万人)で、このうち34%(300万人)が「今後PCを買う予定だ」と回答した。同社では、これを今後の潜在需要と想定する。

    また、首都圏首都圏以外でのテレワークの普及に差があるという調査結果も踏まえ、今後、例えば週3テレワーク、週2出社という“ハイブリッド”な働き方がスタンダードになった場合、さらに需要が高まる可能性もあるとした。

    なお、NECPCでは「テレワークにより生産性は上がる」というスタンスを取っている。日本では「テレワークは生産性が下がる」という考えが多いというが、川島氏は「テレワークは社員の満足度も高く、経験上生産性が上がるよい働き方だと思っている」とアピールした。

    NECPC本社の秋葉原オフィスでは、第1回目の緊急事態宣言時(2020年3月)に、これまで20%程度だったテレワーク率を、3月11日時点で86%、5月12日時点では98%にまで高めた。2回目の緊急事態宣言2021年1月)では、当初から97%とほぼ全社員がテレワークをしている状況だという。

    ○テレスクール市場は「需要増のポテンシャルが最も大きい」

    テレスクール市場に関しては、小学生高校生の“K12”と呼ばれる年齢層を対象に子ども専用PCの所有率を調査した結果、コロナ前と後でプラス4ポイントの伸びがみられたという。川島氏は、「爆発的な伸びではないが、今後の需要増のポテンシャルが一番大きい。“本丸”がここになると思っている」と話した。

    調査では、子ども専用PCを持っていない保護者896万人のうち、3分の2にあたる約600万人が購入を検討しているという。これが実現した場合、所有率は77%まで上がり、おおむね70%前後である欧米の水準(平成25年内閣府調査)と並ぶ。

    子ども専用PCを買った保護者の満足度は高いというが、一方で買わない理由も「家族共用で十分」「必要性を感じない」「ゲームばかりしそう」などが挙がったとする。川島氏は「PC事業者のミッションは、必要性を問いかけ、背中を押すこと。テレスクール市場は本格的な普及の寸前まで来ているので、ここは大きくフォーカスしたいところ」と強調した。

    ホームエンタメ市場の成長は、外出しにくい生活のなか、余暇時間をテレビ視聴やゲームなどをして過ごす人が増えたことが背景にある。この市場は今後も堅調に伸びていくとNECPCは予想している。

    川島氏は、「テレワーク」「テレスクール」「ホームエンタメ」という3つの市場に、大きな潜在的普及余地があるとする。一方で「そのままだと需要は生まれない。PC事業者として、利用者へのメリットをしっかり紹介するなど、事業を創出する努力をしないと(約1,000万台の普及という数字は)生まれない数字だと思っている。ここ数年間の大きな軸はこの3点に置いていく」と意気込みを語った。
    (村田奏子)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PC・タブレット市場は「予想外の伸び」 - NEC「LAVIE」2021年春モデル登場


    また緊急事態宣言でテレワーク増加していますもんね!


    初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【PC・タブレット市場は「予想外の伸び」 - NEC「LAVIE」2021年春モデル登場】の続きを読む

    • カテゴリ:

     ガジェット好きであればお気に入りのデバイス、とりわけノートPCの天板にステッカーを貼るのは、一種のお楽しみだ。中には、「これはいつどこでもらったやつ」と記録代わりにしている人もいるかもしれない。しかし、このステッカーを貼る文化、今ではもう古いかもしれない。なぜなら、天板にはもっと有効な活用方法があるからだ。それがガジェット収納ポケットの装着だ。

    画像付きの記事はこちら



     ガジェット収納ポケットはその名の通り、ガジェットに貼り付けることでポケットの機能を追加できるアイテムだ。今回は、CRANSY TOKYOが11月27日からクラウドファンディングサイトMakuakeで販売している「進化版Fillit Pocket(フィリットポケット)2.0」を試した。

     Fillit Pocketは第1弾が4月に登場した製品で、すでに日本での累計販売数2000枚、販売額500万円以上を達成している。第2弾は、ポケット上部にふたの役割を果たすフラップが備わったり、ポケット入口のバンドを三層構造にしたりすることでグリップ感がアップ。さらに、スタイラスペンを持ち歩けるペンループも搭載されたのが特徴だ。

     現物を使ってみた印象と合わせて、使い方を紹介しよう。Fillit Pocket2.0はとても薄いゴム素材を採用しており、シートにぺたっと貼り付いた状態でパッケージに梱包されている。ゴムは見た目以上に柔らかくて伸縮性がある。対照的に接着部分がある裏側は固め。端末に気泡などができることなく、貼りつく設計になっている。

     続いて、端末にFillit Pocketを貼りつけていく。実は、Fillit Pocketの接着面には特許出願中の特殊粘着技術が採用されている。ベタベタしていないので跡がつくことなく、それでいてズレなくぴったりとくっつく。繰り返し剥がして使っても接着力がほとんど落ちないので、さまざまな端末で使い回しできるのもうれしい。

     収納ポケットは、想像以上に収納力がある。財布と名刺ケースを重ねて入れてみたが、問題なく収まった。パターンは幅広く、Wi-Fiケーブルセットで入れてもいいし、スマホを入れて持ち歩いてもいい。バンドが強力なので、逆さまにしてもポケットに入れたモノが飛び出したりすることはなかったこともお伝えしておきたい。

     Fillit Pocket2.0はすでにMakuakeで目標金額の1061%を達成しているが、21年1月27日まで先行予約販売を行っている。価格は100人限定の超早割が16%オフの3344円、200人限定の早割が15%オフの3384円、500人限定のマクアケ割が14%オフの3423円。このほか、Fillit Pocket 1・2のセットや複数点セットプランも用意している。お得なプランほど購入できる人数が少ないので、気になる人は早めにチェックしてほしい。(BCN・大蔵大輔)

    「進化版Fillit Pocket(フィリットポケット)2.0」でPC環境を手軽にアップグレード!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ノートPCにステッカーはもう古い! これからは“ガジェット収納ポケット”を貼る時代だ

    これいいですね!!



    <このニュースへのネットの反応>

    【ノートPCにステッカーはもう古い! これからは“ガジェット収納ポケット”を貼る時代だ】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     ダイナブック社の新製品「dynabook V」は、「5in1」をテーマとしたプレミアムPenノートPCである。最新のインテル第11世代コアTiger Lake(TGL)を搭載し、変形するしくみを内蔵しながら、1キロを切る軽量化を実現しているのだ.


    5in1の使い方を考え抜き、小型軽量化も実現

     今秋、Tiger Lakeを搭載したのは、ここで紹介する13型変形ノートの「V6/8」と、同じく変形型で15型ディスプレイ搭載する「F6/8」、13型クラムシェルの「G6/8」の3シリーズである.

     V6/8シリーズの「5in1」というのは、クラムシェルタッチ操作の「NotePCスタイル」、タブレット状態の「Tabletスタイル」、テント状にした「Monitorスタイル」、スタイラスを使った「Penスタイル」、180度に開いた「Flatスタイル」の5パターンの使い方のことだ。

     V8はCore i7-1165G7に16GBメモリー、512GB SSDで価格は24万円前後、V6がCore i5-1135G7に8GBメモリー256GB SSDで21万円前後である。

     ディスプレイはV6/8ともに13.3インチフルHD(1920×1080ドット)のタッチ&ペン入力対応、ノングレアIGZOパネルを搭載。ボディカラープレミアムブラックのみである。

     インターフェイスThunderbolt4のタイプC×2 、USB3.1のタイプA×1、HDMI×1、ヘッドホンマイク端子を搭載。カメラは2台あり、ディスプレイ上部が92万画素、背面が800万画素である。顔認証ができる。

     無線機能はWi-Fi6にBluetooth5.1を内蔵。残念ながら流行りの5Gモデムは搭載していない。Harman/Kardonのスピーカーを搭載し、Dolby Atmos規格での立体音響再生にも対応している。

     バッテリーは53Wh搭載で、JEITA2.0で24時間駆動。ボディサイズ303.9×197.4×17.9ミリで、重量は979gである。

    マイクロソフト・オフィース2019が同梱されているほか、Cyberlink静止画、動画編集から年賀状データリカバリーまで多数のアプリインストールされているのもなにかと便利なのである。

    軽量なのでタブレットモードも現実的
    キーボードタッチもよく静音

     箱から取り出して、まず感じたのは「小さい」と「軽い」である。テスト機を実測すると948グラムで、驚くほどではないのだが、重量バランスがいいのか、軽いのだ。

     天板はマットな仕上げで、dynabookのロゴとヒンジの部分が赤でなかなかカッコいい。おまけキーボードバックライトも赤で、渋いのである。

     この軽さだと、液晶をグルリンと回転させて、タブレットモードにしても、片手で楽に保持できる。  Wacom製のアクティブ静電ペンが付属していて、筆圧感知レベルは4096段階ある。さらに、独自の手書きノートアプリ「TruNote(トゥルノート)」で気軽にペンが使える心使いがうれしいのである。

     最近の超軽量ノートは、インターフェースタイプC×2のみで、電源を繋ぐと残1という悲惨なマシンが多いが、さすが日本のdynabook Vは、これだけ揃っていて、まったく困らない。欲を言えば、デジカメ用に、マイクロSDではなくスタンダードSDカードスロットにしていただきたいところだ。

    ベンチマークテストの結果は最速Tiger Lakeマシンだった!!

     おなじみのベンチマークを実施した。すでに数社のTGL搭載ノートの速度を計測したが、これまで最速だったXPS13やZenBook Sを抜いて、トップの値が出た。

     CinebenchではR15で889、R20で577、R23では5406を記録した。

     3DMarkでも同様で、Time Spyで1727、Fire Strikeで4939、Wild Life12113と、TGLのノンdGPUマシンでは最高記録である。

     ベンチマークテストを続けると、シューという排気音がするが、止めるとピタリと止まりるので気にならない。通常利用ではまずファンは回らないので、出先でも安心して利用できる。

     SSDの速度は、マルチシーケンシャルリードが毎秒2308MB、ライト1372MBと、最近の最速には及ばなかったが、利用上問題のない速度である。

     バッテリーの容量は53Whを搭載。最も高いパフォーマンスで、液晶最高輝度でテストを実行したところ、3時間12分動作した。バッテリー節約で実施したところ、5時間駆動した。この条件で3時間もしくは5時間走れば、モバイルノートとして不安はない。

     ACアダプターは65W出力で、充電時間は同じ条件で50%までが35分、70%までが61分、90%までが106分となった。さすがEVO認証マシン、特に半分まで30分の高速充電は非常に優秀である。

    5in1だけでなく、最速が欲しい人にもオススメのTGLマシン

     5in1でかつ軽量モデルというと、機能が削られていて、なにかと使い勝手が制限されるような予感がするが、dynabook Vは、インターフェイスもしっかり揃っているし、独自アプリもぱらちゃんもプリインストールされていて、やりたいことがすぐにでき、ストレスがない。

     そのうえ、TGL搭載ノートとして、トップスピードが出るというのも、いざという時、とても安心なのである。V6かV8かという選択でいうと、SSDは装換できるかもしれないが、メインメモリは直付けなので、ぜひ16GB搭載のV8を選んでおこう!

    dynabook V 実機レビュー = Tiger Lake搭載の5in1は軽くて爆速だった!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    dynabook V 実機レビュー = Tiger Lake搭載の5in1は軽くて爆速だった!


    これ最高のPCですね!!

    欲しくなりますね!!


    NURO回線網の2Gbps!最大85000円還元実施中【光マッハ】


    <このニュースへのネットの反応>

    【dynabook V 実機レビュー = Tiger Lake搭載の5in1は軽くて爆速だった!】の続きを読む

    • カテゴリ:

     「BCNランキング2020年11月16日から22日の日次集計データによると、デスクトップPCの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

    画像付きの記事はこちら

    1位 Mac mini Apple M1

    MGNR3J/A(アップル

    2位 LAVIE Home All-in-one ファインブラック

    HA370/RABNEC

    3位 LAVIE Home All-in-one ファインホワイト

    HA370/RAWNEC

    4位 Mac mini Apple M1

    MGNT3J/A(アップル

    5位 FMV ESPRIMO FH

    FMVF90E2B(富士通

    6位 LAVIE Home All-in-one ファインブラック

    HA700/RABNEC

    7位 iMac 2.3GHz Intel Core i5

    MHK03J/A(アップル

    8位 iMac 3.1GHz Intel Core i5

    MXWT2J/A(アップル

    9位 iMac 3.3GHz Intel Core i5

    MXWU2J/A(アップル

    10位 FMV ESPRIMO FH

    FMVF60E3B(富士通

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    Mac mini


    (出典 news.nicovideo.jp)

    デスクトップPC、新型Mac miniがいま売れている! 週間デスクトップPC売れ筋ランキングTOP10

    この新型Mac mini試してみたいな!!

    ドメイン取るならお名前.com

    <このニュースへのネットの反応>

    【デスクトップPC、新型Mac miniがいま売れている! 週間デスクトップPC売れ筋ランキングTOP10】の続きを読む

    • カテゴリ:

    思いがけず始まった在宅でのテレワーク生活。新しい生活様式の中で、自分らしい生き方や働き方をあらためて模索しているという人、きっと多いのではないでしょうか。

    「いつでもどこでも、自分らしく」「仕事もプライベートも同じくらい充実させたい」、そんなライフスタイルを力強く後押ししてくれそうなのがdynabookから新登場の「dynabook V」シリーズコンパクトサイズながらパワフルなスペックを搭載、これひとつでビジネスユースからクリエイティブな作業までこなせる、変幻自在な2in1ノートです。


    1kg未満で24時間稼働、自由なスタイルで使える新型dynabook


    (出典 news.nicovideo.jp)

    1kg未満で24時間稼働、自由なスタイルで使える新型dynabook


    これ使えますね!!
    外出中やテレワークに最高ですね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【1kg未満で24時間稼働、自由なスタイルで使える新型dynabook】の続きを読む

    このページのトップヘ