ITニュース速報

IT関連のニュースをお届けします
IT、ICT,タブレット、コンピュータ、パソコン
PC、セキュリティ、iPhone、iPad、mac
などの情報を日記にのせていきます

    カテゴリ:IT > PC

    • カテゴリ:

    飲み物を持つ手がちょっと滑ると、あたりはびしょびしょになってしまいます。今回は、水やコーヒーノートPCの上にこぼしてしまったときの対処法をお話しましょう。

    万が一、ノートPCに飲み物などの液体をこぼしてしまったとしても、機器そのものの損傷を食い止めることは可能です。

    MacBookコーヒーをぶちまけてしまった。あるいは、ノートPCに炭酸飲料をこぼしてしまった。そんなときはすばやく行動して、液体がPC内部にダメージを与えるのを阻止しなくてはなりません。

    では、ノートPCに飲み物などをこぼしてしまったときにとるべき手段を、順を追って説明していきます。

    1.すぐに電源を切る

    何はさておき、ノートPC内部の電流を止めなくてはなりません。液体がキーボードのすきまに入り込んで、電気が流れている回路に到達してしまったら、ショートしてノートPCダメージを受ける可能性があるからです。

    ノートPCに液体をこぼしてしまったら、できるだけ早く、電源ケーブルをPCから抜いてください。それから、シャットダウンします。

    てきぱきと動いてすばやく反応すれば、スタートボタンクリックしてシステムのシャットダウンを実行できるでしょう。

    とはいえ、この場合は電源ボタンを長押しして強制終了するのがベストです。正しい方法によるシャットダウンと比べるとあまり好ましくありませんが、ノートPC内部に液体が入り込んでしまうよりはましです。

    また、もし可能であればノートPCバッテリーを外してください。そうすれば、内部の電流が完全に断たれるので、ダメージを受ける可能性は低くなります。

    2.表面の液体をふき取る

    電源がオフになったら、目に見える液体をすべてふき取りましょう。キッチンタオルで表面についた水分を吸い取ってください。そうすれば、残っている液体が、内部の繊細な電子回路まで到達するのを防げます。

    吸い取るときのポイントは、キーボードのすきまに水分が入り込まないようにすることです。

    電子回路のある奥の方まで水分を押し込んでしまわないよう、注意しながらふき取りましょう。

    3.内部を乾かす(可能な場合)

    内部のダメージを確認できるかどうかは、ノートPCによって異なります。分解しやすいものもあれば、頑丈な作りで開けられないものもあるからです。

    ノートPCを覆うケースを簡単かつ安全に取り外せるかどうか、念を入れて確認してください。

    取り外せる場合には、ケースを慎重に開けて、ハードウェアについた水分を柔らかいタオルでふき取ります。ドライヤーは使わないでください。

    静電気が発生して、ハードウェアに深刻なダメージを与えかねません。

    4.キーボードを外して、その下をきれいにする

    Image: MakeUseOf

    この作業が可能かどうかも、ノートPCの種類によって違いますキーボードのキーが外せる場合もあれば、なかなか外しにくい場合もあるからです。

    キーが外せるなら、ぜひそうしてください。

    そして、キーのまわりについている水分をふき取りましょう。このときも、無理に力を入れてはいけません。デリケートな回路へと、水分をさらに押し込んでしまう可能性があるからです。

    5.ノートPCを逆さまにする

    表面と内部の水分をできる限りふき取ったら、次は、キーのあいだに入り込んだ液体に対処する番です。

    ここが、ノートPCに有害な影響が及ぶかどうかを左右する最も大事なポイントです。

    キーを外すのが難しいことがあります。その場合は、ノートPCそのものを逆さまにするのがいちばん確実かもしれません。

    スクリーンが開いた状態で、キーボードが下向きになるようなかたちで安全に置けるポジションを見つけてください。

    スクリーンを損傷しないようなかたちで置きましょう。そうしないと、問題がひとつからふたつに増えてしまいます。

    一案として、ノートPCを目いっぱい開いて平らにし、テーブルに敷いたタオルの上に逆さまにして置くのもいいでしょう。

    ノートPCの動作メカニズムをのぞき込むことはできませんから、内部が完全に乾いたかどうか判断するのはとても難しいでしょう。そのため、ノートPCを丸24時間放置してから使ってみるのがいちばんです。

    6.キーボードのベタつきをきれいにする

    ノートPCが乾き、問題なく起動・動作するようであれば、次に気になるのはキーボードのベタつきかもしれません。

    特に砂糖入りの飲み物をこぼした場合は、キーボードにベタつきが残ってスムーズに動かず、タイピングがしにくくなります。

    でもご安心を。キーボードのベタつきがきれいにとれる掃除法があります。特別に必要なものはなく、消毒用のウェットタオルがあれば十分です。

    7.専門家に頼む

    ここまでの手順を踏んでもまだノートPCが動かない場合は、専門家の助けを乞う以外、できることはあまりありません。

    ノートPCが起動しなくとも、修理店に持ち込めば、ハードウェアを交換したり、ハードディスクからのデータを取り出したりしてもらえます。

    Amazonベーシック PCケース ノートパソコンバッグ スリーブ 14.0インチ

    1,134

    あわせて読みたい

    ホコリの再付着を抑制するPC掃除ブラシ。2Wayでディスプレイも隙間もキレイに

    ノートパソコンがすべての人にベストな選択ではない

    Image: MakeUseOf

    Original Article: How to Save Your Laptop From Spilled Liquids by MakeUseOf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ノートPCに飲み物をこぼしたら? 安全な対処法7選

    これ気になりますね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【ノートPCに飲み物をこぼしたら? 安全な対処法7選】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

    コロナ禍で外出する機会も皆無……このため活躍機会の減ったSurface Go LTE Advanced(初代。以下、Surface Go)。それでも月々のセキュリティ更新プログラムや、先頃リリースされたWindows 10 バージョン20H2(Windows 10 October 2020 Update)への更新など、保守は続けていた。

    先日、とある会合に出席するため、バージョン20H2に更新したSurface Goを一週間ぶりに開いたところ、キーボードが反応しないのである。何らかのドライバーに障害が発生したのだろうと、「回復」で初期化(個人用ファイルを保持)を実行し、Surface Pro 7をもって外出した。

    帰宅後に再確認したが症状は変わらず。さらに出荷状態に戻してみたが、結果は同じだった。当然ながら、ここに至るまでSurfaceタイプカバーの脱着や接触面の掃除は実行済みだ。Web上であれこれと検索してみたところ、以下の方法で復活する可能性があるという。

    実際に試したところ、先ほどまでの症状がウソのようにSurfaceタイプカバーが反応するようになった。推測の域を超えないが、何らかの原因で無効になってしまったタイプカバーポートに対し、本操作を行うことで有効化をうながしているのだろう。

    Surfaceタイプカバーが物理的に故障しているか否かは、通電させる術がないだけに見極めにくいのが玉に瑕(きず)。Surfaceユーザーが筆者と同様のトラブルに出くわした際は、本操作を試してほしい。

    著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら
    阿久津良和)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Windows 10ミニTips 第553回 Surfaceのタイプカバーが反応しない時の対処法


    これ参考になりますね!!

    たまにありますよね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【Surfaceのタイプカバーが反応しない時の対処法】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【元記事をASCII.jpで読む】

     ユニットコム10月23日、「iiyama PC」ブランドから第10世代Core搭載の15.6型ノートパソコンを販売した。

     本モデルは、10nmプロセス製造で、第11世代インテル グラフィックスを内蔵する第10世代Coreを搭載。また、およそ幅5.9mmのスリムベゼルデザインを採用したパネルを搭載している。Wi-Fi 6(IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n)に準拠するほか、Power Delivery対応のUSB Type-Cも搭載。MIL-STD-810G準拠の厳しい基準をクリアした堅牢性も備えている。仕事や普段使いに最適としている。

     販売モデルは、「STYLE-15FH054-i3-UCSS」「SOLUTION-15FH054-i5-UCSS」「STYLE-15FH054-i7-UPSX」などを用意する。

     STYLE-15FH054-i3-UCSSは、Core i3-1005G1、インテル UHD グラフィックス、8GBメモリー、480GB SSDという構成だ。光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブを搭載。15.6型ディスプレーフルHD(1920×1080ドット)に対応する。無線LANWi-FiIEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n)+Bluetooth 5.0を搭載。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。価格は6万8178円。

     SOLUTION-15FH054-i5-UCSSは、Core i5-1035G1、インテル UHD グラフィックス、8GBメモリー、480GB SSDという構成だ。光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブを搭載。15.6型ディスプレーフルHD(1920×1080ドット)に対応する。無線LANWi-FiIEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n)+Bluetooth 5.0を搭載。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。価格は7万6978円。

     STYLE-15FH054-i7-UPSXは、Core i7-1065G、インテル Iris Plus グラフィックス、16GBメモリー500GB M.2 SSDという構成だ。光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブを搭載。15.6型ディスプレーフルHD(1920×1080ドット)に対応する。無線LANWi-FiIEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n)+Bluetooth 5.0を搭載。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。価格は9万5678円。

    Wi-Fi 6とUSB PDに対応、第10世代Core(Ice Lake)搭載の15.6型ノートPC販売—iiyama PC


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Wi-Fi 6とUSB PDに対応、第10世代Core(Ice Lake)搭載の15.6型ノートPC販売—iiyama PC


    Wi-Fi 6対応のPCって最高ですね!


    V6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料【@nifty with ドコモ光】


    <このニュースへのネットの反応>

    【Wi-Fi 6とUSB PDに対応、第10世代Core(Ice Lake)搭載の15.6型ノートPC販売—iiyama PC】の続きを読む


    どうして必要もないのにケーブルに悩まされなくてはいけないのでしょう?

    今はもう2020年です。ファイルの転送、動画などのストリーミング、あるデバイスの設定を別のデバイスと合わせるなど、いずれにしてもすべてのデバイスにワイヤレスで接続できないはずがありません。

    今回の米Lifehacker「Tech 911」の質問に対するアドバイスは、まさにマニアの体験の核心に触れていました。今日はおふざけ無しです。Mohdさんの質問はこちらです。

    どうすればケーブルなしでAndroid端末をパソコンにつなげられるでしょうか?

    AndroidとWindowsをつなぐのはなぜそんなに大変なのか?

    パソコンの何かにアクセスしたい時に、毎回自分のAndroidデバイスパソコンを物理的に接続しなければならないことほど、面倒なことはありません。

    adbコマンドや、インストールすべきでないベータ版をいじったりしたい時も、毎回です。

    Androidに、ワイヤレスで直接ノートパソコンデスクトップパソコンに接続できる、ちょっとしたオプションがあるのが理想です。

    そうすれば、スマホリモートデスクトップアプリを使って、離れたところにあるパソコンマウスを動かしたり、コマンドを入力することができます。

    まったくケーブルを使わずに、パソコンスマホ間でファイル転送もできるでしょう。

    デフォルトではそのような設定はありませんが、ほんの少しの工夫で、そのようなことができるようになります。

    AndroidデバイスとWindowsパソコンを接続する方法

    Androidデバイスパソコンを接続する方法のひとつが、Windowsに入っている設定を使うやり方です。

    1.Windowsの「設定」から行う場合

    最新版のWindows 10で「設定 > 電話」を開き、スマートフォンの追加をクリックします。

    すると、Androidスマホ同期管理アプリインストールをするよう促されます。

    インストールしたアプリを開き、Microsoftアカウントサインインして(もしくはWindowsパソコンQRコードを利用して接続)、すべての認証を許可します。

    スマホパソコンを接続したら、スマホの通知、メッセージ、写真に、Windowsパソコンから直接アクセスできるようになります。

    また、パソコンスマホにかかってきた電話を受けたり、電話をかけることもできます。

    2.ファイル共有が簡単にできる「Nearby Share」を使う場合

    また、Bluetoothで「Nearby Share」を使って、パソコンスマホ間でファイルの交換をすることもできます(各デバイスの設定を開き「Nearby Share」を検索して有効にします)。

    Androidのビルトインの共有機能、もしくはWindowsエクスプローラーから「SendTo > Bluetoothデバイス」を使って、データをやり取りします。

    Android版AirDrop機能「Nearby Share」で、確認しておくべき設定

    しかし、正直に言うと、個人的には「Nearby Share」はせいぜい混乱するだけで、ほとんど使えないと思います。

    Androidパソコン間でのファイルの送受信なら、「Wifi File Transfer」や「SuperBeam」のような他のアプリの方がはるかに簡単です。

    もしくは、ファイル転送のアプリが必要ないSnapdrop」のようなWebサイトや、実績のあるアプリAirDroid」や「Portal」もあります。

    3.SamsungのAndroidデバイスを使っている場合

    SamsungAndroidデバイスを使っている場合は、SamsungアプリDex」が間違いなくおすすめです。

    基本的には、パソコンデスクトップに直接自分のAndroidポップアップ版が表示されるようなものです。

    ケーブルが必要なので、今回のワイヤレス接続のニーズにはまったく応えていませんが、パソコンからAndroidアクセスする素晴らしい方法なので、言わずにはいられませんでした。

    4.Dellのパソコンを使っている場合

    Dell Mobile Connect」も試すだけの価値がある方法です。ただし、残念ながらDellパソコンにしかインストールできません

    Windows Store」のリンクを開き、Microsoftアカウントログインし、Windows 10パソコンアプリインストールを選択します(DellパソコンでないWindows 10パソコンからこの操作をしてもうまくいきません)。

    私はすべてインストールしましたが、イーサネットベースパソコンとワイヤレスのAndroidを認識させようとした時だけ、問題が起こりました。

    ワイヤレスのノートパソコンAndroidを接続すれば、うまくいくのではないかと思います。

    もしくは、Dellは、Dell以外のユーザーがこのアプリを使わないようにする方法を編み出しているのかもしれません(Dell以外のユーザーでこのアプリでうまくいった多くの人たちのコメントを読んだので、私の方の問題なのかもしれません)。

    運がよければ、すべてうまく接続でき、メッセージ、通話、ファイルなどにアクセスができたり、Windows 10パソコンに直接Androidの画面を共有したりできるでしょう。

    しかし、問題が起こった場合は、その方法はあきらめて、昔からあるAirMirror」や「Scrcpy」のような、Androidリモートで表示する別の方法を試してみてください。

    多分、これですべて網羅できていると思います。寄せ集めの解決方法で申し訳ありません。

    Samsungスマホ(もう一度言いますが、ケーブルが必要とはいえ驚くほど簡単に接続できる「Dexアプリ以外は、Androidパソコンをワイヤレスでつないで何をしようとしているかによって、別の方法を使わなければならないと思います。

    あわせて読みたい

    Google アシスタントの音声で、Androidアプリが操作可能に

    無料でここまで使える、Adobeのすばらしいアプリ5選

    Image: Shutterstock

    David Murphy - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    AndroidとWindowsパソコンをワイヤレスで接続する方法


    こんな方法あるんですね!

    やっぱりiPhoneとMacが簡単すぎて笑



    “"


    登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

    <このニュースへのネットの反応>

    【AndroidとWindowsパソコンをワイヤレスで接続する方法】の続きを読む

    • カテゴリ:

    Photo: Joanna Nelius/Gizmodo

    先に言っちゃうと、作業内容によってはアリよりのアリ。

    ゲーミング端末って高性能ゆえにお高いでしょ? 高いのが当たり前でしょ? そう思ってるので、1,000ドル=約10万円のゲーミングラップトップってどうなの?実際使えるわけ?ってかなり懐疑的になっちゃいます。米Gizmodo編集部がGatewayの1,000ドル最新端末レビューしてみました。

    Gatewayコンピュータといえば、90年代後半から2000年代イメージお手軽価格で安定の端末。家にあるお父さんパソコンなんだけど、なんだかんだ子どもたちが使っている的な。お手伝いしてお小遣いもらって遊んで、ソーシャルネットワークなんてやってないし、最新のガジェットも機能も必要なかったあの頃。せいぜい、お父さんパソコン借りてゲームしたり友達とAIM(AOL Instant Messenger=AOLが提供していたメッセージサービス)するくらい。分解してまた作ってみた思い出も。そう考えると、思ってたよりもずっとたくさん触って学べた端末でもあったわけで。Gatewayの最新マシンCreator Seriesラップトップも、あの頃のイメージから大きく変わってはいません。そう、見た目はダサいけど、思ってるより使える端末。

    Gatewayといえば、牛柄のロゴ。2007年Acerに買収されてから急成長しました。そのGatewayが、ゲームからクリエイティブ系、ビジネス系端末にタブレット新ラインナップを大量投入。もちろん、バジェットラップトップの位置も抑えたい。てことで、注目したのは1,000ドルのハイスペックゲームクリエイティブ向け端末です。

    ちなみに、2018年Gatewayラップトップと違って、今回はラップトップデザインにWalmartは絡んでいません。ただ、Gateway新商品の販売自体はWalmart限定となっています。

    Gateway Creator SeriesIntel

    Photo: Joanna Nelius/Gizmodo

    これは何?:ゲーマークリエイター向けのGateway最新マシン

    価格:1,000ドル(約10万5000円レビュー端末)

    好きなところ:お買い得、高性能、良心的な価格、スペック

    残念なところ:熱くなりやすい、キーが小さい、Webカムとスピーカーの位置

    今回レビューした端末は1,000ドル(約10万5000円スペックは、Intel Core i5-10300H(4コア/8スレッド、基本が2.5GHzで最大ブースト4.5GHz)、RTX 2060メモリが8GB DDR4、容量256GB PCIe。この他に、800ドル(約8万5000円モデルもあって、そちらのスペックAMD Ryzen 5 4600H(6コア/12スレッド、基本3.0GHzで最大ブースト4.0GHz)、GTX 1650メモリ8GB、容量256GB PCIe。

    インテルモデルのほうが買い

    比較すると、インテルモデルの方がAMDモデルよりも買いかと。理由は200ドルプラスグラフィックカードレベルアップするからです。RTX 2060なら、たいていのゲームは、画質設定をウルトラではなく高画質にすることで、60psfは出せるかと。また、最高画質設定の1080pウルトラでも、『オーバーウォッチ』で平均165fps、『ファークライ5』で72fps、『Total War: Warhammer II』で59fps、『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』で63fps、『Metro Exodus』で47fps出ました。好成績です!

    安価ラップトップにおいて、200ドルのオプションはかなり高額に感じますが、それでもRTX 2060とGTX 1650の差は大きい。ゲームにもよりますが、20から25fpsくらいは変わってきます。なんにせよ、RTX 2060搭載のラップトップが1,000ドルなら、お買い得かと!

    ライバル端末とスペックを比較してみると、LenovoのIdeaPad GamingAcerのNitroシリーズの間くらい。ただ、価格でみるとLenovoよりもスペック良し、メモリと容量ではAcerに劣ります。

    ちょっと残念なところ

    容量256GBとメモリ8GBはちょっと残念。でも、Lenovo IdeaPad GamingとAcer Nitro 5の間なので、価格とスペックバランスはこれで無難っちゃ無難。GatewayLenovoどちらもメモリは8GBですが、Lenovoは容量が2倍、でもGPUはGTX 1650か1650 Ti。Acer Nitro 5は、Gatewayと同じくGPUはRTX 2060ですが、メモリが16GBで容量も512GB、でも価格もちょい上。ただ、1,000ドルでAcer端末だと、プロセッサがIntel第10世代ではなく、第9世代になるのが難点。つまり、LenovoならGPUAcerならプロセッサがGatewayより劣るわけで、ならばメモリとストレージを犠牲にする方がマシかと、個人的には思います。

    メモリが増えればCPUの助けにはなりますが、そもそもの性能はCPU次第。Core i5モバイルプロセッサ搭載ラップトップは、今までレビュー数がそう多くないものの、Gatewayでのパフォーマンステストでは、Samsung Galaxy Book Flexに近い数字がでました。Blenderでの3D画像レンダリングテストは13分、Galaxy Book Flexに遅れることたったの20秒。Handbrakeでの4K動画トランスコード1080p@30fps)は、同じく13分で、これもGalaxy Book Flexに遅れることたった38秒。

    Galaxy Book Flexが4コア/8スレッドCore i7-1065G7なことを考えると、この差は小さいかと。Core i5の14nmトランジスタよりも、10nmトランジスタの方がちょい速い。また、Core i5-10300Hのブースト時クロック周波数は4.5GHzで、Core i7の3.9GHzより上。あとは、Core i5-10300Hのほうが電力食います(45W TDP)。

    最大の難点は熱くなること

    Core i5の難点として気になるのは…。熱い100°Cいきました。ちょっと重いタスクやると、すぐ95°Cで、ちょいちょいスロットリングが起きてしまいます。が、全体のパフォーマンスにそこまで悪影響は与えてはいないという。熱さでいうと、シャーシの熱もね。キーとキーの溝、48°Cいってました。キーの深度がそこそこあるので、触って熱いことはありませんけどね。それでも、キーボード上のあたりは50°C到達してたので、触らない方が吉。高温、サーマルストッロリング、シャーシ熱は、第10世代Intelモバイルプロセッサの3大難点と言えるので、Gatewayだけの問題ではないのですけれど。それでも、レビューした端末だと、Lenovo IdeaPad Gaming 3iがけっこうヒート問題を抑えられていました。

    Photo: Joanna Nelius/Gizmodo

    その他ハード面。Webカムがディスプレイの下にあるのですが、この位置だとどうにも写りが悪い。GagabyteのAorus 17Gがこの位置にWebカムいれてましたが、よっぽど下からアングルに自信がない限り写りはよくありません。また、せっかくTHXオーディオなのに、場所が下のほうにあって、音の響きが下向きというか、ちょっとこもっちゃってるのが残念。

    充実の端子類。本体左側 Photo: Joanna Nelius/Gizmodo

    充実の端子類。本体右側 Photo: Joanna Nelius/Gizmodo

    充実の端子類。背面 Photo: Joanna Nelius/Gizmodo

    安価なラップトップPCの宿命は「何かを犠牲にすること」

    バッテリーもちはそこそこで、5時間ほどいけました。Walmartの製品ページ見ても5時間だったので想定通り。ディスプレイは15.6インチIPSスクリーン、明るさ最大約300nits。色味もコントラストも十分なのですが、あくまでも安価ラップトップとしての十分。間違ってもHP ZBook Create G7やMSIの新型Creator 15と比べたりしないでください!

    安価ラップトップの宿命、それはどこかで何かを犠牲にすること。クリエイティブ系でPhotoshopPremiereでの作業が多い人は、RGBレベルがもう少しいい・もう少し明るいスクリーンを搭載している端末のほうがいいでしょう。一方で、レンダリングトランスコード時間が重要という人なら、Gateway Creatorはアリ。通常タスクは問題なし。ゲームもほぼいける。つまり、Gatewayの20年前のデスクトップイメージと同じ。見た目はいまいちでも、お手軽価格で安定の端末。やらないといけないことは、きちんと終わらせられる端末には違いありません。

    まとめ

    ゲームクリエイティブにおいて、思ってるよりずっと使える安価ラップトップ

    ・プライススペックを考えるとコスパ良し。

    ・ポートの種類と数がGJ。

    ・熱くなりやすい。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    GatewayノートPCレビュー:1,000ドルのゲーミングPCって実際アリなの?

    ってか、Gateway懐かしい!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【GatewayノートPCレビュー:1,000ドルのゲーミングPCって実際アリなの?】の続きを読む

    このページのトップヘ